日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:COM for OpenVMSに関するリリースノート
第 2 章:OpenVMS Registryに関するリリースノート
第 3 章:COM for OpenVMSの概要
第 4 章:COM for OpenVMSのインストール
第 5 章:アプリケーションの開発と運用のためのCOM for OpenVMSユーティリティ
第 6 章:COM for OpenVMSアプリケーションの開発
第 7 章:OpenVMS Registryの概要
第 8 章:OpenVMS Registryシステム管理
第 9 章:OpenVMS Registryサーバの管理
第 10 章:OpenVMS Registryシステムサービス
第 11 章:OpenVMS イベント
第 12 章:認証
付録 A :MIDLコンパイラのオプション
付録 B :トラブルシューティング
付録 C :サンプルアプリケーションの作成
付録 D :V1.0からV1.1へのアップグレード
付録 E :相違点,API,インタフェースの一覧
付録 F :インストールされるファイル一覧
用語集
略語集
索引
PDF
OpenVMS ホーム
OpenVMS Alpha オペレーティング・システム | HPE 日本

OpenVMS Alpha
オペレーティング・システム
コネクティビティ開発者ガイド


目次 索引



COM for OpenVMS Service Control Manager は COM for OpenVMS を有効にします。

プロセス名: DCOM$RPCSS

必須コンポーネント: OpenVMS Registry ,OpenVMS (RPC および SSPI/NTLM レイヤ)

このプロセスを必要とするコンポーネント: COM アプリケーション

構成: DCOM$SETUP。第 5.2 節 を参照。

起動: DCOM$SETUP のオプション 4。第 5.2 節 を参照。

シャットダウン・プロシージャ: DCOM$SETUP のオプション 5。第 5.2 節 を参照。

4.9.2 OpenVMS Registry サーバ

OpenVMS Registry サーバは OpenVMS Registry データベースを管理します。

プロセス名: REGISTRY_SERVER

必須コンポーネント: なし

このプロセスを必要とするコンポーネント: COM for OpenVMS ,Advanced Server for OpenVMS

構成: REG$CONFIG。第 8.2 節 を参照。

起動: REG$STARTUP。第 8.3.1 項 を参照。

シャットダウン・プロシージャ: SET SERVER REGISTRY_SERVER/EXIT。詳細については, 第 8.4 節 を参照。

4.9.3 Advanced Server for OpenVMS サーバ

Advanced Server for OpenVMS サーバは Windows NT と OpenVMS の間の接続機能を提供します。

プロセス名:

NETBIOS
PWRK$ADMIN_0
PWRK$KNBDAEMON
PWRK$LICENSE_R
PWRK$LMBROWSER
PWRK$LMDMN
PWRK$LMMCP
PWRK$LMSRV
PWRK$MASTER
PWRK$MONITOR
PWRK$NBDAEMON

ACME サーバを使用するには,PWRK$LMSRV プロセスが必要です。

必須コンポーネント: OpenVMS Registry

このプロセスを必要とするコンポーネント: ACME サーバ

構成: PWRK$CONFIG

起動: PWRK$STARTUP

シャットダウン・プロシージャ: PWRK$SHUTDOWN

詳細については,『DIGITAL PATHWORKS for OpenVMS (Advanced Server) Server Migration Guide』を参照してください。

4.9.4 ACME サーバ

ACME サーバは資格情報の付与を制御します。

プロセス名: ACME_SERVER

必須コンポーネント: Advanced Server for OpenVMS

このプロセスを必要とするコンポーネント: OpenVMS (RPC および SSPI/NTLM レイヤ) と OpenVMS Events

起動:

  • SYLOGICALS.COMファイルに次の行が格納されている場合は,自動的に起動されます。 NTA$NT_ACME_TO_BE_STARTED YES

  • 次のコマンドを入力して,ACME サーバを手動で起動することもできます。


    $ @SYS$STARTUP:NTA$STARTUP_NT_ACME
    

シャットダウン・プロシージャ:


