日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトル
目次
まえがき
リファレンス・セクション
   ≫ライブラリ関数一覧
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル (下巻)


目次 索引




stdioストリームをロックします。

形式

#include <stdio.h>

void flockfile (FILE *file_ptr);


引数



file_ptr

ファイル・ポインタ。

説明

flockfile関数は, stdioストリームをロックし,複数の入出力操作にわたって,スレッドがそのストリームを排他的に使用できるようになります。たとえばあるスレッドの printfの出力と, printfを使おうとしているほかのスレッドの出力が混じらないようにしたい場合は, flockfile関数を使用します。

引数のファイル・ポインタは,正しいことが前提です。 flockfileは,ファイル・ポインタが無効でもロックを実行します。また, funlockfile関数は,呼び出し元スレッドが引数のファイル・ポインタのロックを所有していない場合でも,エラーになりません。

対応する flockfilefunlockfileの呼び出しは,ネストさせることができます。ストリームを再帰的にロックすると,対応する最後の funlockfileを呼び出すまでは,ストリームはロックされたままになります。

すべての C RTL ファイル・ポインタ入出力関数は, flockfileおよび funlockfileを呼び出したかのように,ファイル・ポインタをロックします。

ftrylockfileおよび funlockfileも参照してください。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項