日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:Advanced Serverソフトウェアをインストールする前に
第 2 章:Advanced Server ソフトウェアのインストレーション
第 3 章:Advanced Serverの構成
第 4 章:スタンドアロンLicense Serverの構成と起動
第 5 章:Advanced Serverのインストール後の処理
第 6 章:ワイド・エリア・ネットワークの実装
第 7 章:Advanced Serverソフトウェアの削除
付録 A :インストレーションおよびアップグレードのチェックリスト
付録 B :Advanced Server のインストレーションおよび構成の例
付録 C :スタンドアロンLicense Serverのインストレーションと構成の例
付録 D :外部認証ソフトウェアのインストレーションの例
付録 E :Advanced Server ファイルおよびオンディスク構造
付録 F :Advanced Server 論理名
索引
PDF
OpenVMS ホーム
日本語 Advanced Server for OpenVMS | HPE 日本(日本ヒューレット・パッカード株式会社)

日本語 Advanced Server for OpenVMS
インストレーションおよび構成ガイド


目次 索引

第 5 章
Advanced Serverのインストール後の処理

この章では, Advanced Server をインストールした後に行うタスクについて説明します。この章は,次の節から構成されます。



5.1 インストレーション後のタスクを開始する前に

Advanced Server を起動する前に,次の操作を完了していることを確認します。



5.2 Advanced Server インストレーションの検証

Advanced Server のインストレーション時にインストレーション検証プロシージャ (IVP)を実行しなかった場合は,この時点で (または後に) 実行して,サーバが正常にインストールされていることを確認することができます (PRODUCT INSTALL コマンドに/NOTEST 修飾子を指定すると,IVPプロシージャは実行されません )。

IVPを実行するには,次のコマンドを入力します。

$ @SYS$TEST:PWRK$PCSI_IVP 

表 5-1, IVP の結果と取るべきアクション に, IVP が示すインストレーションの状態に従ってどのようなアクションを取るかを示します。

表 5-1 IVP の結果と取るべきアクション
インストレーションの状態 IVPの表示 必要な操作
成功 メッセージ: %PWRK-I-NORMAL, IVP completed successfully
    第 5.3 節, Advanced Serverの起動 」に説明するように,サーバを起動する。
失敗 エラーメッセージの後に次のメッセージ:
-PWRK-E-IVPFAIL, IVP has failed
    第 2 章, Advanced Server ソフトウェアのインストレーション 」に説明するように,ソフトウェアを再インストールする。



5.3 Advanced Serverの起動

以降の各項では, Advanced Server を起動するタイミングとその方法 (手動あるいは自動起動),およびスタートアップ・プロシージャが実行する処理について説明します。

5.3.1 Advanced Server を起動するとき

Advanced Server を構成して初めて,起動できるようになります。構成プロシージャを実行した後は, Advanced Server の起動と停止をいつでも行えます。

5.3.2 スタートアップ・プロシージャの動作

スタートアップ・プロシージャは,次の処理を行います。

  1. 必要な特権を確認する。

  2. 必要な構成ファイルが利用可能であることを確認する。

  3. サーバが構成されていることを確認し,構成されていない場合に終了する。

  4. リブートが必要な場合は,リブートが実行されたことを確認し,実行されていない場合は終了する。

  5. トランスポート・ドライバをロードする。

  6. イメージをインストールする。

  7. トランスポート・サポート・プロセスを起動する。

  8. 必要に応じて,OpenVMS Registry Serverを起動する。

  9. 次のコンポーネントを起動する。

    • License Registrar

    • License Server (構成されている場合)

    • ファイル・サーバ

  10. OpenVMS レジストリに設定されているすべての Advanced Server パラメータのリストを記録する(「 第 5.4.5 項, OpenVMS レジストリに保存される初期の Advanced Server パラメータ値の決定 」を参照)。



5.4 Advanced Server の起動方法

Advanced Server は次のように起動することができます。

  • 第 3 章, Advanced Serverの構成 」に説明するように,構成プロシージャ中に起動する。

  • コマンド行から手動で起動する。

  • 再ブートするたびに自動で起動する。



5.4.1 Advanced Serverを手動で起動する方法

構成プロシージャでAdvanced Serverを起動しなかった場合,次のコマンドを入力して起動することができます。

$ @SYS$STARTUP:PWRK$STARTUP 

Advanced Server が起動し,次のようなメッセージが表示されます。

The file server will use DECnet, NetBEUI, TCP/IP. 
Advanced Server mail notification will use DECnet. 
Process NETBIOS created with identification 00000248 
Process PWRK$NBDAEMON created with identification 0000024A 
Process PWRK$KNBDAEMON created with identification 0000024C 
Process PWRK$LICENSE_R created with identification 0000024E 
Checking to see if the OpenVMS Registry Services are available... 
The Advanced Server is configured to support 20 PC clients. 
Process PWRK$MASTER created with identification 00000251 
The master process will now start all other Advanced Server 
processes. 



