日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


HP OpenVMS
OpenVMS Cluster システム


目次 索引



SDA コマンドの PE LAN_DEVICE は,PEDRIVER LAN デバイスのデータを表示するのに便利です。それぞれの LAN デバイスは,NISCACP 通信で使用されているシステムのローカルの LAN デバイスです。

SDA> PE LAN_DEVICE 

次の例では,PE LAN_DEVICE は I64MOZ の LAN デバイスの要約情報を表示しています。

例 F-3 SDA の PE LAN_DEVICE コマンド
SDA> PE LAN_DEVICE 
 
PE$SDA Extension on I64MOZ (HP rx4640  (1.50GHz/6.0MB)) at 21-NOV-2008 15:43:12.53 
---------------------------------------------------------------------------------- 
 
I64MOZ Device Summary 21-NOV-2008 15:43:12.53: 
 
         Device  Line Buffer  MgtBuf  Load    Mgt        Current       Total    Errors & 
  Device  Type  Speed  Size  SizeCap  Class Priority   LAN Address     Bytes     Events  Status 
  ------  ----  -----  ----  -------  ----- --------   -----------     -----     ------  ------ 
   LCL             0   1426       0      0      0  00-00-00-00-00-00    31126556       0  Run Online Local Restart 
   EIA           100   1426       0   1000      0  00-30-6E-5D-97-AE     5086238       2  Run Online Restart 
   EIB          1000   1426       0   1000      0  00-30-6E-5D-97-AF           0  229120  Run Online Restart 
 



F.3.5 LAN デバイス用の PEDRIVER バスの監視

SDA コマンド SHOW PORT/BUS=BUS_LAN-device は, LAN アダプタの PEDRIVER 表現を表示するのに役立ちます。 PEDRIVER にとって,バスは LAN アダプタの論理表現です (バスの名前とアドレスの一覧を表示するには, SDA コマンド SHOW PORT/ADDR=PE_PDT を入力した後, Return キーを 2 回押します)。 例 F-4 は EXA という LAN アダプタの表示を示しています。

例 F-4 SDA コマンド SHOW PORT/BUS の表示
SDA> SHOW PORT/BUS=BUS_EXA
VAXcluster data structures 
-------------------------- 
--- BUS: 817E02C0  (EXA)  Device: EX_DEMNA  LAN Address: AA-00-04-00-64-4F --- 
                                   LAN Hardware Address: 08-00-2B-2C-20-B5 
Status: 00000803 run,online(1),restart 
------- Transmit ------  ------- Receive -------  ---- Structure Addresses --- 
Msg Xmt        20290620  Msg Rcv        67321527  PORT Address        817E1140 
  Mcast Msgs    1318437    Mcast Msgs   39773666  VCIB Addr           817E0478 
  Mcast Bytes 168759936    Mcast Bytes 159660184  HELLO Message Addr  817E0508 
Bytes Xmt    2821823510  Bytes Rcv    3313602089  BYE Message Addr    817E0698 
Outstand I/Os         0  Buffer Size        1424  Delete BUS Rtn Adr  80C6DA46 
Xmt Errors(2)      15896  Rcv Ring Size        31 
Last Xmt Error 0000005C         Time of Last Xmt Error(3)21-JAN-1994 15:33:38.96 
--- Receive Errors ----  ------ BUS Timer ------  ----- Datalink Events ------ 
TR Mcast Rcv          0  Handshake TMO  80C6F070  Last  7-DEC-1992 17:15:42.18 
Rcv Bad SCSID         0  Listen TMO     80C6F074  Last Event          00001202 
Rcv Short Msg         0  HELLO timer           3  Port Usable                1 
Fail CH Alloc         0  HELLO Xmt err(4)    1623  Port Unusable              0 
Fail VC Alloc         0                           Address Change             1 
Wrong PORT            0                           Port Restart Fail          0 
 

フィールド 説明
(1) Status: Status 行には,PEDRIVER が LAN アダプタにアクセスできることを示す "online" という状態が常に表示されるべき。
(2) Xmt Errors (送信エラー) PEDRIVER がこの LAN アダプタを使用してパケットを送信できなかった回数を示す。
(3) Time of Last Xmt Error このフィールドに表示される時刻と, 例 F-2 の VC 表示に表示される Open and Cls の回数を比較することにより, LAN アダプタの障害の時刻が仮想サーキット障害の時刻に近いかどうか判断することができる。

注意: LAN アダプタ・パス・レベルで送信エラーが発生すると,仮想サーキットが破壊される。

(4) HELLO Xmt err (HELLO 送信エラー) メッセージ送信障害によって PEDRIVER HELLO データグラム・メッセージが "紛失" した回数を示す ( 付録 F.1 節 の Channel Control [CC] レベルの説明では, HELLO データグラム・メッセージの目的を簡単に説明している)。多くの HELLO 送信エラーが発生した場合,おそらく他のノードの PEDRIVER がチャネルを時間切れにし,最終的に仮想サーキットがクローズされることになる。

