日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:Advanced Serverソフトウェアをインストールする前に
第 2 章:Advanced Server ソフトウェアのインストレーション
第 3 章:Advanced Serverの構成
第 4 章:スタンドアロンLicense Serverの構成と起動
第 5 章:Advanced Serverのインストール後の処理
第 6 章:ワイド・エリア・ネットワークの実装
第 7 章:Advanced Serverソフトウェアの削除
付録 A :インストレーションおよびアップグレードのチェックリスト
付録 B :Advanced Server のインストレーションおよび構成の例
付録 C :スタンドアロンLicense Serverのインストレーションと構成の例
付録 D :外部認証ソフトウェアのインストレーションの例
付録 E :Advanced Server ファイルおよびオンディスク構造
付録 F :Advanced Server 論理名
索引
PDF
OpenVMS ホーム
日本語 Advanced Server for OpenVMS | HPE 日本

日本語 Advanced Server for OpenVMS
インストレーションおよび構成ガイド


目次 索引

$ ADMIN START SERVICE NETLOGON 
%PWRK-I-SVCOPWAIT, attempting to start the "NETLOGON" service on 
"MYSRV"%PWRK-E-SVCOPFAILED, start of service "NETLOGON" on "MYSRV" 
failed-LM-E-UIC_INTERNAL, an internal error occurred 


このエラーにより,システム・イベント・ログに次のようなメッセージが出力されます。

T Date     Time        Source   Category  Event User Computer 
- -------- ----------- ------   --------- ----- ---- ---------                               
W 02/02/06 10:31:57 AM NETLOGON  None      5701  N/A  MYSRV 
 
The Netlogon service failed to update the domain trust list. 
The following error occurred: 
%5 Data:0000: 22 00 00 c0 00 00 00 00 "..?.... 


ネットワーク・トレースは,Advanced Server が IPC$ 共有に匿名接続を試みて拒否されたことを示します (0xC0000022)。

  • Advanced Server コンピュータのアカウント名とそのアカウントの作成方法を決定します。前述したように,Advanced Server を OpenVMS Cluster 環境で実行している場合,クラスタ全体で単一のコンピュータ・アカウントが使用されます。このコンピュータ・アカウントは,Advanced Server クラスタ別名と同一でなければなりません。 Advanced Server クラスタ別名は,Advanced Serverの構成時に設定できます。
    Advanced Server システムが OpenVMS Cluster のメンバでない場合,そのコンピュータ・アカウント名は Advanced Server のコンピュータ名と同一でなければなりません。デフォルトでは,そのコンピュータ名は SYSGEN SCSNODE パラメータと同一ですが, Advanced Server の構成時に変更されているかもしれません。コンピュータ・アカウントは,次のように Advanced Server の構成前あるいは構成時に作成できます。

    • Advanced Server の構成前
      Active Directory Users and Computers でアカウントを作成します。

        注意
      このアカウントは pre-Windows 2000 コンピュータを指定したものでなければなりません。


      Windows 2000 Active Directory Users and Computers で, Allow pre-Windows 2000 computers オプションを選択してアカウントを作成します。 Windows Server 2003 Active Directory Users and Computers では, Assign this computer account as a pre-Windows 2000 computer オプションを選択します。
      アカウントは Organizational Unit (OU) あるいは Computers コンテナに作成されます。

    • Advanced Server の構成時
      管理者アカウントのユーザ名とパスワードを使用します。構成プロシージャは,Computers コンテナにコンピュータ・アカウントを作成します。作成したアカウントは必要に応じて OU に移動することができます。



    新しい日本語 Advanced Server for OpenVMS を既存のドメインにインストールしている場合, PWRK$CONFIG.COM 構成プロシージャの実行中にそれをメンバ・サーバとして構成することができます。ドメインには 1 つのアクティブな PDCを含んでいる必要があります。つまり,ネイティブ・モードの Windows 2000 ドメインあるいは Windows 2003 ドメインには,少なくとも 1 つのドメイン・コントローラがなければなりません。

    次の PWRK$CONFIG.COM 出力は,日本語 Advanced Server for OpenVMS サーバをメンバ・サーバとして構成する方法を示しています。プロシージャのこの前の部分で項目 5 が選択されて,ドメインとして UPTIME が選択されています。この例では,UPTIME ドメインは,すでに 1 つ以上のドメイン・コントローラのあるネイティブ・モードの Windows 2000 ドメインであると想定しています。

    Reading current configuration parameters ... 
     
