日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


HP OpenVMS
OpenVMS Cluster システム


目次 索引



Cluster over IP を使用して 2 ノードの耐障害性クラスタを作成し構成することができます。ノード ORCHID は SITE A のスタンドアロン・ノードで, SITE B のノード TULIP は既にクラスタのメンバ (唯一のメンバ) です。このシナリオでは,TULIP では Cluster over IP は構成されていません。 SITE A と SITE B は,同じ LAN/ビル/地点でも異なるLAN/ビル/地点でも構いません。 SITE A と SITE B との間は IP による接続が確立されており,サポートされているサイト間距離の範囲内でなければなりません。

手順 1: ノード TULIP で Cluster over IP を有効に設定

ノード TULIP (OpenVMS Alpha ノード) で Cluster over IP 機能を有効にするには,ノード TULIP で CLUSTER_CONFIG_LAN.COM プロシージャを実行し,以下のように適切なオプションを選択します。

例 8-4 Cluster over IP を有効にするためのノード TULIP の設定
TULIP$@SYS$MANAGER:CLUSTER_CONFIG_LAN
                 Cluster/IPCI Configuration Procedure 
                   CLUSTER_CONFIG_LAN Version V2.84 
                     Executing on an Alpha System 
 
DECnet-Plus is installed on this node. 
Alpha satellites will use LANCP, not DECnet, for MOP downline loading. 
 
Enter a "?" for help at any prompt. If you are familiar with the execution of 
this procedure, you may want to mute extra notes and 
explanations by invoking it with "@CLUSTER_CONFIG_LAN BRIEF". 
 
TULIP is an Alpha system and currently a member of a cluster so the following 
functions can be performed: 
 
MAIN Menu 
 
   1. ADD an Alpha node to the cluster. 
   2. REMOVE a node from the cluster. 
   3. CHANGE a cluster member's characteristics. 
   4. CREATE a duplicate system disk for TULIP. 
   5. MAKE a directory structure for a new root on a system disk. 
   6. DELETE a root from a system disk. 
   7. EXIT from this procedure. 
 
Enter choice [7]: 3 (1) 
 
CHANGE Menu 
 
   1. Enable TULIP as a boot server. 
   2. Disable TULIP as a boot server. 
   3. Enable a quorum disk for TULIP 
   4. Disable a quorum disk for TULIP. 
   5. Enable TULIP as a disk server. 
   6. Disable TULIP as a disk server. 
   7. Change TULIP's ALLOCLASS value. 
   8. Enable TULIP as a tape server. 
   9. Disable TULIP as a tape server. 
  10. Change TULIP's TAPE_ALLOCLASS value. 
  11. Change an Alpha satellite node's LAN adapter hardware address. 
  12. Enable Cluster Communication using IP on TULIP. 
  13. Disable Cluster Communication using IP on TULIP. 
  14. Enable the LAN for cluster communications on TULIP. 
  15. Disable the LAN for cluster communications on TULIP. 
  16. Enable Memory Channel for cluster communications on TULIP. 
  17. Disable Memory Channel for cluster communications on TULIP. 
  18. Change TULIP's shared SCSI port allocation class value. 
  19. Return to MAIN menu. 
 
Enter choice [19]: 12 (2)
ENABLE IP for cluster communications (Y/N)? Y (3)
UDP port number to be used for Cluster Communication over IP[49152]?Y (4)
Enable IP multicast for cluster communication(Y/N)[Y]? Y (5)
What is the IP multicast address[239.242.7.193]? [Return] (6)
What is the TTL (time to live) value for IP multicast packets [32]?  [Return] (7)
Do you want to enter unicast address(es)(Y/N)[Y]?  [Return] (8)
What is the unicast address [Press Enter to end the list]? 10.0.1.2 (9)
What is the unicast address[Press Enter to end the list]?  [Return] (10)
 
   ***************************************************************** 
        Cluster Communications  over IP  has  been  enabled.  Now 
        CLUSTER_CONFIG_LAN will run the  SYS$MANAGER:TCPIP$CONFIG 
        procedure. Please select the IP interfaces to be used for 
        Cluster Communications  over IP  (IPCI). This can be done 
        selecting "Core Environment"  option from the main menu 
        followed by the "Interfaces"  option.  You may also use 
        this opportunity to configure other aspects. 
   **************************************************************** 
 
Press Enter to continue. 
 
       Checking TCP/IP Services for OpenVMS configuration database files. 
 
