日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


HP OpenVMS
OpenVMS Cluster システム


目次 索引



ここでは,新しいノード JASMIN を既存の 2 ノード・クラスタに追加する方法について説明します。ノード ORCHID および TULIP は,SITE A および SITE B にある 2 ノード・クラスタのメンバです。インターコネクトとして IP を使用してノードを構成する方法については, 第 8.2.3.1 項 を参照してください。

手順 1: IP 接続の確認

ノード JASMIN とノード ORCHID および TULIP との間で IP 接続か可能であることを確認してください。 TCP/IP の PING ユーティリティを使用して, JASMIN と他のノード,すなわち ORCHID および TULIP との IP の接続状況をテストします。

PING が失敗する場合は, JASMIN が ORCHID と TULIP の両方に接続できるように TCP/IP 構成を適切に設定してください。

手順 2: CLUSTER_CONFIG_LAN.COM の実行

ノード JASMIN で CLUSTER_CONFIG_LAN.COM を実行します。 JASMIN はスタンドアロン・ノードなので, 第 8.2.3.1 項 で説明する手順を実行します。ユニキャスト・リストを入力する間,以下の例に示す手順を実行してください。

Do you want to enter unicast address(es)(Y/N)[Y]?[Return]
What is the unicast address[Press [RETURN] to end the list]? 10.0.3.2 
What is the unicast address[Press [RETURN] to end the list]? 10.0.2.2 
What is the unicast address[Press [RETURN] to end the list]? 10.0.1.2 (1)
What is the unicast address[Press [RETURN] to end the list]? [Return]
SYS$SYSTEM:PE$IP_CONFIG.DAT file generated in node JASMIN shown below 
! CLUSTER_CONFIG_LAN creating for CHANGE operation on 10-JUL-2008 14:14:06.57 
multicast_address=239.242.7.193 
ttl=32 
udp_port=49152 
unicast=10.0.3.2 
Unicast=10.0.2.2 
Unicast=10.0.1.2 

(1) ノード JASMIN を構成する際に, JASMIN,ORCHID および TULIP の IP アドレスを入力します。

  注意
ユニキャスト・リストはクラスタ内のすべてのノードで一貫していなければなりません。このため,JASMIN でユニキャスト・リストを入力する一方で,そのクラスタの 3 つのすべてのノード (すなわち JASMIN,ORCHID および TULIP) の IP アドレスを入力してください。システム管理をやりやすくするために,ユニキャスト・リストと共にローカル・ノードの IP アドレスを入力することもできます。

手順 3: 構成プロシージャの完了

CLUSTER_CONFIG_LAN.COM の処理を続け,クラスタ構成処理を完了させます。詳細は 第 8.2.3.1 項 を参照してください。

手順 4: PE$IP_CONFIG.DAT ファイルの更新

ノードがクラスタに参加するには,そのクラスタのすべてのメンバで一貫した PE$IP_CONFIG.DAT を持つことが必要です。ノード JASMIN で作成した SYS$SYSTEM:PE$IP_CONFIG.DAT ファイルを他のノード,すなわち ORCHID および TULIP へコピーしてください。

手順 5: ユニキャスト・リストのリフレッシュ

ORCHID および TULIP の両方で PE$IP_CONFIG.DAT の新しいユニキャスト・リストを更新するには,PEDRIVER に対して次のコマンドを実行してください。

$MC SCACP RELOAD 

SYSMAN を使用してこのコマンドをクラスタ・ワイドで実行することもできます。

  注意
ノード検出に IP ユニキャスト・アドレスが使用される場合は次のルールが適用されます。既存のメンバの SYS$SYSTEM:PE$IP_CONFIG.DAT ファイルに IP アドレスが登録されているノードのみクラスタに参加できます。

手順 6: AUTOGEN の実行とノードのリブート

JASMIN を最初にブートした後,AUTOGEN.COM の実行により,ノード ORCHID および LOTUS で構成される既存のクラスタに参加できます。

JASMIN$ @SYS$UPDATE:AUTOGEN GETDATA REBOOT 



ここでは,新しいノード JASMIN を追加して TULIP とシステム・ディスクを共有する方法について説明します。現在,ORCHID および TULIP が SITE A および SITE B で 2 ノード・クラスタのメンバとなっています。

