日本-日本語
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


HP OpenVMS
OpenVMS Cluster システム


目次 索引

P
PADRIVER ポート・ドライバ
PAK (Product Authorization Keys)
PASTDGBUF システム・パラメータ
PBDRIVER ポート・ドライバ
PCM (POLYCENTER コンソール・マネージャ)
PE$IP_CONFIG.DAT ファイル
  登録要素
PEDRIVER
  チャネル選択および輻輳制御
PEDRIVER LAN デバイス
  SDA モニタリング
PEDRIVER ポート・ドライバ #1
PEDRIVER ポート・ドライバ #2
  HELLO IP マルチキャハスト
  HELLO IP ユニキャスト
  HELLO マルチキャスト
  NISCA プロトコルの実装
  NISCS_LOAD_PEA0 システム・パラメータ
  SDA 監視
  再送
  輻輳制御
PIDRIVER ポート・ドライバ #1
PIDRIVER ポート・ドライバ #2
PI プロトコル
  SCA アーキテクチャの一部 #1
  SCA アーキテクチャの一部 #2
PK*DRIVER ポート・ドライバ
PMDRIVER ポート・ドライバ
PNDRIVER ポート・ドライバ
PPC プロトコル
  NISCA トランスポート・プロトコルの一部 #1
  NISCA トランスポート・プロトコルの一部 #2
PPD プロトコル
  SCA アーキテクチャの一部 #1
  SCA アーキテクチャの一部 #2
PPD レベル
  PPD プロトコルの一部 #1
  PPD プロトコルの一部 #2
Q
QDSKINTERVAL システム・パラメータ
QDSKVOTES システム・パラメータ #1
QDSKVOTES システム・パラメータ #2
QMAN$MASTER.DAT ファイル #1
QMAN$MASTER.DAT ファイル #2
QMAN$MASTER.DAT ファイル #3
  登録要素
QUORUM.DAT ファイル
R
RAID (redundant arrays of independent disks)
  デバイス名の問題
RBMS (Remote Bridge Management Software)
  LAN トラフィックの監視
REBOOT_CHECK オプション
RECNXINTERVAL システム・パラメータ
REMOVE_NODE オプション
REXMT フラグ
RIGHTSLIST.DAT ファイル
  セキュリティ機構
  登録要素
  マージ
RMS
  分散ロック・マネージャの使用
S
SAS
  準拠ハードウェアに対するサポート
SAS (Serial Attached SCSI)
  クラスタ・アクセス可能ディスク
SAS インターコネクト
SATELLITE_PAGE.COM コマンド・プロシージャ
SAVE_FEEDBACK オプション
SCA Control Program (SCACP)
SCA (System Communications Architecture)
  NISCA トランスポート・プロトコル #1
  NISCA トランスポート・プロトコル #2
  NISCA トランスポート・プロトコル #3
  プロトコル・レベル #1
  プロトコル・レベル #2
  プロトコル・レベル #3
SCACP
    SCA Control Program を参照
SCS (System Communications Services)
  SCA アーキテクチャの一部 #1
  SCA アーキテクチャの一部 #2
  システム・パラメータ
     SCSMAXDG
     SCSMAXMSG
     SCSRESPCNT
  接続
  定義
  プロセッサ間通信
  プロトコルのための DX ヘッダ
SCSI (Small Computer Systems Interface)
  クラスタ・アクセス可能ディスク
  クラスタ単位のリブートの要件
  構成
  準拠ハードウェアに対するサポート
  ディスク #1
  ディスク #2
  デバイス名
     リブートの要件
SCSLOA.EXE イメージ
SCSNODE システム・パラメータ
SCSRESPCNT システム・パラメータ
SCSSYSTEMID システム・パラメータ
SDI (標準ディスク・インタフェース) #1
SDI (標準ディスク・インタフェース) #2
