日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


HP OpenVMS
OpenVMS Cluster システム


目次 索引



ここでは,既存の 2 ノード・クラスタへのサテライト・ノードの追加方法について説明します。 JASMIN は Integrity サーバ・サテライト・ノードで,このノードを ORCHID および TULIP の 2 つのノードを持つクラスタに追加します。 TULIP は,このサテライト・ノードのブート・サーバです。

  注意
Alpha および Integrity のどちらの場合も,サテライト・ノードおよびそのブート・サーバは同じ LAN セグメント上に存在しなければなりません。

手順 1: サテライト・ブートのためのインタフェースの選択

サテライト・ブートに使用するインタフェースを選択する際,そのサテライト・ノードには OpenVMS が稼動するディスクが接続されていないことを前提とします。
注意: Alpha システムをサテライト・ノードとして追加する場合は, >>> プロンプトに対して次のコマンドを実行することにより情報を入手できます。

P00>>>SHOW DEVICE 
dga5245.1003.0.3.0         $1$DGA5245   COMPAQ HSV110 (C)COMPAQ  3028 
dga5245.1004.0.3.0         $1$DGA5245   COMPAQ HSV110 (C)COMPAQ  3028 
dga5890.1001.0.3.0         $1$DGA5890   COMPAQ HSV110 (C)COMPAQ  3028 
dga5890.1002.0.3.0         $1$DGA5890   COMPAQ HSV110 (C)COMPAQ  3028 
dka0.0.0.2004.0            DKA0              COMPAQ BD03685A24  HPB7 
dka100.1.0.2004.0          DKA100            COMPAQ BD01864552  3B08 
dka200.2.0.2004.0          DKA200            COMPAQ BD00911934  3B00 
dqa0.0.0.15.0              DQA0       HL-DT-ST CD-ROM GCR-8480  2.11 
dva0.0.0.1000.0            DVA0 
eia0.0.0.2005.0            EIA0              00-06-2B-03-2D-7D 
pga0.0.0.3.0               PGA0        WWN 1000-0000-c92a-78e9 
pka0.7.0.2004.0            PKA0                  SCSI Bus ID 7 
pkb0.6.0.2.0               PKB0                  SCSI Bus ID 6  5.57 
P00>>> 

この出力から, IP アドレスを構成しクラスタ通信に使用する LAN インタフェースは EIA0 になります。

  注意
Alpha コンソールは,サテライト・システムのネットワーク・ロードに MOP プロトコルを使用します。 MOP プロトコルはルーティング可能ではないため,サテライト・ブート・サーバおよびそれらがブートするすべてのサテライトは,同一 LAN 上に存在しなければなりません。また,Alpha サテライト・ノードによるシステム・ディスクへのアクセスを可能にするためには,ブート・サーバはクラスタ通信のための LAN デバイスを少なくとも 1 つ持っている必要があります。

Integrity サーバ・システムでは, インタフェース名は EI あるいは EW のどちらかで始まります。それが最初のインタフェースである場合,EIA0 あるいは EWA0 となります。インタフェースの MAC アドレスは Shell プロンプトから調べます。 Integrity サーバでインタフェース情報を調べる場合は, EFI シェルで次のコマンドを実行してください。

Shell> lanaddress 
 
LAN Address Information 
 
   LAN Address        Path 
   -----------------  ---------------------------------------- 
   Mac(00306E4A133F)  Acpi(HWP0002,0)/Pci(3|0)/Mac(00306E4A133F)) 
  *Mac(00306E4A02F9)  Acpi(HWP0002,100)/Pci(2|0)/Mac(00306E4A02F9)) 
 
Shell> 

アクティブなインタフェースが EIA0 の場合, EIA0 でサテライトを構成してください。 EIA0 でブートしない場合は EWA0 を試してください。

手順 2: CLUSTER_CONFIG_LAN.COM の実行

ブート・サーバ・ノード TULIP で CLUSTER_CONFIG_LAN を実行し,以下の例のように適切なオプションを選択してください。

 
TULIP$ @SYS$SYSROOT:[SYSMGR]CLUSTER_CONFIG_LAN.COM   
                   Cluster/IPCI Configuration Procedure 
                   CLUSTER_CONFIG_LAN Version V2.84 
                     Executing on an IA64 System 
 
    DECnet-Plus is installed on this node. 
    IA64 satellites will use TCP/IP BOOTP and TFTP services for downline loading 
 
    TCP/IP is installed and running on this node. 
 