例 F-4 に示されている HELLO 送信障害は 1623 であり,このために送信エラーの回数も多くなっている (15896)。送信エラーの数が少なく,HELLO 送信エラーの数が多くなることはあり得ない。



F.3.6 LAN アダプタの監視

LAN デバイス・ドライバによって管理されている LAN アダプタに関する情報を表示するには,SDA コマンド SHOW LAN/COUNT を使用します (このコマンドは,PEDRIVER [SCA] 関連カウンタだけでなく,すべてのプロトコルのカウンタを表示します)。 例 F-5 は,SHOW LAN/COUNTERS コマンドの表示の例を示しています。

例 F-5 SDA コマンド SHOW LAN/COUNTERS の表示
$ ANALYZE/SYSTEM
SDA> SHOW LAN/COUNTERS
 
LAN Data Structures 
------------------- 
             -- EXA Counters Information 22-JAN-1994 11:21:19 -- 
 
Seconds since zeroed         3953329    Station failures                   0 
Octets received          13962888501    Octets sent              11978817384 
PDUs received              121899287    PDUs sent                   76872280 
Mcast octets received     7494809802    Mcast octets sent          183142023 
Mcast PDUs received         58046934    Mcast PDUs sent              1658028 
Unrec indiv dest PDUs              0    PDUs sent, deferred          4608431 
Unrec mcast dest PDUs              0    PDUs sent, one coll          3099649 
Data overruns                      2    PDUs sent, mul coll          2439257 
Unavail station buffs(1)            0    Excessive collisions(2)          5059 
Unavail user buffers               0    Carrier check failure              0 
Frame check errors               483    Short circuit failure              0 
Alignment errors               10215    Open circuit failure               0 
Frames too long                  142    Transmits too long                 0 
Rcv data length error              0    Late collisions                14931 
802E PDUs received             28546    Coll detect chk fail               0 
802 PDUs received                  0    Send data length err               0 
Eth PDUs received          122691742    Frame size errors                  0 
 
LAN Data Structures 
------------------- 
        -- EXA Internal Counters Information 22-JAN-1994 11:22:28 -- 
 
Internal counters address   80C58257    Internal counters size            24 
Number of ports                    0    Global page transmits              0 
No work transmits            3303771    SVAPTE/BOFF transmits              0 
Bad PTE transmits                  0    Buffer_Adr transmits               0 
 
Fatal error count                  0    RDL errors                         0 
Transmit timeouts                  0    Last fatal error                None 
Restart failures                   0    Prev fatal error                None 
Power failures                     0    Last error CSR              00000000 
Hardware errors                    0    Fatal error code                None 
Control timeouts                   0    Prev fatal error                None 
 
Loopback sent                      0    Loopback failures                  0 
System ID sent                     0    System ID failures                 0 
ReqCounters sent                   0    ReqCounters failures               0 
 
      -- EXA1 60-07 (SCA) Counters Information 22-JAN-1994 11:22:31 -- 
 
Last receive(3)       22-JAN 11:22:31    Last transmit(3)    22-JAN 11:22:31 
Octets received           7616615830    Octets sent               2828248622 
PDUs received               67375315    PDUs sent                   20331888 
Mcast octets received              0    Mcast octets sent                  0 
Mcast PDUs received                0    Mcast PDUs sent                    0 
Unavail user buffer                0    Last start attempt              None 
Last start done       7-DEC 17:12:29    Last start failed               None 
   .
   .
   .

SHOW LAN/COUNTERS の表示には通常,複数の LAN アダプタに関するデバイス・カウンタ情報が含まれます。しかし, 例 F-5 は単なる例であるため, 1 つのデバイスだけを示しています。

フィールド 説明
(1) Unavail station buffs (使用できないステーション・バッファ) LAN ドライブの特定のステーション・バッファを受信パケット用に使用できなかった回数を記録する。メッセージを受信するノードは,ノードに十分な LAN ステーション・バッファがない場合,パケットを紛失する可能性がある (LAN バッファは,DECnet や TCP/IP,LAT など, PEDRIVER 以外の多くのコンポーネントで使用される)。 LAN ステーション・バッファが不足しているためにパケットが紛失するという現象は,LAN アダプタが輻輳していたり,システムが既存のバッファを十分な速度で再利用できないことを示す症状である。
(2) Excessive collisions アダプタでメッセージの送信が失敗した回数を示す。この問題は以下の原因によってしばしば発生する。

