日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:Advanced Serverソフトウェアをインストールする前に
第 2 章:Advanced Server ソフトウェアのインストレーション
第 3 章:Advanced Serverの構成
第 4 章:スタンドアロンLicense Serverの構成と起動
第 5 章:Advanced Serverのインストール後の処理
第 6 章:ワイド・エリア・ネットワークの実装
第 7 章:Advanced Serverソフトウェアの削除
付録 A :インストレーションおよびアップグレードのチェックリスト
付録 B :Advanced Server のインストレーションおよび構成の例
付録 C :スタンドアロンLicense Serverのインストレーションと構成の例
付録 D :外部認証ソフトウェアのインストレーションの例
付録 E :Advanced Server ファイルおよびオンディスク構造
付録 F :Advanced Server 論理名
索引
PDF
OpenVMS ホーム
日本語 Advanced Server for OpenVMS | HPE 日本

日本語 Advanced Server for OpenVMS
インストレーションおよび構成ガイド


目次 索引

第 1 章
Advanced Serverソフトウェアをインストールする前に

この章では,必要なハードウェアとソフトウェア,および日本語 Advanced Server for OpenVMS ソフトウェアをインストールする前に完了すべき手順を説明します。

この章は,次の節から構成されます。



1.1 Advanced Server ソフトウェア・キットについて

日本語 Advanced Server for OpenVMS キットでは,次のサーバ・ソフトウェアを選択してインストールすることができます。

  • License Server および外部認証ソフトウェアを含む,完全な Advanced Server ソフトウェア

  • Advanced Server スタンドアロン License Server

  • スタンドアロン外部認証ソフトウェア

  • スタンドアロン License Server およびスタンドアロン外部認証ソフトウェア



1.1.1 VAXシステムについて

日本語 Advanced Server for OpenVMS 製品は,OpenVMS Alphaシステム上でのみサポートされます。日本語 Advanced Server for OpenVMS ソフトウェアをOpenVMS VAXシステムにインストールすることはできません。 VAXシステム上では,現在のPATHWORKSサーバ・ソフトウェアを引き続き使用しなければなりません。まだ PATHWORKS for OpenVMS (Advanced Server) V6.0D 以降にアップグレードしていない場合は,アップグレードしてください。

日本語 Advanced Server for OpenVMS をAlpha メンバ上で実行している混合アーキテクチャの OpenVMS Cluster では,VAX メンバはまだ外部認証を使用することができます。詳細については,「 第 5.7.1 項, OpenVMS Clusterにおける外部認証のセットアップ 」を参照してください。

  注意
同じクラスタ内で日本語 Advanced Server for OpenVMS または PATHWORKS for OpenVMS (Advanced Server) の複数のバージョンを実行することはできません。



Advanced Server for OpenVMSソフトウェアは,OpenVMS V7.3-2 以降のAlphaシステム上でのみインストールおよび稼動することができます。したがって,サーバ・ソフトウェアとともにオペレーティング・システムもアップグレードする必要がある場合があります。

日本語 Advanced Server for OpenVMS V7.2以降がすでにインストールされている場合,インストレーションおよびアップグレードでは,中間的なアップグレードを必要としません。

PATHWORKS V6 for OpenVMS (Advanced Server) が現在インストールされている場合は,それがV6.0D以降であることを確認してください (DCL プロンプトで ADMINISTER SHOW VERSION を実行してください)。 V6.0D以降でない場合には, PATHWORKS V6 for OpenVMS (Advanced Server) の現在のリリースにアップグレードしてから処理を続行します。 Advanced Server 構成プロシージャ (PWRK$CONFIG.COM) は, 第 3 章, Advanced Serverの構成 で説明するように, PATHWORKS for OpenVMS (Advanced Server) データ・ファイルを日本語 Advanced Server for OpenVMS と互換性のあるフォーマットに自動的に変換します。