手順 1: インタフェース情報の入手

ノード JASMIN は OpenVMS Alpha ノードで,ノード TULIP のシステム・ディスクと直接接続されます。この構成で,Node ノード JASMIN はネットワークで接続され,まだブートされていません。

Cluster over IP を構成するためには, JASMIN のインタフェース情報が必要になります。この情報は,JASMIN の >>> プロンプトで次のコマンドを実行することにより取得できます。

P00>>>SHOW DEVICE 
dga5245.1003.0.3.0         $1$DGA5245   COMPAQ HSV110 (C)COMPAQ  3028 
dga5245.1004.0.3.0         $1$DGA5245   COMPAQ HSV110 (C)COMPAQ  3028 
dga5890.1001.0.3.0         $1$DGA5890   COMPAQ HSV110 (C)COMPAQ  3028 
dga5890.1002.0.3.0         $1$DGA5890   COMPAQ HSV110 (C)COMPAQ  3028 
dka0.0.0.2004.0            DKA0              COMPAQ BD03685A24  HPB7 
dka100.1.0.2004.0          DKA100            COMPAQ BD01864552  3B08 
dka200.2.0.2004.0          DKA200            COMPAQ BD00911934  3B00 
dqa0.0.0.15.0              DQA0       HL-DT-ST CD-ROM GCR-8480  2.11 
dva0.0.0.1000.0            DVA0 
eia0.0.0.2005.0            EIA0              00-06-2B-03-2D-7D 
pga0.0.0.3.0               PGA0        WWN 1000-0000-c92a-78e9 
pka0.7.0.2004.0            PKA0                  SCSI Bus ID 7 
pkb0.6.0.2.0               PKB0                  SCSI Bus ID 6  5.57 
P00>>>

この出力から, IP アドレスが構成されクラスタ通信に使用されるインタフェースは EIA0 です。

Integrity サーバ・システムでインタフェース情報を入手するには, EFI シェルで次のコマンドを実行してください。

shell>fs0: 
fs0:\> cd efi 
fs0:\EFI> cd vms 
fs0:\EFI\VMS> vms_show device 
VMS: EIA0               00-30-6E-F3-EC-6E 
EFI: Acpi(HWP0002,0)/Pci(3|0)/Mac(00306EF3EC6E) 
VMS: DKA100             HP 36.4GST336754LC      HPC2 
EFI: Acpi(HWP0002,100)/Pci(1|0)/Scsi(Pun1,Lun0) 
VMS: DKA0               HP 36.4GMAS3367NC       HPC3    X8_3_XBJL 
EFI: fs0: Acpi(HWP0002,100)/Pci(1|0)/Scsi(Pun0,Lun0) 
VMS: EWA0               00-30-6E-F3-3C-28 
EFI: Acpi(HWP0002,100)/Pci(2|0)/Mac(00306EF33C28) 
fs0:\EFI\VMS> 

この出力から,インタフェースは EIA0 になります。ここで fs0: は,共有システム・ディスクのパーティションです。

手順 2: CLUSTER_CONFIG_LAN.COM の実行

ノード TULIP で次のコマンドを実行してください。

TULIP$ @SYS$SYSROOT:[SYSMGR]CLUSTER_CONFIG_LAN.COM;1 
 
                   Cluster/IPCI Configuration Procedure 
                   CLUSTER_CONFIG_LAN Version V2.84 
                     Executing on an Alpha System 
 
DECnet Phase IV is installed on this node. 
Alpha satellites will use LANCP, not DECnet, for MOP downline loading. 
 
        Enter a "?" for help at any prompt.  If you are familiar with 
        the execution of this procedure, you may want to mute extra notes 
        and explanations by invoking it with "@CLUSTER_CONFIG_LAN BRIEF". 
 
    TULIP is an Alpha system and currently a member of a cluster 
    so the following functions can be performed: 
 
MAIN Menu 
 
   1. ADD an Alpha node to the cluster. 
   2. REMOVE a node from the cluster. 
   3. CHANGE a cluster member's characteristics. 
   4. CREATE a duplicate system disk for Tulip. 
   5. MAKE a directory structure for a new root on a system disk. 
   6. DELETE a root from a system disk. 
   7. EXIT from this procedure. 
 
