日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトル
目次
まえがき
リファレンス・セクション
   ≫ライブラリ関数一覧
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル (下巻)


目次 索引




バイト列をコピーします。

形式

#include <strings.h>

void bcopy (const void *source, void *destination, size_t length);


引数



source

コピー元バイト列を指すポインタ。

destination

コピー先バイト列を指すポインタ。

length

バイト列の長さ (バイト数)。

説明

bcopy関数は,可変長バイト列に対して機能します。 length 引数の値 (バイト数) によって指定される長さのバイト列を source 引数のバイト列から destination 引数のバイト列にコピーします。

文字列関数と異なり,ヌル・バイトの確認は行われません。 length 引数が 0 (ゼロ) の場合,バイト列はコピーされません。

bcopyは, ANSI C 標準で定義されている memcpyに相当します。したがって,移植性の高いプログラムを実現するには, memcpyを使用することをお勧めします。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項