現在 PATHWORKS V5 for OpenVMS (LAN Manager) がインストールされている場合には,日本語 Advanced Server for OpenVMS に直接アップグレードする方法はありません。既存のユーザ,グループ,共有,およびセキュリティ・オブジェクトを保持したい場合は,まず, PATHWORKS for OpenVMS (Advanced Server) V6.0D 以降に移行する必要があります。詳細については,『 Compaq PATHWORKS for OpenVMS Server Migration Guide 』を参照してください。

OpenVMS Alpha V6.2 システム上で PATHWORKS V5 for OpenVMS (LAN Manager) ファイル・サーバを実行するシステムについては,できるだけ次の移行パスに従ってください。

  1. V5 ファイル・サーバを PATHWORKS V6 for OpenVMS (Advanced Server) V6.0D 以降にアップグレードします。

  2. オペレーティング・システムをOpenVMS V7.3-2以降にアップグレードします。

  3. V6 ファイル・サーバを Advanced Server V7.3B for OpenVMS にアップグレードします。

PATHWORKS for OpenVMSおよび日本語 Advanced Server for OpenVMS の各バージョンがサポートするOpenVMSのバージョンについては,適切な『ソフトウェア仕様書 (SPD)』を参照してください。

旧バージョンのサーバ・ソフトウェア(たとえば,PATHWORKS for OpenVMS)では,サーバ・パラメータを格納するのにLANMAN.INIファイルが使用されています。日本語 Advanced Server for OpenVMS は,これらのパラメータを Windows NTレジストリに似たOpenVMSレジストリに格納します。

システムを PATHWORKS V6 for OpenVMS (Advanced Server) からAdvanced Server V7.3 for OpenVMSにアップグレードする場合,既存のLANMAN.INIファイルにあるパラメータと設定は, PWRK$CONFIG.COM構成プロシージャを最初に実行したときにレジストリ・パラメータに移行されます。詳細については,「 第 3.2 節, LANMAN.INIパラメータのOpenVMSレジストリへの移行 」を参照してください。

日本語 Advanced Server for OpenVMS は, OpenVMS Alphaバージョン7.3-2以降を実行するどのOpenVMS Clusterメンバ上にもインストールすることができます。ただし, PATHWORKS for OpenVMS (Advanced Server) または日本語 Advanced Server for OpenVMS が現在いずれかのクラスタ・メンバで実行中の場合には,インストレーションを行う前に停止する必要があります。日本語 Advanced Server for OpenVMS を実行するクラスタ・メンバが共通のシステム・ディスクを共有する場合は,そのシステム・ディスクを共有する任意のクラスタ・メンバでインストレーションを実行することができます。日本語 Advanced Server for OpenVMS を実行するクラスタ・メンバが別々のシステム・ディスクを使用する場合には,各システムに日本語 Advanced Server for OpenVMS をインストールします。

OpenVMS Cluster に他のシステム・ディスクが含まれている場合 (たとえば,クラスタ内でVAX システムや, OpenVMS Alphaの以前のバージョンを実行するシステムをサポートするため),これらのディスクには PATHWORKS for OpenVMS (Advanced Server) の古いバージョンがインストールされていることがあります。その場合には,日本語 Advanced Server for OpenVMS をOpenVMS Alpha V7.3-2 以降のシステムで実行中に,誤って古いバージョンが起動されないように削除しておきます。 PATHWORKS for OpenVMS (Advanced Server) 製品を削除するには,PATHWORKSを削除する予定のシステム・ディスクを使用するクラスタ・メンバからコマンド・プロシージャSYS$UPDATE:PWRK$DEINSTALを実行します。 PWRK$DEINSTAL.COMの使用方法についての詳細は,『 Compaq PATHWORKS for OpenVMS (Advanced Server) Server Installation and Configuration Guide 』を参照してください。

ただし,外部認証を使用している場合には,クラスタ内のすべてのノードに外部認証ソフトウェアをセットアップするよう推奨します。 OpenVMS ファイル・サーバを実行していないノードで外部認証サポートをセットアップする方法については,「 第 5.7 節, 外部認証のセットアップ 」を参照してください。

