本文に進む 日本−日本語
日本ヒューレット・パッカードホーム 製品とサービス お客様サポート/ ダウンロード ソリューション ご購入の方法
≫ お問い合わせ
日本ヒューレット・パッカードホーム
HP OpenVMS: Volume Shadowing for OpenVMS 説明書

索引

≫ 

OpenVMSドキュメント・ライブラリ

目次
まえがき
第1章:Volume Shadowingの紹介
第2章:システムに高度な可用性を構成する
第3章:ボリューム・シャドウイングを使うための準備
第4章:DCLコマンドによるシャドウセットの作成と管理
第5章:システムサービスによるシャドウセットの作成と管理
第6章:シャドウセットの整合性の保証
第7章:ミニコピーによるデータのバックアップ
第8章:シャドウ化されたシステムでのシステム管理作業
第9章:ボリュームシャドウイングの性能
付録A:メッセージ
用語集
索引
PDF
OpenVMS ホーム
ここから本文が始まります

C

CI (computer interconnect)
MSCP サーバによるシャドウ・セットへのアクセス, OpenVMS Cluster システムにまたがるシャドウイング・ディスク
コピー操作で使用, コピー操作とマージ操作の際の性能
リソースの枯渇を避ける, コピー操作とマージ操作の際の性能
CLUSTER_CONFIG_LAN.COM コマンド・プロシージャ
シャドウイング・パラメータの設定, MSCP がサービスするシステム・ディスク・シャドウ・セットからサテライト・ノードをブートする
CLUSTER_CONFIG.COM コマンド・プロシージャ
シャドウイング・パラメータの設定, MSCP がサービスするシステム・ディスク・シャドウ・セットからサテライト・ノードをブートする
Cluster システム (参照 OpenVMS Cluster システム)
/CLUSTER 修飾子, /SYSTEM と /CLUSTER でシャドウ・セットを作成する
シャドウ・セットをクラスタ単位でマウントする, MOUNT コマンドのその他の修飾子(シャドウイングに特有ではない)
/COPY 修飾子, /NOCOPY でシャドウ・セット・メンバ候補のステータスをチェックする

D

DCD (ディスク・コピー・データ) コマンド, 補助付きコピー操作
DDS (参照 異種デバイス・シャドウイング)
DECnet データベース
サテライト・ノードの例, サテライト・ノードの DECnet データベースの例
Digital Storage Architecture (DSA) ディスク・ドライブ, ハードウェア環境
DISMOUNT/FORCE_REMOVAL コマンド, シャドウ・セットからのメンバの削除
DISMOUNT コマンド
/POLICY=MINICOPY, ミニコピーを使う手順
書き込みビットマップの作成, DISMOUNT での書き込みビットマップの作成
シャドウ・セット・メンバの削除, メンバの削除とシャドウ・セットの解除
必要な特権, メンバの削除とシャドウ・セットの解除
DOSD (dump off system disk), シャドウ化されたディスクへのクラッシュ・ダンプ
DUMPSTYLE の使用, ボリューム・シャドウイング・パラメータを使う上でのガイドライン
DSA (Digital Storage Architecture)
仮想ユニットの命名, シャドウ・セットの作成
準拠しているハードウェアのサポート, サポートしている構成
DSSI (Digital Storage System Interconnect)
MSCP サーバによるシャドウ・セットへのアクセス, OpenVMS Cluster システムにまたがるシャドウイング・ディスク
DUMPSTYLE システム・パラメータ, シャドウ化されたディスクへのクラッシュ・ダンプ
DVE (参照 動的ボリューム拡張)

F

F$GETDVI レキシカル関数, F$GETDVI によるシャドウ・セット情報の取得
FDDI (Fiber Distributed Data Interface)
大規模分散シャドウイング, OpenVMS Cluster システムにまたがるシャドウイング・ディスク
Files-11 ボリューム構造
シャドウイング・サポート, サポートされるデバイス
Forced error (NOFE)
SCSI NOFE 特性の確認, SDA による他社製 SCSI デバイスの情報取得

H

HSC (hierarchical storage controller)
性能補助を無効にする, HSC の補助付きコピーとミニマージ操作の制御

L

LANCP データベース
サテライト・ノードの例, サテライト・ノードの LANCP データベースの例
LOG_IO 特権
DISMOUNT/POLICY コマンド, メンバの削除とシャドウ・セットの解除
MOUNT/POLICY コマンド, シャドウイング用の MOUNT コマンド修飾子