      Your Advanced Server for OpenVMS is presently configured to 
      run as follows: 
     
       1.  Run the License Server:          NO 
       2.  Enable Timesource service:       NO 
       3.  Enable Alerter service:          YES 
       3a. Alert user names:                Administrator 
       4.  Enable Netlogon service:         YES 
       5.  Advanced Server domain:          UPTIME 
       6.  Advanced Server role:            PRIMARY 
       7.  Advanced Server computer name:   GRATDA 
       7a. Advanced Server OpenVMS Cluster alias:   GRATDA_ALIAS 
       8.  Server announce comment:    Advanced Server V7.3B for OpenVMS 
       9.  Advanced Server language:        Japanese 
       10. Enable NT style printing:        NO  
    Enter item number, or RETURN to use these values [DONE]: 6 [Return]
     
      The Advanced Server role is the part the server will play in its 
      domain. 
     
      A primary domain controller maintains the domain's master user 
      accounts database and validates logins. 
     
      A backup domain controller receives copies of the master database, 
      validates logins, and can be promoted to primary. 
     
      A member server does not receive copies of the master database 
      or validate logins.  It relies on domain controllers to validate 
      user credentials. 
     
    Enter the role of this server (P)rimary/(B)ackup/(M)ember [P]: 
    M [Return]
     
      Before joining a domain, the computer must be added to the 
      domain. This can be done in one of two ways: 
     
          - the administrator of the domain uses the administrative 
            tools to add this computer to the domain, or 
     
          - the computer is added automatically by this procedure; 
            you must supply an administrator account and password 
    Are you going to supply account/password information [Y]/N YES [Return]
     
    Enter the name of the primary domain controller for domain UPTIME: 
    SUNDA [Return]
    Enter the name of the administrator account: [Administrator] [Return]
    Enter the account password in the required case:          [Return]
    Re-enter to verify password:          [Return]
     
    Process NETBIOS created with identification 206010B5 
    Process PWRK$NBDAEMON created with identification 206010B7 
    Process PWRK$KNBDAEMON created with identification 206010B9 
    Confirming domain name with SUNDA 
    Successfully retrieved domain name from SUNDA ... 
    Validating user name and password... 
    Successfully verified user name and password. 
     
     
      Your Advanced Server for OpenVMS is presently configured to 
      run as follows: 
     
       1.  Run the License Server:          NO 
       2.  Enable Timesource service:       NO 
       3.  Enable Alerter service:          YES 
       3a. Alert user names:                Administrator 
       4.  Enable Netlogon service:         YES 
       5.  Advanced Server domain:          UPTIME 
       6.  Advanced Server role:            MEMBER 
       7.  Advanced Server computer name:   GRATDA 
       7a. Advanced Server OpenVMS Cluster alias:   GRATDA_ALIAS 
       8.  Server announce comment:    Advanced Server V7.3B for OpenVMS 
       9.  Advanced Server language:        Japanese 
       10. Enable NT style printing:        NO 
    Enter item number, or RETURN to use these values [DONE]: [Return]
     
    Saving parameters to the OpenVMS Registry... 
    Creating SAM datafiles... 
       .
       .
       .
       The Advanced Server Administrator account is used to 
       administer the server.  The Administrator account 
       is mapped by default to the OpenVMS SYSTEM account. 
     
       The Administrator account password can be up to 14 characters long 
       and the case of the characters used will be preserved. 
     
    Enter a password for this Member Server's local Administrator account: 
    [Return]
     
    Re-enter to verify password: [Return]
     
    Changing password for Administrator account... 
     
    Setting character set information in databases as needed ... 
     
       Setting share database character set information ... 
       Setting ACL database character set information ... 
    Checking system resources... 
    



    BDC をメンバ・サーバになるように構成する場合,スクリプトは,新しいサーバをメンバ・サーバとして構成するスクリプトと同様です。 1 つの例外は,スクリプトで次の数行が表示されることです。

     Changing from backup domain controller to member server 
     results in the re-creation of the Advanced Server SAM databases.  
     If there is any problem with the configuration, your existing SAM 
     databases will be restored. 
    