  • 特定の LAN セグメントで,トラフィックが非常に高いために (70%〜80% の利用率) 発生する LAN 負荷の問題。

  • スクリーマというコンポーネント。 スクリーマとは,プロトコルがイーサネットまたは FDDI ハードウェア・プロトコルに準拠していないアダプタである。スクリーマは,アダプタでパケットの送信許可が出されるのを待たずに送信を開始するため,衝突エラーが発生し,このフィールドに登録される。

複数の衝突を含む送信が数多く発生した場合,OpenVMS Cluster のパフォーマンスが低下する。一部のノードを LAN セグメントから削除するか,別の LAN セグメントをクラスタに追加することにより,パフォーマンスを向上することができる。全体的な目標は,既存の LAN セグメントで発生するトラフィックを削減することにより, OpenVMS Cluster システムから利用できる帯域幅を広くすることである。

(3) Last receive と Last transmit Last receive メッセージ・フィールドと Last transmit メッセージ・フィールドに示される時間の差が,大きな値であってはならない。少なくとも,これらのフィールドのタイムスタンプは,3 秒おきに HELLO データグラム・メッセージがチャネルを介して送信されていることを反映する値でなければならない。時間差が大きい場合,以下のことを示す可能性がある。

  • ハードウェア障害

  • LAN ドライバが特定の LAN アダプタで NISCA プロトコルをアクティブであると認識しているかどうか。



F.3.7 IP インタフェース用の PEDRIVER バスの監視

SDA の SHOW PORT/BUS=BUS_IP_interface コマンドは, IP インタフェースの PEDRIVER 表現を表示するのに便利です。 PEDRIVER にとって,バスは IP インタフェースの論理表現です (バスの名前とアドレスの一覧を表示するには, SDA の SHOW PORT/ADDR=PE_PDT コマンドを入力し,Return キーを 2 回押します)。次に示すのは IE0 という名前の IP インタフェースの表示の例です。

例 F-6 SDA の SHOW PORT/BUS =BUS_IP_interface コマンド
$ ANALYZE/SYSTEM
SDA> SHOW PORT/BUS=886C0010
 
VMScluster data structures 
-------------------------- 
--- BUS: 886C0010  (IE0)  Device: IP  IP Address:  16.138.182.6 (1)
Status: 00004203 run,online,xmt_chaining_disabled (2)
------- Transmit ------  ------- Receive -------  ---- Structure Addresses --- 
Msg Xmt      2345987277 (3)  Msg Rcv      2452130165 (4)  PORT Address        8850B9B8 
  Mcast Msgs          0    Mcast Msgs          0  VCIB Addr           886C02A0 
  Mcast Bytes         0    Mcast Bytes         0  HELLO Message Addr  886C02A0 
Bytes Xmt    3055474713  Bytes Rcv    3545255112  BYE Message Addr    886C05CC 
Outstand I/Os         0  Buffer Size        1394  Delete BUS Rtn Adr  90AA2EC8 
Xmt Errors (5)          0  Rcv Ring Size         0 
 
--- Receive Errors ----  ------ BUS Timer ------  ----- Datalink Events ------ 
TR Mcast Rcv          0  Handshake TMO  00000000  Last 22-SEP-2008 12:20:50.06 
Rcv Bad SCSID         0  Listen TMO     00000000  Last Event          00004002 
Rcv Short Msgs        0  HELLO timer           6  Port Usable                1 
Fail CH Alloc         0  HELLO Xmt err         0  Port Unusable              0 
Fail VC Alloc         0                           Address Change             0 
Wrong PORT            0                           Port Restart Fail          0 
 

フィールド 説明
(1) IP Address インタフェースの IP アドレスを表示します
(2) Status Status 行には,PEDRIVER がIP インタフェースにアクセスできることを示す "online" という状態が常に表示されるべき。
(3) Msg Xmt (送信メッセージ) 仮想サーキットを介してリモート・ノードに送信されたパケットの総数を示す。送信されたマルチキャスト (Mcast) メッセージとマルチキャスト・バイトが示される。
(4) Msg Rcv (受信メッセージ) 仮想サーキットを介してリモート・ノードから受信したメッセージの総数を示す。受信されたマルチキャスト (Mcast) メッセージとマルチキャスト・バイトが示される。
(5) Xmt Errors (送信エラー) PEDRIVER がこの IP インタフェースを使用してパケットを送信できなかった回数を示す。



F.3.8 IP インタフェースのための PEDRIVER チャネルの監視

SDA の SHOW PORT/Channel=Channel_IP_interface コマンドは, IP インタフェースの PEDRIVER 表現を表示するのに便利です。 PEDRIVER にとってチャネルは,異なるノードにある 2 つの IP インタフェース間の論理通信パスです(作成されたチャネルの名前とアドレスの一覧を表示するには, SDA の SHOW SYMBOL CH_* コマンドを入力し,そのあと Return キーを 2 回押します)。次の例は,IE0 という名前の IP インタフェースの表示です。

