日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


HP OpenVMS
OpenVMS Cluster 構成ガイド


目次 索引



IO FIND_WWID によって生成される省略時の名前を使用する代りにテープ・デバイスに別の名前を使用したい場合は, IO CREATE_WWID コマンドを使用します。次に例を示します。

SYSMAN > IO CREATE_WWID $2$MGA3/WWID=04100022:"DEC   TZ89   (C) DECCX939S2341" 

選択した名前は,メディア・チェンジャーに対しては $2$GGAn,テープに対しては $2$MGAn の形式でなければなりません。また,n は 32767 以下でなければなりません。この名前は,クラスタ内の別のデバイスには使用できません。 WWID は,IO LIST_WWID の出力表示からカット・アンド・ペーストするようにしてください。 IO CREATE_WWID コマンドは新しいデバイスのネーミングのために使用してください。既存のデバイス名の変更に使用すべきではありません (既存のデバイス名の変更については 第 7.5.5 項 で説明します)。

次の構成例では,IO CREATE_WWID を使用して ESL ライブラリ内の 2 つのテープとメディア・チェンジャーに対してユーザ指定のデバイス名を作成しています。各コマンドは,ノード SYSTM1 および SYSTM2 からなる 2 ノードのクラスタでクラスタ全体に対して実行されています。各ノードは 2 つの Fibre Channel ホスト・バス・アダプタ PGA0 および PGB0 を持っており,テープへの複数のパスが構成されています。

最初に,SYSMAN コマンド IO LIST_WWID が,それまで検出されていないすべてのデープ・デバイスを表示します。

Systm1> mcr sysman 
SYSMAN> set env/clus 
%SYSMAN-I-ENV, current command environment: 
        Clusterwide on local cluster 
        Username SYSTEM       will be used on nonlocal nodes 
 
SYSMAN> io list_wwid 
 
%SYSMAN-I-OUTPUT, command execution on node SYSTM2 
On port _SYSTM2$PGA0:, the following tape WWIDs are not yet configured: 
 
Target 8, LUN 1, HP       ESL9000 Series 
WWID=0C000008:0050-8412-9DA1-0026 
 
Target 8, LUN 2, COMPAQ   SDLT320 
WWID=02000008:500E-09E0-0009-84D1 
 
Target 8, LUN 3, COMPAQ   SDLT320 
WWID=02000008:500E-09E0-0009-4E4E 
 
On port _SYSTM2$PGB0:, the following tape WWIDs are not yet configured: 
 
Target 6, LUN 1, HP       ESL9000 Series 
WWID=0C000008:0050-8412-9DA1-0026 
 
Target 6, LUN 2, COMPAQ   SDLT320 
WWID=02000008:500E-09E0-0009-84D1 
 
Target 6, LUN 3, COMPAQ   SDLT320 
WWID=02000008:500E-09E0-0009-4E4E 
 
%SYSMAN-I-OUTPUT, command execution on node SYSTM1 
On port _SYSTM1$PGA0:, the following tape WWIDs are not yet configured: 
 
 
Target 6, LUN 1, HP       ESL9000 Series 
WWID=0C000008:0050-8412-9DA1-0026 
 
Target 6, LUN 2, COMPAQ   SDLT320 
WWID=02000008:500E-09E0-0009-84D1 
 
Target 6, LUN 3, COMPAQ   SDLT320 
WWID=02000008:500E-09E0-0009-4E4E 
 
 
On port _SYSTM1$PGB0:, the following tape WWIDs are not yet configured: 
 
 
Target 5, LUN 1, HP       ESL9000 Series 
WWID=0C000008:0050-8412-9DA1-0026 
 
Target 5, LUN 2, COMPAQ   SDLT320 
WWID=02000008:500E-09E0-0009-84D1 
 
Target 5, LUN 3, COMPAQ   SDLT320 
WWID=02000008:500E-09E0-0009-4E4E 
 
 
%SYSMAN-I-NODERR, error returned from node SYSTM1 
-SYSTEM-W-NOMORENODE, no more nodes 
SYSMAN> 

コマンドはすべて既存ノードで完了しているため,この NOMORENODE エラーは正常な動作です。次に同じ SYSMAN セッションで IO CREATE_WWID を実行して,デバイス名 $2$GGA40,$2$MGA40,$2$MGA41 を選択します。

