日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


HP OpenVMS
OpenVMS Cluster システム


目次 索引



実行中の Integrity コンピュータを Integrity 共通システム・ディスクに追加する操作や,実行中の Alpha コンピュータを Alpha 共通システム・ディスクに追加する操作を続行すると,最終的にディスクのストレージまたは I/O キャパシティが満杯になります。その場合,増加した負荷に対応するために 1 つ以上の共通システム・ディスクを追加できます。

メモ: システム・ディスクを異なるアーキテクチヤ間で共用することはできません。また,システム・ディスクは,それを作成したシステムとはアーキテクチャが異なるシステムでは使用できません。

8.5.1 準備

CLUSTER_CONFIG_LAN.COM または CLUSTER_CONFIG.COM を使用して,追加システム・ディスクを設定します。 第 5 章 の説明に従ってクラスタ共通ファイルを調整した,以下の操作を実行します。

  1. 追加システム・ディスクとして使用できる適切なスクラッチ・ディスクを選択します。

  2. システム管理者としてログインします。

  3. CLUSTER_CONFIG_LAN.COM または CLUSTER_CONFIG.COM を起動して, CREATE オプションを選択します。



8.5.2 例

例 8-14 に示すように,クラスタ構成コマンド・プロシージャは以下の操作を実行します。

  1. 現在のシステム・ディスクと新しいシステム・ディスクのデバイス名を求めるプロンプトを表示します。

  2. 現在のシステム・ディスクを新しいシステム・ディスクにバックアップします。

  3. すべてのディレクトリ・ルート (SYS0 を除く) を新しいディスクから削除します。

  4. 新しいディスクをクラスタ単位でマウントします。

注意: プロシージャがディレクトリ・ファイルを削除している間, OpenVMS RMS エラー・メッセージが表示されます。これらのメッセージは無視してもかまいません。

例 8-14 会話型 CLUSTER_CONFIG_LAN.COM CREATE セッションの例
$ @CLUSTER_CONFIG_LAN.COM                 
              Cluster/IPCI Configuration Procedure 
                   CLUSTER_CONFIG_LAN Version V2.84 
                     Executing on an IA64 System 
 
    DECnet-Plus is installed on this node. 
    IA64 satellites will use TCP/IP BOOTP and TFTP services for downline loading. 
    TCP/IP is installed and running on this node. 
 
        Enter a "?" for help at any prompt.  If you are familiar with 
        the execution of this procedure, you may want to mute extra notes 
        and explanations by invoking it with "@CLUSTER_CONFIG_LAN BRIEF". 
 
    BHAGAT is an IA64 system and currently a member of a cluster 
    so the following functions can be performed: 
 
MAIN Menu 
 
   1. ADD an IA64 node to the cluster. 
   2. REMOVE a node from the cluster. 
   3. CHANGE a cluster member's characteristics. 
   4. CREATE a duplicate system disk for BHAGAT. 
   5. MAKE a directory structure for a new root on a system disk. 
   6. DELETE a root from a system disk. 
   7. EXIT from this procedure. 
 
Enter choice [7]: 4 
 
    The CREATE function generates a duplicate system disk. 
 
            o It backs up the current system disk to the new system disk. 
 
            o It then removes from the new system disk all system roots. 
 
  WARNING: Do not proceed unless you have defined appropriate logical names 
           for cluster common files in SYLOGICALS.COM.  For instructions, 
           refer to the "OpenVMS Cluster Systems" manual. 
 
Do you want to continue [N]? Y 
 
    This procedure will now ask you for the device name of the current 
    system disk. The default device name (DISK$BHAGAT_SYS:) is the logical 
    volume name of SYS$SYSDEVICE:. 
 
What is the device name of the current system disk [DISK$BHAGAT_SYS:]? 
What is the device name of the new system disk? 
. 
. 
. 