$ SET SERVER ACME {/EXIT | /ABORT}

詳細については,第 12.3.3 項 を参照してください。

4.9.5 RPC エンドポイント・マッパ

RPC エンドポイント・マッパは認証とセキュリティを制御します。

プロセス名: DCE$RPCD

必須コンポーネント: RPC イメージ

このプロセスを必要とするコンポーネント: COM for OpenVMS Service Control Manager,RPC イメージ

起動: OpenVMS

シャットダウン・プロシージャ: 次のコマンド・プロシージャを使用します。


  $ @SYS$STARTUP:DCE$RPC_SHUTDOWN.COM 

詳細については,『DIGITAL DCE for OpenVMS VAX and OpenVMS Alpha』マニュアルを参照してください。

4.9.6 RPC および SSPI/NTLM レイヤ

RPC および SSPI/NTLM レイヤは,OpenVMS でリモート・プロシージャ・コールと Windows NT スタイルの認証機能を提供します。

プロセス名: なし (OpenVMS オペレーティング・システムの一部)

必須コンポーネント: OpenVMS,ACME サーバ

このプロセスを必要とするコンポーネント: COM for OpenVMS

起動: OpenVMS

シャットダウン・プロシージャ: なし

4.9.7 OpenVMS Events

Events レイヤは OpenVMS で Windows NT スタイルのイベント・ログ機能を提供します。

プロセス名: なし (OpenVMS オペレーティング・システムの一部)

必須コンポーネント: ACME サーバ

このプロセスを必要とするコンポーネント: COM for OpenVMS

起動: OpenVMS

シャットダウン・プロシージャ: なし

詳細については,第 11 章 を参照してください。

4.10 COM for OpenVMS のインストール

COM for OpenVMS インストール・キットには,POLYCENTER Software Installation ファイルが格納されています。キット名は DEC-AXPVMS-DCOM-V0101--1.PCSIです。COM for OpenVMS ファイルを OpenVMS Alpha バージョン 7.2-1 システムにインストールしなければなりません。キットをインストールする前に,第 4.2 節 を参照して,インストールの要件を確認してください。

COM for OpenVMS をインストールするには,次のコマンドを使用して POLYCENTER Software Installation ユーティリティを呼び出します。


$ PRODUCT INSTALL /SOURCE=device:[user] DCOM 

device:[user] に対して,キットのデバイス名とディレクトリの場所をそれぞれ指定します。

MIDL コンパイラ・ライセンス

COM for OpenVMS MIDL コンパイラにはライセンスが必要です。DCOM-MIDL PAK は COM for OpenVMS キットと別個に提供されます。

例 4-1 はインストールの例を示しています。

例 4-1 COM for OpenVMS のインストールの例

$ product install dcom/source=disk:[directory] 
 
The following product has been selected: 
    DEC AXPVMS DCOM V1.1                   Layered Product [Installed] 
 
Do you want to continue? [YES] 
 
Configuration phase starting ... 
 
You will be asked to choose options, if any, for each selected product and 
for 
any products that may be installed to satisfy software dependency 
requirements. 
 
DEC AXPVMS DCOM V1.1 
 
    Copyright  Compaq Computer Corporation 1999. All rights reserved. 
 
Do you want the defaults for all options? [YES] 
 
    The following software is required to run COM for OpenVMS 
 
      - OpenVMS Alpha V7.2-1 or later 
        - Includes DCE RPC and OpenVMS Registry 
      - TCP/IP Services for OpenVMS V5.0 or later (or equivalent product) 
      - Advanced Server for OpenVMS V7.2A or later 
      - In order to use the DCOM MIDL compiler you must install 
        the DCOM-MIDL License PAK 
 
    Do you want to continue? [YES] 
 
Do you want to review the options? [NO] 
 
Execution phase starting ... 
 
The following product will be installed to destination: 
    DEC AXPVMS DCOM V1.1                   DISK$AXP_72PLUS:[VMS$COMMON.] 
 
