日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:DEC XTPU の概要
第 2 章:DEC XTPU のデータ・タイプ
第 3 章:DEC XTPU 言語のレキシカル要素
第 4 章:DEC XTPU 組込みプロシージャ
第 5 章:DEC XTPU の起動
第 6 章:呼び出し可能なDEC XTPU
付録 A :DEC XTPUにおける端末装置のサポートと制限事項
付録 B :DEC XTPU メッセージ
索引
PDF
OpenVMS ホーム
日本語 HP OpenVMS | HPE 日本(日本ヒューレット・パッカード株式会社)

日本語 HP OpenVMS
DEC XTPU
リファレンス・マニュアル


目次 索引

第 6 章
6 呼び出し可能なDEC XTPU
     6.1     概要
         6.1.1         呼び出し可能なDEC XTPU に対する2つのインタフェース
         6.1.2         共有可能イメージ
         6.1.3         呼び出し可能なDEC XTPU ルーチンに対するパラメータの受渡し
         6.1.4         エラー処理
         6.1.5         戻される値
     6.2     単純な呼び出し可能インタフェース
         6.2.1         単純なインタフェースの例
     6.3     完全な呼び出し可能インタフェース
         6.3.1         主な呼び出し可能なDEC XTPU ユーティリティ・ルーチン
         6.3.2         その他のDEC XTPU ユーティリティ・ルーチン
         6.3.3         ユーザ作成ルーチン
     6.4     DEC XTPU ルーチンの使用例
     6.5     DEC XTPU ルーチン
    コマンド 36     FILEIO
    コマンド 37     HANDLER
    コマンド 38     INITIALIZE
    コマンド 39     USER
    コマンド 40     XTPU$CLEANUP
    コマンド 41     XTPU$CLIPARSE
    コマンド 42     XTPU$CLOSE_TERMINAL
    コマンド 43     XTPU$CONTROL
    コマンド 44     XTPU$EDIT
    コマンド 45     XTPU$EXECUTE_COMMAND
    コマンド 46     XTPU$EXECUTE_INIFILE
    コマンド 47     XTPU$FILEIO
    コマンド 48     XTPU$HANDLER
    コマンド 49     XTPU$INITIALIZE
    コマンド 50     XTPU$MESSAGE
    コマンド 51     XTPU$PARSEINFO
    コマンド 52     XTPU$SPECIFY_ASYNC_ACTION
    コマンド 53     XTPU$TRIGGER_ASYNC_ACTION
    コマンド 54     XTPU$XTPU
付録 A
付録 A DEC XTPUにおける端末装置のサポートと制限事項
     A.1     サポートされる端末装置
     A.2     制限事項
         A.2.1         DEC 漢字 1978 年版対応の端末装置
         A.2.2         132 カラム・モード
         A.2.3         罫線コード
付録 B
付録 B DEC XTPU メッセージ
     B.1     サクセス・メッセージ
     B.2     インフォメーショナル・メッセージ
     B.3     警告メッセージ
     B.4     エラー・メッセージ
索引
索引
1-1 ユーザ作成プロシージャの例
5-1 DCL コマンド・プロシージャ filename.COM
5-2 DCL コマンド・プロシージャ fortran_ts.COM
5-3 DCL プロシージャ invisible_tpu.COM
5-4 DEC XTPU コマンド・ファイル gsr.TPU
6-1 DEC FORTRAN における通常のDEC XTPU セットアップ
6-2 DEC FORTRAN でのコール・バック項目リストの作成
6-3 DEC C でのユーザ作成ファイルの入出力ルーチンの指定
6-1 バウンド・プロシージャ値
6-2 ストリーム・データ構造
6-3 アイテムディスクリプタのフォーマット
1-1 DEC XTPU データ・タイプ
1-2 DEC XTPU 言語の宣言文
1-3 DEC XTPU言語ステートメント
1-4 DEC XTPU コマンドの修飾子
2-1 パターン・データ・タイプを通知する組込みプロシージャ
4-1 CHANGE_CASE のキーワードと変換項目
4-2 GET_INFO - parameter1 として変数を使用する場合
4-3 GET_INFO - parameter1 としてキーワードを使用する場合
5-1 EDIT/XTPU コマンドの修飾子
5-2 /CODESET 修飾子のパラメータ
5-3 論理名 LANG の定義
5-4 論理名 XPG$DEFAULT_LANG の定義
6-1 クリーンアップ・オプション
6-2 使用できるアイテム・コード
6-3 XTPU$OPTIONS アイテム・コードによって与えられるビットと対応するマスク

目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項