日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


HP OpenVMS
OpenVMS Cluster システム


最初へ
索引

目次 (まとめ)
まえがき まえがき
第 1 章 OpenVMS Cluster システムの管理の概要
第 2 章 OpenVMS Cluster の概念
第 3 章 OpenVMS Cluster インターコネクトの構成
第 4 章 OpenVMS Cluster オペレーティング環境
第 5 章 共用環境の準備
第 6 章 クラスタ・ストレージ・デバイス
第 7 章 クラスタ・キューの設定と管理
第 8 章 OpenVMS Cluster システムの構成
第 9 章 大規模な OpenVMS Cluster システムの構築
第 10 章 OpenVMS Cluster システムの保守
付録 A クラスタ・システム・パラメータ
付録 B 共通ファイルの作成
付録 C クラスタのトラブルシューティング
付録 D LAN 制御のためのサンプル・プログラム
付録 E LAN 制御のためのサブルーチン
付録 F NISCA プロトコルのトラブルシューティング
付録 G NISCA トランスポート・プロトコル輻輳制御
  索引
 
 
 


目次


まえがき
まえがき まえがき
第 1 章
1 OpenVMS Cluster システムの管理の概要
  1.1   概要
    1.1.1      用途
    1.1.2      利点
  1.2   ハードウェア・コンポーネント
    1.2.1      コンピュータ
    1.2.2      物理インターコネクト
    1.2.3      OpenVMS Galaxy SMCI
    1.2.4      ストレージ・デバイス
  1.3   ソフトウェア・コンポーネント
    1.3.1      OpenVMS Cluster ソフトウェアの機能
  1.4   通信
    1.4.1      システム通信
    1.4.2      アプリケーション通信
    1.4.3      クラスタ・エイリアス
    1.4.4      failSAFE IP
  1.5   システム管理
    1.5.1      管理の容易さ
    1.5.2      HP のツールとユーティリティ
    1.5.3      OpenVMS パートナのシステム管理ツール
    1.5.4      その他の構成補助機能
第 2 章
2 OpenVMS Cluster の概念
  2.1   OpenVMS Cluster システムのアーキテクチャ
    2.1.1      ポート・レイヤ
    2.1.2      SCS レイヤ
    2.1.3      システム・アプリケーション (SYSAP) レイヤ
    2.1.4      他のレイヤード・コンポーネント
  2.2   OpenVMS Cluster ソフトウェアの機能
    2.2.1      機能
  2.3   クラスタ・メンバシップの整合性の確保
    2.3.1      接続マネージャ
    2.3.2      クラスタ分断
    2.3.3      クォーラム・アルゴリズム
    2.3.4      システム・パラメータ
    2.3.5      クラスタの票数の計算
    2.3.6      
    2.3.7      サブクラスタの選択
    2.3.8      クォーラム・ディスク
    2.3.9      クォーラム・ディスク・ウォッチャ
    2.3.10      クォーラムの指定の規則
  2.4   状態遷移
    2.4.1      メンバの追加
    2.4.2      メンバの削除
  2.5   OpenVMS Cluster のメンバシップ
    2.5.1      クラスタ・グループ番号
    2.5.2      クラスタ・パスワード
    2.5.3      場所
    2.5.4      
  2.6   分散ロック・マネージャによるクラスタ機能の同期化
    2.6.1      分散ロック・マネージャの機能
    2.6.2      ロック・マネージャの管理
    2.6.3      大規模ロック・アプリケーション
  2.7   リソースの共用
    2.7.1      分散ファイル・システム
    2.7.2      RMS と分散ロック・マネージャ
  2.8   ディスクの可用性
    2.8.1      MSCP サーバ
    2.8.2      デバイスのサービス
    2.8.3      MSCP サーバの有効化
  2.9   テープの可用性
    2.9.1      TMSCP サーバ
    2.9.2      TMSCP サーバの有効化
  2.10   キューの可用性
    2.10.1      キューの制御
第 3 章
3 OpenVMS Cluster インターコネクトの構成
  3.1   概要
  3.2   LAN でインターコネクトされた OpenVMS Cluster システム
    3.2.1      設計
      3.2.1.1      PEDRIVER Fast Path のサポート
    3.2.2      クラスタ・グループ番号とクラスタ・パスワード
    3.2.3      サーバ
    3.2.4      サテライト
    3.2.5      サテライトのブート(Alpha)
    3.2.6      サテライト・ブート (Integrity サーバ)
    3.2.7      複数の LAN アダプタの構成
      3.2.7.1      システムの特性
      3.2.7.2      システム要件
      3.2.7.3      ガイドライン
    3.2.8      
    3.2.9      LAN デバイスの Fast Path
    3.2.10      LAN ブリッジのフェールオーバ・プロセス
    3.2.11      OpenVMS における仮想 LAN のサポート
      3.2.11.1      VLAN の設計
      3.2.11.2      VLAN サポートの詳細
  3.3   Cluster over IP
    3.3.1      設計
      3.3.1.1      PEDRIVER の UDP サポート
      3.3.1.2      ブート時における TCP/IP Services のロードと起動
    3.3.2      可用性
    3.3.3      システムの特性
    3.3.4      ソフトウェア要件
    3.3.5      構成の概要
      3.3.5.1      構成ファイル
    3.3.6      サテライト・ノードのサポート
    3.3.7      ロジカル LAN を使用した高可用構成
    3.3.8      性能に関するガイドライン
    3.3.9      
  3.4   MEMORY CHANNEL でインターコネクトされた OpenVMS Cluster システム (Alpha のみ)
    3.4.1      設計
    3.4.2      
  3.5   混成インターコネクト OpenVMS Cluster システム
    3.5.1      可用性
    3.5.2      
  3.6   マルチホスト SCSI OpenVMS Cluster システム
    3.6.1      OpenVMS Alpha 構成の設計
    3.6.2      OpenVMS Integrity 構成の設計
    3.6.3      
  3.7   SAS (Serial Attached SCSI) (Integrity のみ)
  3.8   マルチホスト Fibre Channel OpenVMS Cluster システム
    3.8.1      設計


目次 索引

プライバシー ご利用条件・免責事項