Portion done: 
0%...10%...20%...30%...40%...50%...60%...70%...80%...90%...100% 
 
The following product has been installed: 
    DEC AXPVMS DCOM V1.1                   Layered Product 
$ 



4.11 COM for OpenVMS のインストールの後処理

COM for OpenVMS キットをインストールした後,次の操作を行います。

  1. OpenVMS Registry が実行されていることを確認します ( 第 8 章 を参照してください )。

  2. Advanced Server for OpenVMS が実行されていることを確認します ( Advanced Server for OpenVMS プロセス名については,第 4.9.3 項 を参照してください )。

  3. ACME サーバが実行されていることを確認します ( このプロセスの名前については,第 4.9.4 項 を参照してください )。

  4. RPC デーモンが実行されていることを確認します ( プロセスの名前については,第 4.9.5 項 を参照してください )。

  5. DCOM$SETUPユーティリティのオプション 3 を使用して,COM for OpenVMS の必要なキーと値を OpenVMS Registry に登録します ( 第 5.2 節 を参照してください )。この操作は OpenVMS クラスタで 1 回だけ実行しなければなりません。

  6. DCOM$SETUPユーティリティのオプション 8 を使用して,DCOM$RPCSS アカウントを構成します ( 第 5.2.1 項 を参照してください )。この操作は OpenVMS クラスタで 1 回だけ実行しなければなりません。

  7. DCOM$SETUPユーティリティのオプション 4 を使用して,COM for OpenVMS を起動します ( 第 5.2 節 を参照してください )。この操作は OpenVMS クラスタの各ノードで実行しなければなりません。

  8. システムをリブートするときに COM for OpenVMS を自動起動するには, SYLOGICALS.COMファイルで DEFINE DCOM$TO_BE_STARTEDという行を変更します ( 第 4.12.1 項 を参照してください )。この操作は OpenVMS クラスタの各ノードで実行しなければなりません。



4.12 COM for OpenVMS の起動(COM for OpenVMS Service Control Manager)

COM for OpenVMS を起動するには,次のコマンドを使用します。


  $ @SYS$STARTUP:DCOM$STARTUP 

また, DCOM$SETUPを実行し,オプション 4 を選択することもできます ( 第 5.2 節 を参照してください)。

COM for OpenVMS Service Control Manager は,初期化中,実行中,起動されていない状態のいずれかになります。COM for OpenVMS Service Control Manager の状態に応じて,次のいずれかのメッセージが表示されます。

  • COM for OpenVMS Service Control Manager がこのノードで実行されている場合は,次のように,プロセスがすでにアクティブであることが報告されます。


      DCOM Service Control Manager daemon (DCOM$RPCSS) is active [pid=xxxxxxxx] 
    


    COM for OpenVMS Service Control Manager がこのノードで初期化中である場合は,次のように,プロセスがすでにアクティブであることが報告されます。


      DCOM Service Control Manager daemon (DCOM$STARTUP-**) is active [pid=xxxxxxxx] 
    

  • COM for OpenVMS Service Control Manager がこのノードで起動されていない場合は,次のように COM for OpenVMS が起動されます。


      The OpenVMS Registry server is already started on this node. 
     
               ***  DCOM system startup procedure  *** 
     
       Starting DCOM Service Control Manager daemon ( "DCOM$STARTUP-**" ) . . . 
       After initialization, the daemon will use process name "DCOM$RPCSS" . . . 
     
