日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトル
目次
まえがき
リファレンス・セクション
   ≫ライブラリ関数一覧
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル (下巻)


目次 索引




ウィンドウの現在のカーソルの位置に 1 文字を追加します。

形式

#include <curses.h>

int addch (char ch);

int waddch (WINDOW *win, char ch);


引数



win

ウィンドウを指すポインタ。

ch

追加する文字。改行文字 (\n) は,行を行末まで消去し,カーソルを次の行の同じ x 座標に移動します。リターン文字 (\r) は,カーソルをウィンドウの行の先頭に移動します。タブ文字 (\t) は,カーソルをウィンドウ内の次のタブストップに移動します。

説明

waddch関数をサブウィンドウで使用すると,その親ウィンドウにも文字が書き込まれます。

addchルーチンは waddchと同じ機能を実行しますが, stdscrウィンドウに対して動作する点が異なります。

文字を画面に書き込んだ後,カーソルは移動します。


戻り値

OK 正常終了を示します。
ERR 文字を書き込んだ結果,画面が不正にスクロールされることを示します。詳細については, scrollok 関数を参照してください。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項