日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:概要
第 2 章:日本語ターミナル・ドライバとフォント・ハンドラ
第 3 章:漢字プリント・シンビオント
第 4 章:Character Manager (CMGR) ユーティリティ
第 5 章:KANJIGEN ユーティリティ
第 6 章:フォント管理ユーティリティ・メッセージ
索引
PDF
OpenVMS ホーム
日本語 OpenVMS | HPE 日本

日本語 OpenVMS
フォント管理ユーティリティ 利用者の手引き


目次 索引

第 2 章
日本語ターミナル・ドライバとフォント・ハンドラ

この章では,日本語ターミナル・ドライバとフォント・ハンドラの機能について説明します。

2.1 日本語ターミナル・ドライバ

漢字ターミナルのサポートのために提供されている日本語ターミナル・ドライバは, OpenVMS の標準ターミナル・ドライバの機能に加えて,次の機能を持ちます。

  • 漢字コードの処理

  • 半角カタカナ・コードの処理

  • オンデマンド・ローディングのサポート

これらの機能は,KANJIGEN ユーティリティで漢字ターミナルに対して設定した場合にのみ作動し,その他の場合は OpenVMS の標準ターミナル・ドライバと同じ機能となります。

日本語ターミナル・ドライバには,次のものがあります。

  • 日本語 OpenVMS Alpha および日本語 OpenVMS Integrity:
    JSY$ASDRIVER   SYS$TTDRIVER   JSY$FHDRIVER

  • 日本語 OpenVMS VAX :
    ASDRIVER   KJDRIVER   FHDRIVER



2.1.1 日本語ターミナル・ドライバの処理

日本語ターミナル・ドライバは,標準ドライバの機能に加えて以下の処理を行います。

  1. 文字パターン・データのオンデマンド・ローディング出力
    日本語ターミナル・ドライバは,漢字ターミナルのフォント ROM にない文字パターンを必要に応じて出力する機能を提供します。
    オンデマンド・ローディングについての詳しい説明は, 第 2.2 節 をご覧ください。

  2. 罫線漢字コードの変換
    DEC 漢字 1983 年版罫線コードを,DEC 漢字文字セットの,DEC 確保領域内にある DEC 罫線に変換します。これにより, DEC 漢字 1978 年版の漢字ターミナルで罫線を表示できます。

  3. 日本語文字コードの入出力
    Super DEC 漢字の文字コードが文字として扱われるように,以下の取り扱いを変更します。

    • 省略時の終了文字から SS2 を取り除く

    • SS2 をエスケープ文字として扱わない

    • SS2 による半角カタカナ+入力を有効にする

    • コマンド行の文字列の編集を,文字単位で行う


    上記の機能は,KANJIGEN ユーティリティの文字単位編集機能によって設定されます。



2.1.2 標準ターミナル・ドライバとの切り換え



日本語 OpenVMS VAX では,標準ターミナル・ドライバと日本語ターミナル・ドライバの切り換えは,次のようにして行います。

  1. 日本語ターミナル・ドライバへの切り換え
    JSY$SYSTEM:JSY$SETPARAMS.COM を使用します。このコマンド・プロシージャは,以下の処理を行います。

    • SYS$SYSTEM:MODPARAMS.DAT を編集して,システム・パラメータのTTY_CLASSNAMEの 定義を "KJ" に変更します。

    • AUTOGENユーティリティを起動してシステムをリブートすると,日本語ターミナル・ドライバが使用されます。

  2. 標準ターミナル・ドライバへの切り換え
    JSY$SYSTEM:JSY$RESETPARAMS.COM を使用します。このコマンド・プロシージャは,以下の処理を行います。

    • SYS$SYSTEM:MODPARAMS.DAT を編集して,システム・パラメータの TTY_CLASSNAMEの定義を "TT" に変更します。

    • AUTOGENユーティリティを起動してシステムをリブートすると,標準ターミナル・ドライバが使用されます。

通常は,ターミナル・ドライバを切り換える必要はありませんが,日本語 OpenVMS のバージョン・アップの際に必要になる場合があります。

日本語 OpenVMS Alpha V6.2 以降あるいは日本語 OpenVMS Integrity では,日本語を使う場合でも標準ターミナル・ドライバを使用します。システム・パラメータの TTY_CLASSNAME の定義は "TT" に設定します。 TTY_CLASSNAME のデフォルト値は"TT"ですので,通常はTTY_CLASSNAMEの定義を変更する必要はありません。

2.2 オンデマンド・ローディング

この節では,オンデマンド・ローディングについて説明します。

2.2.1 概要

漢字ターミナルには,そのフォント ROM に JIS X0208第1水準の漢字のみを持つもの,第2水準まで持つものなどさまざまですが,日本語 OpenVMS は漢字ターミナルにない漢字も自由に使用できるように,オンデマンド・ローディング機能を提供します。

オンデマンド・ローディングとは,漢字ターミナルのフォント ROM にない文字パターンを検知し,必要に応じて対応する文字パターンを漢字ターミナルに送って,文字の出力を可能にする機能です。

漢字ターミナルのフォントROM にない文字パターンを検知した場合,日本語ターミナル・ドライバが補助プロセスであるフォント・ハンドラに漢字コードを通知します。フォント・ハンドラは,システムのフォント・データベースを読み,その漢字コードの文字パターンを漢字ターミナルに送ります。

