日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:COM for OpenVMSに関するリリースノート
第 2 章:OpenVMS Registryに関するリリースノート
第 3 章:COM for OpenVMSの概要
第 4 章:COM for OpenVMSのインストール
第 5 章:アプリケーションの開発と運用のためのCOM for OpenVMSユーティリティ
第 6 章:COM for OpenVMSアプリケーションの開発
第 7 章:OpenVMS Registryの概要
第 8 章:OpenVMS Registryシステム管理
第 9 章:OpenVMS Registryサーバの管理
第 10 章:OpenVMS Registryシステムサービス
第 11 章:OpenVMS イベント
第 12 章:認証
付録 A :MIDLコンパイラのオプション
付録 B :トラブルシューティング
付録 C :サンプルアプリケーションの作成
付録 D :V1.0からV1.1へのアップグレード
付録 E :相違点,API,インタフェースの一覧
付録 F :インストールされるファイル一覧
用語集
略語集
索引
PDF
OpenVMS ホーム
OpenVMS Alpha オペレーティング・システム | HPE 日本

OpenVMS Alpha
オペレーティング・システム
コネクティビティ開発者ガイド


目次 索引



OpenVMS で Windows NT ユーザを認証し, Windows NT ユーザの資格情報を OpenVMS プロセスに割り当てるには,次の操作を行います。

  1. Advanced Server for OpenVMS データベースで HOSTMAP エントリを定義します。
    HOSTMAP エントリは,Windows NT ユーザ・アカウントとローカルの OpenVMS ユーザ・アカウントの間の関連付けを定義します。OpenVMS が Windows NT ユーザを認証する場合,HOSTMAP エントリを使用して, OpenVMS ユーザ・アカウントを Windows NT ユーザ・アカウントにマップし,ローカルの OpenVMS ユーザ・プロファイルと Windows NT ユーザ・プロファイルを作成します。HOSTMAP エントリが存在しない場合は,OpenVMS は Windows NT ユーザ・アカウント名をローカルの OpenVMS ユーザ・アカウント名として使用します。
    Advanced Server for OpenVMS の ADMINISTER ユーティリティを使用して,HOSTMAP 情報を定義します。たとえば,Windows NT の FREDというユーザをローカルの OpenVMS ユーザ・アカウント FREDERICKにマップするには,次のコマンドを入力します。


      $ ADMINISTER ADD HOSTMAP FRED FREDERICK 
    


    FREDが信頼されるドメイン FINANCEに定義されている場合は,信頼されるドメイン名を HOSTMAP エントリに指定しなければなりません。次の例を参照してください。


      $ ADMINISTER ADD HOSTMAP FINANCE\FRED FREDERICK 
    

  2. ホストマップを行うために OpenVMS ユーザ・アカウントを有効にします。
    デフォルト設定では,OpenVMS は,ホストマップのために EXTAUTH フラグがセットされた OpenVMS ユーザ・アカウントだけを使用できます。このポリシーにより,OpenVMS システム管理者は Windows NT 認証でどの OpenVMS ユーザ・アカウントを使用できるかを制御できます。
    ( SECURITY_POLICY システム・パラメータの IGNORE_EXTAUTH ビット [ビット番号 11 (10 進数)] をセットすれば,このアカウント単位の制限をシステム全体で無効にできます。 )
    OpenVMS ユーザ・アカウントで EXTAUTH フラグをセットするには, AUTHORIZE ユーティリティを使用します。たとえば, OpenVMS ユーザ・アカウント FREDERICKの EXTAUTH フラグを有効にするには,次のコマンドを入力します。


      $ AUTHORIZE MODIFY FREDERICK/FLAG=EXTAUTH 
    



12.3.3 ACME_SERVER プロセスの管理 (ACME サーバ・コマンド)

システムの起動時に ACME_SERVER プロセスを起動し, MSV1_0 ACME エージェントを構成するには,次のエントリを SYLOGICALS.COM に追加します。