        Enter a "?" for help at any prompt.  If you are familiar with 
        the execution of this procedure, you may want to mute extra notes 
        and explanations by invoking it with "@CLUSTER_CONFIG_LAN BRIEF". 
 
    TULIP is an IA64 system and currently a member of a cluster 
    so the following functions can be performed: 
 
MAIN Menu 
 
   1. ADD an IA64 node to the cluster. 
   2. REMOVE a node from the cluster. 
   3. CHANGE a cluster member's characteristics. 
   4. CREATE a duplicate system disk for TULIP. 
   5. MAKE a directory structure for a new root on a system disk. 
   6. DELETE a root from a system disk. 
   7. EXIT from this procedure. 
 
Enter choice [7]: 
 
    This ADD function will add a new IA64 node to the cluster. 
 
  WARNING: If the node being added is a voting member, EXPECTED_VOTES for 
           every cluster member must be adjusted.  For complete instructions 
           check the section on configuring a cluster in the "OpenVMS Cluster 
           Systems" manual. 
 
  CAUTION: If this cluster is running with multiple system disks and 
           common system files will be used, please, do not proceed 
           unless appropriate logical names are defined for cluster 
           common files in SYLOGICALS.COM. For instructions, refer to 
           the "OpenVMS Cluster Systems" manual. 
 
Do you want to continue [Y]? Y 
Is the node to be a clustered node with a shared SCSI/FIBRE-CHANNEL bus (Y/N)? N 
 
Will the node be a satellite [Y]? [Return]
What is the node's SCS node name? JASMIN 
What is the node's SCSSYSTEMID number? 25482 
 
  WARNING: 
    DECnet is not running. 
    No DECnet databases will be updated with information on JASMIN. 
 
Does JASMIN need to be registered in the DECnet namespace [N]?[Return]
What is the Cluster Alias fullname? 
 
   This procedure will now ask you for the device name of JASMIN's system root. 
    The default device name (DISK$TULIPSYS:) is the logical volume name of 
    SYS$SYSDEVICE:. 
 
What is the device name for JASMIN's system root [default DISK$TULIPSYS:]? [Return]
What is the name of JASMIN's system root [SYS14]? [Return]
What is JASMIN's LAN adapter hardware address? 00-30-6E-4A-02-F9 (1)
What is JASMIN's TCP/IP address [10.0.2.3]? [Return] (2)
What is JASMIN's TCP/IP gateway or gateways (leave blank if none)? 10.0.2.1 (3) 
What is JASMIN's TCP/IP network mask [255.255.255.0]? 255.255.254.0 (4)   
 
  NOTE:  Make sure to set the VMS_FLAGS console variable 
         to 0,200000 on node JASMIN so it will use 
         the memory-disk method to boot as a satellite. 
         The command to update this variable from the 
         console EFI shell of JASMIN is: 
           set vms_flags "0,200000" 
 
Allow conversational bootstraps on JASMIN [N]? [Return]
 
    The following workstation windowing options are available: 
 
       1. No workstation software 
       2. DECwindows Workstation Software 
 
Enter choice [1]: 
    Creating directory tree SYS14 ... 
    System root SYS14 created 
ENABLE IP for cluster communications (Y/N)? Y (5)
UDP port number to be used for Cluster Communication over IP[49152]? [Return] (6)
Enable IP multicast for cluster communication(Y/N)[Y]? Y (7)
What is IP the multicast address[224.0.0.3]? [Return] 
What is the TTL (time to live) value for IP multicast packets [1] ? 32]? [Return] (8)
Do you want to enter unicast address(es)(Y/N)[Y]? Y (9)
What is the unicast address[Press [RETURN] to end the list]? 10.0.2.3 
What is the unicast address[Press [RETURN] to end the list]? 10.0.2.2 
What is the unicast address[Press [RETURN] to end the list]? 10.0.1.2 
What is the unicast address[Press [RETURN] to end the list]? [Return]
 
   ***************************************************************** 
        Cluster Communications  over IP  has  been  enabled.  Now 
        CLUSTER_CONFIG_LAN will run the  SYS$MANAGER:TCPIP$CONFIG 
        procedure. Please select the IP interfaces to be used for 
        Cluster Communications  over IP  (IPCI). This can be done 
        selecting "Core Environment"  option from the main menu 
        followed by the "Interfaces"  option.  You may also use 
        this opportunity to configure other aspects. 
   **************************************************************** 
 
Press Return to continue ... 
 
