日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


HP OpenVMS
OpenVMS Cluster 構成ガイド


目次 索引

T
T3 通信サービス
TCP/IP Services
    ネットワーク通信
TCP/IP Services for OpenVMS ソフトウェア
TIMVCFAIL システム・パラメータ
TMSCP サーバ
    OpenVMS Cluster での役割
U
UDID
V
VMSMAIL_PROFILE.DATA ファイル
Volume Shadowing for OpenVMS
    I/O スループットに対する影響
    MSCP のオーバヘッド
    OpenVMS Cluster の可用性 #1
    OpenVMS Cluster の可用性 #2
    RAID レベル 1
    SCSI OpenVMS Cluster 構成でサポート
    スケーラビリティ
    ストライピングとの組み合わせ
    説明
    読み込み/書き込みの比率
    読み込みパフォーマンス
VOTES システム・パラメータ
『Wwidmgr Users' Manual』
W
WAN (Wide Area Network)
    マルチサイト OpenVMS Cluster システムにおける利用
WAN T3/SONET オプション・カード #1
WAN T3/SONET オプション・カード #2
    管理について
    プロトコル・オプション
WAN サイト間リンクの仕様
WAN 要件
    マルチサイト・クラスタ
        Bellcore Communications Research
        OpenVMS Cluster
WWID
    デバイス ID を参照
        Fibre Channel
wwidmgr -quickset コマンド
wwidmgr -show wwid コマンド
アーキテクチャ
    Alpha と Integrity
    Alpha と VAX
    Integrity と Alpha
アービトレーション規則
    SCSI インターコネクトの制御
    SCSI バスの制御
        影響の変更
アクセス・パス
    システム・ディスク
    複数の
    ローカル・アダプタ
アダプタ
    MEMORY CHANNEL
    SAS
    SCSI
    アドオン SCSI
    マルチ LAN
    ローカル
アプリケーション
    可用性を強化するコーディング
    要件
アレイ
    ディスクとテープのスケーリング用
移行サポート
インストール手順
    SCSI OpenVMS Cluster システム
    SCSI ノード ID の構成
インターコネクト
    ATM
    Cluster over IP
    DS3
    Ethernet
    FDDI
    Fibre Channel
    IP #1
    IP #2
    MEMORY CHANNEL
    SAS
    SCSI #1
    SCSI #2
    SCSI ストレージのアクセス
    SCSI のトラブルシューティング
    混成
    スケーリング #1
    スケーリング #2
    ストレージ・デバイスへの接続
    タイプ #1
    タイプ #2
    定義
    特長
    フェールオーバ
    複数
インタースイッチ・リンク
    ISL を参照
インターネット・ネットワーキング・プロトコル
エラー処理要件
エラー・ログ・エントリと OPCOM メッセージ
オプティマイザ
    ストレージの可用性
    ディスク・パフォーマンス
拡張 LAN
    構成のガイドライン
拡張ファイル・キャッシュ
仮想 I/O キャッシュ
可用性
    LAN OpenVMS Cluster システムにおける
    LAN 構成要素の障害後
    MEMORY CHANNEL OpenVMS Cluster システムにおける
    MOP サーバの選択を通じて
    SCSI ストレージ領域
    強化手法
    サテライト OpenVMS Cluster システムにおける
    システム・ディスク
    ストレージ・オプティマイザ
    データ
    データとアプリケーション
    ディスク
    バックアップ・コピー
    フェールオーバ機能
    ブート・サーバの増加
    保守の強化方法
    ボリューム・シャドウ
    マルチサイト OpenVMS Cluster システムにおける
    要件
    レベル #1
    レベル #2
環境
    共通 #1
    共通 #2
    マルチ #1
    マルチ #2
環境ファイル
    管理
記憶容量
    増加量を計算する
    定義
キャッシュ #1
キャッシュ #2
キャパシティの計画
    可用性について
    スケーラビリティに関する注意事項
キューイング遅延
    拡張 LAN における
キュー・マネージャ
    複数
共通環境 OpenVMS Cluster システム
    長所
    別々のディスク
共有 SCSI ストレージ
    OpenVMS Integrity サーバの 2 ノード・クラスタ
共用ストレージ領域
クォーラム
    定義
クォーラム・ディスク
    ウォッチャ
    手法
クラスタ全体のプロセス・サービス
    OpenVMS Cluster での役割
構成要件
    Fibre Channel テープ・デバイス
コマンド・コンソール LUN (CCL)
    デバイス識別子の設定
混成アーキテクチャ OpenVMS Cluster システム #1
混成アーキテクチャ OpenVMS Cluster システム #2
混成アーキテクチャ OpenVMS Cluster システム #3
混成バージョン OpenVMS Cluster システム
コントローラ
    HSZ40 コントローラ
    スケーリング
    ディスク・キャッシュ
コントローラ 方式のキャッシュ
コンバータ
    SCSI OpenVMS Cluster システムにおける DWZZxの使用
サード・パーティ製品
    ストレージの必要要件
サーバ
    キャパシティ
    サテライトとの近さ
再送タイムアウト率
サイト間リンクの仕様 #1
サイト間リンクの仕様 #2
サイト固有のユーティリティ
    ストレージの必要要件
サテライト
    サーバとの近さ
    定義 #1
    定義 #2
サテライト OpenVMS Cluster システム
    高可用性
資源
    共用
システム
    スケーリング
システム管理
    AUTOGEN コマンド・プロシージャ
    可用性の保守手法
    手法とツール
    事前対策
    製品
    操作環境
    ソフトウェア
    ツール #1
    ツール #2
    マルチサイト OpenVMS Cluster システム
    容易さ
システム通信サービス
    SCS を参照
システム・ディスク
    OpenVMS Cluster 可用性のためのシャドウイング
    OpenVMS Integrity システムでの構成
    可用性
    手法
    シングル #1
    シングル #2
    シングル対マルチ
    冗長化
    マルチ
        長所
システム・パラメータ
    EXPECTED_VOTES #1
    EXPECTED_VOTES #2
    LOCKDIRWT
    MPDEV_AFB_INTVL
    MPDEV_D1
    MPDEV_ENABLE
    MPDEV_LCRETRIES
    MPDEV_POLLER
    MPDEV_REMOTE
    MSCP_BUFFER
    MSCP_LOAD
    NPAGEDYN
    PAGEDYN
    RECNXINTERVL
    SHADOW_MAX_COPY
    VOTES
    更新
    サテライトを備えた OpenVMS Cluster の
    ポーリング
    ポーリング・タイマ
    マルチパス
システム・ファイル
    管理
システム・ルート
シャドウィング
    Volume Shadowing for OpenVMS を参照
シングル・エンド・シグナル通知
    SCSI の
信頼性
    ハードウェア
磁気ディスク
状態遷移
    ガイドライン
冗長化
    システム・ディスク
    データ
    ディスク
    バックアップ・コピー
冗長性
    Ethernet セグメント
    Ethernet ブリッジ
    I/O パス
    LAN アダプタ
    インターコネクト
    構成要素 #1
    構成要素 #2
    スケーリング
    ブート・サーバ
ジョブ・コントローラ
    分散


目次 索引

プライバシー ご利用条件・免責事項