8.6 構成の後処理

投票メンバの追加や削除,あるいはクォーラム・ディスクの有効化や無効化など,一部の構成機能では,1 つ以上の追加操作が必要です。

これらの操作は 表 8-10 に示すとおりであり,クラスタ全体の整合性に影響します。 CLUSTER_CONFIG_LAN.COM または CLUSTER_CONFIG.COM を実行して構成を大きく変更した後,実行しなければならない操作については,表の説明を参照してください。

表 8-10 クラスタを再構成するのに必要な操作
クラスタ構成プロシージャを実行する目的 必要な後処理
投票メンバを追加または削除する。 第 8.6.1 項 の説明に従って,クラスタ内のすべてのノードの AUTOGEN パラメータ・ファイルと現在のシステム・パラメータ・ファイルを更新する。
クォーラム・ディスクを有効にする。 以下の操作を実行する。

  1. 第 8.6.1 項 の説明に従って,クラスタ内のすべてのクォーラム・ウォッチャの現在のシステム・パラメータ・ファイルと AUTOGEN パラメータ・ファイルを更新する。

  2. クォーラム・ディスク・ウォッチャとして有効に設定されているノードをリブートする ( 第 2.3.9 項 )。

関連項目: クォーラム・ディスクの追加の詳細については, 第 8.2.4 項 も参照。

クォーラム・ディスクを無効にする。 以下の操作を実行する。

注意: これらの操作は,OpenVMS Cluster システム全体をリブートできる状態になるまで実行してはならない。この操作ではクラスタのクォーラムが削減されるため,削除されるクォーラム・ディスクによって行われる投票の結果,クラスタがパーティションに分割される可能性がある。

  1. 第 8.6.1 項 の説明に従って,クラスタ内のすべてのクォーラム・ウォッチャの現在のシステム・パラメータ・ファイルと AUTOGEN パラメータ・ファイルを更新する。

  2. クォーラム・ディスクを削除した結果,クォーラムが不足しないかどうか評価する。

    条件 操作
    クォーラムが不足しない場合 以下の操作を実行する。

    1. DCL コマンド SET CLUSTER/EXPECTED_VOTES を使用して,クォーラムの値を削減する。

    2. クォーラム・ディスク・ウォッチャとして無効に設定されたノードをリブートする (クォーラム・ディスク・ウォッチャについては, 第 2.3.9 項 を参照)。

    クォーラムが不足する場合 クラスタ全体をシャットダウンしてリブートする。
    関連項目: クラスタのシャットダウンについては, 第 8.6.2 項 を参照。

関連項目: クォーラム・ディスクの削除の詳細については, 第 8.3.2 項 も参照。

サテライト・ノードを追加する。 以下の操作を実行する。

  • 他のクラスタ・メンバで運用時ネットワーク・データベースを更新する ( 第 8.6.4 項 )。

  • 必要に応じて,サテライトのローカル・ディスク・ラベルを変更する ( 第 8.6.5 項 )。

クラスタ通信のために LAN または IP を有効または無効に設定する。 現在のシステム・パラメータ・ファイルを更新し,LAN または IP を有効または無効に設定したノードをリブートする ( 第 8.6.1 項 )。
割り当てクラス値を変更する。 現在のシステム・パラメータ・ファイルを変更し,クラスタ全体のシャットダウンおよびリブートを行います ( 8.6.1 および 8.6.2 を参照)。
クラスタ・グループ番号またはパスワードを変更する。 クラスタ全体をシャットダウンしてリブートする ( 第 8.6.2 項第 8.6.7 項 )。



8.6.1 パラメータ・ファイルの更新

クラスタ構成コマンド・プロシージャ (CLUSTER_CONFIG_LAN.COM または CLUSTER_CONFIG.COM) を使用すると,実行されているノードの AUTOGEN パラメータ・ファイルのパラメータを変更できます。

投票クラスタ・メンバを追加または削除する場合や,クォーラム・ディスクを有効または無効に設定する場合など,他のすべてのクラスタ・メンバの AUTOGEN ファイルも更新しなければならないことがあります。

以下の表に示すいずれかの方法を使用します。

方法 説明
MODPARAMS.DAT ファイルを更新する。 すべてのクラスタ・メンバの [SYS x.SYSEXE] ディレクトリの MODPARAMS.DAT を編集し, EXPECTED_VOTES システム・パラメータの値を適切に調整する。

たとえば,投票メンバを追加する場合や,クォーラム・ディスクを有効にする場合は,新しいメンバに割り当てられる票数 (通常は 1) だけ,値を加算しなければならない。票数 1 の投票メンバを追加し,そのコンピュータで票数 1 のクォーラム・ディスクを有効にする場合は,値を 2 だけ加算しなければならない。