        Checking TCP/IP Services for OpenVMS configuration database files. 
 
        Configuration options: 
 
                 1  -  Core environment 
                 2  -  Client components 
                 3  -  Server components 
                 4  -  Optional components 
                 5  -  Shutdown HP TCP/IP Services for OpenVMS 
                 6  -  Startup HP TCP/IP Services for OpenVMS 
                 7  -  Run tests 
                 A  -  Configure options 1 - 4 
                [E] -  Exit configuration procedure 
 
Enter configuration option: 1 
 
 
        HP TCP/IP Services for OpenVMS Core Environment Configuration Menu 
 
        Configuration options: 
 
                 1  -  Domain 
                 2  -  Interfaces 
                 3  -  Routing 
                 4  -  BIND Resolver 
                 5  -  Time Zone                               
                 A  -  Configure options 1 - 5 
                [E] -  Exit menu 
                                                                          
Enter configuration option: 2 
                                                                          
HP TCP/IP Services for OpenVMS Interface & Address Configuration Menu 
 
 Hostname Details: Configured=[], Active=[] 
 
 Configuration options: 
 
   0  -  Set The Target Node (Current Node: TULIP) 
   1  -  IE0 Menu (EIA0: TwistedPair 100mbps) 
   2  -  15.146.235.222/23   *noname*              Configured 
   3  -  15.146.235.254/23   []                    IPCI 
   4  -  IE1 Menu (EIB0: TwistedPair 100mbps) 
   5  -  15.146.235.222/23   *noname*              Configured,Active 
   I  -  Information about your configuration                       
  [E] -  Exit menu 
 
Enter configuration option: 0 (10)
Enter name of node to manage [TULIP]: JASMIN 
JASMIN is not currently a cluster member. 
* Continue configuring JASMIN [NO]: YES (11)
Enter system device for JASMIN [DSA2:]: (12)
Enter system root for JASMIN []: SYS14 (13)
      HP TCP/IP Services for OpenVMS Interface & Address Configuration Menu 
 
 Hostname Details: Configured=JASMIN 
 
 Configuration options: 
 
   0  -  Set The Target Node (Current Node: JASMIN - DSA2:[SYS14] 
   A  -  Add an Interface                                        
  [E] -  Exit menu 
 
Enter configuration option: a 
Enter controller name (e.g. EIA or EWC, etc): [ENTER when done] EIA (14)
    Controller Name       :  EIA 
    TCP/IP Interface Name :  IE0 
 
* Is this correct [NO]: y 
Interface Menu:IE0 
 
 
      HP TCP/IP Services for OpenVMS Interface IE0 Configuration Menu (Node: JASMIN) 
 
 Configuration options: 
 
         1  - Add a primary address on IE0 
         2  - Add an alias address on IE0 
         3  - Enable DHCP client to manage address on IE0        
        [E] - Exit menu 
 
Enter configuration option: 1 (15)
* Is this address used by Clusters over IP (IPCI) [NO]: Y (16)
    IPv4 Address may be entered with CIDR bits suffix. 
    E.g. For a 16-bit netmask enter 10.0.1.1/16 
 
Enter IPv4 Address []: 10.0.2.3 
Default netmask calculated from class of IP address: 255.0.0.0 
 
    IPv4 Netmask may be entered in dotted decimal notation, 
    (e.g. 255.255.0.0), or as number of CIDR bits (e.g. 16) 
 
Enter Netmask or CIDR bits [255.0.0.0]: 
Enter hostname []: JASMIN 
 
Requested configuration: 
 
      Node     : JASMIN 
      Interface: IE0 
      IPCI     : Yes 
      Address  : 10.0.2.3/8 
      Netmask  : 255.0.0.0 (CIDR bits: 8) 
      Hostname : jasmin 
 
* Is this correct [YES]: 
Added hostname jasmin (10.0.2.3) to host database 
 
NOTE: 
  The system hostname is not configured. 
  It will now be set to jasmin (10.0.2.3). 
  This can be changed later via the Interface Configuration Menu. 
 
