日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:Advanced Serverソフトウェアをインストールする前に
第 2 章:Advanced Server ソフトウェアのインストレーション
第 3 章:Advanced Serverの構成
第 4 章:スタンドアロンLicense Serverの構成と起動
第 5 章:Advanced Serverのインストール後の処理
第 6 章:ワイド・エリア・ネットワークの実装
第 7 章:Advanced Serverソフトウェアの削除
付録 A :インストレーションおよびアップグレードのチェックリスト
付録 B :Advanced Server のインストレーションおよび構成の例
付録 C :スタンドアロンLicense Serverのインストレーションと構成の例
付録 D :外部認証ソフトウェアのインストレーションの例
付録 E :Advanced Server ファイルおよびオンディスク構造
付録 F :Advanced Server 論理名
索引
PDF
OpenVMS ホーム
日本語 Advanced Server for OpenVMS | HPE 日本

日本語 Advanced Server for OpenVMS
インストレーションおよび構成ガイド


目次 索引



この節では,次の方法を説明します。

  • Registry Serverのスタートアップ時の問題

  • クライアントをサポートするために利用できるリソースが十分であることの確認

  • Advanced Server の再構築中に問題が発生した場合の回復方法



3.10.1 Registry Serverのスタートアップ時の問題

PWRK$CONFIG.COM 構成プロシージャとファイル・サーバの正しい操作のためには, Advanced Serverを稼動するシステム上で,レジストリ・サービスが利用可能でなければなりません。

OpenVMS Cluster環境では,Registry Serverがそのサーバ・ノードではなく,クラスタ内の他のノードで実行されるようにOpenVMSレジストリを構成することができます。しかし,OpenVMSレジストリは,できるだけ全部のAdvanced Serverノードで Registry Serverを実行するように構成してください。これにより,ファイル・サーバが確実にレジストリ・サービスを利用できるようになります。 Registry Serverを起動し,レジストリ・サービスを有効にする方法については,「 第 1.8.5 項, ステップ5: OpenVMS Registry Serverの起動 」を参照してください。

  • レジストリ・サービスが利用できない場合,PWRK$CONFIG.COMプロシージャは, OpenVMS Registry Serverを起動しようとします。この試みが成功すると,プロシージャが次のメッセージを表示します。

    Checking to see if the OpenVMS Registry Services are available 
    ... 
    %RUN-S-PROC_ID, identification of created process is 0000023B 
    

  • SYS$REGISTRY論理名が定義されていなければ,OpenVMSレジストリは起動されません。この場合,PWRK$CONFIG.COMは次のメッセージを表示して終了します。

    Checking to see if OpenVMS Registry Services are available... 
     
        SYS$REGISTRY must be defined to start the VMS Registry 
     
    %PWRK-F-NOREGISTRY, OpenVMS Registry services not configured for this 
     system 
    %PWRK-F-CONFIGERR, severe error encountered during configuration 
     
        OpenVMS Registry Services are not available on this system. 
     
        Some file server parameters are stored in the OpenVMS Registry. 
        For the file server or file server utilities to be able to access 
        these parameters, OpenVMS Registry Services must be available 
        on this system. 
     
        Since the file server requires access to the OpenVMS Registry, 
        it is recommended that OpenVMS Registry Services be started 
        as part of system start-up, before the file server is started. 
        For instructions on how to start OpenVMS Registry Services 
        please refer to the file server release notes. 
     
        This configuration is incomplete and cannot continue. 
        You must execute @SYS$UPDATE:PWRK$CONFIG again.  
        Please configure and start the OpenVMS Registry Services before 
        doing so. 
     
    


    レジストリ・サービスを有効にし,Registry Serverを起動してから, PWRK$CONFIG.COMプロシージャを再度,実行しなければなりません。 Registry Serverを有効にし,起動する方法についての詳細は,『 OpenVMS システム管理者マニュアル』または『 COM, Registry, and Events for OpenVMS Developer's Guide 』 (OpenVMS Documentation CD-ROM に含まれている)を参照してください。



3.10.2 クライアントをサポートするための十分なリソースが存在することの確認

Advanced Server は,OpenVMS AUTOGENユーティリティを使用して,必要とするリソースを要求します。 AUTOGENが Advanced Server 以外のプロセスの使用に必要なリソースを過小評価し, Advanced Server の起動時にそのリソースがすでに消費されていた場合, Advanced Server が予定した数のクライアントをサポートするためのリソースが十分残されていない可能性があります。