Enter choice [7]: 1 
 
    This ADD function will add a new Alpha node to the cluster. 
 
  WARNING: If the node being added is a voting member, EXPECTED_VOTES for 
           every cluster member must be adjusted. For complete 
           instructions check the section on configuring a cluster in the 
           "OpenVMS Cluster Systems" manual. 
 
  CAUTION: If this cluster is running with multiple system disks and 
           common system files will be used, please, do not proceed 
           unless appropriate logical names are defined for cluster 
           common files in SYLOGICALS.COM. For instructions, refer to 
           the "OpenVMS Cluster Systems" manual. 
 
Do you want to continue [Y]?Y 
Is the node to be a clustered node with a shared SCSI/FIBRE-CHANNEL bus (Y/N)? Y 
Will the node be a satellite [Y]? N 
What is the node's SCS node name? JASMIN 
What is the node's SCSSYSTEMID number? 14487 
Will JASMIN be a boot server [Y]?Y 
 
This procedure will now ask you for the device name of JASMIN's system root. 
The default device name (DISK$TULIPSYS:) is the logical volume name of 
    SYS$SYSDEVICE:. 
 
What is the device name for JASMIN's system root 
[default DISK$TULIPSYS:]? 
What is the name of JASMIN's system root [SYS3]?SYS3 
    Creating directory tree SYS3 ... 
    System root SYS3 created 
ENABLE IP for cluster communications (Y/N)? Y 
UDP port number to be used for Cluster Communication over IP[49152]?[Return]
Enable IP multicast for cluster communication(Y/N)[Y]?Y 
What is the IP multicast address[224.0.0.3]? [Return]
What is the TTL (time to live) value for IP multicast packets [1] ?  [Return]
Do you want to enter unicast address(es)(Y/N)[Y]?Y 
What is the unicast address[Press [RETURN] to end the list]? 10.0.1.2 
What is the unicast address[Press [RETURN] to end the list]? 10.0.2.2 
What is the unicast address[Press [RETURN] to end the list]? 10.0.2.3 
What is the unicast address[Press [RETURN] to end the list]?  [Return]
 
   ***************************************************************** 
        Cluster Communications  over IP  has  been  enabled.  Now 
        CLUSTER_CONFIG_LAN will run the  SYS$MANAGER:TCPIP$CONFIG 
        procedure. Please select the IP interfaces to be used for 
        Cluster Communications  over IP  (IPCI). This can be done 
        selecting "Core Environment"  option from the main menu 
        followed by the "Interfaces"  option.  You may also use 
        this opportunity to configure other aspects. 
   **************************************************************** 
 
Press Return to continue ... 
 
       Checking TCP/IP Services for OpenVMS configuration database files. 
 
        HP TCP/IP Services for OpenVMS Configuration Menu 
 
        Configuration options: 
 
                 1  -  Core environment 
                 2  -  Client components 
                 3  -  Server components 
                 4  -  Optional components 
                 5  -  Shutdown HP TCP/IP Services for OpenVMS 
                 6  -  Startup HP TCP/IP Services for OpenVMS 
                 7  -  Run tests 
                 A  -  Configure options 1 - 4 
                [E] -  Exit configuration procedure 
 
Enter configuration option: 1 
 
 
       HP TCP/IP Services for OpenVMS Core Environment Configuration Menu 
 
        Configuration options: 
 
                 1  -  Domain 
                 2  -  Interfaces 
                 3  -  Routing 
                 4  -  BIND Resolver 
                 5  -  Time Zone 
                 A  -  Configure options 1 - 5 
                [E] -  Exit menu 
 
Enter configuration option: 2 
 
 
    HP TCP/IP Services for OpenVMS Interface & Address Configuration Menu 
 
 Hostname Details: Configured=TULIP, Active=TULIP 
 
 Configuration options: 
 