M

MODPARAMS.DAT ファイル
OpenVMS Cluster で編集する, システム・パラメータの設定
パラメータの設定, システム・パラメータの設定
例, システム・パラメータの設定
MOUNT コマンド, デバイスの割り当て
/POLICY=MINICOPY, ミニコピーとは何か, ミニコピー操作の開始
/CLUSTER 修飾子, MSCP がサービスするシステム・ディスク・シャドウ・セットからサテライト・ノードをブートする, MOUNT コマンドのその他の修飾子(シャドウイングに特有ではない), /SYSTEM と /CLUSTER でシャドウ・セットを作成する
/COPY 修飾子, /NOCOPY でシャドウ・セット・メンバ候補のステータスをチェックする
/INCLUDE 修飾子, /INCLUDE でシャドウ・セットを再構築する
/INCLUDE でシャドウ・セットを再構築, /INCLUDE でシャドウ・セットを再構築する
/NOASSIST 修飾子, シャドウイング用の MOUNT コマンド修飾子
/NOMOUNT_VERIFICATION 修飾子, シャドウイングに特有の MOUNT コマンド修飾子
/OVERRIDE=IDENTIFICATION 修飾子, シャドウイングに特有の MOUNT コマンド修飾子
/OVERRIDE=SHADOW_MEMBERSHIP 修飾子, 以前のシャドウ・セット・メンバをシャドウ化しないディスクとしてマウントする
POLICY 修飾子, シャドウイングに特有の MOUNT コマンド修飾子
/SYSTEM 修飾子, シャドウイングで使われるその他の MOUNT コマンド修飾子
書き込みビットマップの開始, ミニコピーを使う手順
書き込みビットマップの作成, MOUNT での書き込みビットマップの作成
形式, シャドウ・セットの作成
シャドウ・セット・メンバの追加, 2 メンバのシャドウ・セットを作成し,3 番目のメンバを追加する
修飾子, シャドウイング用の MOUNT コマンド修飾子, シャドウイングに特有の MOUNT コマンド修飾子, シャドウイングで使われるその他の MOUNT コマンド修飾子
必要な特権, シャドウイング用の MOUNT コマンド修飾子, シャドウイングで使われるその他の MOUNT コマンド修飾子
MOUNT コマンド
/POLICY=MINICOPY, ミニコピーを使う手順
MSCP (mass storage control protocol)
DCD コマンド, 補助付きコピー操作
サーバ, OpenVMS Cluster システムにまたがるシャドウイング・ディスク
サポートされるデバイス, ハードウェア環境
MVTIMEOUT パラメータ, 障害の種類

O

OPCOM (Operator Communication Manager)
メッセージ, OPCOM メッセージ
OpenVMS Cluster システム
0 以外の割り当てクラスの必要性, シャドウ・セットの作成
高度なデータ可用性を提供, ボリューム・シャドウイングを使用したデータの高可用性のレベル
コンピュータ・インターコネクト, OpenVMS Cluster システムにまたがるシャドウイング・ディスク
システム間にまたがるシャドウイング, OpenVMS Cluster システムにまたがるシャドウイング・ディスク
システム・パラメータのアップデート, システム・パラメータの設定
シャドウイングの性能の改善, マージ操作とコピー操作の性能の改善
シャドウ・セット, MSCP がサービスするシステム・ディスク・シャドウ・セットからサテライト・ノードをブートする
シャドウ・セットの最大数, シャドウ・セットの最大数
シャドウ・セットのマウント, MOUNT コマンドのその他の修飾子(シャドウイングに特有ではない)
ディザスタ・トレラント・クラスタ
シャドウ・セット・メンバの管理, ディザスタ・トレラント管理属性の指定 (Alpha のみ)
プロセス間通信, OpenVMS Cluster システムにまたがるシャドウイング・ディスク
マルチサイト・クラスタ
分散構成のシャドウイング, ディザスタ・トレラント管理属性の指定 (Alpha のみ)
OpenVMS クラスタ・システム
MSCP サーバによるアクセス, OpenVMS Cluster システムにまたがるシャドウイング・ディスク
OPER 特権
MOUNT コマンド, シャドウイング用の MOUNT コマンド修飾子
/OVERRIDE=IDENTIFICATION 修飾子, シャドウイングに特有の MOUNT コマンド修飾子
/OVERRIDE=SHADOW_MEMBERSHIP 修飾子, 以前のシャドウ・セット・メンバをシャドウ化しないディスクとしてマウントする

P

PAK (Product Authorization Key)
登録, Volume Shadowing for OpenVMS のライセンス登録
Product Authorization Key, Volume Shadowing for OpenVMS のライセンス登録
(参照 PAK)