このオンデマンド・ローディング処理を行うかどうかは, KANJIGEN ユーティリティで各漢字ターミナルごとに指定できます。

2.2.2 ソフトウェア・オンデマンド・ローディング

ソフトウェア・オンデマンド・ローディングとは,漢字ターミナルのフォント要求機能を用いないオンデマンド・ローディング機能です。漢字ターミナルが接続されているシリアル・ライン・インタフェースの種類,ターミナル・サーバの種類およびバージョンにかかわりなく,使用することがができます。

ただし,1 つのターミナルからターミナル・サーバ経由で複数のセッションを使用している場合,その各セッションで同時にソフトウェア・オンデマンド・ローディングを使用することはできません。その場合はハードウェア・オンデマンド・ローディングを使用してください。

ハードウェア・オンデマンド・ローディング処理の流れを 図 2-1 に示します。

図 2-1 ソフトウェア・オンデマンド・ローディングの流れ


  1. ユーザ・プロセスは,日本語ターミナル・ドライバへ表示する漢字コードを送る。

  2. 日本語ターミナル・ドライバは,受け取った漢字コードが漢字ターミナルのフォントROMにあるかどうか調べ,もしなければフォント・ハンドラに文字パターンの要求を行う。

  3. フォント・ハンドラは,要求された漢字コードに対応する文字パターンを,フォント・データベースより読み込む。

  4. フォント・ハンドラは,日本語ターミナル・ドライバに文字パターンの出力を依頼し,日本語ターミナル・ドライバは文字パターンを漢字ターミナルに送る。

  5. 日本語ターミナル・ドライバは,漢字コードを漢字ターミナルに送る。

  6. 漢字ターミナルは,文字パターンをフォントRAMに記憶し,表示または印刷する。



2.2.3 ハードウェア・オンデマンド・ローディング

ハードウェア・オンデマンド・ローディングとは,漢字ターミナルのフォント要求機能を用いるオンデマンド・ローディング機能です。漢字ターミナル自身がフォントの管理を行うため,ターミナル・サーバ経由で複数のセッションを使用している場合でも,オンデマンド・ローディングを行うことができます。

ただし,1 つのターミナルからターミナル・サーバ経由で複数のノードへ接続して,その各セッションで同時にオンデマンド・ローディングを使用する場合は,接続している全てのノードのフォント・データベースの内容が同一である必要があります。

ハードウェア・オンデマンド・ローディングを使用できるのは,以下のターミナル・サーバ経由の接続の場合のみです。

  • DECserver200

  • DECserver300

  • DECserver500

  • DECserver700

  • DECserver90M

  • DECserver90L+

  • DECserver90TL

これら以外のインタフェースでオンデマンド・ローディングを行う場合には,ソフトウェア・オンデマンド・ローディングを使用してください。

ハードウェア・オンデマンド・ローディング処理の流れを 図 2-2 に示します。

図 2-2 ハードウェア・オンデマンド・ローディングの流れ


  1. ユーザ・プロセスは,日本語ターミナル・ドライバを通して漢字コードを漢字ターミナルに出力する。

  2. 漢字ターミナルは,出力しようとする漢字の文字パターンが漢字ターミナル中にあるかどうか調べ,もしなければ文字パターンの要求を行う。

  3. 日本語ターミナル・ドライバは,フォント・ハンドラの AST ルーチンを起動すると共に,漢字コードを引き渡す。

  4. フォント・ハンドラは,要求された漢字コードに対応する文字パターンを,フォント・データベースより読み込む。

  5. フォント・ハンドラは,日本語ターミナル・ドライバに文字パターンの出力を依頼する。

  6. 日本語ターミナル・ドライバは,他のデータに優先して文字パターンを漢字ターミナルに送る。

  7. 漢字ターミナルは,文字パターンをフォントRAM に記憶し,表示または印刷する。



2.2.4 オンデマンド・ローディングの使用方法

オンデマンド・ローディングを使用するには,KANJIGEN ユーティリティの /FONT 修飾子を使用して,指定した漢字ターミナルに対するオンデマンド・ローディング処理を有効にしてください(KANJIGEN ユーティリティについては, 第 5 章 を参照)。

オンデマンド・ローディングをサポートする装置については, 表 1-1 を参照してください。一部の漢字プリンタでは,オンデマンド・ローディングがサポートされていますが,漢字プリンタに対しては漢字プリント・シンビオントを使用するようにしてください。漢字プリント・シンビオントについては, 第 3 章 を参照してください。

2.2.5 注意および制限事項

  • VT 端末装置のセットアップの設定は,次のようにしてください。

    • ソフトウェア・オンデマンド・ローディングを使用する場合:
      「オンデマンド・ローディングなし」 に設定。

    • ハードウェア・オンデマンド・ローディングを使用する場合:
      「オンデマンド・ローディングあり」 に設定。

  • オンデマンド・ローディングで使用される文字パターンは, CMGR_DEFAULT データベースに登録されている文字パターンです。

  • ターミナル・サーバの FORWARD SWITCH や BACKWARD SWITCH,LOCAL SWITCH に印字可能な文字 (ASCII 文字等) を指定すると,オンデマンド・ローディングの処理に異常が発生したり,ターミナルがハングする可能性があります。



2.3 フォント・ハンドラ

フォント・ハンドラはシステムに 1 つだけ存在する,オンデマンド・ローディング用の補助プロセスで,ユーザとは直接には関係せず独立して動作します。

  1. 起動
    フォント・ハンドラ・プロセスは,日本語 OpenVMS の起動時に自動的に作成されます。

  2. 属性
    フォント・ハンドラの主な属性を以下に示します。

    -- プロセス名 JSY$FS_JA_JP_01
    -- 優先順位 8
    -- UIC [1,20]


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