5.4.2 Advanced Server を自動的に起動する方法

OpenVMSシステムを起動するたびに Advanced Server が必ず自動的に起動するようにするには,サイト固有のスタートアップ・ファイル, SYS$STARTUP:SYSTARTUP_VMS.COMを編集します。ファイルのネットワーク・トランスポートを起動するコマンドすべてより 後に, Advanced Server のSTARTUPコマンドを追加します。次に例を示します。

$ @SYS$STARTUP:TCPIP$STARTUP.COM 
. 
. 
. 
 
$ @SYS$STARTUP:PWRK$STARTUP 



5.4.3 OpenVMS Clusterで Advanced Server を起動する方法

Advanced Server を同じOpenVMS Cluster上の,複数のメンバにインストールして構成する場合,できるだけSYSMANユーティリティを使用して,すべてのクラスタ・メンバで Advanced Server を手動で同時に起動してください。

Advanced Server をすべてのクラスタ・メンバで同時に起動するには, OpenVMS Clusterのメンバ・ノードの1つで,SYSTEMアカウントにログインしていることを確認してから,次のようにSYSMANを実行します。

コマンド 操作
$ RUN SYS$SYSTEM:SYSMAN SYSMANユーティリティの起動
SYSMAN> SET ENVIRONMENT/NODE=(SPEEDY,SPIN,SPAN)  
  サーバを起動するOpenVMS Clusterメンバを定義する。たとえば,SPEEDY,SPIN,SPANなど。
SYSMAN> DO @SYS$STARTUP:PWRK$STARTUP 前のコマンドで定義したすべてのノードで Advanced Server を起動する。
SYSMAN> EXIT SYSMANユーティリティを終了する。

  注意
SYSMANユーティリティのSTARTUP機能を使用して Advanced Server を起動する場合, " " (ヌルまたは空白) のP1パラメータを渡さなければなりません。次に例を示します。

SYSMAN> STARTUP ADD FILE PWRK$STARTUP.COM/PARAMETER=P1:" " 

SYSMANユーティリティのSTARTUP機能の使用方法についての詳細は,『 OpenVMS システム管理ユーティリティ・リファレンス・マニュアル』を参照してください。



以降の項に, Advanced Server が起動しない原因をいくつか挙げます。



Advanced Server プロセスは独立プロセスです。スタートアップ時に,独立プロセスはすべてサイト固有のシステム・ログイン・プロシージャ (デフォルトはSYS$MANAGER:SYLOGIN.COM)を実行しなければなりません。

Advanced Server スタートアップが正常に完了しない場合, SYLOGIN.COMプロシージャを確認します。独立プロセスが実行しなければならないコマンドだけが Advanced Server スタートアップ時に実行されることを確認します。

SYLOGIN.COMでは,$SET TERM/INQUIREのような,非独立プロセスによってのみ実行される DCLコマンドが Advanced Server スタートアップ時に実行されないように, DCLレキシカル関数のF$MODEまたはF$GETJPIを使用して条件化することができます。詳細については,『 OpenVMS DCL ディクショナリ』を参照してください。

Advanced Server は,OpenVMSレジストリ・サービスが利用可能な場合のみ起動します。 Registry Serverの起動についての詳細は,『 OpenVMS システム管理者マニュアル』および『 COM, Registry, and Events for OpenVMS Developer's Guide 』(OpenVMS Documentation CD-ROM に含まれている) を参照してください。

Registry Serverが Advanced Server スタートアップの一部として起動する場合,次のようなメッセージがスタートアップ・プロシージャにより表示されます。

Checking to see if the OpenVMS Registry Services are available... 
%RUN-S-PROC-ID, identification of created process is 0000023B 

Registry Serverが起動できない場合,次のメッセージが表示されてスタートアップ・プロシージャが終了します。

    SYS$REGISTRY must be defined to start the VMS Registry. 
 
%PWRK-F-NOREGISTRY, OpenVMS Registry services not configured for 
this system 
%PWRK-F-STARTERR, severe error encountered during start-up 
 
    OpenVMS Registry Services are not available on this system. 
 
    Some file server parameters are stored in the OpenVMS Registry. 
    For the file server or file server utilities to be able to access 
    these parameters, OpenVMS Registry Services must be available 
    on this system.  Without them the file server cannot start. 
 