クライアントをサポートするために十分なリソースの割り当てを確保するには, Advanced Server と同時に実行されるソフトウェアがすべて, Advanced Server 構成プロシージャ (PWRK$CONFIG.COM)を実行する前にインストールされ起動されていなければなりません。トランスポートとしてTCP/IPが選択されている場合,PWRK$CONFIGプロシージャを実行する前にTCP/IP製品がロードされていることを確認します。

Advanced Server を正常に構成しても,クライアントをサポートするためのリソースが不十分であるとレポートして,起動しないことがあります。この場合,次のファイルを検査して増加させる必要があるシステム・リソースを判断します (nodename は,サーバ・ノードの名前)。

PWRK$LOGS:PWRK$CONFIG_ERROR_nodename.LOG 

リソースを増加させるには,MODPARAMS.DATファイルに適切な変更を加えた後, AUTOGENを実行します。

3.10.3 Advanced Server の再構成中に問題が発生した場合

以前に構成されたサーバを再構成する場合, PWRK$CONFIGコマンド・プロシージャは,PWRK$LMDOMAINS: および PWRK$LMDATAFILES: ディレクトリにサブディレクトリを作成し,元のアカウント・データベース・ファイルをそこに保存します。

サブディレクトリの名前は,16JUN200014314818.DIRのように,日付と時刻に基づいて決められ,これはディレクトリが16-JUN-2000の午後2:32頃に作成されたことを示しています。

構成中にエラーが発生した場合,サーバ構成は元の状態に戻されます。再構成が成功したことを確信している場合は,これらのサブディレクトリとその中のファイルを手動で削除することができます。

3.11 Advanced Serverのネットワーク・アダプタ

PWRK$CONFIG 構成では,PDC と通信するために,ネットワークを使用する必要がある場合があります。システムに複数のネットワーク・アダプタ (ネットワーク・インタフェース・カードとも呼ばれる) がある場合,PWRK$CONFIGによって選択されたデフォルトのアダプタが正しくないことがあります。また,いくつかの新しいシステムでは, Advanced Server はひとつしか存在しないネットワーク・アダプタでも認識できないことがあります。このような場合には,システム論理名を定義して, Advanced Server に特定のインタフェースを使用するように指示することができます。そのような論理名が定義されていなければ,PWRK$CONFIGは,既知のアダプタのリストからシステムで定義されている最初のアダプタ (アルファベット順)を選択します。

サーバが複数のネットワーク・アダプタにアクセスし,選択されたアダプタを使用したくない場合,または, Advanced Server が見つけられなかったり認識できないネットワーク・アダプタがシステムにある場合は,指定したトランスポートで使用するネットワーク・アダプタを手動で指定することができます。

3.11.1 ネットワーク・アダプタの手動による定義

特定のプロトコルで使用するためにネットワーク・アダプタを手動で定義するには,次の手順に従います。

  1. 次の例に示すように,DCL DEFINE/SYSTEM コマンドを使用して,ネットワーク・アダプタを指定するシステム論理名を定義します。「 表 3-5, OpenVMSネットワーク・アダプタの論理名 」に,各トランスポートで使用できる OpenVMSの論理名をリストします。適切な論理名をSYS$MANAGER:SYLOGICALS.COM に追加して,リブート後にそれらの論理名が使用できるようにしなければなりません。

  2. サーバを再起動します。

    $ @SYS$STARTUP:PWRK$STARTUP 
    

表 3-5 OpenVMSネットワーク・アダプタの論理名
論理名 トランスポート
NETBIOS$DEVICE DECnet
PWRK$KNBDAEMON_DEVICE TCP/IP
PWRK$NETBEUI_DEVICE NetBEUI

次の例は,DECnet,TCP/IP,および NetBEUI トランスポートに適切なネットワーク・アダプタを定義する方法をそれぞれ示しています。

  • DECnetトランスポート用にアダプタEWA0:を指定するには,次のコマンドを入力します。

    $ DEFINE/SYSTEM NETBIOS$DEVICE EWA0: 
    

  • TCP/IPトランスポート用にアダプタESA0:を指定するには,次のコマンドを入力します。

    $ DEFINE/SYSTEM PWRK$KNBDAEMON_DEVICE ESA0: 
    

