日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:はじめに
第 2 章:入出力について
第 3 章:文字/文字列/引数リスト関数
第 4 章:エラー処理とシグナル処理
第 5 章:サブプロセス関数
第 6 章:Curses画面管理関数とマクロ
第 7 章:算術関数
第 8 章:メモリ割り当て関数
第 9 章:システム関数
第 10 章:国際化ソフトウェアの開発
第 11 章:日付/時刻関数
第 12 章:シンボリックリンクとPOSIXパス名
付録 A:各OSバージョンでサポートする関数一覧
付録 B:非標準ヘッダに複製されているプロトタイプ
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル (上巻)


最初へ
索引

目次 (まとめ)
まえがき まえがき
第 1 章 はじめに
第 2 章 入出力について
第 3 章 文字,文字列,引数リスト関数
第 4 章 エラー処理とシグナル処理
第 5 章 サブプロセス関数
第 6 章 Curses 画面管理関数とマクロ
第 7 章 算術関数
第 8 章 メモリ割り当て関数
第 9 章 システム関数
第 10 章 国際化ソフトウェアの開発
第 11 章 日付/時刻関数
第 12 章 シンボリック・リンクと POSIX パス名のサポート
付録 A バージョンへの依存性を示す表
付録 B 非標準ヘッダに複製されているプロトタイプ
  索引
 
 
 


目次


まえがき
まえがき まえがき
第 1 章
1 はじめに
     1.1      HP C Run-Time Library の使用
     1.2     RTL リンク・オプション
         1.2.1         共用可能イメージとのリンク
         1.2.2         オブジェクト・ライブラリとのリンク (Alpha only)
         1.2.3         
         1.2.4         DECC$SHRP.EXE イメージ
     1.3      HP C RTL 関数プロトタイプと構文
         1.3.1         関数プロトタイプ
         1.3.2         関数プロトタイプの構文規則
         1.3.3         UNIX 形式のファイル指定
         1.3.4         拡張ファイル指定
         1.3.5         シンボリック・リンクと POSIX パス名
     1.4     ヘッダ・ファイル制御のための機能テスト・マクロ
         1.4.1         標準マクロ
         1.4.2         標準の選択
         1.4.3         /STANDARD 修飾子との相互関係
         1.4.4         複数バージョン・サポート・マクロ
         1.4.5         互換性モード
         1.4.6         Curses およびソケット互換性マクロ
         1.4.7         2G バイトのファイル・サイズ・マクロ
         1.4.8         32 ビット UID および GID マクロ (Integrity,Alpha)
         1.4.9         標準準拠の stat 構造体 (Integrity,Alpha)
         1.4.10         _toupper と _tolower の従来の動作での使用 (Integrity,Alpha)
         1.4.11         高速なインライン put 関数および get 関数の使用 (Integrity,Alpha)
     1.5     機能論理名の使用による C RTL 機能の有効化
     1.6     32 ビットの UID/GID と POSIX 形式の識別子
     1.7     OpenVMS システムでの入出力
         1.7.1         RMS のレコード・フォーマットとファイル・フォーマット
         1.7.2         RMS ファイルへのアクセス
             1.7.2.1             ストリーム・モードでの RMS ファイルへのアクセス
             1.7.2.2             レコード・モードでの RMS レコード・ファイルへのアクセス
                 1.7.2.2.1                 レコード・モードでの可変長または VFC レコード・ファイルへのアクセス
                 1.7.2.2.2                 レコード・モードでの固定長レコード・ファイルへのアクセス
             1.7.2.3             例---ストリーム・モードとレコード・モードの違い
     1.8     特定の移植性に関する問題
         1.8.1         リエントラント
         1.8.2         マルチスレッドの制限事項
     1.9     64 ビット・ポインタのサポート (Integrity,Alpha)
         1.9.1         HP C ランタイム・ライブラリの使用
         1.9.2         メモリへの 64 ビット・ポインタの取得
         1.9.3         HP C ヘッダ・ファイル
         1.9.4         影響を受ける関数
             1.9.4.1             ポインタ・サイズの影響を受けない関数
             1.9.4.2             両方のポインタ・サイズを受け付ける関数
             1.9.4.3             2 つの実装のある関数
             1.9.4.4             64 KB を超えるソケットの転送
             1.9.4.5             64 ビット構造体を明示的に使用する必要がある関数
             1.9.4.6             32 ビット・ポインタに制限される関数
         1.9.5         ヘッダ・ファイルの読み込み
第 2 章
2 入出力について
     2.1     RTL ルーチンからの RMS の使用
     2.2     UNIX I/O と標準 I/O
     2.3     ワイド文字 I/O 関数とバイト I/O 関数
     2.4     変換指定
         2.4.1         入力情報の変換
         2.4.2         出力情報の変換
     2.5     端末 I/O
     2.6     プログラムの例
第 3 章
3 文字,文字列,引数リスト関数
     3.1     文字分類関数
     3.2     文字変換関数
     3.3     文字列および引数リスト関数
     3.4     プログラムの例
第 4 章
4 エラー処理とシグナル処理
     4.1     エラー処理
     4.2     シグナル処理
         4.2.1         OpenVMS と UNIX の用語の比較
         4.2.2         UNIX のシグナルと HP C RTL
         4.2.3         シグナル処理の概念
         4.2.4         シグナル・アクション
         4.2.5         シグナル処理と OpenVMS の例外処理
     4.3     プログラムの例
第 5 章
5 サブプロセス関数
     5.1     HP C での子プロセスの生成
     5.2     exec 関数
         5.2.1         exec の処理
         5.2.2         exec のエラー条件
     5.3     プロセスの同期化
     5.4     プロセス間通信
     5.5     プログラムの例


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項