Jump to content 日本-日本語
≫ お問い合わせ


HP OpenVMS CIFS Version 1.2 ECO1: リリース・ノート

≫ 

OpenVMSドキュメント・ライブラリ

タイトル/目次
まえがき
第 1 章:はじめに
第 2 章:CIFS の機能
第 3 章:修正された問題
第 4 章:既知の問題
第 5 章:制限事項
PDF
OpenVMS ホーム
ここから本文が始まります

第 1.0 版

2011年10月


目次

まえがき
1 対象読者
2 本書の構成
1 はじめに
1.1 配布キット
1.2 ソースファイルのビルド
1.3 全般的な注意事項
2 CIFS の機能
2.1  HP CIFS Server Version 1.2 ECO1 の新機能
2.2 HP CIFS Server Version 1.2 の新機能
2.3 HP OpenVMS CIFS Server V1.1 ECO1で提供する機能
2.4 HP OpenVMS CIFS Server V1.1 で提供する機能
3 修正された問題
3.1  SAMBA$ROOT:[BIN]SAMBA$MANAGE_CIFS.COM に対するシンボル SMBMANAGE の定義
3.2 ODS-2 ディスク関連の修正
3.3  tdbbackup ユーティリティがクラッシュする問題の解決
3.4  KRB5.CONF ファイルが複数作成される問題の修正
3.5  Windows 2008 R2 ドメインに対するメンバ・サーバとして CIFS Server を構成できない問題の修正
3.6  SAMBA$MANAGE_CIFS.COM で作成したユーザ・アカウントに正しくないパスワードを設定する問題の修正
3.7  SAMBA$CONFIG.COM の問題の修正
3.8  Windows を通して共有にアクセスした場合のチャネル・リークの修正
3.9  スタック・オーバーフローの脆弱性の問題の修正
3.10 LAT プリンタが共有されない問題の修正
3.11 UTF-8 文字セット名が UTF8 になっている問題の修正
3.12  Unigraphics CAD を使用する際の問題の修正
3.13 NMBD がクラッシュする問題の修正
3.14  ファイル操作の実行に関する問題の修正
3.15  testparm ユーティリティが正しくないパスを表示する問題の修正
3.16  testparm ユーティリティが UNIX パス名を不適切に変更する問題の修正
3.17  VARVFC モジュールでドキュメントを印刷できない問題の修正
3.18 Unicode 文字の認識に関する問題の修正
3.19  VTF モジュールが使用されている場合にファイル保護モードを参照できない問題の修正
3.20 VFC ファイルの切り捨ての修正
3.21 MultiNet サーバが再起動しない問題の修正
3.22  存在するはずのファイルが CIFS 共有にリストされない問題の修正
3.23 StreamLF と Record Formatted File の処理の問題
3.24 ODS-2ディスク上のホーム共有にアクセスできない問題
3.25 組み込みグループあるいはリソース識別子cifs$usersに設定されたパーミッションが機能しない問題
3.26 ホスト所有者にパーミッションがない場合にファイル名の変更あるいは削除ができない問題
3.27  username.mapファイルでユーザーがマップされている場合にファイルにアクセスできないという問題
3.28 Computer Managementを使用して共有のパーミッションを設定できない問題
3.29 共有におけるファイルの作成/修正/削除時にSMBDプロセスがクラッシュする問題
3.30 HP OpenVMS CIFS Serverがvms path namesパラメーターの値noを無視する問題
3.31 SMBDプロセスが複数の場所でクラッシュする問題
3.32 HP OpenVMS CIFS V1.0 TDB移行時のTDB移行ユーティリティのクラッシュ
3.33 バッファサイズを超えるドキュメントを印刷できない問題
3.34 グローバル・グループメンバーをリストする際にNET RPC GROUP MEMBERSがクラッシュする問題
3.35 ファイルにパーミッションを設定する際にユーザー・パーミッションが見えなくなる問題
3.36 プロセス作成時に多数のAuditログメッセージが出力される問題
3.37 Windowsからディレクトリを列挙する際にSMBDプロセスがループする問題
3.38 ファイルアクセス時に警告メッセージが生成される問題
3.39 ユーザーアカウントの移行時にNET RPC VAMPIREユーティリティがクラッシュする問題
3.40 2つのユーザーセッションをサービスする際にSMBDプロセスがクラッシュする問題
3.41 SYSUAFファイルでREADアクセスがWORLDに設定されている場合にSMBDプロセスがクラッシュする問題
3.42 通常のドメインアカウントからHP OpenVMS CIFS Serverへ印刷できない問題
3.43 クラスタ環境でのbrowse.datファイルの累積
4 既知の問題
4.1  SYSGEN パラメータ ALLOCLASS が 0 の場合にクラスタ環境で発生する問題
4.2 Kerberos の認証が失敗する問題
4.3  論理名変換が 1024 文字を超えている場合に発生する問題
4.4  Samba サーバの構成が変更された場合に発生する共有へのアクセスの問題
4.5 NET RPC VAMPIREユーティリティのフェール
4.6 NET RPC VAMPIREユーティリティのレスポンスの遅れ
4.7 NET RPC JOIN または NET RPC TESTJOIN がエラーメッセージで失敗する
4.8 プロテクションおよび ACL が正しく表示されない
4.9 SMBPASSWD ユーティリティがクラッシュする
4.10 エラーメッセージ「The Network Name cannot be Found」
4.11 ディスクに割り当てられるファイルサイズが実際のファイルサイズよりも大きい
4.12 HP OpenVMS CIFS ユーティリティがクラッシュする
4.13 NET RPC JOIN コマンドが失敗する
4.14 username マップファイルに格納されたユーザーマップの問題
4.15 共有における VFS モジュールの問題
4.16 net time ユーティリティがクラッシュする
4.17 Telnetsymbion プリントキューで意図しない文字がプリントされる
4.18 SAMBA$CONFIG によるクライアント・キャパシティの設定
4.19 Advanced Server for OpenVMS をメンバーサーバーとして追加する場合の問題
4.20 Username マップファイルでグループを使用できない
4.21 NET RPC TRUSTDOM コマンドに関する問題
4.22 WINS サーバーとして構成すると NMBD プロセスがループを開始する
4.23 共有レベル・セキュリティの問題
4.24 NET RPC FILE CLOSE コマンドが動作しない
4.25  Microsoft Signing を有効にすると Windows Vista にログインできない
5 制限事項
印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項
© 2011 Hewlett-Packard Development Company, L.P.