日本-日本語
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


HP OpenVMS
OpenVMS Cluster 構成ガイド


目次 索引

付録 A
付録 A OpenVMS Cluster インターコネクトとしての SCSI
  A.1   この付録で使用する表記法
    A.1.1      SCSI ANSI 標準
    A.1.2      図中で使用する記号
  A.2   SCSI ストレージのアクセス
    A.2.1      OpenVMS Cluster システムにおけるシングル・ホスト SCSI アクセス
    A.2.2      OpenVMS Cluster システムにおけるマルチホスト SCSI アクセス
  A.3   構成上の要件とハードウェア・サポート
    A.3.1      構成上の要件
    A.3.2      ハードウェアのサポート
  A.4   SCSI インターコネクトの概念
    A.4.1      デバイス数
    A.4.2      パフォーマンス
    A.4.3      接続距離
    A.4.4      ケーブル配線と終端
  A.5   SCSI OpenVMS Cluster ハードウェア構成
    A.5.1      アドオン SCSI アダプタを使用するシステム
      A.5.1.1         アドオン SCSI アダプタによる基本的なシステムの構築
      A.5.1.2         エンクロージャを追加または物理的距離を延長したシステム,または,HSZ コントローラ付きのシステム
      A.5.1.3         ディファレンシャル・ホスト・アダプタを使用するシステムの構築
  A.6   インストール
    A.6.1      手順 1: SCSI 接地要件の確認
    A.6.2      手順 2: SCSI ノード ID の構成
      A.6.2.1         マルチホスト SCSI バスにおけるデバイス ID の構成
      A.6.2.2         シングル・ホスト SCSI バスにおけるデバイス ID の構成
    A.6.3      手順 3: 電源入力と SCSI デバイスの検査
    A.6.4      手順 4: SCSI コンソール・パラメータの表示と設定
    A.6.5      手順 5: OpenVMS オペレーティング・システムのインストール
    A.6.6      手順 6: その他のシステムの構成
  A.7   補足情報
    A.7.1      OpenVMS Cluster 構成コマンド・プロシージャの実行
    A.7.2      マルチホスト SCSI 環境におけるエラー・レポートと OPCOM メッセージ
      A.7.2.1         SCSI バスのリセット
      A.7.2.2         SCSI タイムアウト
      A.7.2.3         マウント検査
      A.7.2.4         シャドウ・ボリューム処理
      A.7.2.5         マルチホスト SCSI 環境で表示される OPCOM メッセージ
      A.7.2.6         エラー・ログの基本
      A.7.2.7         マルチホスト SCSI 環境におけるエラー・ログ・エントリ
    A.7.3      制限事項と既知の問題
    A.7.4      トラブルシューティング
      A.7.4.1         終端問題
      A.7.4.2         正しくない構成が原因のブート障害やマウント障害
        A.7.4.2.1             ブートストラップ・プロセス間のバグチェック
        A.7.4.2.2             デバイス構成上の障害
        A.7.4.2.3             マウント障害
      A.7.4.3         接地
      A.7.4.4         インターコネクトの長さ
    A.7.5      SCSI アービトレーション上の注意
      A.7.5.1         マルチディスク環境におけるアービトレーション問題
      A.7.5.2         アービトレーション問題の対策
      A.7.5.3         アービトレーションとバス・アイソレータ
    A.7.6      OpenVMS Cluster システムが実行中の SCSI デバイスの取り外しや取り付け
      A.7.6.1         ホット・プラグを説明するための用語
      A.7.6.2         ホット・プラグの規則
      A.7.6.3         デバイスまたはセグメントを確実に非アクティブにするための手順
      A.7.6.4         StorageWorks SBB ディスクのホット・プラグの手順
      A.7.6.5         HSZxx のホット・プラグ手順
      A.7.6.6         ホスト・アダプタのホット・プラグ手順
      A.7.6.7         DWZZx コントローラのホット・プラグ手順
    A.7.7      マルチホスト SCSI OpenVMS Cluster システムで使用されるデバイスの OpenVMS 要件
    A.7.8      接地要件
付録 B
付録 B MEMORY CHANNEL 技術概要
  B.1   製品概要
    B.1.1      MEMORY CHANNEL の特長
    B.1.2      MEMORY CHANNEL バージョン 2.0 の特長
    B.1.3      ハードウェアの構成要素
    B.1.4      高可用構成のためのバックアップ・インターコネクト
    B.1.5      ソフトウェアの要件
      B.1.5.1         メモリの要件
      B.1.5.2         大容量メモリ・システムにおける NPAGEVIR パラメータの使用
    B.1.6      構成
      B.1.6.1         構成サポート
  B.2   技術概要
    B.2.1      従来のネットワークや SMP との比較
    B.2.2      OpenVMS Cluster アーキテクチャの MEMORY CHANNEL
    B.2.3      MEMORY CHANNEL アドレス指定
    B.2.4      MEMORY CHANNEL の実装


目次 索引

プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