                 0  -  Set The Target Node (Current Node: TULIP) 
                 1  -  WE0 Menu (EWA0: TwistedPair 1000mbps) 
                 2  -  10.0.2.2/8    Tulip                 Configured,IPCI 
                 3  -  WE1 Menu (EWB0: TwistedPair 1000mbps) 
                 4  -  WE2 Menu (EWC0: TwistedPair 1000mbps) 
                 5  -  WE3 Menu (EWD0: TwistedPair 1000mbps) 
                 6  -  WE4 Menu (EWE0: TwistedPair 1000mbps) 
                 7  -  WE5 Menu (EWF0: TwistedPair 1000mbps) 
                 8  -  WE6 Menu (EWG0: Multimode 10000mbps) 
                 9  -  WE7 Menu (EWH0: TwistedPair 1000mbps) 
                10  -  IE0 Menu (EIA0: TwistedPair 100mbps) 
                11  -  IE1 Menu (EIB0: TwistedPair 100mbps) 
 
Enter configuration option or press ENTER key to continue: 0 (1)
Enter name of node to manage [TULIP]: JASMIN 
JASMIN is not currently a cluster member. 
* Continue configuring JASMIN [NO]: Y (2)
Enter system device for JASMIN [$10$DGA165:]:(3) 
Enter system root for JASMIN []: SYS3 (4) 
    HP TCP/IP Services for OpenVMS Interface & Address Configuration Menu 
 
 Hostname Details: Configured=Not Configured 
 
 Configuration options: 
 
                 0  -  Set The Target Node (Current Node: JASMIN - $10$DGA165:[sys3.]) 
                 A  -  Add an Interface                                               
                [E] -  Exit menu 
 
Enter configuration option: A 
Enter controller name (e.g. EIA or EWC, etc): [ENTER when done] EIA (5)
 
    Controller Name       :  EIA 
    TCP/IP Interface Name :  IE0 
 
* Is this correct [NO]: Y 
Interface Menu: IE0 
 
 
      HP TCP/IP Services for OpenVMS Interface IE0 Configuration Menu (Node: JASMIN) 
 
 Configuration options: 
 
                 1  - Add a primary address on IE0 
                 2  - Add an alias address on IE0 
                 3  - Enable DHCP client to manage address on IE0 
                [E] - Exit menu 
 
Enter configuration option: 1 (6)
* Is this address used by Clusters over IP (IPCI) [NO]: Y (7)
    IPv4 Address may be entered with CIDR bits suffix. 
    E.g. For a 16-bit netmask enter 10.0.1.1/16 
 
Enter IPv4 Address []: 10.0.2.3 
Default netmask calculated from class of IP address: 255.0.0.0 
 
    IPv4 Netmask may be entered in dotted decimal notation, 
    (e.g. 255.255.0.0), or as number of CIDR bits (e.g. 16) 
 
Enter Netmask or CIDR bits [255.0.0.0]: 
Enter hostname []: JASMIN 
 
Requested configuration: 
 
      Node     : JASMIN 
      Interface: IE0 
      IPCI     : Yes 
      Address  : 10.0.2.3/8 
      Netmask  : 255.0.0.0 (CIDR bits: 8) 
      Hostname : JASMIN 
 
* Is this correct [YES]:Y 
Added hostname JASMIN (10.0.2.3) to host database 
 
NOTE: 
  The system hostname is not configured. 
  It will now be set to jasmin (10.0.2.3). 
  This can be changed later via the Interface Configuration Menu. 
 
Updated system hostname in configuration database 
 
Added address IE0:10.0.2.3 to configuration database 
Updated Interface in IPCI configuration file: $10$DGA165:[SYS3.SYSEXE]TCPIP$CLUSTER.DAT; 
 
Updated Default Route in IPCI configuration file: $10$DGA165:[SYS3.SYSEXE]TCPIP$CLUSTER.DAT; 
 
 
    HP TCP/IP Services for OpenVMS Interface & Address Configuration Menu 
 
 Hostname Details: Configured=JASMIN 
 
 Configuration options: 
                 0  -  Set The Target Node (Current Node: JASMIN - $10$DGA165:[sys3.] 
                 1  -  IE0 Menu (EIA0:) 
                 2  -  10.0.2.3/8          JASMIN                Configured,IPCI 
                 I  -  Information about your configuration 
                 A  -  Add an Interface 
                [E] -  Exit menu 
 
