日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトル
目次
まえがき
リファレンス・セクション
   ≫ライブラリ関数一覧
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル (下巻)


目次 索引




ファイル制御ブロックに関連付けられているバッファの内容を出力し,ファイル・ポインタに関連付けられているファイル制御ブロックおよびバッファを解放することにより,ファイルをクローズします。

形式

#include <stdio.h>

int fclose (FILE *file_ptr);


引数



file_ptr

クローズするファイルを指すポインタ。

説明

プログラムが正常終了すると,オープンされているすべてのファイルに対して fclose関数が自動的に呼び出されます。

fclose関数は, fflushを暗黙に呼び出すことにより,バッファに格納されているデータを書き込もうとします。

書き込みが失敗した場合 (たとえばディスクが満杯の場合や,ユーザのクォータを超えた場合), fcloseは実行を続行します。 OpenVMS チャネルをクローズし,バッファの割り当てを解除し,ファイル記述子 ( または FILE ポインタ ) に関連付けられているメモリを解放します。バッファに格納されているデータは消失し,ファイル記述子 ( または FILE ポインタ ) はファイルを参照しなくなります。

バッファに格納されているデータを書き込むときに発生したエラーから回復する必要がある場合は,プログラムで fcloseを呼び出す前に, fsync(または fflush) を明示的に呼び出さなければなりません。


戻り値

0 正常終了を示します。
EOF ファイル制御ブロックがオープンされているファイルに関連付けられいていないことを示します。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項