AGEN$ ファイルを更新する。 適切な AGEN$ インクルード・ファイルでパラメータ設定を更新する。

  • サテライトの場合は, SYS$MANAGER:AGEN$NEW_SATELLITE_DEFAULTS.DAT を編集する。

  • サテライト以外の場合は, SYS$MANAGER:AGEN$NEW_NODE_DEFAULTS.DAT. を編集する。

関連項目: これらのファイルについては, 第 8.2.2 項 を参照。

現在のシステム・パラメータ・ファイル (I64VMSSYS.PAR または ALPHAVMSSYS.PAR) も更新して,次のリブート時に変更が有効になるようにしなければなりません。

以下の表で説明するいずれかの方法を使用します。

方法 説明
SYSMAN ユーティリティ 以下の操作を実行する。

  1. システム管理者としてログインする。

  2. SYSMAN ユーティリティを実行して,クラスタのすべてのノードで EXPECTED_VOTES システム・パラメータを更新する。以下の例を参照。
    $ RUN SYS$SYSTEM:SYSMAN
    
    %SYSMAN-I-ENV, current command environment:
    Clusterwide on local cluster
    Username SYSTEM will be used on nonlocal nodes
    SYSMAN> SET ENVIRONMENT/CLUSTER
    SYSMAN> PARAM USE CURRENT
    SYSMAN> PARAM SET EXPECTED_VOTES 2
    SYSMAN> PARAM WRITE CURRENT
    SYSMAN> EXIT

AUTOGEN ユーティリティ 以下の操作を実行する。

  1. システム管理者としてログインする。

  2. AUTOGEN ユーティリティを実行して,クラスタのすべてのノードで EXPECTED_VOTES システム・パラメータを更新する。以下の例を参照。
    $ RUN SYS$SYSTEM:SYSMAN
    
    %SYSMAN-I-ENV, current command environment:
    Clusterwide on local cluster
    Username SYSTEM will be used on nonlocal nodes
    SYSMAN> SET ENVIRONMENT/CLUSTER
    SYSMAN> DO @SYS$UPDATE:AUTOGEN GETDATA SETPARAMS
    SYSMAN> EXIT

SHUTDOWN または REBOOT オプションは 指定しない

ヒント: この後,ノードをシャットダウンする場合は,上記の DO @SYS$UPDATE:AUTOGEN コマンド行で, SETPARAMS の代わりに SHUTDOWN または REBOOT を指定できる。

どちらの方法でも,Alpha コンピュータの場合はコンピュータの ALPHAVMSSYS.PAR ファイル,Integrity コンピュータの場合は I64VMSSYS.PAR ファイルの値が更新されます。これらの変更を有効にするには, 第 8.6.2 項 の説明に従ってクラスタをシャットダウンするか,または 第 8.6.3 項 の説明に従ってノードをシャットダウンします。

8.6.2 クラスタのシャットダウン

SYSMAN ユーティリティを使用すると,クラスタ内の 1 つのノードからクラスタ全体をシャットダウンできます。通常のシャットダウンを実行するには,以下の操作を実行します。

  1. クラスタ内の任意のノードでシステム管理者のアカウントにログインします。

  2. SYSMAN ユーティリティを実行し, SET ENVIRONMENT/CLUSTER コマンドを指定します。 SHUTDOWN NODE コマンドに /CLUSTER_SHUTDOWN 修飾子を忘れずに指定してください。以下の例を参照してください。

$ RUN SYS$SYSTEM:SYSMAN
SYSMAN> SET ENVIRONMENT/CLUSTER
%SYSMAN-I-ENV, current command environment:
  Clusterwide on local cluster
  Username SYSTEM will be used on nonlocal nodes
SYSMAN> SHUTDOWN NODE/CLUSTER_SHUTDOWN/MINUTES_TO_SHUTDOWN=5 -
_SYSMAN> /AUTOMATIC_REBOOT/REASON="Cluster Reconfiguration"
%SYSMAN-I-SHUTDOWN, SHUTDOWN request sent to node 
%SYSMAN-I-SHUTDOWN, SHUTDOWN request sent to node 
SYSMAN> 
 
SHUTDOWN message on BHAGAT from user SYSTEM at BHAGAT Batch   11:02:10 
BHAGAT will shut down in 5 minutes; back up shortly via automatic reboot. 
Please log off node BHAGAT. 
Cluster Reconfiguration 
SHUTDOWN message on BHAGAT from user SYSTEM at BHAGAT Batch   11:02:10 
PLUTO will shut down in 5 minutes; back up shortly via automatic reboot. 
Please log off node PLUTO. 
Cluster Reconfiguration

