日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトル
目次
まえがき
リファレンス・セクション
   ≫ライブラリ関数一覧
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル (下巻)


目次 索引




共用可能イメージから検索したシンボル名のアドレスを返します。

形式

#include <dlfcn.h>

void *dlsym (void *handle, char *name);


引数



handle

共用可能イメージを指すポインタ。

name

シンボル名を指すポインタ。

説明

dlsym関数は,共用可能イメージから handle に対応するシンボル名を検索して,そのアドレスを返します。シンボルが見つからない場合は,NULL ポインタを返します。

OpenVMS Version 7.3-2 以降では,小文字が含まれるライブラリ・シンボルを dlsym関数を使用してロードできるようになりました。全体的に,ライブラリを動的にロードする関数 ( dlopendlsymdlclosedlerror) は,以下の機能を提供するように拡張されました。

  • 大文字と小文字が混じったシンボル名を持つライブラリのサポート

  • 完全ファイルパスを dlopenに渡すことが可能

  • 指定されたライブラリ名の検証


戻り値

x 検索されたシンボル名のアドレス。
NULL シンボルが見つからなかったことを示します。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項