日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


HP OpenVMS
OpenVMS Cluster システム


目次 索引

表 A-2 は,どのような場合も調整が必要ないシステム・パラメータを示しています。これらのパラメータは,システムのデバッグで使用するためにだけ提供されているものです。弊社のサポート担当から特に指示された場合を除き,これらのパラメータを変更しないでください。これらのパラメータを誤って調整すると,クラスタ障害が発生することがあります。

表 A-2 OpenVMS でのみ使用するために確保されているクラスタ・システム・パラメータ (Integrity および Alpha)
パラメータ 説明
MC_SERVICES_P1 (動的) このパラメータの値は,MEMORY CHANNEL で接続されているすべてのノードで同じでなければならない。
MC_SERVICES_P5 (動的) このパラメータは,デフォルト値の 8000000 から変更してはならない。このパラメータの値は,MEMORY CHANNEL で接続されているすべてのノードで同じでなければならない。
MC_SERVICES_P8 (静的) このパラメータは,デフォルト値の 0 から変更してはならない。このパラメータの値は,MEMORY CHANNEL で接続されているすべてのノードで同じでなければならない。
MPDEV_D1 マルチパス・システム・パラメータ。
PE4 SYSGEN パラメータ PE4 は, PEDRIVER ドライバの重要なパラメータを調整するのに使用される。 PE4 値は,以下のようなパラメータが含まれます。

パラメータ PE4 ビット デフォルト 単位
Listen Timeout <7:0> 8
HELLO Interval <15:8> 30 0.1 秒 (100ms)
CC Ticks/Second <23:16> 50  
Piggyback Ack Delay <31:24> 10 0.01 秒 (10ms)

これらのパラメータはデフォルト値を使用することをお勧めします。また,変更する場合は HP サポートに相談することをお勧めします。

PRCPOLINTERVAL 接続マネージャや MSCP ディスクなどの SCS アプリケーションを他のコンピュータから検索するために使用されるポーリング間隔を秒数で指定する。各コンピュータは各間隔で最大 1 回ずつポーリングされる。

このパラメータの値を小さくすると,ポーリング・オーバヘッドが高くなるが,新しいコンピュータやサーバが検出されるまでの時間を短縮できる。

SCSMAXMSG 1 つの連続したメッセージに含まれるシステム・アプリケーション・データの最大バイト数。1 つのメッセージが消費する物理メモリ・サイズは,SCSMAXMSG の値にバッファ管理のオーバヘッドを加算した値である。

システムで SCS ポートが構成されていない場合は,このパラメータは無視される。

SCSMAXDG 1 つのデータグラムに含まれるアプリケーション・データの最大バイト数を指定する。

システムで SCS ポートが構成されていない場合は,このパラメータは無視される。

SCSFLOWCUSH 新しい受信バッファをリモート SCS に通知するために,SCS が開始する受信バッファの下限値を指定する。各接続に対して,SCS は使用可能な受信バッファの数を追跡する。SCS は,この値を接続のリモート側の SCS に通信する。しかし,新しい受信バッファが追加されるたびに,SCS がこの操作を実行する必要はない。このような場合,受信バッファの数が SCSFLOWCUSH の値以下であれば,SCS は新しい受信バッファをリモート SCS に通知する。

システムで SCS ポートが構成されていない場合は,このパラメータは無視される。


目次 索引

プライバシー ご利用条件・免責事項