例 F-7 SDA の SHOW PORT/CHANNEL コマンドの表示
$ ANALYZE/SYSTEM
SDA>  show port/channel=CH_OOTY_IE0_WE0
VMScluster data structures 
-------------------------- 
 -- PEDRIVER Channel (CH:886C5A40) for Virtual Circuit (VC:88161A80) OOTY   -- 
State: 0004 open                Status: 6F path,open,xchndis,rmhwavld,tight,fast 
                                ECS Status: Tight,Fast 
BUS: 886BC010 (IE0)  Lcl Device: IP    Lcl IP Address: 16.138.182.6 1 (1)
Rmt BUS Name:  WE0   Rmt Device: IP    Rmt IP Address: 15.146.235.10 2 (2)
Rmt Seq #: 0004  Open:  4-OCT-2008 00:18:58.94  Close:  4-OCT-2008 00:18:24.53 
 
- Transmit Counters ---  - Receive Counters ----  - Channel Characteristics -- 
Bytes Xmt     745486312  Bytes Rcv    2638847244  Protocol Version       1.6.0 
Msg Xmt        63803681  Msg Rcv       126279729  Supported Services  00000000 
  Ctrl Msgs         569    Ctrl Msgs         565  Local CH Sequence #     0003 
  Ctrl Bytes      63220    Ctrl Bytes      62804  Average RTT (usec)    5780.8 
                           Mcast Msgs     106871  Buffer Size: 
                           Mcast Bytes  11114584    Current               1394 
- Errors ---------------------------------------    Remote                1394 
Listen TMO            2  Short CC Msgs         0    Local                 1394 
TR ReXmt            605  Incompat Chan         0    Negotiated            1394 
DL Xmt Errors         0  No MSCP Srvr          0  Priority                   0 
CC HS TMO             0  Disk Not Srvd         0  Hops                       2 
Bad Authorize         0  Old Rmt Seq#          0  Load Class               100 
Bad ECO               0                           Rmt TR Rcv Cache Size     64 
Bad Multicast         0                           Rmt DL Rcv Buffers         8 
                                                  Losses                     0 
- Miscellaneous -------  - Buf Size Probing-----  - Delay Probing ------------ 
Prv Lstn Timer        5  SP Schd Timeout       6  DP Schd Timeouts           0 
Next ECS Chan  886C5A40  SP Starts             1  DP Starts                  0 
                         SP Complete           1  DP Complete                0 
- Management ----------  SP HS TMO             0  DP HS TMO                  1 
Mgt Priority          0  HS Remaining Retries  4 
Mgt Hops              0  Last Probe Size    1395 
Mgt Max Buf Siz    8110 
 

Field Description
(1) Lcl IP Address (ローカル IP アドレス) ローカル・インタフェースの IP アドレスを表示する。
(2) Rmt IP Address (リモート IP アドレス) リモート・インタフェースの IP アドレスを表示する。



F.4 SCACP によるクラスタ通信の監視

SCACP (SCA Control Program) ユーティリティは,クラスタ通信の監視および管理のためのユーティリティです。 SCACP は,OpenVMS Cluster システムでノードの相互動作を可能にするための通信の仕組を定義した SCA (Systems Communications Architecture) から派生したツールです。

SCA は次の事を行います。

  • ノードにあるリソース間でデータの共用を管理する。

  • 別々の OpenVMS Alpha および OpenVMS Integrity システムで稼動するシステム・アプリケーション (SYSAP) を結び付ける。

SCACP の起動は,DCL プロンプトで次のコマンドを入力することにより可能です。

$ RUN SYS$SYSTEM:SCACP 

SCACP が起動されると次の酔うなプロンプトが表示されます。 SCACP コマンドは,DCL 構文の標準規則を使用して入力できます。

SCACP> 

SCACP についての詳細は,『HP OpenVMS システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル』を参照してください。

F.5 NISCA 通信のトラブルシューティング



付録 F.6 節付録 F.7 節 では, LAN ネットワークで最も問題の発生しやすい 2 つの分野,つまりチャネルの形成と再送について説明しています。これらの 2 つの問題の説明では,LAN アナライザ・ツールを利用して NISCA プロトコルで情報を切り分ける方法がしばしば示されています。

関連項目: NISCA に関する問題を診断する場合, NISCA プロトコル・パケットについて説明している 付録 F.8 節 と, LAN ネットワーク障害アナライザの選択方法および使い方について説明している 付録 F.9 節 も参照すると役立ちます。


目次 索引

プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