日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトル
目次
まえがき
リファレンス・セクション
   ≫ライブラリ関数一覧
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル (下巻)


目次 索引




指定したファイルに対して書式設定した出力を実行します。

形式

#include <stdio.h>

int fprintf (FILE *file_ptr, const char *format_spec, ...);


引数



file_ptr

出力先のファイルを指すポインタ。

format_spec

書式指定を格納した文字列を指すポインタ。書式指定および変換文字の詳細については,『HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル(上巻)』第 2 章を参照してください。

...

省略可能な式であり,これらの式の型は,書式指定に指定した変換指定に対応します。

変換指定を指定しない場合は,出力ソースを省略できます。変換指定を指定する場合は,関数呼び出しに変換指定と正確に同じ数の出力ソースを指定する必要があります。変換指定は出力ソースの型と一致しなければなりません。

変換指定は左から右への順に出力ソースに対応付けられます。出力ソースの数の方が多い場合は,超過するソースは無視されます。


次の例は変換指定を示しています。

#include <stdio.h> 
 
main() 
{ 
   int  temp = 4, temp2 = 17; 
 
   fprintf(stdout, "The answers are %d, and %d.", temp, temp2); 
} 

この例は, stdoutファイルに次の文字列を出力します。

The answers are 4, and 17. 

書式指定と出力ソースの詳細については,『HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル(上巻)』第 2 章を参照してください。


戻り値

x 区切り文字のヌルを除き,書き込んだバイト数。
負の値 エラーを示します。 errno は次のいずれかに設定されます。

  • EILSEQ---不正な文字が検出されました。

  • EINVAL---引数の数が不足しています。

  • ENOMEM---変換のために使用できるメモリが不足しています。

  • ERANGE---浮動小数点演算オーバフローが発生しました。

  • EVMSERR---変換不可能な OpenVMS エラー。 vaxc$errno には OpenVMS エラー・コードが格納されます。これは,オーバフローが発生したために,数値への変換が失敗したことを示します。

  I/O サブシステムからエラーが返された場合,この関数は errno を次の値に設定します。

  • EBADF---ファイル記述子が不正です。

  • EIO---I/O エラー。

  • ENOSPC---ファイルを格納しているデバイスに空き領域がありません。

  • ENXIO---デバイスが存在しません。

  • EPIPE---パイプが壊れています。

  • ESPIPE---追加のためにオープンされたファイルで不正なシークが行われました。

  • EVMSERR---変換不可能な OpenVMS エラー。 vaxc$errno には OpenVMS エラー・コードが格納されます。これは,対応する C エラー・コードが定義されていない I/O エラーが発生したことを示します。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項