    BDCのドメイン単位のアカウント・データベースが削除されて,メンバ・サーバのローカル・データベースが作成されます。サーバ固有のデータは,BDCのデータベースから保持されます。構成プロシージャは,あとでリストアする必要が生じた場合に備えて,ドメイン単位のアカウント・データベースを保存します (詳細については「 第 3.10.3 項,Advanced Server の再構成中に問題が発生した場合 」を参照)。

    次の 2 つの表示例は,サーバ LIONHEART の役割をメンバ・サーバの役割として再構成する前後を示しています。メンバ・サーバを表す表示シンボルは [SV]です。

    LANDOFOZ\\TINMAN> SHOW COMPUTERS 
     
    Computers in domain "LANDOFOZ": 
    Computer       Type                      Description 
    -------        ------------------------  ----------------------------- 
    [PD] TINMAN    OpenVMS (NT 4.0) Primary  Advanced Server V7.3B for OpenVMS 
     
    [BD] LIONHEART OpenVMS (NT 4.0) Backup   Advanced Server V7.3B for OpenVMS 
     
    [BD] DOROTHY   OpenVMS (NT 3.51) Backup  Advanced Server V7.2A for OpenVMS 
     
      Total of 3 computers 
     
    [reconfigure server role] 
    . 
    .   
    . 
    LANDOFOZ\\TINMAN> SHOW COMPUTERS 
     
    Computers in domain "LANDOFOZ": 
    Computer       Type                      Description 
    -------        ------------------------  ----------------------------- 
    [PD] TINMAN    OpenVMS (NT 4.0) Primary  Advanced Server V7.3B for OpenVMS 
     
    [SV] LIONHEART OpenVMS (NT 4.0) Server   Advanced Server V7.3B for OpenVMS 
     
    [BD] DOROTHY   OpenVMS (NT 3.51) Backup  Advanced Server V7.2A for OpenVMS 
     
      Total of 3 computers 
     
    



    3.8 サーバの言語の構成

    Advanced Server の言語設定はファイル名等のテキストのエンコーディングに使われる文字セットを指定します。言語の設定は 44) Japanese を選択してください。

    3.8.1 サーバの言語に関する考慮事項

    サーバの言語を構成する際には,次の点を考慮してください。

    • ドメイン内のすべてのサーバが同じ言語を使用しなければなりません。同じクラスタ内のすべての Advanced Server は,自動的に同じ言語を共有します (それらは言語が保存されている同じレジストリ・データベースを共有します)。

    • サーバの言語は ( Advanced Server を停止したのち)いつでも変更することができますが,いったん選択したら,選択を変更しないことを推奨します。
      選択した新しい言語に含まれていない文字を含む名前のオブジェクトが存在する場合があります。たとえば,新しい言語を選択したのち,PWRK$CONFIG は,Security Account Manager (SAM),アクセス制御リスト (ACL),および共有データベース内のすべての文字列を,古い文字セット (以前の言語用) から新しい文字セット (新しい言語用) に (言語に応じて)変換することがあります。
      これらのデータベースの 1 つ以上が変換される場合,PWRK$CONFIG は次のメッセージを表示します。

      Setting character set information in databases as needed ... 
      


      さらに,影響の及ぶ各データベースについて,次のようなメッセージが表示されます。

      Setting share database character set information ... 
      


      これらのデータベースのいずれかに変換できないテキスト文字列が含まれる場合 (つまり,新しく構成される Advanced Server の言語の文字セットに含まれていない文字を含むオブジェクト名), PWRK$CONFIG プロシージャは,変換を行う前のデータベースのセットに戻します。エラー・メッセージに変換できなかった名前が示されて,言語は元の言語に戻されます。変換できないオブジェクトは名前を変更 (または削除) し,PWRK$CONFIG を再実行して言語を変更する必要があります。
      いくつかの言語については,PWRK$CONFIG は上述したデータベース内のテキスト文字列を変換する必要がなく,クライアント・コード・ページ値のみを変換します (クライアント・コード・ページは,各国の言語で使用されるさまざまな文字をサポートするために,ASCII (American Standard Code for Information Interchange) 文字セットの制限を超える 256 文字の順序付けされたセットです。各言語に固有のコード・ページは,同じ 8 ビット値のセットの上に置かれています。たとえば,英語用に使用されるコード・ページ内の固有の 8 ビット値は,キリル言語用に使用される別の文字のために使用できます)。



