日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:はじめに
第 2 章:入出力について
第 3 章:文字/文字列/引数リスト関数
第 4 章:エラー処理とシグナル処理
第 5 章:サブプロセス関数
第 6 章:Curses画面管理関数とマクロ
第 7 章:算術関数
第 8 章:メモリ割り当て関数
第 9 章:システム関数
第 10 章:国際化ソフトウェアの開発
第 11 章:日付/時刻関数
第 12 章:シンボリックリンクとPOSIXパス名
付録 A:各OSバージョンでサポートする関数一覧
付録 B:非標準ヘッダに複製されているプロトタイプ
索引
PDF
OpenVMS ホーム

HP OpenVMS
HP C ランタイム・ライブラリ・リファレンス・マニュアル (上巻)

索引


目次


主索引
2 3 6 A B C D E F G H I L M N O P R S T
U V W                                  

_              

2
2G バイトのファイル
3
32 ビットの UID,GID
6
64 ビット・ポインタのサポート
A
abort 関数
ACCVIO
    sigbus シグナル
    sigsegv シグナル
    ハードウェア・エラー
alarm 関数 #1
alarm 関数 #2
    プログラムの例
ASCII
    値テーブル
asm 呼び出し
AST リエントラント
B
brk 関数
btowc 関数
C
C RTL
    POSIX ルート
    新機能
    ランタイム・ライブラリ RTL を参照
C$_LONGJMP 例外
calloc 関数
catclose 関数
catgets 関数
catopen 関数
cfree 関数
Charmap ファイル
    格納場所
clrattr マクロ
C RTL とのリンク
curscr ウィンドウ
Curses
    カーソルの移動
    概要 #1
    概要 #2
    定義済み変数と定数の使用
    プログラムの例
    用語
        curscr
        stdscr
        ウィンドウ
<curses.h> ヘッダ・ファイル
C 言語
    I/O に関する背景情報
D
DCL
    シンボリック・リンクのサポート
DEC/SHELL
    UNIX ファイル指定を参照
DECC$ACL_ACCESS_CHECK 機能論理名
DECC$ALLOW_REMOVE_OPEN_FILES 機能論理名
DECC$ALLOW_UNPRIVILEGED_NICE 機能論理名
DECC$ARGV_PARSE_STYLE 機能論理名
DECC$DECC$PRINTF_USES_VAX_ROUND 機能論理名
DECC$DEFAULT_LRL 機能論理名
DECC$DEFAULT_UDF_RECORD 機能論理名
DECC$DETACHED_CHILD_PROCESS 機能論理名
DECC$DISABLE_POSIX_ROOT 機能論理名
DECC$DISABLE_TO_VMS_LOGNAME_TRANSLATION 機能論理名
DECC$EFS_CASE_PRESERVE 機能論理名
DECC$EFS_CASE_SPECIAL 機能論理名
DECC$EFS_CHARSET 機能論理名
DECC$EFS_FILE_TIMESTAMPS 機能論理名
DECC$EFS_NO_DOTS_IN_DIRNAME 機能論理名
DECC$ENABLE_GETENV_CACHE 機能論理名
DECC$ENABLE_TO_VMS_LOGNAME_CACHE 機能論理名
DECC$EXEC_FILEATTR_INHERITANCE 機能論理名
DECC$FILENAME_ENCODING_UTF8 機能論理名
DECC$FILENAME_UNIX_NO_VERSION 機能論理名
DECC$FILENAME_UNIX_ONLY 機能論理名
DECC$FILENAME_UNIX_REPORT 機能論理名
DECC$FILE_PERMISSION_UNIX 機能論理名
DECC$FILE_SHARING 機能論理名
DECC$FIXED_LENGTH_SEEK_TO_EOF 機能論理名
decc$fix_time ファイル指定変換ルーチン
decc$from_vms ファイル指定変換ルーチン
DECC$GLOB_UNIX_STYLE 機能論理名
DECC$LOCALE_CACHE_SIZE 機能論理名
DECC$MAILBOX_CTX_STM 機能論理名
decc$match_wild ファイル指定変換ルーチン
DECC$NO_ROOTED_SEARCH_LISTS 機能論理名
DECC$PIPE_BUFFER_QUOTA 機能論理名
DECC$PIPE_BUFFER_SIZE 機能論理名
DECC$POPEN_NO_CRLF_REC_ATTR 機能論理名
DECC$POSIX_COMPLIANT_PATHNAMES 機能論理名 #1
DECC$POSIX_COMPLIANT_PATHNAMES 機能論理名 #2
DECC$POSIX_COMPLIANT_PATHNAMES 機能論理名 #3
DECC$POSIX_SEEK_STREAM_FILE 機能論理名
DECC$POSIX_STYLE_UID 機能論理名
DECC$READDIR_DROPDOTNOTYPE 機能論理名
DECC$READDIR_KEEPDOTDIR 機能論理名
DECC$RENAME_ALLOW_DIR 機能論理名
DECC$RENAME_NO_INHERIT 機能論理名
DECC$SELECT_IGNORES_INVALID_FD 機能論理名
decc$set_reentrancy 関数
DECC$SHR.EXE
DECC$STDIO_CTX_EOL 機能論理名
DECC$STREAM_PIPE 機能論理名
DECC$STRTOL_ERANGE 機能論理名
DECC$THREAD_DATA_AST_SAFE 機能論理名
decc$to_vms ファイル指定変換ルーチン
decc$translate_vms ファイル指定変換ルーチン
DECC$TZ_CACHE_SIZE 機能論理名
DECC$UMASK 機能論理名
DECC$UNIX_LEVEL 機能論理名
DECC$UNIX_PATH_BEFORE_LOGNAME 機能論理名
DECC$USE_JPI$_CREATOR 機能論理名
DECC$USE_RAB64 機能論理名
DECC$V62_RECORD_GENERATION 機能論理名
DECC$VALIDATE_SIGNAL_IN_KILL 機能論理名
DECC$WRITE_SHORT_RECORDS 機能論理名
DECC$XPG4_STRPTIME 機能論理名
E
ecvt 関数
edata グローバル・シンボル
EFS
end グローバル・シンボル
<errno.h> ヘッダ・ファイル #1
<errno.h> ヘッダ・ファイル #2
<errnodef.h> ヘッダ・ファイル
errno 変数 #1
errno 変数 #2
errno 変数 #3
ERR 定義済みマクロ
etext グローバル・シンボル
exec 関数
    エラー条件
    処理
exit 関数
F
fcvt 関数
FILE
free 関数
fseek 関数
G
gcvt 関数
GENCAT コマンド
GID
GNV
    シンボリック・リンクのサポート
gsignal 関数 #1
gsignal 関数 #2
H
HP C RTL ルーチンのバージョン依存性
I
iconv 関数
iconv_close 関数
iconv_open 関数
IMAGELIB.OLB
insstr マクロ
L
LANG 論理名
LC_ALL カテゴリ
LC_ALL 論理名
LC_CTYPE カテゴリ
LC_NUMERIC 論理名
LIB$ESTABLISH 関数
LIB$SIGNAL
LNK$LIBRARY 論理名
localeconv 関数
longjmp 関数
lseek 関数
M
main 関数 #1
main 関数 #2
    main_program オプション
malloc 関数
mbrtowc 関数 #1
mbrtowc 関数 #2
mbsrtowcs 関数 #1
mbsrtowcs 関数 #2
mbstate_t
mbstowcs 関数
mbtowc 関数 #1
mbtowc 関数 #2
MULTITHREAD リエントラント
mvinsstr マクロ
mvwinsstr マクロ


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項