        HP TCP/IP Services for OpenVMS Configuration Menu 
        
Configuration options: 
 
                 1  -  Core environment 
                 2  -  Client components 
                 3  -  Server components 
                 4  -  Optional components 
                 5  -  Shutdown HP TCP/IP Services for OpenVMS 
                 6  -  Startup HP TCP/IP Services for OpenVMS 
                 7  -  Run tests 
                 A  -  Configure options 1 - 4 
                [E] -  Exit configuration procedure 
 
Enter configuration option: 1 (11)
 
       HP TCP/IP Services for OpenVMS Core Environment Configuration Menu 
 
        Configuration options: 
 
                 1  -  Domain 
                 2  -  Interfaces 
                 3  -  Routing 
                 4  -  BIND Resolver 
                 5  -  Time Zone 
                 A  -  Configure options 1 - 5 
                [E] -  Exit menu 
 
Enter configuration option: 2 (12)
 
HP TCP/IP Services for OpenVMS Interface & Address Configuration Menu 
 
 Hostname Details: Configured=TULIP, Active=TULIP 
 
 Configuration options: 
 
                 0  -  Set The Target Node (Current Node: TULIP) 
                 1  -  IE0 Menu (EIA0: TwistedPair 100mbps) 
                 2  -  10.0.2.2/23    TULIP                  Configured,Active 
                 3  -  IE1 Menu (EIB0: TwistedPair 100mbps) 
                 4  -  10.0.2.224/23   *noname*              Configured,Active 
                 I  -  Information about your configuration 
                [E] -  Exit menu 
 
Enter configuration option: 2 (13)
 
 
  HP TCP/IP Services for OpenVMS Address Configuration Menu (Node: TULIP) 
 
      IE0 10.0.2.2/23 TULIP Configured, Active IE0 
 
 Configuration options 
 
                 1  - Change address 
                 2  - Set "TULIP" as the default hostname 
                 3  - Delete from configuration database 
                 4  - Add to IPCI database 
                 5  - Deactivate from live system 
                 6  - Add standby aliases to configuration database (for failSAFE IP) 
                [E] - Exit menu 
 
Enter configuration option: 4 (14)
Updated Interface in IPCI configuration file: SYS$SYSROOT:[SYSEXE]TCPIP$CLUSTER.DAT; 
 
Updated Default Route in IPCI configuration file: SYS$SYSROOT:[SYSEXE]TCPIP$CLUSTER.DAT; 
Added address IE1:10.0.2.2 to IPCI database 
 
   HP TCP/IP Services for OpenVMS Interface & Address Configuration Menu 
 
 Hostname Details: Configured=TULIP, Active=TULIP 
 
 Configuration options: 
 
                 0  -  Set The Target Node (Current Node:tulip) 
                 1  -  IE0 Menu (EIA0: TwistedPair 100mbps) 
                 2  -  10.0.2.2/23    TULIP                  Configured,IPCI,Active 
                 3  -  IE1 Menu (EIB0: TwistedPair 100mbps) 
                 4  -  10.0.2.224/23   *noname*              Configured,Active 
                 I  -  Information about your configuration 
                [E]-  Exit menu 
 
Enter configuration option: E (15)
 
      HP TCP/IP Services for OpenVMS Core Environment Configuration Menu 
 
        Configuration options: 
 
                 1  -  Domain 
                 2  -  Interfaces 
                 3  -  Routing 
                 4  -  BIND Resolver 
                 5  -  Time Zone 
                 A  -  Configure options 1 - 5 
                [E] -  Exit menu 
 
Enter configuration option: E 
                                                                               
        HP TCP/IP Services for OpenVMS Configuration Menu 
 
        Configuration options:                                                 
 
                 2  -  Client components 
                 3  -  Server components 
                 4  -  Optional components 
                 5  -  Shutdown HP TCP/IP Services for OpenVMS 
                 6  -  Startup HP TCP/IP Services for OpenVMS 
                 7  -  Run tests 
                 A  -  Configure options 1 - 4 
                [E] -  Exit configuration procedure 
 
Enter configuration option: E 
    The configuration procedure has completed successfully. 
 