    3.8.2 サーバの言語の構成例

    PWRK$CONFIG.COM 構成プロシージャの実行中に,オプション 9 を選択することにより, Advanced Server の言語をデフォルト以外の言語に構成することができます。プロシージャは,構成可能な言語をリストします。プロンプトに対して,使用したい言語の番号を入力します。

    次の例では,日本語が構成されます。

      Your Advanced Server for OpenVMS is presently configured to 
      run as follows: 
     
       1.  Run the License Server:          NO 
       2.  Enable Timesource service:       NO 
       3.  Enable Alerter service:          YES 
       3a. Alert user names:                Administrator 
       4.  Enable Netlogon service:         YES 
       5.  Advanced Server domain:          LANDOFOZ 
       6.  Advanced Server role:            MEMBER 
       7.  Advanced Server computer name:   LIONHEART 
       7a. Advanced Server OpenVMS Cluster alias:   LIONHEART_ALIAS  
       8.  Server announce comment:    Advanced Server V7.3B for OpenVMS 
       9.  Advanced Server language:        English (USA) 
       10. Enable NT style printing:        NO 
    Enter item number, or RETURN to use these values [DONE]: 9 [Return]
     
    ******************** W A R N I N G ************************ 
    Although you can change the server's language at any time 
    (after stopping the Advanced Server), HP recommends 
    that once a choice is made, you do not alter that choice. 
    Certain objects might exist whose names include characters 
    that are not included in the new language that you select. 
    Error messages will indicate the names that could not be 
    converted, and the language will be reset to the original 
    language. If you want to change the language, you must 
    first rename (or remove) the objects that cannot be 
    converted, and rerun PWRK$CONFIG to change the language. 
    ***********************************************************" 
    Do you want to continue with item number 9 (Y/[N]) Y [Return]
     1) Afrikaans           16) French               31) Portuguese 
     2) Albanian            17) French (Ca. MS-DOS)  32) Portuguese (MS-DOS) 
     3) Basque              18) German               33) Romanian 
     4) Belarussian         19) Greek                34) Russian 
     5) Bulgarian           20) Greek (IBM)          35) Serbian (Cyrillic) 
     6) Catalan             21) Hebrew               36) Serbian (Latin) 
     7) Croatian            22) Hungarian            37) Slovak 
     8) Czech               23) IBM Cyrillic         38) Slovenian 
     9) Danish              24) Icelandic            39) Spanish 
    10) Dutch               25) Icelandic (MS-DOS)   40) Swedish 
    11) English (USA)       26) Indonesian           41) Turkish 
    12) English (USA)+Euro  27) Italian              42) Ukrainian 
    13) English (Other)     28) Nordic L. (MS-DOS)   43) Western Europe+ 
    14) Faeroese            29) Norwegian                Euro 
    15) Finnish             30) Polish               44) Japanese 
                                                     
      The Advanced Server language specifies the internal character set 
      encoding for strings, character casing rules, and the client 
      code page. 
    

    Enter Advanced Server language by number for this cluster [English(USA)]: 21 [Return]
    

     
      Your Advanced Server for OpenVMS is presently configured to 
      run as follows: 
     
       1.  Run the License Server:          NO 
       2.  Enable Timesource service:       NO 
       3.  Enable Alerter service:          YES 
       3a. Alert user names:                Administrator 
       4.  Enable Netlogon service:         YES 
       5.  Advanced Server domain:          LANDOFOZ 
       6.  Advanced Server role:            MEMBER 
       7.  Advanced Server computer name:   LIONHEART 
       7a. Advanced Server OpenVMS Cluster alias:   LIONHEART_ALIAS  
       8.  Server announce comment:    Advanced Server V7.3B for OpenVMS 
       9.  Advanced Server language:        Japanese 
       10. Enable NT style printing:        NO 
    Enter item number, or RETURN to use these values [DONE]: [Return]
    



