日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトル
目次
まえがき
リファレンス・セクション
   ≫ライブラリ関数一覧
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル (下巻)


目次 索引




プロセスの開始時から使用された CPU 時間 (10 ミリ秒単位) を返します。報告される時間は呼び出しプロセスのユーザ時間とシステム時間の合計,および呼び出しプロセスが waitまたは systemを実行した,終了済み子プロセスの時間の合計です。

形式

#include <time.h>

clock_t clock (void);


説明

秒単位の時間を取得するには, clock関数から返された値を,標準ヘッダ・ファイル <time.h>に定義されている CLK_TCK の値で除算する必要があります。

clock_t型は,次に示すように <time.h>ヘッダ・ファイルに定義されています。

typedef long int clock_t; 

C メイン・プログラムや,VAXC$CRTL_INIT または DECC$CRTL_INIT を呼び出すプログラムを実行する子プロセスの累積時間だけが含まれます。

clock関数は通常,プログラムが初期設定を終了した後呼び出され,時間を測定する対象となるコードをプログラムが実行した後,再び呼び出されます。その後, 2 つの値の差を求めることにより,経過 CPU 時間が算出されます。


戻り値

n 使用されたプロセッサ時間。
-1    使用されたプロセッサ時間を取得できなかったことを示します。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項