 
SYSMAN> io create_wwid $2$GGA40/WWID=0C000008:0050-8412-9DA1-0026 
%SYSMAN-I-NODERR, error returned from node SYSTM1 
-SYSTEM-W-NOMORENODE, no more nodes 
SYSMAN> io create_wwid $2$mga40/WWID=02000008:500E-09E0-0009-84D1 
%SYSMAN-I-NODERR, error returned from node SYSTM1 
-SYSTEM-W-NOMORENODE, no more nodes 
SYSMAN> io create_wwid $2$mga41/WWID=02000008:500E-09E0-0009-4E4E 
%SYSMAN-I-NODERR, error returned from node SYSTM1 
-SYSTEM-W-NOMORENODE, no more nodes 
SYSMAN> 
 
 

IO AUTOCONFIGURE を実行してデバイスを構成します。 PGA パスおよび PGB パスの両方が各ノードに対して構成されます。

SYSMAN> io auto/lo 
 
%SYSMAN-I-OUTPUT, command execution on node SYSTM2 
%IOGEN-I-PREFIX, searching for ICBM with prefix SYS$ 
%IOGEN-I-PREFIX, searching for ICBM with prefix DECW$ 
%IOGEN-I-FIBREPOLL, scanning for devices through FIBRE port PGA0 
%IOGEN-I-CONFIGURED, configured device GGA40 
%IOGEN-I-CONFIGURED, configured device MGA40 
%IOGEN-I-CONFIGURED, configured device MGA41 
%IOGEN-I-FIBREPOLL, scanning for devices through FIBRE port PGB0 
%IOGEN-I-CONFIGURED, configured device GGA40 
%IOGEN-I-CONFIGURED, configured device MGA40 
%IOGEN-I-CONFIGURED, configured device MGA41 
 
%SYSMAN-I-OUTPUT, command execution on node SYSTM1 
%IOGEN-I-PREFIX, searching for ICBM with prefix SYS$ 
%IOGEN-I-PREFIX, searching for ICBM with prefix DECW$ 
%IOGEN-I-FIBREPOLL, scanning for devices through FIBRE port PGA0 
%IOGEN-I-CONFIGURED, configured device GGA40 
%IOGEN-I-CONFIGURED, configured device MGA40 
%IOGEN-I-CONFIGURED, configured device MGA41 
%IOGEN-I-FIBREPOLL, scanning for devices through FIBRE port PGB0 
%IOGEN-I-CONFIGURED, configured device GGA40 
%IOGEN-I-CONFIGURED, configured device MGA40 
%IOGEN-I-CONFIGURED, configured device MGA41 
%SYSMAN-I-NODERR, error returned from node SYSTM1 
-SYSTEM-W-NOMORENODE, no more nodes 
SYSMAN> exit 
Systm1> 
Systm1> SHOW DEVICE/FULL $2$GG 
 
Device $2$GGA40:, device type Generic SCSI device, is online, shareable, device 
    has multiple I/O paths. 
 
    Error count                    0    Operations completed                  0 
    Owner process                 ""    Owner UIC                      [SYSTEM] 
    Owner process ID        00000000    Dev Prot    S:RWPL,O:RWPL,G:RWPL,W:RWPL 
    Reference count                0    Default buffer size                   0 
    WWID   0C000008:0050-8412-9DA1-0026 
 
  I/O paths to device              2 
  Path PGA0.1000-00E0-0242-86ED (SYSTM1), primary path, current path. 
    Error count                    0    Operations completed                  0 
  Path PGB0.1000-00E0-0222-86ED (SYSTM1). 
    Error count                    0    Operations completed                  0 
 
Systm1> sho dev/fu $2$MG 
 
Magtape $2$MGA40: (SYSTM1), device type COMPAQ SDLT320, is online, file-oriented 
    device, available to cluster, device has multiple I/O paths, error logging 
    is enabled, device supports fastskip (per_io). 
 