  $ DEFINE NTA$NT_ACME_TO_BE_STARTED YES 

また,次のスタートアップ・コマンド・ファイルを使用して, ACME_SERVER プロセスを手動で起動することもできます。


  $ @SYS$STARTUP:NTA$STARTUP_NT_ACME 

ACME_SERVER をシャットダウンするには,次のコマンドを入力します。


  $ SET SERVER ACME/EXIT 

ACME エージェントで異常状態が発生したために,正常にサーバをシャットダウンできない場合は,/EXIT 修飾子の代わりに /ABORT 修飾子を使用して,ACME_SERVER を強制終了します。

ACME_SERVER のログ機能を有効にするには,次のコマンドを入力します。


  $ SET SERVER ACME/LOG 

このコマンドは ACME$SERVER.LOG ファイルを SYS$MANAGER ディレクトリに作成します。このファイルは,発生する可能性のある問題を診断するのに役立ちます。

ACME_SERVER 構成情報を表示するには,次のコマンドを入力します。


  $ SHOW SERVER ACME[/FULL] 



12.3.4 MSV1_0 ACME エージェントの構成

表 12-2 は,MSV1_0 ACME エージェントの特定の機能を制御するために使用できるシステム単位の論理名を示しています。

表 12-2 MSV1_0 ACME エージェントの論理名
論理名 説明
PWRK$ACME_SERVER Advanced Server for OpenVMS プロセスで実行されていて,Windows NT 接続要求をサービスできるクラスタの SCS ノード名の一覧。各名前はカンマで区切る。ノード名を定義しなかった場合は,MSV1_0 ACME エージェントはローカル・システムの Advanced Server for OpenVMS プロセスに接続する。
PWRK$ACME_RETRY_COUNT Advanced Server for OpenVMS プロセスに接続するときに, MSV1_0 ACME エージェントが実行するリトライの最大回数。デフォルト値は 10 である。
PWRK$ACME_RETRY_INTERVAL リトライを実行する間隔であり,1/10 秒単位で指定する。デフォルトは 2.5 秒である。

第 5 部
付録

第 5 部では, COM for OpenVMS および OpenVMS Registry についての関連情報をまとめます。

各付録は, MIDL コンパイラ,トラブルシューティングについて,COM サンプル・コード, API およびインタフェースについて説明します。

また,COM 関連の書籍のクーポン券,用語集,略語(頭字語)も用意しています。

付録 A
MIDL コンパイラのオプション



スイッチ 機能
/ms_ext IDL 言語に対する Microsoft の拡張機能 (デフォルト)。
/c_ext IDL ファイルで Microsoft C 拡張機能を可能にする (デフォルト)。
/osf OSF モード - /ms_ext オプションと /c_ext オプションを無効にする。
/app_config IDL ファイルで選択された ACF 属性を可能にする。
/mktyplib203 MKTYPLIB バージョン 2.03 互換性モード。



A.2 入力

スイッチ 機能
/acf filename 属性構成ファイルを指定する。
/I directory-list インクルード・パスに対して 1 つ以上のディレクトリを指定する。
/no_def_idir カレント・ディレクトリと INCLUDE ディレクトリを無視する。



A.3 出力ファイルの生成

スイッチ 機能
/client none クライアント・ファイルを生成しない。
/client stub クライアント・スタブ・ファイルだけを生成する。
/out directory 出力ファイルを生成するディレクトリを指定する。
/server none サーバ・ファイルを生成しない。
/server stub サーバ・スタブ・ファイルだけを生成する。
/syntax_check 構文の確認だけを行い,出力ファイルは生成しない。
/Zs 構文の確認だけを行い,出力ファイルは生成しない。
/old 以前の形式のタイプ・ライブラリを生成する。
/new 新しい形式のタイプ・ライブラリを生成する。



A.4 出力ファイル名

スイッチ 機能
/cstub filename クライアント・スタブ・ファイル名を指定する。
/dlldata filename dlldata ファイル名を指定する。
/h filename ヘッダ・ファイル名を指定する。
/header filename ヘッダ・ファイル名を指定する。
/iid filename インタフェース UUID ファイル名を指定する。
/proxy filename プロキシ・ファイル名を指定する。
/sstub filename サーバ・スタブ・ファイル名を指定する。
/tlb filename タイプ・ライブラリ・ファイル名を指定する。



