日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトル
目次
まえがき
リファレンス・セクション
   ≫ライブラリ関数一覧
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル (下巻)


目次 索引




ファイル・ポインタを, opencreatdupdup2pipe関数から返されたファイル記述子に関連付けます。

形式

#include <stdio.h>

FILE *fdopen (int file_desc, char *a_mode);


引数



file_desc

opencreatdupdup2pipeから返されたファイル記述子。

a_mode

アクセス・モード指示子。詳細については, fopen関数を参照してください。指定するアクセス・モードは,ファイルをオープンするために使用したモードと一致しなければなりません。バイナリ/テキスト・アクセス・モード ( fdopenの "b" モードおよび creatopenの "ctx=bin" オプション) も含まれます。

説明

fdopen関数を使用すると, UNIX I/O 関数のいずれかでオープンされているファイルに,標準 I/O 関数を使用してアクセスすることができます。通常,ファイルにアクセスするには,そのファイルをオープンした方法に応じて,ファイル記述子またはファイル・ポインタを使用しますが,両方を使用してアクセスすることはできません。詳細については,『HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル(上巻)』第 1 章および第 2 章を参照してください。

戻り値

ポインタ 操作が正常終了したことを示します。
NULL エラーが発生したことを示します。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項