1.2 DECprintソフトウェアのインストレーション

DECprint Supervisor for OpenVMS (DCPS) は,PostScriptプリンタ用のキュー管理と印刷機能を提供する印刷システムです。 PostScriptプリンタを共有するには,DECnet または TCP/IP を経由してプリンタと通信を行うために,選択したPostScriptプリンタは DECprint Supervisor for OpenVMS (DCPS) ソフトウェアの使用を必要とすることがあります。

DECprint Supervisor for OpenVMSを使用しようとする場合,できるだけ Advanced Server をインストールする前にそれをインストールしてください。 DECprintソフトウェアをインストールした後,システムを再起動しなければなりません。起動は,DECprint Supervisorのインストレーション・プロシージャの一部として行うことも, Advanced Server をインストールした後,それを構成する前に行うこともできます。

1.3 ライセンスについて

次の各項では, Advanced Server のライセンシング・ソフトウェアとライセンスの必要条件について説明します。

1.3.1 ライセンスの必要条件

Advanced Server は,ファイル・サービスおよびプリント・サービスにアクセスするクライアントが適切にライセンスされていることを要します。この必要条件に準拠するには,次のいずれかに該当しなければなりません。

  • クライアントは, Advanced Server に接続するたびに,クライアント・ベースのライセンスを取得しなければならない。

  • Advanced Server は, Advanced Server のサービスを使用しようとするクライアントがライセンスを持たない場合,それに割り当て可能なサーバ・ベースのライセンスを持っていなければならない。

いずれの場合も, Advanced Server のサービスへのアクセスに必要なライセンスは,PWLMXXXCA07.03というクライアント・アクセス・ライセンスです。

PATHWORKS V6 for OpenVMS (Advanced Server) または日本語 Advanced Server for OpenVMS V7.2からアップグレードする場合,クライアント・ライセンスのアップグレードについての詳細は,『 HP Advanced Server for OpenVMS Guide to Managing Advanced Server Licenses 』を参照してください。

1.3.2 License Serverについて

Advanced Server License Serverは,OpenVMSシステム上で実行して,クライアントにライセンスを付与するオプションのソフトウェア・プログラムです。

License Serverは,次のようにインストールできます。

  • ファイル・サーバとともにインストールする(Advanced Server のインストレーションに自動的に含まれます)。

  • ファイル・サーバとは別にインストールする("スタンドアロン License Server"といいます)。

いずれの場合も,License Serverが次のプロトコルのどれを使ってクライアントをサポートするようにも構成することができます。

  • DECnet

  • LAN Manager (NetBEUI)

  • TCP/IP

Advanced Server のない指定されたOpenVMSシステム上に License Serverをインストールすることを推奨します。日本語 Advanced Server for OpenVMS キットにより,ファイル・サーバとは別にスタンドアロンLicense Serverをインストールすることができます。また,この代わりに, Advanced Server のあるOpenVMS Cluster上でLicense Serverを実行すれば,クラスタ・フェイルオーバにより信頼性が向上します (クラスタ・フェイルオーバにより, Advanced Server ファイル・サーバの信頼性も向上します)。

LANはそれぞれ,アクティブなLicense Serverを1つだけ必要とします。 License Serverを実行するシステムにライセンスのProduct Authorization Key (PAK)をロードする必要があります。 OpenVMS Clusterでは,PAKを共有ライセンス・データベースにロードしなければなりません。

必要な情報 参照するマニュアル
ライセンスのロード 『 OpenVMS License Management Utility Manual 』
License Serverの構成 第 4 章, スタンドアロンLicense Serverの構成と起動
ライセンスの管理 『 HP Advanced Server for OpenVMS Guide to Managing Advanced Server Licenses 』