    Error count                    0    Operations completed                  2 
    Owner process                 ""    Owner UIC                      [SYSTEM] 
    Owner process ID        00000000    Dev Prot            S:RWPL,O:RWPL,G:R,W 
    Reference count                0    Default buffer size                2048 
    WWID   02000008:500E-09E0-0009-84D1 
    Density                  default    Format                        Normal-11 
    Host name               "SYSTM1"    Host type, avail AlphaServer DS10 466 MHz, yes 
    Alternate host name     "SYSTM2"    Alt. type, avail AlphaServer DS10 466 MHz,  no 
    Allocation class               2 
 
  Volume status:  no-unload on dismount, position lost, odd parity. 
 
  I/O paths to device              2 
  Path PGA0.1000-00E0-0242-86ED (SYSTM1), primary path, current path. 
    Error count                    0    Operations completed                  1 
  Path PGB0.1000-00E0-0222-86ED (SYSTM1). 
    Error count                    0    Operations completed                  1 
 
 
Magtape $2$MGA41: (SYSTM1), device type COMPAQ SDLT320, is online, file-oriented 
    device, available to cluster, device has multiple I/O paths, error logging 
    is enabled, device supports fastskip (per_io). 
 
    Error count                    0    Operations completed                  0 
    Owner process                 ""    Owner UIC                      [SYSTEM] 
    Owner process ID        00000000    Dev Prot            S:RWPL,O:RWPL,G:R,W 
    Reference count                0    Default buffer size                2048 
    WWID   02000008:500E-09E0-0009-4E4E 
    Density                  default    Format                        Normal-11 
    Host name               "SYSTM1"    Host type, avail AlphaServer DS10 466 MHz, yes 
    Alternate host name     "SYSTM2"    Alt. type, avail AlphaServer DS10 466 MHz,  no 
    Allocation class               2 
 
  Volume status:  no-unload on dismount, position lost, odd parity. 
 
  I/O paths to device              2 
  Path PGA0.1000-00E0-0242-86ED (SYSTM1), primary path, current path. 
    Error count                    0    Operations completed                  0 
  Path PGB0.1000-00E0-0222-86ED (SYSTM1). 
    Error count                    0    Operations completed                  0 
 
Systm1> 



7.5.5 既存の Fibre Channel テープ・デバイス名の変更

SYS$SYSTEM:SYS$DEVICES.DAT はテキスト・ファイルであるため編集することができますが,変更できるのは Fibre Channel テープまたは媒体チェンジャ・デバイスのユニット番号だけです。ただし,前述したように,Fibre Channel テープと媒体チェンジャ・デバイスの情報はクラスタ規模のデータ構造,特にクラスタ規模の論理名を使用して,OpenVMS により内部的に保存されます。これらのデータ構造をクリーン・アップするには,クラスタを完全にシャットダウンする必要があります。ローリング・リブート ( 他のノードのリブート中に最低 1 つのノードを起動したままにしておく方法 ) は,構造のクリーン・アップには使用できません。

既存のデバイス名を変更するための手順を以下に示します。

  1. SYS$SYSTEM:SYS$DEVICES.DAT ファイルを編集して,選択したデバイスのユニット番号を変更します。基本の $2$MGAnnnn または $2$GGAnnnn フォーマットで, nnnn の部分だけを編集できます。 nnnn の上限値は 32767 で,この値には 10 進数を指定する必要があります。必ず,該当のデバイス・タイプの別のデバイスで使用されていないユニット番号を選択してください。
    たとえば,$2$MGA26 が別のテープの WWID に関連付けられている場合は, 26 以外のユニット番号を選択します。 $2$GGA4 が別の媒体チェンジャの WWID にすでに関連付けられている場合は, 4 以外のユニット番号を選択します。

  2. クラスタ内に複数のシステム・ディスクがある場合は,各 SYS$DEVICES.DAT ファイルを同じ方法で編集します。

  3. クラスタ全体をシャットダウンして,既存のクラスタ・データ構造をクリーン・アップします。

  4. クラスタをリブートします。新しいデバイス名が自動的に適用されます。



7.5.6 Fibre Channel での物理テープ・デバイスの移動

テープ・デバイスまたはメディア・チェンジャーを名前を変更せずに移動する場合,リブートする必要はありません。ただし,NSR あるいは MDR が新しい場所でデバイスに FC LUN を割り当てていることを確認し, SYSMAN IO AUTOCONFIGURE を実行してそのデバイスに新しい物理パスを構成してください。メディア・チェンジャーのみの場合, SET DEVICE/SWITCH/PATH=new_path コマンドを使用して手動でそのチェンジャーを新しいパスへ切替える必要もあります。以前のパスは SHOW DEV/FULL で依然表示されますが,これらのパスは使用されていません。システムをリブートすると古いパスは表示されなくなります。