Updated system hostname in configuration database 
 
Added address IE1:10.0.2.3 to configuration database 
Updated Interface in IPCI configuration file: DSA2:[SYS14.SYSEXE]TCPIP$CLUSTER.DAT; 
 
Updated Default Route in IPCI configuration file: DSA2:[SYS14.SYSEXE]TCPIP$CLUSTER.DAT; 
 
 
      HP TCP/IP Services for OpenVMS Interface & Address Configuration Menu 
 
 Hostname Details: Configured=JASMIN 
 
 Configuration options: 
 
   0  -  Set The Target Node (Current Node: JASMIN - DSA2:[SYS14.]) 
   1  -  IE1 Menu (EIB0:) 
   2  -  10.0.2.3/8     JASMIN                  Configured,IPCI 
   I  -  Information about your configuration 
   A  -  Add an Interface 
  [E] -  Exit menu 
 
Enter configuration option: 
 
        HP TCP/IP Services for OpenVMS Core Environment Configuration Menu 
 
        Configuration options: 
 
                 1  -  Domain 
                 2  -  Interfaces 
                 3  -  Routing 
                 4  -  BIND Resolver 
                 5  -  Time Zone                         
                 A  -  Configure options 1 - 5 
                [E] -  Exit menu 
 
Enter configuration option: E 
 
 
        HP TCP/IP Services for OpenVMS Configuration Menu 
 
        Configuration options: 
 
                 1  -  Core environment 
                 2  -  Client components 
                 3  -  Server components 
                 4  -  Optional components 
                 5  -  Shutdown HP TCP/IP Services for OpenVMS 
                 6  -  Startup HP TCP/IP Services for OpenVMS 
                 7  -  Run tests 
                 A  -  Configure options 1 - 4 
                [E] -  Exit configuration procedure 
 
Enter configuration option: E 
 
SYS$SYSTEM:PE$IP_CONFIG.DAT file generated in node JASMIN's root shown below 
 
! CLUSTER_CONFIG_LAN creating for CHANGE operation on 15-JUL-2008 15:23:56.05 
multicast_address=224.0.0.3 
ttl=32 
udp_port=49152 
unicast=10.0.2.3 
unicast=10.0.2.2 
unicast=10.0.1.2 
 
SYS$SYSTEM:TCPIP$CLUSTER.DAT file generated in node JASMIN's root shown below 
 
interface=IE0,EIA0,10.0.2.3,255.0.0.0 
default_route=16.116.40.1 

  注意
アクティブなインタフェースが EIA である場合 EIA でサテライトを構成してください。 EIA でブートしない場合は EIB を試してください。間違ったインタフェース名を指定した場合,サテライト・ノードはエラーメッセージを表示してブートに失敗します。

  説明
(1) LAN アダプタのハードウェア・アドレスを入力します。
(2) TCP/IP アドレスを入力します。
(3) TCP/IP ゲートウェイを入力します。
(4) TCP/IP ネットワーク・マスク・アドレスを入力します。
(5) クラスタ通信用の IP を有効にします。
(6) クラスタ通信に使用する UDP ポート番号。 UDP ポート番号はクラスタ内のすべてのメンバで同じでなければなりません。また,他のクラスタで同じ UDP ポート番号を使用していないことを確認してください。このポート番号は,他のアプリケーションで使用していてもいけません。
(7) IP マルチキャストを有効にする場合は,そのクラスタの IP マルチキャスト・アドレスを入力します。デフォルトでは,この IP マルチキャスト・アドレスは, 239.242.x.y の範囲で管理者により選択された IP マルチキャスト・アドレスから選択されます。最後の 2 つの値,x および y は,クラスタのグループ番号から生成されます。上記の例ではクラスタ・グループ番号は 1985 で,以下のように計算されます。
X= 1985/256