A.5 C コンパイラとプリプロセッサのオプション

スイッチ 機能
/cpp_cmd cmd_line C プリプロセッサの名前を指定する。
/cpp_opt options C プリプロセッサの追加オプションを指定する。
/D name[=def] #define の名前と省略可能な値を C プリプロセッサに渡す。
/no_cpp C プリプロセッサ・オプションを無効にする。
/nocpp C プリプロセッサ・オプションを無効にする。
/U name 以前の定義を削除する (未定義)。



A.6 環境

スイッチ 機能
/char signed C コンパイラのデフォルト char タイプは符号付きである。
/char unsigned C コンパイラのデフォルト char タイプは符号なしである。
/char ascii7 char の値は 0〜127 に制限される。
/dos ターゲット環境は MS-DOS クライアントである。
/env dos ターゲット環境は MS-DOS クライアントである。
/env mac ターゲット環境は Apple Macintosh である。
/env powermac ターゲット環境は Apple PowerMac である。
/env win16 ターゲット環境は Microsoft Windows 16 ビット (Win 3.x) である。
/env win32 ターゲット環境は Microsoft Windows 32 ビット (NT) である。
/mac ターゲット環境は Apple Macintosh である。
/ms_union カプセル化されていないユニオンに対して, Midl 1.0 非 DCE ワイヤ・レイアウトを使用する。
/oldnames バージョン番号を名前に変換しない。
/powermac ターゲット環境は Apple PowerMac である。
/rpcss rpc_sm_enable_allocate を自動的にアクティブにする。
/use_epv entry-pt ベクタを介してサーバ側のアプリケーション呼び出しを生成する。
/no_default_epv デフォルトのエントリ・ポイント・ベクタを生成しない。
/prefix client str "str" 接頭辞をクライアント側のエントリ・ポイントに追加する。
/prefix server str "str" 接頭辞をサーバ側のマネージャ・ルーチンに追加する。
/prefix switch str "str" 接頭辞をスイッチ・ルーチン・プロトタイプに追加する。
/prefix all str "str" 接頭辞をすべてのルーチンに追加する。
/win16 ターゲット環境は Microsoft Windows 16 ビット (Win 3.x) である。
/win32 ターゲット環境は Microsoft Windows 32 ビット (NT) である。



A.7 エラー・メッセージと警告メッセージ

スイッチ 機能
/error none すべてのエラー・チェック・オプションを無効にする。
/error allocation out of memory エラーをチェックする。
/error bounds_check サイズと伝送長の指定をチェックする。
/error enum enum の値が有効な範囲であるかどうかチェックする。
/error ref ref ポインタが Null 以外の値であるかどうかをチェックする。
/error stub_data サーバ側のスタブ・データが有効であるかどうか確認するために,追加チェックを行う。
/no_warn コンパイラの警告メッセージを出力しない。



A.8 最適化

スイッチ 機能
/align {1|2|4|8} 構造のパック・レベルを指定する。
/pack {1|2|4|8} 構造のパック・レベルを指定する。
/Zp{1|2|4|8} 構造のパック・レベルを指定する。
/Oi 完全に解釈されたスタブを生成する。
/Oic NT 3.51 リリースの,標準インタフェースに対しては完全に解釈されたスタブを生成し,オブジェクト・インタフェースに対してはスタブレス・プロキシを生成する。
/Oicf NT 4.0 リリースの,拡張機能を含む完全に解釈されたスタブを生成し,オブジェクト・インタフェースに対してはスタブレス・プロキシを生成する。
/Os インライン・スタブを生成する。
/hookole ローカル・オブジェクト・インタフェースに対して HookOle デバッグ情報を生成する。



A.9 その他

スイッチ 機能
@response_file 応答ファイルから入力を受け付ける。
/? MIDL コンパイラ・スイッチの一覧を表示する。
/confirm MIDL ソースをコンパイルせずにオプションを表示する。
/help MIDL コンパイラ・スイッチの一覧を表示する。
/nologo バナー行を表示しない。
/o filename 出力を画面からファイルにリダイレクトする。
/W{0|1|2|3|4} 警告レベル 0〜4 を指定する (デフォルト = 1)。
/WX 指定された /W レベルの警告をエラーとして報告する。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項