7.5.7 Fibre Channel 上の NSR のスワップアウト

Alpha あるいは Integrity システムをリブートせずに NSR をスワップアウトすることができます。

新しい NSR を接続した後,Visual Manager の「Mapping」サブメニューを使用して, NSR の各 Fibre Channel ポートでインデックス・マップを有効にし, NSR をリブートすることができます。新しい NSR をマップする別の方法としては,NSR の FTP ユーティリティを使用して以前の NSR から .cfg ファイルをコピーする方法があります。

インデックス・マップを有効にしたら, SYSMAN IO AUTOCONFIGURE を実行してテープへの新しい物理パスを構成してください。メディア・チェンジャーのみの場合, SET DEVICE/SWITCH/PATH=new_path コマンドを使用して手動でそのチェンジャーを新しいパスへ切替える必要もあります。以前のパスは SHOW DEV/FULL で依然表示されますが,これらのパスは使用されていません。システムをリブートすると古いパスは表示されなくなります。

7.5.8 Fibre Channel テープ・デバイスへのサービスの提供

一般的に,OpenVMS Cluster 内の OpenVMS Alpha または OpenVMS Integrity ノードが NSR あるいは MDR と同じ Fibre Channel ファブリックに接続されている場合は,それらのノードすべてに Fibre Channel テープ・デバイスへの直接パスがあります。

媒体チェンジャは, Fibre Channel とパラレル SCSI のどちらに接続されている場合でも, TMSCP のサービス対象にすることはできません。

7.5.9 Fibre Channel テープ・デバイスの交換

テープ・ドライブを,MDR または NSR 内の同じ FC LUN 位置にある別のテープ・ドライブと物理的に交換する必要がある場合は,該当のデータ構造を IO REPLACE_WWID コマンドを使用して更新します。

たとえば,欠陥のあるテープ・ドライブを,クラスタをリブートせずに新しいドライブと交換する必要があり,このドライブは,その位置にあった前のテープのデバイス名を保持する必要があるとします。

交換用デバイスには,元のデバイスと同じ SCSI ターゲット ID であることが必要です。デバイスを使うすべての処理を終了させてから,次のコマンドを入力して,新しいテープ・デバイスの WWID で,必要なすべてのファイルとメモリ・データ構造を更新します。

$ MCR SYSMAN IO REPLACE_WWID $2$MGA1 

クラスタ環境内の各 Alpha ノードでこのコマンドを実行します。これは,次のコマンドを使用して実行します。

$ MCR SYSMAN 
SYSMAN> SET ENVIRONMENT/CLUSTER 
SYSMAN> IO REPLACE_WWID $2$MGA1 

場合によっては,デバイス名 $2$MGA1 は SHOW DEVICE の表示にもはや存在しないためこのコマンドは失敗します。これは,ドライブが誤動作した後,システムが何回かリブートされている場合に発生します。このような場合は,次の例に示すように,デバイス名と WWID の両方を指定す必要があります。

WWID は,置き換えるデバイスと同じ Port/Target/LUN の場所に存在する新しいデバイスの WWID でなければなりません (特定の Port/Target/LUN 位置の WWID の値を調べるには, SYSMAN IO LIST_WWID コマンドを使用します)。

$ MCR SYSMAN 
SYSMAN> SET ENVIRONMENT/CLUSTER 
SYSMAN> IO REPLACE_WWID $2$MGA1/WWID=02000008:500E-09E0-0009-4E44

  注意
このコマンドは,デバイス名の変更あるいは WWID 相関関係の再定義には使用すべきではありません。特定の WWID は,クラスタ内の他のデバイス名と関連付けるべきではありません。



Fibre Channel テープ・デバイスの名前を指定すると, Fibre Channel テープ・デバイスの位置を確認するのに役立ちます。これを行うには,以下の手順を実行します。