1.4 外部認証について

外部認証は,OpenVMSシステムのオプション機能で,これにより,システム管理者はOpenVMSセキュリティ以外のセキュリティ・メカニズムに基づくログイン認証に応じてユーザ・アカウントを設定できるようになります。 Advanced Server は, Advanced Server またはWindows NT互換のユーザ認証メカニズムを使用してOpenVMSユーザ・ログインを認証する能力を提供することにより,この機能を利用します。これにより,ユーザはOpenVMSログイン・プロンプトで Advanced Server のユーザ名とパスワードを使用してログインすることができ,また,ユーザ・アカウントに自動的にパスワードが同期化されます。 COM for OpenVMS製品を使用している場合,外部認証が必要な場合があります。

完全な Advanced Server のインストール時に,外部認証をサポートするために必要なファイルが自動的にインストレーション・プロセスに含まれます。

Advanced Server をOpenVMS Clusterにインストールするとき,サーバを実行しておらず,同じシステム・ディスクを共有している OpenVMS Clusterメンバ・ノードで外部認証を有効にしようとする場合, ( Advanced Server ソフトウェアをインストールしないで) そのディスクにスタンドアロン外部認証ソフトウェアをインストールすることができます。 VAX メンバ・ノードでは,外部認証ファイルを, Advanced Server がインストールされているAlpha システムから VAX ノードにコピーする必要があります。外部認証を有効にする方法についての詳細は,「 第 5.7 節, 外部認証のセットアップ 」を参照してください。

1.5 リリース・ノートについて

『日本語 Advanced Server for OpenVMS リリース・ノート』および『 HP Advanced Server V7.3B for OpenVMS Release Notes 』には,製品をインストールする前に知っておく必要のある重要な情報が含まれています。インストレーションを開始する前に,リリース・ノートを確認するようにしてください。

1.5.1 インストレーション前にリリース・ノートにアクセスする方法

インストレーションの前にリリース・ノートを印刷する場合は,次の手順を行ってリリース・ノートをテキスト・ファイルに取り出します。

  注意
キットに含まれているリリース・ノートは,最初に日本語版リリース・ノートのテキスト・ファイルが含まれており,その後に標準版のリリース・ノートが添付されています。

  • ドライブにインストレーション・キットをロードします。

  • 次のPOLYCENTER Software Installationユーティリティ・コマンドを入力します。 file_name.txt は,ユーザが指定するテキスト・ファイルの名前であり, directory-path には,日本語 Advanced Server for OpenVMS キットのあるソース・ドライブのディレクトリ名を指定します。たとえば/SOURCE=DAD$100:[ASOVMS073]のように指定します。

     
    $ PRODUCT EXTRACT RELEASE_NOTES ADVANCEDSERVERJA/FILE=file_name.txt- 
    _$ /SOURCE=directory-path    
    


    ファイル名を指定しない場合,リリース・ノートは,現在のディレクトリの DEFAULT.PCSI$RELEASE_NOTESというファイルに書き込まれます。ソース修飾子を指定しなければ,POLYCENTER Software Installation ユーティリティは,論理名PCSI$SOURCEで定義される位置を検索します。論理名が定義されていなければ,ユーティリティは現在のデフォルトのディレクトリを検索します。



1.5.2 インストレーション後にリリース・ノートにアクセスする方法

インストレーションの完了後にリリース・ノートを参照したい場合は, SYS$HELP:ASOVMS073B.RELEASE_NOTES からオンラインで読むことも,ファイルを印刷することもできます。

1.6 インストレーション・チェックリストの使用

付録 A, インストレーションおよびアップグレードのチェックリスト 」には,インストレーション/構成チェックリストが用意されています。このチェックリストを複写し,本書で説明するインストレーションと構成手順の完了を追跡するために使用することができます。

1.7 Advanced Server for OpenVMS ソフトウェアをインストールするための必要条件

以降の各項では,日本語 Advanced Server for OpenVMS ソフトウェアのインストール時に必要なハードウェアおよびソフトウェアについて説明します。