    %RUN-S-PROC_ID, identification of created process is xxxxxxxx
     
               ***  DCOM startup successful  *** 
     
         ***  DCOM Startup Procedure Complete  *** 
    



4.12.1 リブート後の COM for OpenVMS の自動起動

COM for OpenVMS の起動を制御するには, SYS$MANAGER:SYLOGICALS.COMコマンド・ファイルを変更してください。

OpenVMS には変更された SYLOGICALS.TEMPLATEファイルが含まれていて,このファイルには COM for OpenVMS と関連コンポーネント用の新しいスタートアップ・コマンドが登録されています。このテンプレート・ファイルの "Coordinated Startup" セクションを確認し,既存のスタートアップ・ファイルに適切な情報を追加してください。

システムのブート時に COM for OpenVMS が自動起動するように設定するには,次の行を SYLOGICALS.COMファイルにコピーし,この行のコメントの設定を解除し, TRUEに設定されているかどうか確認します。


$ DEFINE DCOM$TO_BE_STARTED TRUE 

システムのブート時に自動起動するように COM for OpenVMS を設定していない場合は,「DCOM$SETUP OpenVMS COM Tools」メニューのオプション 4 を使用して,COM for OpenVMS を起動できます ( 第 5.2 節 を参照)。

4.13 COM for OpenVMS (COM for OpenVMS Service Control Manager のシャットダウン)

COM for OpenVMS をシャットダウンするには,次のコマンドを使用します。


  $ @SYS$STARTUP:DCOM$SHUTDOWN 

また, DCOM$SETUPを実行し,オプション 5 を選択することもできます ( 第 5.2 節 を参照してください)。

COM for OpenVMS Service Control Manager は停止,実行中,初期化中のいずれかの状態になります。COM for OpenVMS Service Control Manager の状態に応じて,次のいずれかのメッセージが表示されます。

  • COM for OpenVMS Service Control Manager がこのノードで停止されている場合は,シャットダウンするものがないことが報告されます。


            ***  DCOM system shutdown procedure  *** 
     
       There is no active DCOM$RPCSS daemon on this system. 
     
         ***  DCOM Shutdown Procedure Complete  *** 
    

  • COM for OpenVMS Service Control Manager がこのノードで実行中の場合は,プロセスが次のようにシャットダウンされます。


            ***  DCOM system shutdown procedure  *** 
     
    *************************** Warning ******************************** 
    ***  Stopping the DCOM Service Control Manager daemon (DCOM$RPCSS) 
    ***  Active DCOM applications will no longer be operational. 
     
    Do you want to proceed with this operation (YES/NO/?) [N]? 
    


    シャットダウン・プロシージャを続行するには, Yと入力します。

    注意

    この確認手順を行わないようにする方法については,第 4.13.1 項 を参照してください。


    次のメッセージが表示されます。


       Terminating DCOM Service Control Manager daemon (DCOM$RPCSS) . . . 
     
            ***  DCOM shutdown successful  *** 
     
         ***  DCOM Shutdown Procedure Complete  *** 
    

  • COM for OpenVMS Service Control Manager がこのノードで初期化中の場合は,次のようにプロセスがシャットダウンされます。


            ***  DCOM system shutdown procedure  *** 
     
    *************************** Warning ******************************** 
    ***  Stopping the DCOM Service Control Manager daemon (DCOM$RPCSS) 
    ***  Active DCOM applications will no longer be operational. 
     
    Do you want to proceed with this operation (YES/NO/?) [N]? 
    


    シャットダウン・プロシージャを続行するには, Yと入力します。次のメッセージが表示されます。


       Terminating DCOM Service Control Manager daemon (DCOM$STARTUP-**) . . . 
     
            ***  DCOM shutdown successful  *** 
     
         ***  DCOM Shutdown Procedure Complete  *** 
    



4.13.1 DCOM$SHUTDOWN の確認要求を行わない設定

NOCONFIRM パラメータを指定すると,DCOM$SHUTDOWN コマンドの確認要求が表示されないようにすることができます。次のコマンドを使用します。


   $ @SYS$STARTUP:DCOM$SHUTDOWN NOCONFIRM 

次のシャットダウン・メッセージが表示されますが,シャットダウンを続行するかどうかの確認は行われません。


        ***  DCOM system shutdown procedure  *** 
 
   Terminating DCOM Service Control Manager daemon (DCOM$RPCSS) . . . 
 
        ***  DCOM shutdown successful  *** 
 
     ***  DCOM Shutdown Procedure Complete  *** 


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項