  1. システム管理者のアカウントで,ANALYZE/SYSTEM を実行します。

  2. SDA プロンプトで,CLUE SCSI/SUMMARY と入力します。

  3. 「DEVICE」というラベルの列で,デバイスの名前 (たとえば MGA3) を検索します。

  4. 「SCSI-LUN」というラベルの列の該当する値に注目してください。 この SCSI LUN 値は,FC LUN として MDR または NSR で使用されている値と同じです。また,デバイスの「Port」および「SCSI-ID」というラベルの列にも注目してください。その同じポートと SCSI-ID に関連付けられているデバイスはすべて同じ MDR または NSR の同じ Fibre Channel ポートに接続されています。

  5. NSR の場合,Visual Manager の「Mapping」サブメニューを入力して,「Select Map」ボックスの隣の「Edit/View」をクリックし,現在のポートのインデックス・マップを表示します。
    「FC LUN」というラベルの列で,手順 4 で説明した値を探します。「FC LUN」の値が見つかったら,同じ行の「SCSI Bus」,「SCSI Target ID」,および「SCSI LU」の対応する値を確認します。この B:T:L 情報には,MDR 内のデバイスの物理位置が記述されています。 Visual Manager のメイン・メニューで「Report」をクリックすることにより,他のデバイス情報が参照できます。
    MDR が使用されている場合,MDR コンソールの AMC プロンプトで ShowFcScsiMapと入力することにより,同様の情報を参照することができます。



7.5.11 スタンドアロン環境での Fibre Channel テープ・デバイスへのアクセス

Fibre Channel テープ・デバイスは, CDROM 配布キットからブートする際に構成できます。構成手順は, 第 7.5.4 項 で説明した手順と同じです。特に,テープ・デバイスを使用する前に SYSMAN の IO FIND_WWID および IO AUTOCONFIGURATION コマンドを使用して構成しておく必要があります。

SYS$DEVICES.DAT ファイルは,スタンドアロン環境では作成されません。このため,関連するすべての命名情報はメモリ・データ構造に保存されます。 CDROM をブートするたびに,IO FIND_WWID と IO AUTOCONFIGURE コマンドを実行し,テープ・デバイスの命名と構成を行う必要があります。

CDROM ブート環境における Fibre Channel テープ・デバイスの名前は,リブート中には保持されず,読み込み/書き込みシステム・ディスクからのブート時に割り当てられる名前と異なる場合があります。

7.5.12 マルチパス・テープのサポート

NSR あるいは MDR により SCSI テープ・デバイスが Fibre Channel に接続されている Fibre Channel 構成では,Alpha あるいは Integrity ホストから SCSI テープまでの間に複数のパスを存在させることができます。たとえば,4 つの KGPSA アダプタを持つ AlphaServer ホストの場合,Fibre Channel の 1 つのテープまで異なる 4 つのパスを存在させることができます。また,NSR 自体がデュアル・ポートの場合は,NSR へ 2 つのパスを使用できます。つまり, 4 つの KGPSA がデュアル・ポート NSR へつながれている AlphaServer システムには,AlphaServer システムから特定のテープ・ドライブへ異なる 8 つのパスが存在します。

OpenVMS Alpha では,Alpha あるいは Integrity システムから SCSI テープまでのあらゆるパスを構成し利用することができます。 DCL コマンド SET DEVICE/SWITCH を使用すると,特定のパスを指定できます。また,接続が切断された場合は,自動フェールオーバが発生します。

  注意
テープ・デバイスでは,直接パスと MSCP サービス対象パスとの間のマルチパス・フェールオーバがサポートされていません (SCSI ディスクや Fibre Channel ディスクでの直接パスと MSCP サービス対象パスとの間のマルチパス・フェールオーバとは異なります)。

ただし,マルチパス・セットの TMSCP クライアント についてはサポートされています。この場合は,サービス対象のマルチパス・セットのすべてのメンバを Fibre Channel に直接接続する必要があります。マルチパス・セットの 1 つのメンバで障害が発生すると,別のメンバが,デバイスへのローカル・パスを提供し,クライアントはそのパスを使用します。


目次 索引

プライバシー ご利用条件・免責事項