      注意
    TCP/IPが複数のネットワーク・アダプタ上で実行されていて,そのうちの1つをAdvanced Serverが使用するよう選択する場合, TCP/IP トランスポート用に選択するアダプタが TCP/IPローカル・ホスト・データベースにリストされた最初のホストの IP アドレスに対応していることを確認してください (TCPIP SHOW HOST コマンドで確認できます)。そうしないと,関連する論理名 PWRK$KNBDAEMON_DEVICE とは異なるネットワーク・インタフェースの IP アドレスを Advanced Server が使用する可能があります。
    しかし,そのインタフェースの IP アドレスを論理名 PWRK$KNBDAEMON_IPADDR に定義することにより,論理名 PWRK$KNBDAEMON_DEVICE によって定義されたのと同じインタフェースの IP アドレスを Advanced Server が確実に使用するように設定することができます。これにより,選択したアダプタが,ローカル・ホスト・データベースの最初の IP アドレスに対応しているかどうかを気にする必要がなくなります。

  • NetBEUIトランスポート用にアダプタESA1:を指定するには,次のコマンドを入力します。

    $ DEFINE/SYSTEM PWRK$NETBEUI_DEVICE ESA1: 
    

次の例のように,各プロトコルに対して同じアダプタを指定することができます。

$ DEFINE/SYSTEM NETBIOS$DEVICE EWA0: 
$ DEFINE/SYSTEM PWRK$KNBDAEMON_DEVICE EWA0: 
$ DEFINE/SYSTEM PWRK$NETBEUI_DEVICE EWA0: 

  注意
論理名PWRK$NETBEUI_DEVICE,PWRK$KNBDAEMON_DEVICE,および NETBIOS$DEVICEを使用して定義されたアダプタの名前は,下線(_)で始まっていてはなりません。下線で始まっている場合, PWRK$KNBDAEMON が起動しないで他のプロセスが起動し,それらのプロセスは正しく動作しません。



NETBIOS,PWRK$KNBDAEMON (TCP/IP用),およびPWRK$NBDAEMON (NetBEUI用) プロセスは,関連するネットワーク・アダプタがサーバ・ソフトウェアで認識されて,使用可能であることを必要とします。 Advanced Server ソフトウェアの現在のバージョンで認識されない新しいネットワーク・アダプタがリリースされることがあります。 Advanced Server が,選択されたネットワーク・アダプタを見つけられなかったり,認識しない場合,失敗した各プロセス(NETBIOS (必ず存在する),および PWRK$KNBDAEMON と PWRK$NBDAEMON (存在する場合)) は,それぞれのログ・ファイルにエラーを書き込みます。「 表 3-6, 未定義のアダプタ・メッセージ 」に,それぞれのプロセス,そのプロセスからのエラー・メッセージを記録するログ・ファイル,およびエラー・メッセージのテキストの例を示します。 表 3-6 の例では,サーバ・ノード名はMYNODEです。 3つのエラー・メッセージはすべて同じ意味 (つまり,サーバでそのようなデバイスは見つかりませんでした)です。

表 3-6 未定義のアダプタ・メッセージ
プロセス ログ・ファイル名
PWRK$KNBDAEMON PWRK$LOGS:PWRK$KNBDAEMON_MYNODE.LOG
メッセージ:
Tue Mar 24 13:13:50 2000 get_phys_addr: Failed to get Ethernet

device characteristics
PWRK$NBDAEMON PWRK$LOGS:PWRK$NBDAEMON_MYNODE.LOG
メッセージ:
Tue Mar 24 13:13:50 2000 Failed to open datalink

NETBIOS PWRK$LOGS:NETBIOS_MYNODE.LOG
メッセージ:
%NB-W-ERRSIGNAL, exceptional conditional detected at 24-Mar-2000 
13:13:50.00

-SYSTEM-W-NOSUCHDEV, no such device available

表 3-6 に記載されているいずれかのメッセージが表示された場合は,「 第 3.11.1 項, ネットワーク・アダプタの手動による定義 」で概要を説明したプロシージャを使用し,適切なプロセス用にネットワーク・アダプタを定義します。たとえば,サーバで未知のデバイスが報告された場合は, DEFINE/SYSTEM コマンドを入力して,サーバ上の各プロトコル用に適切なアダプタを定義します。

3.12 次のステップ

構成プロシージャの一部として, Advanced Server を自動的に起動することができます。

サーバを起動してよい場合は,「 第 5 章, Advanced Serverのインストール後の処理 」の指示を参照してください。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項