Enter configuration option: 
 
 
       HP TCP/IP Services for OpenVMS Core Environment Configuration Menu 
 
        Configuration options: 
 
                 1  -  Domain 
                 2  -  Interfaces 
                 3  -  Routing 
                 4  -  BIND Resolver 
                 5  -  Time Zone 
                 A  -  Configure options 1 - 5 
                [E] -  Exit menu 
 
Enter configuration option: 
 
 
        HP TCP/IP Services for OpenVMS Configuration Menu 
 
        Configuration options: 
 
                 1  -  Core environment 
                 2  -  Client components 
                 3  -  Server components 
                 4  -  Optional components 
                 5  -  Shutdown HP TCP/IP Services for OpenVMS 
                 6  -  Startup HP TCP/IP Services for OpenVMS 
                 7  -  Run tests 
                 A  -  Configure options 1 - 4 
                [E] -  Exit configuration procedure 
 
Enter configuration option: 
 
SYS$SYSTEM:PE$IP_CONFIG.DAT file generated in node JASMIN's root shown below 
 
! CLUSTER_CONFIG_LAN creating for CHANGE operation on 15-JUL-2008 15:23:56.05 
multicast_address=224.0.0.3 
ttl=1 
udp_port=49152 
unicast=10.0.2.3 
unicast=10.0.2.2 
unicast=10.0.1.2 
 
SYS$SYSTEM:TCPIP$CLUSTER.DAT file generated in node JASMIN's root shown below 
 
interface=IE0,EIA0,10.0.2.3,255.0.0.0 
default_route=16.116.40.1   

  説明
(1) TCP/IP 構成でオプション 0 を選択し,クラスタに追加する新しいノードとしてターゲット・ノードを JASMIN に設定します。
(2) 構成プロシージャを進め,ノード JASMIN の構成を行います。
(3) JASMIN のシステム・デバイス,すなわち $10$DGA165 を入力します。
(4) JASMIN のルート,すなわち SYS3 を入力します。
(5) クラスタ・トラフィックのために IP を構成するコントローラの情報を入力します。この情報は,この構成手順の最初に説明したように, JASMIN システムのコンソールから入手したコントローラの情報です。
(6) IE0 (コントローラ EIA の IP インタフェース名) にプライマリ・アドレスを追加するためのオプションを選択します。
(7) Cluster over IP で IE0 の使用を有効にし,残りの構成処理に進みます。

手順 3: 構成プロシージャの完了

CLUSTER_CONFIG_LAN.COM の処理を続け,クラスタ構成手順を完了させます。詳細は 第 8.2.3.1 項 を参照してください。

手順 4: PE$IP_CONFIG.DAT ファイルの更新

ノードがクラスタに参加するには,そのクラスタのすべてのメンバで一貫した PE$IP_CONFIG.DAT を持つことが必要です。ノード JASMIN で作成した SYS$SYSTEM:PE$IP_CONFIG.DAT ファイルを他のノード,すなわち ORCHID および TULIP へコピーしてください。

手順 5: ユニキャスト・リストのリフレッシュ

ORCHID および TULIP の両方で PE$IP_CONFIG.DAT の新しいユニキャスト・リストを更新するには,PEDRIVER に対して次のコマンドを実行してください。

$MC SCACP RELOAD 

SYSMAN を使用してクラスタ・ワイドでコマンドを実行することも可能です。

  注意
ノード検出に IP ユニキャスト・アドレスが使用される場合は次のルールが適用されます。既存のメンバの SYS$SYSTEM:PE$IP_CONFIG.DAT ファイルに IP アドレスが登録されているノードのみクラスタに参加できます。

手順 6: AUTOGEN の実行とノードのリブート

JASMIN を最初にブートすると,AUTOGEN.COM が自動的に実行されます。これで,JASMIN は ORCHID および LOTUS で構成される既存のクラスタに参加できます。

JASMIN$ @SYS$UPDATE:AUTOGEN GETDATA REBOOT 


目次 索引

プライバシー ご利用条件・免責事項