日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


HP OpenVMS
OpenVMS Cluster システム


目次 索引



このサブルーチンは,特定のネットワーク・パスを記述するネットワーク・コンポーネントの方向付きリストを作成します。 SYS$LAVC_DEFINE_NET_PATH が正常終了すると, CLST データ構造が作成されます。1 つのノードがローカル・ノードの場合,このデータ構造は PEDRIVER チャネルに対応付けられます。さらに,リスト内の各ネットワーク・コンポーネントの参照カウントが増分されます。どのノードもローカル・ノードでない場合は, used_for_analysis_status アドレスにエラー状態が格納されます。

SYS$LAVC_DEFINE_NET_PATH サブルーチンは, 表 E-6 に示すように,レジスタ R0 に状態値を返し,ネットワーク・コンポーネント・リストが正しい構造であるかどうかを示します。

表 E-6 SYS$LAVC_DEFINE_NET_PATH から返される状態
状態 結果
Success used_for_analysis_status の値は,ネットワーク・パスがローカル・ノードでネットワーク分析を実行するのに役立つかどうかを示す。
Failure R0 に返されたエラー状態が SS$_INVCOMPID の場合は, bad_component_id アドレスに,バッファから検出された bad_component_id の値が格納される。



E.5.2 エラー・メッセージ

SYS$LAVC_DEFINE_NET_PATH は,以下の表に示すエラー状態コードを返すことがあります。

状態コード 説明
SS$_ACCVIO この状態値は,以下の場合に返されることがある。

  • 記述子またはネットワーク・コンポーネント ID 値バッファにアクセスできない。

  • 引数リストにアクセスできない。

  • used_for_analysis_status アドレスに書き込みアクセスできない。

  • bad_component_id アドレスに書き込みアクセスできない。

SS$_DEVACTIVE 分析がすでに実行されている。ネットワーク・コンポーネントおよびネットワーク・コンポーネント・リストを定義する前に, SYS$LAVC_DISABLE_ANALYSIS 機能を呼び出すことにより,分析を停止しなければならない。
SS$_INSFARG 指定された引数の数が不足している。
SS$_INVCOMPID バッファに指定されたネットワーク・コンポーネント ID が不正である。 bad_component_id アドレスに,エラーのあるコンポーネント ID が格納される。
SS$_INVCOMPLIST この状態値は以下の場合に返されることがある。

  • ノード・リストに指定されているノードの数が 2 未満である。

  • リストに指定されているノードの数が 3 以上である。

  • 最初のネットワーク・コンポーネント ID が COMP$C_NODE タイプでない。

  • 最後のネットワーク・コンポーネント ID が COMP$C_NODE タイプでない。

  • リストに指定されているアダプタの数が 2 未満である。

  • リストに指定されているアダプタの数が 3 以上である。

SS$_IVBUFLEN ネットワーク・コンポーネント ID バッファの長さが 16 未満であるか, 4 の倍数でないか,508 より大きい。
SS$_RMTPATH ネットワーク・パスがローカル・ノードに関連付けられていない。この状態は,ローカル・ノードでのネットワーク障害分析で,このパスが必要かどうかを示すためだけに返される。



E.6 ネットワーク・コンポーネント障害分析の起動

SYS$LAVC_ENABLE_ANALYSIS サブルーチンは,ネットワーク・コンポーネント障害分析を開始します。

例: 以下の例では,SYS$LAVC_ENABLE_ANALYSIS サブルーチンの使い方を示しています。

STATUS = SYS$LAVC_ENABLE_ANALYSIS ( ) 



E.6.1 状態

このサブルーチンは,ネットワーク・コンポーネント障害分析コードを有効にしようとします。少なくとも 1 つのコンポーネント・リストが定義されていれば,分析は有効になります。

SYS$LAVC_ENABLE_ANALYSIS はレジスタ R0 に状態を返します。

E.6.2 エラー・メッセージ

SYS$LAVC_ENABLE_ANALYSIS は,以下の表に示すエラー状態コードを返すことがあります。

状態コード 説明
SS$_DEVOFFLINE PEDRIVER が正しく初期化されていない。ROOT または PORT ブロックが使用できない状態である。
SS$_NOCOMPLSTS ネットワーク接続リストが存在しない。ネットワーク分析が実行できない。
SS$_WASSET ネットワーク・コンポーネント分析がすでに実行中である。



E.7 ネットワーク・コンポーネント障害分析の停止

SYS$LAVC_DISABLE_ANALYSIS サブルーチンは,ネットワーク・コンポーネント障害分析を停止します。

例: 以下の例は SYS$LAVC_DISABLE_ANALYSIS の使い方を示しています。

STATUS = SYS$LAVC_DISABLE_ANALYSIS ( ) 

このサブルーチンは,ネットワーク・コンポーネント障害分析コードを無効にし,分析が有効に設定されていた場合は,すべてのネットワーク・コンポーネント定義とネットワーク・コンポーネント・リスト・データ構造を非ページング・プールから削除します。

E.7.1 状態

SYS$LAVC_DISABLE_ANALYSIS はレジスタ R0 に状態を返します。

E.7.2 エラー・メッセージ

SYS$LAVC_DISABLE_ANALYSIS は,以下の表に示すエラー状態コードを返すことがあります。

状態コード 説明
SS$_DEVOFFLINE PEDRIVER が正しく初期化されていない。ROOT または PORT ブロックが使用できない状態である。
SS$_WASCLR ネットワーク・コンポーネント分析はすでに停止されている。


目次 索引

プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