    Tulip has been enabled for IP communications  (16)
    Please run AUTOGEN to reboot TULIP:           
  
TULIP$ @SYS$UPDATE:AUTOGEN GETDATA REBOOT (17)

  説明
(1) TULIP は Cluster over IP が有効になっていないシングルメンバ・クラスタです。オプション 3 を選択することにより,このノードで Cluster over IP が有効になるようにクラスタ・メンバの属性を変更することができます。
(2) オプション12 を選択して Cluster over IP を有効にします。このオプションを選択すると,SYSGEN パラメータ NISCS_USE_UDP が 1 に設定され, PEDRIVER でクラスタ通信に IP を使用することが可能になります。ただし,ノードのリブートが必要です。クラスタ・インターコネクトとして LAN が選択されていない場合,このオプションは次回のリブート時に PEDRIVER をロードするように NISCS_LOAD_PEA0 を 1 に設定します。
(3) クラスタ通信での IP の使用を有効にします。
(4) クラスタ通信に使用する UDP ポート番号。 UDP ポート番号はクラスタ内のすべてのメンバで同じでなければなりません。また,他のクラスタで同じ UDP ポート番号を使用していないことを確認してください。このポート番号は,他のアプリケーションで使用していてもいけません。
(5) ご使用の環境でクラスタ・ノード間の IP マルチキャスト・トラフィックが可能な場合は,クラスタ通信に IP マルチキャストを使用するよう設定することができます。ご使用の環境で IP マルチキャスティングが可能かどうかはネットワーク管理者に確認してください。
(6) IP マルチキャストを有効にする場合は,そのクラスタの IP マルチキャスト・アドレスを入力します。デフォルトでは,この IP マルチキャスト・アドレスは, 239.242.x.y の範囲で管理者により選択された IP マルチキャスト・アドレスから選択されます。最後の 2 つの値,x および y は,クラスタのグループ番号から生成されます。上記の例ではクラスタ・グループ番号は 1985 で,以下のように計算されます。
X= 1985/256

Y= 1985 - (256 *x)
システム管理者は,デフォルトのマルチキチャスト・アドレスをその環境でユニークなアドレスに置き換えることができます。
(7) TTL は IP マルチキャスト・パケットが有効でいられる時間です。 IP マルチキャスト・パケットに許可するホップ数を指定します。
(8) IP マルチキャスト・アドレスでは到達できないクラスタのリモート・ノードに対して IP ユニキャスト・アドレスを入力する場合は, Yes と応答します。
(9) この例では,10.0.1.2 はノード ORCHID の IP ユニキャスト・アドレスです。 IP マルチキャストが選択されていますが,この例では SITE A と SITE B との間の IP マルチキャスト接続は存在しないと仮定されているため,ORCHID の IP アドレスが入力されています。
注意: クラスタの IP アドレスのリストを入力してください。 [4],[6],[7] および [9] で入力したすべての情報は, SYS$SYSTEM:PE$IP_CONFIG.DAT ファイルに登録されます。次の例に示すように PE$IP_CONFIG.DAT ファイルが生成されます。また,リモート・ノードがクラスタに参加できるように,ローカル・ノードの PE$IP_CONFIG.DAT にあるユニキャスト・リストにもリモート・ノードの IP アドレスが含まれなければなりません。
この例では,TULIP は ORCHID の IP アドレスを持ち, ORCHID は TULIP の IP アドレスを持たなければなりません。
! CLUSTER_CONFIG_LAN creating for CHANGE operation on 10-JUL-2008 
14:14:06.57

multicast_address=239.242.7.193
ttl=32
udp_port=49152
unicast=10.0.1.2
(10) ユニキャスト・リストを入力した後 [Return] キーを押してください。
(11) CLUSTER_CONFIG_LAN.COM は TCPIP$CONFIG.COM を起動し,クラスタ通信に使用する IP インタフェースを構成します。 core environment オプションを選択してください。
TCP/IP は既に構成されていると仮定すると,このノードにはサブネットの外からネットワークの接続を確認できます。
(12) core environment メニューからインタフェース・オプションを選択してください。
(13) クラスタ通信用の適切なインタフェースを選択してください。この例では,オプション2 が選択されています。
(14) 選択したアドレスに対する構成オプションで,オプション 4 を選択し IPCI データベースに追加します。次の例のように,インタフェース情報がデフォルト・ルートとともに TCPIP$CLUSTER.DAT に入力されます。
interface=IE0,EIA0,10.0.2.2,255.255.254.0

default_route=10.0.2.1
(15) TCP/IP 構成プロシージャを終了し CLUSTER_CONFIG_LAN.COM に戻ります。
(16) クラスタの構成に進みます。
(17) システムをリブートしたあと,AUTOGEN を実行します。 ORCHID でクラスタ通信に LAN に加えて IP を使用して PEDRIVER が起動され, TULIP への参加が可能になります。