1.7.1 ハードウェアの必要条件

OpenVMS オペレーティング・システム V7.3-2 でサポートされるすべての Alpha プロセッサは,日本語 Advanced Server for OpenVMS でもサポートされます。サーバがサポートするハードウェアの一覧についての最新情報は,『ソフトウェア仕様書(SPD)』を参照してください。

1.7.2 ソフトウェアの必要条件

日本語 Advanced Server for OpenVMS ソフトウェアを正常にインストールするには,システムに次のソフトウェアを正しくインストールし,構成しなければなりません。

  • OpenVMS Alpha V7.3-2以降
    Advanced Server はOpenVMS Alpha V7.3-2以降のシステム上でのみ稼動し, OpenVMSレジストリ・サービスを必要とします。 OpenVMSレジストリについての詳細は,『 OpenVMS システム管理者マニュアル』または『 COM, Registry, and Events for OpenVMS Developer's Guide 』 (OpenVMS Documentation CD-ROM に含まれています)を参照してください。

  • 他のサーバおよびネットワーク・クライアントが使用するネットワーク・プロトコルをサポートするための適切なトランスポート・ソフトウェア。次のうちの1つ以上が含まれます。

    • DECnetまたはDECnet-Plus (オプション)
      DECnetまたはDECnet-Plusは,OpenVMSオペレーティング・システムのインストール時にオプションとしてインストールすることができます。

    • TCP/IP (オプション)
      TCP/IP Services for OpenVMSまたはサポートされるサードパーティのTCP/IP製品を使用してIPをサポートすることができます。サポートされるTCP/IP製品の一覧については,日本語 Advanced Server for OpenVMS の『ソフトウェア仕様書(SPD)』を参照してください。



1.7.3 サポートされるクライアント・ソフトウェア

日本語 Advanced Server for OpenVMS は,次のタイプのクライアントからの接続をサポートします。

  • Windows NT V4.0

  • Windows 2000

  • Windows 2000 Professional

  • Windows 2003

  • Windows XP



1.7.4 メモリの必要条件

OpenVMS Alphaシステム上で Advanced Server を実行するためには、最低限 64 MB の物理メモリが必要です。

1.8 インストレーションの準備

表 1-1 にあるチェックリストを使用して,この節で説明するインストレーションの準備を行います。

表 1-1 インストレーション前のチェックリスト
[   ] 1. パーツ一覧を確認します。
[   ] 2. ネットワーク・ハードウェアがインストールされ,接続されていることを確認します。
[   ] 3. SYSTEM アカウント (またはインストレーション・プロシージャを実行するためにすべての特権が有効になった別のアカウント) にログインします。
[   ] 4. 必要なソフトウェアがインストールされていることを確認します。
[   ] 5. OpenVMSレジストリ・サーバを起動します。
[   ] 6. リリース・ノートを確認します。
[   ] 7. システム・パラメータを確認します。
[   ] 8. システム・ディスクをバックアップします。
[   ] 9. インストレーションのために十分なディスク容量があることを確認します。
[   ] 10. キュー・マネージャを確認します。
[   ] 11. タイム・ゾーンの構成を確認します。
[   ] 12. DECnetトランスポートを使用しようとする場合は, DECnetまたはDECnet-Plusが稼動していることを確認します。
[   ] 13. TCP/IPトランスポートを使用しようとする場合は, TCP/IPが稼動していることを確認します。
[   ] 14. 既存のOpenVMSサーバ・イメージとファイルがあるかどうかを確認します。
[   ] 15. クラスタ上に Advanced Server をインストールする場合は, OpenVMS Cluster構成を確認します。

日本語 Advanced Server for OpenVMS ソフトウェアをインストールする前に,次の手順を行います。

  注意
最後の手順を除き,すべての手順はスタンドアロンおよびクラスタ Advanced Server の両方に適用されます。最後の手順は, Advanced Server をクラスタにインストールするために行う必要のある作業を示しています。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項