詳細については, 第 10.6 節 を参照してください。

8.6.3 1 つのノードのシャットダウン

OpenVMS Cluster 内で 1 つのノードを停止するには, SYSMAN SHUTDOWN NODE コマンドと適切な SET ENVIRONMENT コマンドを組み合わせて使用するか, SHUTDOWN コマンド・プロシージャを使用します。以下の表では,これらの方法について説明しています。

方法 説明
SYSMAN ユーティリティ 以下の操作を実行する。

  1. OpenVMS Cluster の任意のノードでシステム管理者のアカウントにログインする。

  2. SYSMAN ユーティリティを実行してノードをシャットダウンする。以下の例を参照。
    $ RUN SYS$SYSTEM:SYSMAN
    
    SYSMAN> SET ENVIRONMENT/NODE=JUPITR
    Individual nodes: JUPITR
    Username SYSTEM will be used on nonlocal nodes

    SYSMAN> SHUTDOWN NODE/REASON="Maintenance" -
    _SYSMAN> /MINUTES_TO_SHUTDOWN=5

    ヒント: クラスタ内の複数のノードをシャットダウンするには, SET ENVIRONMENT/NODE コマンドに複数のノード名をカンマで区切って入力する。以下のコマンドは JUPITR ノードと SATURN ノードをシャットダウンする。

    SYSMAN> SET ENVIRONMENT/NODE=(JUPITR,SATURN)
    

SHUTDOWN コマンド・プロシージャ 以下の操作を実行する。

  1. シャットダウンするノードでシステム管理者のアカウントにログインする。

  2. SHUTDOWN コマンド・プロシージャを起動する。以下の例を参照。
    $ @SYS$SYSTEM:SHUTDOWN
    

詳細については, 第 10.6 節 を参照してください。

8.6.4 ネットワーク・データの更新

サテライトを追加する場合は,使用するクラスタ構成コマンド・プロシージャ (CLUSTER_CONFIG_LAN.COM または CLUSTER_CONFIG.COM) で,ブート・サーバのパーマネント・リモート・ノード・ネットワーク・データベースと運用時リモート・ノード・ネットワーク・データベース (NETNODE_REMOTE.DAT) が更新されます。しかし,他のクラスタ・メンバの運用時データベースは自動的に更新されません。

クラスタ全体で新しいデータを共用するには,他のすべてのクラスタ・メンバで運用時データベースを更新しなければなりません。システム管理者としてログインし,SYSMAN ユーティリティを起動し,SYSMAN> プロンプトに対して以下のコマンドを入力します。

$ RUN SYS$SYSTEM:SYSMAN
SYSMAN> SET ENVIRONMENT/CLUSTER
%SYSMAN-I-ENV, current command environment: 
        Clusterwide on local cluster 
        Username SYSTEM        will be used on nonlocal nodes
SYSMAN> SET PROFILE/PRIVILEGES=(OPER,SYSPRV)
SYSMAN> DO MCR NCP SET KNOWN NODES ALL
%SYSMAN-I-OUTPUT, command execution on node X...
   .
   .
   .
SYSMAN> EXIT
$ 

NETNODE_REMOTE.DAT ファイルは, SYS$COMMON:[SYSEXE] ディレクトリに格納されていなければなりません。

8.6.5 サテライトのローカル・ディスク・ラベルの変更

サテライト・ノードのローカル・ページ・ディスクとスワップ・ディスクのボリューム・ラベルを変更する場合は,サテライトをクラスタに追加した後,以下の操作を行います。

手順 操作
1 システム管理者としてログインし,以下の形式で DCL コマンドを入力する。
SET VOLUME/LABEL=volume-label device-spec[:]

注意: SET VOLUME コマンドを実行するには,ボリュームのインデックス・ファイルに対して書き込みアクセス権 (W) が必要である。ボリュームの所有者でない場合は,システム利用者識別コード (UIC) または SYSPRV 特権が必要である。

2 新しいラベルを反映するように,ブート・サーバのシステム・ディスクで [SYS n.SYSEXE]SATELLITE_PAGE.COM プロシージャを更新する。


目次 索引

プライバシー ご利用条件・免責事項