日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


HP OpenVMS
OpenVMS Cluster 構成ガイド


目次 索引

第 6 章
6 SCSI と Fibre Channel ストレージに対するマルチパスの構成
  6.1   マルチパス SCSI サポートの概要
    6.1.1      直接 SCSI から直接 SCSI へのフェールオーバ
    6.1.2      直接 SCSI から MSCP サービス対象へのフェールオーバ (ディスクのみ)
    6.1.3      両方の種類のマルチパス・フェールオーバを組み合わせた構成
  6.2   構成要件と制限事項
  6.3   HSx フェールオーバ・モード
    6.3.1      透過的フェールオーバ・モード
    6.3.2      マルチバス・フェールオーバ・モード (ディスクのみ)
    6.3.3      マルチバス・モードのコントローラ用のポート・アドレス指定
  6.4   パラレル SCSI マルチパス構成 (ディスクのみ)
    6.4.1      透過的フェールオーバ
    6.4.2      マルチバス・フェールオーバと複数のパス
    6.4.3      マルチポート・ストレージ・コントローラによる構成
  6.5   パラレル SCSI マルチパス構成のディスク・デバイス命名
    6.5.1      ノード割り当てクラスの概要
    6.5.2      ポート割り当てクラスの概要
    6.5.3      HSZ 割り当てクラスを使用したデバイス名
  6.6   Fibre Channel マルチパス構成
  6.7   マルチパス構成の実装
    6.7.1      有効なマルチパス構成
    6.7.2      無効なマルチパス構成
    6.7.3      マルチパス・システム・パラメータ
    6.7.4      パス識別子
    6.7.5      パスの表示
      6.7.5.1         SHOW DEVICE/FULL によるパスの表示
      6.7.5.2         SHOW DEVICE/MULTIPATH_SET によるパスの表示
    6.7.6      パス・ポーリング
    6.7.7      現在のパスへの手動切り替え
    6.7.8      OpenVMS によるパス選択
    6.7.9      OpenVMS によるマルチパス・フェールオーバの方法
    6.7.10      直接パスへの自動フェールバック (ディスクのみ)
    6.7.11      パス切り替え候補としてのパスの有効化または無効化
    6.7.12      パフォーマンスについての考慮
    6.7.13      コンソールについての考慮
第 7 章
7 OpenVMS Cluster ストレージ・インターコネクトとしての Fibre Channel の構成
  7.1   OpenVMS Fibre Channel サポートの概要
  7.2   Fibre Channel 構成のサポート
    7.2.1      Fibre Channel 修正キット
    7.2.2      混成バージョンと混成アーキテクチャのクラスタ・サポート
  7.3   構成例
    7.3.1      デュアル・ポート・ストレージを備えたシングル・ホスト
    7.3.2      1 つのデュアル・ポート・ストレージ・コントローラを備えた複数のホスト
    7.3.3      ストレージ・コントローラ冗長性を備えた複数のホスト
    7.3.4      複数の独立したスイッチを備えた複数のホスト
    7.3.5      デュアル・ファブリックを備えた複数のホスト
    7.3.6      より大規模なファブリックを備えた複数のホスト
  7.4   Fibre Channel アドレス,WWID,デバイス名
    7.4.1      Fibre Channel アドレスと WWID
    7.4.2      Fibre Channel デバイス用の OpenVMS 名
      7.4.2.1         Fibre Channel ストレージ・アダプタ名
      7.4.2.2         Fibre Channel パス名
      7.4.2.3         Fibre Channel ディスク・デバイスの識別
  7.5   Fibre Channel テープのサポート
    7.5.1      最小ハードウェア構成
    7.5.2      Fibre Channel テープ・デバイスの命名
      7.5.2.1         テープ・デバイスおよび媒体チェンジャ・デバイスの名前
      7.5.2.2         ワールドワイド識別子 (WWID) の使用
      7.5.2.3         ファイルベースのデバイスの命名
    7.5.3      Fibre Channel テープ・デバイスの管理サポート
    7.5.4      Fibre Channel テープ・デバイスの構成
      7.5.4.1         基本構成手順: 要約
      7.5.4.2         基本構成手順: 詳細
      7.5.4.3         ユーザ指定デバイス名の作成
    7.5.5      既存の Fibre Channel テープ・デバイス名の変更
    7.5.6      Fibre Channel での物理テープ・デバイスの移動
    7.5.7      Fibre Channel 上の NSR のスワップアウト
    7.5.8      Fibre Channel テープ・デバイスへのサービスの提供
    7.5.9      Fibre Channel テープ・デバイスの交換
    7.5.10      Fibre Channel テープ・デバイスの物理位置の決定
    7.5.11      スタンドアロン環境での Fibre Channel テープ・デバイスへのアクセス
    7.5.12      マルチパス・テープのサポート
  7.6   AlphaServer コンソールによる FC の構成 (Alpha のみ)
    7.6.1      コンソールによる FC 構成の確認
    7.6.2      FC ディスクのブートおよびダンプ用のセットアップ
  7.7   OpenVMS Integrity システムでの Fibre Channel ストレージ・デバイスからのブート
    7.7.1      ブート可能ファームウェアのインストール
    7.7.2      ファームウェア・バージョンのチェック
    7.7.3      FC 上のブート・デバイス・パスの構成
  7.8   OpenVMS で使用するためのストレージ・コントローラのセットアップ (Alpha のみ)
    7.8.1      デバイス識別子を CCL 用に設定
    7.8.2      デバイス識別子をディスク・デバイス用に設定
  7.9   共用 FC システム・ディスクを備えたクラスタの作成
    7.9.1      共有 FC ディスクでブートするためのクラスタ・ノードの追加構成 (Integrity のみ)
    7.9.2      オンライン再構成
    7.9.3      HSG ホスト接続テーブルと構成されないデバイス
  7.10   I/O パフォーマンス向上のための割り込みコアレス機能 (Alpha のみ)
  7.11   Fast Path の使用
  7.12   FIBRE_SCAN ユーティリティによるデバイス情報の表示


目次 索引

プライバシー ご利用条件・免責事項