日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトル
目次
まえがき
リファレンス・セクション
   ≫ライブラリ関数一覧
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル (下巻)


目次 索引




ファイルの保護を変更します。

形式

#include <stat.h>

int chmod (const char *file_spec, mode_t mode);


引数



file_spec

OpenVMS 形式または UNIX 形式のファイル指定の名前。

mode

ファイル保護。モードは, 表 1-2 に示した値のビット単位の論理和 (OR) を求めることにより作成されます。

表 1-2 ファイル保護の値とその意味
特権
0400 OWNER:READ
0200 OWNER:WRITE
0100 OWNER:EXECUTE
0040 GROUP:READ
0020 GROUP:WRITE
0010 GROUP:EXECUTE
0004 WORLD:READ
0002 WORLD:WRITE
0001 WORLD:EXECUTE

mode の値が 0 の場合は, chmod関数はファイルにユーザのデフォルト・ファイル保護を割り当てます。

システムにはオーナと同じ特権が与えられます。 WRITE 特権を割り当てると,DELETE 特権も暗黙に割り当てられます。


説明

ファイルのモードを変更するには,そのファイルに対して WRITE 特権が必要です。

C RTL では,S_ISVTX ビットをサポートしていません。したがって,S_ISVTX モードを設定しても効果はありません。


戻り値

0 モードが正しく変更されたことを示します。
-1    変更が失敗したことを示します。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項