    3.9 Windows NT プリンタ管理の構成

    デフォルトでは,サーバによって共有されるプリンタは,ADMINISTER ユーザ・インタフェースを使用してローカルに管理されます。Windows NTからのプリンタの管理をサポートするようにサーバを構成することができます。これにより,プリンタを追加するための「プリンタの追加ウィザード」などの, Windows NTプリント・サービス・ダイアログ・ボックスを使用することにより, Windows NT スタイルのプリンタ管理を利用できるようになります。

    管理者は, Advanced Server にプリンタ用の最新のドライバを保存することができます。新しいドライバが配布される場合,管理者は1つの位置を更新する必要があるだけです。クライアント・ユーザが自分のワークステーションから使用するようにプリンタをセットアップする場合は,適切なプリンタ・ドライバを自動的にダウンロードすることができます。

    Windows NT プリンタ管理をサポートするようにサーバを構成する前に,「 第 3.9.1 項, Windows NT プリンタ管理に関する考慮事項 」に記述している考慮事項を理解しておいてください。

    3.9.1 Windows NT プリンタ管理に関する考慮事項

    Windows NTスタイルのプリンタ管理を構成することを選択する前に,次の事項について考慮してください。 Windows NT プリンタ管理を有効にすると,次のようになります。

    • ADMINISTER インタフェースでのプリンタ管理では,限られた機能のみ利用可能です (同様に,デフォルトのプリンタ管理スタイルを有効にすると (ADMINISTER インタフェースを使用), Windows NTからのプリンタ管理では,限られた機能のみ利用可能です)。

    • サーバですでに定義されていたプリンタまたはプリント・キューは,自動的にアップグレードされて,クライアントはこれらのプリンタおよびキューを継続して共有することができるようになります。ただし,アップグレードされたこれらのプリンタのWindows NT からの管理は制限されています。これらのプリンタについて,完全な Windows NT の管理機能を利用できるようにするには, Windows NT プリント・サービスを使用し,プリンタを一度削除してから Advanced Server にプリンタを追加します。

        注意
      PWRK$CONFIG を実行して Advanced Server を再構成する場合,以前にアップグレードされているプリンタは,再度アップグレードされることはありません。

    • Windows NT プリンタ管理スタイルを一度構成すると,サーバをデフォルトのローカル・プリンタ管理スタイルに再構成する場合には,すべてのプリンタが使用不能になります。プリンタを再度使用可能にするには,いくつかの時間のかかる作業を実行する必要があります。

    • Windows NT プリンタ管理に関する制限事項の詳細について,必ず『 HP Advanced Server V7.3B for OpenVMS Release Notes 』を参照してください。



    3.9.2 Windows NT プリンタ管理の構成例

    PWRK$CONFIG.COM 構成プロシージャの実行中に,オプション 10 を選択することにより,Windows NT スタイルのプリンタ管理を構成することができます。次の例に示すように,プロシージャは警告メッセージを表示して,本当に変更したいかどうかを問い合わせます。

      Your Advanced Server for OpenVMS is presently configured to 
      run as follows: 
     
       1.  Run the License Server:          NO 
       2.  Enable Timesource service:       NO 
       3.  Enable Alerter service:          YES 
       3a. Alert user names:                Administrator 
       4.  Enable Netlogon service:         YES 
       5.  Advanced Server domain:          LANDOFOZ 
       6.  Advanced Server role:            MEMBER 
       7.  Advanced Server computer name:   LIONHEART 
       7a. Advanced Server OpenVMS Cluster alias:   LIONHEART_ALIAS  
       8.  Server announce comment:    Advanced Server V7.3B for OpenVMS 
       9.  Advanced Server language:        Japanese 
       10. Enable NT style printing:        NO      
    Enter item number, or RETURN to use these values [DONE]: 10 [Return]
     
    ******************** W A R N I N G ************************ 
    Before enabling this feature, make sure you are familiar with 
    the Windows NT printer management restrictions documented in the 
    Release Notes. Note that once you configure the Windows NT printer 
    management style, if you reconfigure your server to the default 
    local printer management style, all printers will be unusable. You 
    will have to perform several time-consuming tasks to make printers 
    functional again. 
    ***********************************************************" 
    Are you sure you want to enable 
    Windows NT printer management? [Y/[N]] Y [Return]
     
    10. Enable NT style printing: Y [Return]
    


    目次 索引

  • 印刷用画面へ
    プライバシー ご利用条件・免責事項