$ 



5.4.5 OpenVMS レジストリに保存される初期の Advanced Server パラメータ値の決定

Advanced Server スタートアップ・プロシージャは, OpenVMS レジストリに設定されるすべての Advanced Server パラメータのリストを記録します。最新のパラメータ値が必要な場合は,このリストを参照することができます。このリストは次の位置に保存されています。このとき, nodenameは,サーバ・ノードの名前です。

PWRK$PARAMS:PWRK$REGISTRY_PARAMS_nodename.LIS 



5.5 Advanced Server の停止

Advanced Server は,次のような場合に,いつでも停止することができます。

  • サーバ構成パラメータを変更したいとき

  • 定期システム・シャットダウンの一部として

  • サーバの問題を解決する必要があるとき

Advanced Server を停止するには,次のコマンドを入力します。

$ @SYS$STARTUP:PWRK$SHUTDOWN 
Shutting down the currently running server(s)... 
 

クラスタ・サーバについては,次のコマンドを入力します。

$ @SYS$STARTUP:PWRK$SHUTDOWN CLUSTER 

定期システム・シャットダウンの一部として Advanced Server を停止するには,サイト固有のシステム・シャットダウン・プロシージャにSHUTDOWNコマンドを追加します。さらに,サーバをシャットダウンする前には, ADMINISTER SEND/USERSコマンドを使用して,接続しているユーザにシャットダウンの予定を通知します。次の例では,サーバWOODMANに接続しているすべてのユーザに警告しています。

LANDOFOZ\\TINMAN> SEND/USERS/SERVER=WOODMAN "Shutdown @ 1pm today!!!" 



5.6 特殊な Advanced Server 管理コマンド

HP では,たとえば,特定のサーバ管理コマンドやプロシージャを起動するためのショートカットを提供するコマンド・プロシージャを多数提供しています。ファイルSYS$MANAGER:PWRK$DEFINE_COMMANDS.COMの内容を調べると,これらのコマンドのリストを見ることができます。

Advanced Server の管理に使用するアカウントにログインすると,これらの Advanced Server 管理コマンドを自動的に定義することができます。ログイン時に Advanced Server コマンドを定義するには,特権付きアカウントのLOGIN.COM ファイルを編集して,次の行を追加します。

$ @SYS$MANAGER:PWRK$DEFINE_COMMANDS 



5.7 外部認証のセットアップ

バージョン7.1以上のOpenVMSオペレーティング・システムは,外部認証をサポートします。 Advanced Server はオペレーティング・システムとともに, Advanced Server ドメイン・ユーザが Advanced Server のユーザ名とパスワードを使用して, OpenVMSオペレーティング・システムにログインすることができるようにします。 Advanced Server はログイン要求で外部認証を行います。

外部認証は,OpenVMSアカウントとそれに対応する Advanced Server ドメイン・アカウントの間で,自動的にパスワードを同期化することができます。 OpenVMSと Advanced Server ドメインの両方のユーザ・アカウントを持つユーザは,異なるパスワードを2つ管理する必要がなくなります。ドメイン・アカウント・パスワードが変更された場合,次回にユーザがOpenVMS アカウントにログインしたときに OpenVMS LOGINOUT プログラムが OpenVMS アカウント・パスワードをドメイン・アカウント・パスワードに変更します。ユーザが DCL SET PASSWORD コマンドを使用して OpenVMS パスワードを変更した場合,その SET PASSWORD コマンドはパスワードの変更を Advanced Server 外部認証ソフトウェアに送ります。正しく同期化されるよう, Advanced Server ドメイン・コントローラが利用可能な状態で,ドメイン・アカウント・パスワードは OpenVMS の要件に合った構文でなければなりません。

Advanced Server を起動すると, SYSUAF で外部認証のタグが付いているユーザ・アカウントに関しては,サーバの外部認証が自動的に有効になります (外部認証を有効にするために,PWRK$ACME_STARTUP.COM は SYSTARTUP_VMS.COM で SYS$SINGLE_SIGNON 論理名のビット 0 を値 1 に定義します。このビットのデフォルト値を変更することによって,外部認証を無効にすることができます。外部認証を無効にする方法および SYS$SINGLE_SIGNON 論理名のその他のビットの定義については, 第 5.7.5 項, 外部認証の無効化 を参照してください)。