手順 2: クラスタ・メンバとしてノード ORCHID を構成

Cluster over IP が有効になるように ORCHID を構成するには,次の例のようにノード ORCHID で CLUSTER_CONFIG_LAN.COM を実行し,適切なオプションを選択します。

例 8-5 Cluster over IP を有効にするためのノード ORCHID の構成
ORCHID$ @SYS$MANAGER:CLUSTER_CONFIG_LAN.COM
                 Cluster/IPCI Configuration Procedure 
                   CLUSTER_CONFIG_LAN Version V2.84 
                     Executing on an IA64 System 
    DECnet-Plus is installed on this node. 
    IA64 satellites will use TCP/IP BOOTP and TFTP services for downline 
    loading. 
     TCP/IP is installed and running on this node. 
 
Enter a "?" for help at any prompt.  If you are familiar with the execution of this 
procedure, you may want to mute extra notes and 
explanations by invoking it with "@CLUSTER_CONFIG_LAN BRIEF". 
 
This IA64 node is not currently a cluster member. 
 
MAIN Menu 
 
   1. ADD ORCHID to existing cluster, or form a new cluster. 
   2. MAKE a directory structure for a new root on a system disk. 
   3. DELETE a root from a system disk. 
   4. EXIT from this procedure. 
 
Enter choice [4]: 1 (1)
Is the node to be a clustered node with a shared SCSI/FIBRE-CHANNEL bus (Y/N)? N 
What is the node's SCS node name? ORCHID 
    IA64 node, using LAN/IP for cluster communications.  PEDRIVER will be loaded. 
   No other cluster interconnects are supported for IA64 nodes. 
Enter this cluster's group number: 1985 
Enter this cluster's password: 
Re-enter this cluster's password for verification: 
 
ENABLE IP for cluster communications (Y/N)? Y (2)
UDP port number to be used for Cluster Communication over IP[49152]?[Return] (3)
Enable IP multicast for cluster communication(Y/N)[Y]? Y [Return] (4)
What is IP the multicast address[239.242.7.193]? [Return] (5)
What is the TTL (time to live) value for IP multicast packets [32]? [Return] (6)
Do you want to enter unicast address(es)(Y/N)[Y]?[Return] (7)
What is the unicast address[Press [RETURN] to end the list]? 10.0.2.2 (8)
What is the unicast address[Press [RETURN] to end the list]?[Return] (9)
  
 
                 ******************************************************************** 
                 Cluster Communications over IP has been enabled.  Now 
                 CLUSTER_CONFIG_LAN will run the SYS$MANAGER:TCPIP$CONFIG procedure. 
                 Pleas select the IP interfaces to be used for Cluster Communications 
                 over IP (IPCI). This can be done selecting "Core Environment" option 
                 from the main menu followed by the "Interfaces" option. You may 
                 also use this opportunity to configure other aspects. 
                 ********************************************************************* 
 
Press Return to continue ... 
 
TCP/IP Network Configuration Procedure 
 
        This procedure helps you define the parameters required 
        to run HP TCP/IP Services for OpenVMS on this system. 
 
%TCPIP-I-IPCI, TCP/IP Configuration is limited to IPCI. 
-TCPIP-I-IPCI, Rerun TCPIP$CONFIG after joining the cluster. 
 
 
    HP TCP/IP Services for OpenVMS Interface & Address Configuration Menu 
 
 Hostname Details: Configured=Not Configured, Active=nodeg 
 
 Configuration options: 
 
   0  -  Set The Target Node (Current Node: ORCHID) 
   1  -  IE0 Menu (EIA0: TwistedPair 100mbps) 
   2  -  IE1 Menu (EIB0: TwistedPair 100mbps) 
  [E] -  Exit menu 
 
Enter configuration option: 1 (10)
 
                    * IPCI Address Configuration * 
 
Only IPCI addresses can be configured in the current environment. 
After configuring your IPCI address(es) it will be necessary to 
run TCPIP$CONFIG once your node has joined the cluster. 
 