SET AUDIT コマンド
SET LOGINS コマンド
SET PREFERRED_PATH コマンド
SET TIME コマンド
  クラスタ全体での時刻の設定
SET VOLUME/REBUILD コマンド
SHOW CLUSTER コマンド
Show Cluster ユーティリティ (SHOW CLUSTER) #1
Show Cluster ユーティリティ (SHOW CLUSTER) #2
  CL_QUORUM コマンド
  CL_VOTES コマンド
  EXPECTED_VOTES コマンド
SHOW DEVICE コマンド
SHUTDOWN コマンド
  1 つまたは複数のノードのシャットダウン
  クラスタのシャットダウン #1
  クラスタのシャットダウン #2
  ノードのシャットダウン
SMCI
START/QUEUE/MANAGERコマンド
  /NEW_VERSION 修飾子
  /ON 修飾子 #1
  /ON 修飾子 #2
STARTUP_P1 システム・パラメータ
  すべてのプロセスを起動しない #1
  すべてのプロセスを起動しない #2
  ミニマム・スタートアップ
STI (標準テープ・インタフェース)
StorageWorks RAID Array 210 サブシステム
  デバイスの命名
StorageWorks RAID Array 230 サブシステム
  デバイスの命名
SWAPFILE.SYS
SYLOGICALS.COM スタートアップ・ファイル
  クラスタワイド論理名
  システム・ディスクのクローン
SYS$COMMON:[SYSMGR] ディレクトリ
  テンプレート・ファイル
SYS$DEVICES.DAT テキスト・ファイル
SYS$LAVC_DEFINE_NET_COMPONENT サブルーチン
SYS$LAVC_DEFINE_NET_PATH サブルーチン
SYS$LAVC_DISABLE_ANALYSIS サブルーチン
SYS$LAVC_ENABLE_ANALYSIS サブルーチン
SYS$LAVC_START_BUS.MAR サブルーチン
SYS$LAVC_STOP_BUS.MAR サブルーチン
SYS$LIBRARY システム・ディレクトリ
SYS$MANAGER:SYCONFIG.COM コマンド・プロシージャ
SYS$MANAGER:SYLOGICALS.COM コマンド・プロシージャ
SYS$MANAGER:SYPAGSWPFILES.COM コマンド・プロシージャ
SYS$MANAGER:SYSECURITY.COM コマンド・プロシージャ
SYS$MANAGER:SYSTARTUP_VMS.COM コマンド・プロシージャ
SYS$MANAGER システム・ディレクトリ
SYS$QUEUE_MANAGER.QMAN$JOURNAL ファイル
SYS$QUEUE_MANAGER.QMAN$QUEUES ファイル
SYS$SPECIFIC ディレクトリ
SYS$SYSROOT 論理名
SYS$SYSTEM:STARTUP.COM コマンド・プロシージャ
SYS$SYSTEM システム・ディレクトリ
SYSALF.DAT ファイル
  登録要素
SYSAP
SYSAP プロトコル
  SCS の使用
  定義 #1
  定義 #2
SYSBOOT
  SET/CLASS コマンド
SYSBOOT.EXE イメージ
  サテライトをリブートする前の名前の変更
SYSMAN (System Management ユーティリティ)
    System Management ユーティリティを参照
SYSMAN ユーティリティ
  /CLUSTER_SHUTDOWN 修飾子
  SHUTDOWN NODE コマンド
SYSTARTUP.COM プロシージャ
  設定
SYSTARTUP_COM スタートアップ・ファイル
  クラスタワイド論理名
System Dump Analyzer ユーティリティ (SDA)
  PEDRIVER の監視
System Management ユーティリティ (SYSMAN)
  クラスタ・エイリアス操作の有効化
  クラスタ・グループ・データの変更
SYSUAF.DAT ファイル
  共通バージョンの作成
  設定
  登録要素
  プロセス上限とクォータの判断
  マージ
  リストの印刷
SYSUAFALT.DAT ファイル
  登録要素


目次 索引

プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