OpenVMS システムでの外部認証を有効にする方法についての詳細は『 OpenVMS システム・セキュリティ・ガイド』を参照してください。

Advanced Server を実行しているクラスタ・メンバでは,外部認証プロセスに加わるために Advanced Server を有効にするための追加の構成は必要ありません。 ただし, Advanced Server クラスタで外部認証を使用するには,すべてのクラスタ・メンバをネットワーク・ユーザのOpenVMSログイン要求が処理できるように構成し,外部認証されたユーザがクラスタ内の任意のノードを介してクラスタにログオンできるようにします。 Advanced Server を実行していないクラスタ・メンバは,共有クラスタ・システム・ディスク上の外部認証ソフトウェアにアクセスできる場合には,ネットワーク・ユーザからのログオン要求を認証するように構成することができます。共有クラスタ・システム・ディスク上の外部認証ソフトウェアにアクセスできない場合は,「 第 5.7.1 項, OpenVMS Clusterにおける外部認証のセットアップ 」で説明する手順に従って,外部認証イメージをシステム・ディスクにコピーするだけで,そのシステムでの外部認証を有効にすることができます。

Advanced Server システム上で外部認証機能を提供するには,次の手順を実行します。

  1. 次のいずれかをインストールします。

    • Advanced Server

    • スタドアロン外部認証ソフトウェア

      注意
    少なくともクラスタ内の1つのノードが完全な Advanced Server ソフトウェアを実行していなければなりません。


    詳細は 第 2 章, Advanced Server ソフトウェアのインストレーション を参照してください。

  2. 適切な OpenVMS ユーザ・アカウントを (SYSUAF で) 外部認証可能に設定します。詳細は『 OpenVMS システム・セキュリティ・ガイド』を参照してください。

  3. 完全な Advanced Server ソフトウェアがインストールされている場合,サーバを起動すると外部認証を認められているすべてのユーザ・アカウントに対する外部認証が有効になります。
    スタンドアロン Advanced Server 外部認証ソフトウェアがインストールされている場合,次の処理を実行してください。

    1. SYSTARTUP_VMS.COM ファイルに次の行を追加します。

      $ DEFINE/SYSTEM/EXE SYS$SINGLE_SIGNON 1 
      $ @SYS$STARTUP:PWRK$ACME_STARTUP.COM 
      


      クラスタ環境では,クラスタワイドのシステム・スタートアップ・ファイルではなく,ノード固有のシステム・スタートアップ・ファイルに,これらの行に加えその後に下記の行も追加してください。あるいは,SYS$COMMON:[SYSMGR]SYLOGICALS.COM などの共有システム・スタートアップ・ファイルを使用している場合は,ノード名にしたがって DEFINE コマンドで条件を定義してください (つまり,レキシカル関数 F$GETSYI を使用)。

      $ DEFINE/SYSTEM/EXE PWRK$ACME_SERVER scsnode1_name[,scsnode2_name,...] 
      


      scsnodex_name 名は等価名,すなわち外部認証要求を処理する Advanced Server を実行しているクラスタ・メンバの SCSNODE 名です。 Advanced Server メンバ・ノードのすべての名前,あるいは一部の名前を含めることができます。これにより,外部認証のための Advanced Server ソフトウェアを実行しているどのホストに対して要求元ホストがコンタクトするか,その順番を指定することができます。もしリストの最初のノードが応答しない場合は要求元ホストはリストの次のホストに要求を行う,という処理を繰り返します。


    詳細は『 OpenVMS システム・セキュリティ・ガイド』および 第 5.7.1 項 を参照してください。

  4. 必要に応じて,Advanced Server ドメイン・ユーザ・アカウントと対応する OpenVMS ユーザ・アカウントの間でホストのマッピングを確立します。詳細は『 HP Advanced Server for OpenVMS Server Administrator's Guide 』を参照してください。

  5. Advanced Server が OpenVMS Cluster のメンバ・システムの場合,すべてのクラスタ・メンバで外部認証を設定してください。詳細は 第 5.7.1 項, OpenVMS Clusterにおける外部認証のセットアップ を参照してください。

  6. 外部認証のデフォルトのドメイン・ユーザを変更したい場合は,システム論理名 PWRK$ACME_DEFAULT_DOMAIN を設定してください (ローカル・サーバのドメインが,外部認証を確立する時のユーザのデフォルトのドメインとなります。ログイン時にユーザがドメイン名を指定しない場合,システムはデフォルトのドメインを認証に使用します)。詳細については,『 HP Advanced Server for OpenVMS Server Administrator's Guide 』を参照してください。

  7. トラステッド・ドメインでユーザの外部認証を確立する場合は,トラステッド・ドメインの名前を OpenVMS Registry 値 HOSTMAPDOMAINS に追加してください。詳細は『 HP Advanced Server for OpenVMS Server Administrator's Guide 』を参照してください。

ユーザの認証および OpenVMS と Windows NT のユーザ・セキュリティ・プロファイルの決定のために Authentication and Credential Management (SYS$ACM) を有効にする方法については,『 COM, Registry, and Events for OpenVMS Developer's Guide 』を参照してください (OpenVMS Documentation CD-ROM に含まれています)。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項