 
    IPv4 Address may be entered with CIDR bits suffix. 
    E.g. For a 16-bit netmask enter 10.0.1.1/16 
 
Enter IPv4 Address []:10.0.1.2/24 (11)
Default netmask calculated from class of IP address: 255.0.0.0 
 
    IPv4 Netmask may be entered in dotted decimal notation, 
    (e.g. 255.255.0.0), or as number of CIDR bits (e.g. 16) 
 
Enter Netmask or CIDR bits [255.0.0.0]: 255.255.254.0 (12)
 
Requested configuration: 
 
      Node     : ORCHID 
      Interface: IE0 
      IPCI     : Yes 
      Address  : 10.0.1.2/23 
      Netmask  : 255.255.254.0 (CIDR bits: 23) 
 
* Is this correct [YES]: 
Updated Interface in IPCI configuration file: SYS$SYSROOT:[SYSEXE]TCPIP$CLUSTER.DAT; (13)
 
 
    HP TCP/IP Services for OpenVMS Interface & Address Configuration Menu 
 
 Hostname Details: Configured=Not Configured, Active=ORCHID 
 
 Configuration options: 
 
 0  -  Set The Target Node (Current Node: ORCHID) 
 1  -  IE0 Menu (EIA0: TwistedPair 100mbps) 
 2  - 10.0.1.2 /23   *noname*              IPCI 
 3  -  IE1 Menu (EIB0: TwistedPair 100mbps) 
[E] -  Exit menu 
 
Enter configuration option: E(14)
Enter your Default Gateway address []: 10.0.1.1(15)
* The default gateway will be: 10.0.1.1.  Correct [NO]: YES 
Updated Default Route in IPCI configuration file: SYS$SYSROOT:[SYSEXE]TCPIP$CLUSTER.DAT; 
TCPIP-I-IPCIDONE, Finished configuring IPCI address information (16)
Will ORCHID be a boot server [Y]? [Return] (17)
 
       TCP/IP BOOTP and TFTP services must be enabled on IA64 boot nodes. 
 
        Use SYS$MANAGER:TCPIP$CONFIG.COM on ORCHID to enable BOOTP and TFTP 
        services after ORCHID has booted into the cluster. 
 
Enter a value for ORCHID's ALLOCLASS parameter [7]: 
Does this cluster contain a quorum disk [N]? [Return]
 
The EXPECTED_VOTES system parameter of members of a cluster indicates the total 
number of votes present when all cluster members are booted, and is used to determine 
the minimum number of votes (QUORUM) needed for cluster operation. 
 
EXPECTED_VOTES value for this cluster: 1 
 
Warning:  Setting EXPECTED_VOTES to 1 allows this node to boot without 
being able to see any other nodes in the cluster.  If there is 
another instance of the cluster in existence that is unreachable via SCS but shares 
common drives (such as a Fibrechannel fabric)this may result in severe disk corruption. 
 
Do you wish to re-enter the value of EXPECTED_VOTES [Y]? N 
 
The use of a quorum disk is recommended for small clusters to maintain cluster 
quorum if cluster availability with only a single cluster node is a requirement. 
 
For complete instructions, check the section on configuring a cluster in 
the "OpenVMS Cluster Systems" manual. 
 
 
  WARNING: ORCHID will be a voting cluster member. EXPECTED_VOTES for 
           this and every other cluster member should be adjusted at 
           a convenient time before a reboot. For complete instructions, 
           check the section on configuring a cluster in the "OpenVMS 
           Cluster Systems" manual. 
 
Execute AUTOGEN to compute the SYSGEN parameters for your configuration and reboot 
ORCHID with the new parameters. This is necessary before ORCHID can become a cluster member. 
 
Do you want to run AUTOGEN now [Y]? N 
 
    Please run AUTOGEN to reboot ORCHID: 
 
     ORCHID$ @SYS$UPDATE:AUTOGEN GETDATA REBOOT (18)

  説明
(1) ノード ORCHID iは現在スタンドアロンの Integrity サーバ・ノードで,このノードをクラスタのメンバとして構成します。クラスタ通信には LAN あるいは IP のみを使用し,その他のインターコネクトはサポートされません。
(2) YES と応答してクラスタ通信に LAN に加えて IP を選択してください。 SYSGEN パラメータ NISCS_USE_UDP が 1 に設定され,ノードをリブートすると PEDRIVER は LAN に加えて IP をクラスタ通信に使用します。
(3) クラスタ通信に使用する UDP ポート番号。 UDP ポート番号はクラスタ内のすべてのメンバで同じでなければなりません。また,他のクラスタで同じ UDP ポート番号を使用していないことを確認してください。このポート番号は,他のアプリケーションで使用していてもいけません。
(4) ご使用の環境でクラスタ・ノード間の IP マルチキャスト・トラフィックが可能な場合は,クラスタ通信に IP マルチキャストを使用するよう設定することができます。ご使用の環境で IP マルチキャスティングが可能かどうかはネットワーク管理者に確認してください。
(5) IP マルチキャストを有効にする場合は,そのクラスタの IP マルチキャスト・アドレスを入力します。デフォルトでは,この IP マルチキャスト・アドレスは, 239.242.x.y の範囲で管理者により選択された IP マルチキャスト・アドレスから選択されます。最後の 2 つの値,x および y は,クラスタのグループ番号から生成されます。上記の例ではクラスタ・グループ番号は 1985 で,以下のように計算されます。
X= 1985/256