Y= 1985 - (256 *x)
システム管理者は,デフォルトのマルチキチャスト・アドレスをその環境でユニークなアドレスに置き換えることができます。マルチキャスト・アドレスは,クラスタ・グループ番号をもとに変更されるか,あるいは .DAT ファイルに追加することができます。
(8) TTL は IP マルチキャスト・パケットが有効でいられる時間です。 IP マルチキャスト・パケットに許可するホップ数を指定します。
(9) IP マルチキャスト・アドレスでは到達できないクラスタのリモート・ノードに対して IP ユニキャスト・アドレスを入力する場合は, Yes と応答します。
(10) TCP/IP 構成でオプション 0 を選択し,クラスタに追加する新しいノードとしてターゲット・ノードを JASMIN に設定します。
(11) ノード JASMIN を構成するための手順を進めます。
(12) JASMIN のシステム・デバイス,すなわち DSA2 を入力します。
(13) JASMIN のルート,すなわち SYS14 を入力します。
(14) クラスタ通信に IP を構成するコントローラの情報を入力します。この構成手順の最初に説明したように, コントローラ情報は JASMIN のコンソールから取得できます。
(15) IE0 (コントローラ EIA の IP インタフェース名) にプライマリ・アドレスを追加するためのオプションを選択します。
(16) Cluster over IP での IE0 の使用を可能にし,残りの構成手順を進めます。

手順 3: CLUSTER_CONFIG_LAN.COM プロシージャの実行

CLUSTER_CONFIG_LAN.COM の実行を続け,クラスタ構成処理を完了させます。

Adjusting protection on DSA2:[SYS14.][SYSEXE]PE$IP_CONFIG.DAT;1
Will JASMIN be a disk server [N]? Y 
Enter a value for JASMIN's ALLOCLASS parameter [0]: 15 
Updating BOOTP database with satellite information for JASMIN.. 
Size of pagefile for JASMIN [RETURN for AUTOGEN sizing]? 
 
A temporary pagefile will be created until resizing by AUTOGEN. The 
default size below is arbitrary and may or may not be appropriate. 
 
Size of temporary pagefile [10000]? [Return]
Size of swap file for JASMIN [RETURN for AUTOGEN sizing]? [Return]
 
A temporary swap file will be created until resizing by AUTOGEN. The 
default size below is arbitrary and may or may not be appropriate. 
 
Size of temporary swap file [8000]? [Return]
 
   NOTE:  IA64 satellite node JASMIN requires DOSD if capturing the 
          system state in a dumpfile is desired after a system crash. 
 
Will a local disk on JASMIN be used for paging and swapping (Y/N)? N 
 
    If you specify a device other than DISK$TULIPSYS: for JASMIN's 
    page and swap files, this procedure will create PAGEFILE_JASMIN.SYS 
    and SWAPFILE_JASMIN.SYS in the <SYSEXE> directory on the device you 
    specify. 
 
What is the device name for the page and swap files [DISK$TULIPSYS:]? [Return]
%SYSGEN-I-CREATED, DSA2:<SYS14.SYSEXE>PAGEFILE.SYS;1 created 
%SYSGEN-I-CREATED, DSA2:<SYS14.SYSEXE>SWAPFILE.SYS;1 created 
    The configuration procedure has completed successfully. 

これでノード JASMIN はクラスタに参加するように構成されます。この後 JASMIN をリブートすると AUTOGEN.COM が自動的に実行されます。

手順 4: PE$IP_CONFIG.DAT ファイルの更新

ノードがクラスタに参加するには,そのクラスタのすべてのメンバで一貫した PE$IP_CONFIG.DAT を持つことが必要です。ノード JASMIN のルートで作成した SYS$SYSTEM:PE$IP_CONFIG.DAT ファイルを他のノード,すなわち ORCHID および TULIP へコピーしてください。

手順 5: ユニキャスト・リストのリフレッシュ

ORCHID および TULIP の両方で, PE$IP_CONFIG.DAT ファイルのユニキャスト・リストを更新するために PEDRIVER に対して次のコマンドを入力してください。

$MC SCACP RELOAD 

SYSMAN を使用してクラスタ・ワイドでコマンドを実行することもできます。

  注意
ノード検出に IP ユニキャスト・アドレスが使用される場合は次のルールが適用されます。既存のメンバの SYS$SYSTEM:PE$IP_CONFIG.DAT ファイルに IP アドレスが登録されているノードのみクラスタに参加できます。

手順 6: AUTOGEN の実行とノードのリブート

この後 JASMIN を最初にブートすると AUTOGEN.COM が自動的に実行されます。これで JASMIN が,ノード ORCHID および TULIP で構成される既存のクラスタに参加できるようになります。

JASMIN$ @SYS$UPDATE:AUTOGEN GETDATA REBOOT 


目次 索引

プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