Y= 1985 - (256 *x)
システム管理者は,デフォルトのマルチキチャスト・アドレスをその環境でユニークなアドレスに置き換えることができます。
(6) TTL は IP マルチキャスト・パケットが有効でいられる時間です。 IP マルチキャスト・パケットに許可するホップ数を指定します。
(7) IP マルチキャスト・アドレスでは到達できないクラスタのリモート・ノードに対して IP ユニキャスト・アドレスを入力する場合は, Yes と応答します。
(8) この例では,10.0.2.2 はノード TULIP の IP ユニキャスト・アドレスです。 IP マルチキャストが選択されていますが,この例では SITE A と SITE B との間の IP マルチキャスト接続は存在しないと仮定されているため,TULIP の IP アドレスが入力されています。
注意: クラスタの IP アドレスのリストを入力してください。 [2],[3],[5],[6] および [7] で入力したすべての情報は, SYS$SYSTEM:PE$IP_CONFIG.DAT ファイルに登録されます。
次の例に示すように PE$IP_CONFIG.DAT ファイルが生成されます。
また,リモート・ノードがクラスタに参加できるように,ローカル・ノードの PE$IP_CONFIG.DAT にあるユニキャスト・リストにもリモート・ノードの IP アドレスが含まれなければなりません。

この例では,ORCHID は TULIP の IP アドレスを持ち, TULIP は ORCHID の IP アドレスを持たなければなりません。 ORCHID の SYSTEM:PE$IP_CONFIG.DAT の例を次に示します。

! CLUSTER_CONFIG_LAN creating for CHANGE operation on 10-JUL-2008 
14:14:06.57

multicast_address=239.242.7.193
ttl=32
udp_port=49152
unicast=10.0.2.2
(9) ユニキャスト・リストを入力した後 [Return] キーを押してください。
(10) CLUSTER_CONFIG_LAN.COM は TCPIP$CONFIG.COM を起動し,クラスタ通信に使用する IP インタフェースを構成します。現在,ORCHID はスタンドアロン・ノードで, CLUSTER_CONFIG_LAN プロシージャによって TCPIP$CONFIG が起動されると, TCP/IP 構成は IPCI に限定されます。クラスタ通信を有効にするためにインタフェース IE0 が選択されます。注意: TCPIP$CONFIG は,FTP や TELNET などの他の TCP/IP 構成がクラスタに参加した後に起動する必要があります。
(11) IE0 インタフェースの IPv4 アドレスは 10.0.1.2 です。
(12) IE0 インタフェースのネットワーク・マスクは 255.255.254.0 です。
(13) IE0 インタフェース情報とネットワーク・マスクは TCPIP$CLUSTER.DAT ファイルに入力されます。
(14) クラスタ通信のためのインタフェースを選択した後, interface メニューを終了しすます。
(15) インタフェース IE0 のデフォルト・ゲートウェイ・アドレスを入力します。 Cluster over IP 通信のためのデフォルト・ゲートウェイ・アドレスを 1 とだけ指定します。
(16) インタフェースとデフォルト・ゲートウェイを選択した後, TCPIP$CONFIG はデフォルトのルートあるいはゲートウェイ情報で TCPIP$CLUSTER.DAT をアップデートします。これで,IP を使用したクラスタ通信に必要となる TCPIP$CONFIG の処理が完了します。インタフェース情報とデフォルト・ルートは TCPIP$CLUSTER.DAT ファイルに次のように入力されます。
interface=IE0,EIA0,10.0.1.2,255.255.254.0

default_route=10.0.1.1
(17) クラスタの構成に進みます。
(18) システムのリブート後,AUTOGEN を実行します。 ORCHID の PEDRIVER は LAN に加えて IP をクラスタ通信に使用して起動され, TULIP に参加できるようになります。


目次 索引

プライバシー ご利用条件・免責事項