R

RAID (redundant arrays of independent disks), 概要
レベル, ストライピング (RAID) の実装

S

SCB (storage control block)
BACKUP リビジョン番号, ストレージ制御ブロック (SCB) 内の情報
正しいディスマウント, ストレージ制御ブロック (SCB) 内の情報
ブート時に読み込まれる, システム・ディスク・シャドウ・セットからのブート
ボリューム・シャドウイング世代番号, ストレージ制御ブロック (SCB) 内の情報
ボリューム・ラベル, ストレージ制御ブロック (SCB) 内の情報
SCSI (Small Computer Systems Interface)
シャドウ化できないディスク, サポートされるデバイス
準拠しているハードウェアのサポート, サポートされるデバイス
他社製品の適合性, SDA による他社製 SCSI デバイスの情報取得
ハードウェア準拠, ハードウェア環境
SDA (参照 System Dump Analyzer ユーティリティ)
SET DEVICE コマンド
修飾子, ディザスタ・トレラント管理属性の指定 (Alpha のみ)
SET SHADOW コマンド, コピー操作とマージ操作の管理 (Alpha のみ)
SET VOLUME/LIMIT コマンド, 動的ボリューム拡張
SHAD$MERGE_DELAY_FACTOR_DSAnnnn, 補助なしマージ操作の性能の改善
SHAD$MERGE_DELAY_THRESHOLD_DSAnnnn, 補助なしマージ操作の性能の改善
SHADOW_MAX_COPY パラメータ, バージョンが混在した OpenVMS Cluster システムでのミニコピーの使用, ボリューム・シャドウイング・パラメータを使う上でのガイドライン
設定のガイドライン, シャドウ・セットの性能を管理するためのガイドライン
SHADOW_MAX_UNIT パラメータ, ボリューム・シャドウイング・パラメータを使う上でのガイドライン
SHADOW_MBR_TMO パラメータ, 障害の種類, ボリューム・シャドウイング・パラメータを使う上でのガイドライン
SHADOW_SITE_ID パラメータ, ボリューム・シャドウイングのパラメータ, マルチサイト・シャドウ・セットのメンバのための SET DEVICE コマンド修飾子, マルチサイト・シャドウ・セットのメンバのための SET SHADOW コマンド修飾子
SHADOW_SYS_DISK パラメータ, ボリューム・シャドウイング・パラメータを使う上でのガイドライン
SHADOW_SYS_TMO パラメータ, ボリューム・シャドウイング・パラメータを使う上でのガイドライン
SHADOW_SYS_UNIT パラメータ, ボリューム・シャドウイング・パラメータを使う上でのガイドライン
SHADOW_SYS_WAIT パラメータ, ボリューム・シャドウイング・パラメータを使う上でのガイドライン
SHADOWING パラメータ, ボリューム・シャドウイング・パラメータを使う上でのガイドライン
/SHADOW 修飾子, シャドウ・セットの作成, INITIALIZE/SHADOW/ERASE によるシャドウ・セットの構成の単純化
SHOW CLUSTER コマンド
書き込みビットマップ情報の表示, クラスタ・メンバの書き込みビットマップ・ステータスの表示
SHOW DEVICE コマンド
安定状態時の, コピー操作とマージの操作の例
一連の例, SHOW DEVICE でのシャドウ・セット情報の表示例
概要, シャドウ・セットの情報の表示, シャドウ・セットの表示
書き込みビットマップ情報の表示, 書き込みビットマップのサポートと動作の調査
仮想ユニットを指定, シャドウ・セットの表示
コピー操作の際の, 新しいシャドウ・セットを作成する際のコピー操作
シャドウ・セット・メンバ, シャドウ・セット・メンバの表示
マージ操作の際の, コピー操作とマージの操作の例
SHOW SHADOW コマンド, SHOW SHADOW 管理機能
/SITE 修飾子, マルチサイト・シャドウ・セットのメンバのための SET DEVICE コマンド修飾子
SYLOGICALS.COM 起動ファイル
サイトの場所を定義, ディザスタ・トレラント管理属性の指定 (Alpha のみ)
SYS$DISMOU システム・サービス
返される状態値, $DISMOU と $MOUNT で返される状態値を評価する
ボリュームのディスマウント, $DISMOU を使ってシャドウ・セットをディスマウントする
SYS$GETDVI システム・サービス
ボリューム情報の取得, $GETDVI を使ってシャドウ・セットの情報を取得する
SYS$MOUNT システム・サービス
返される状態値, $DISMOU と $MOUNT で返される状態値を評価する
項目コード, $MOUNT シャドウ・セット項目コード
シャドウ化されたボリューム・セット, $MOUNT を使ってボリューム・セットをマウントする
シャドウ・セット項目コード, $MOUNT シャドウ・セット項目コード
ボリュームのマウント, $MOUNT を使ってシャドウ・セットを作成しマウントする, $MOUNT を使ってボリューム・セットをマウントする
SYSGEN (System Generation ユーティリティ), ボリューム・シャドウイングを使うための準備
(参照 システム・パラメータ)
SYSNAM 特権
DISMOUNT コマンド, メンバの削除とシャドウ・セットの解除
MOUNT コマンド, シャドウイング用の MOUNT コマンド修飾子
MOUNT コマンドに必要, シャドウイングで使われるその他の MOUNT コマンド修飾子
System Dump Analyzer ユーティリティ (SDA)
SCSI 準拠を確認, SDA による他社製 SCSI デバイスの情報取得
システム・ディスク・シャドウ・セットへのダンプ, ミニコピーが使われた場合の,シャドウ化されたシステム・ディスクのダンプ・ファイルの取得
シャドウ化されているディスクへダンプ, シャドウ化されたディスクへのクラッシュ・ダンプ
シャドウ・セットの検査, SDA によるシャドウ・セット情報の表示
例, SDA によるシャドウ・セット情報の表示
/SYSTEM 修飾子
システム全体でアクセスするためのシャドウ・セットのマウント, シャドウイングで使われるその他の MOUNT コマンド修飾子

U

UIC (user identification codes)
ディスクをマウントするための, シャドウイング用の MOUNT コマンド修飾子

V

VOLPROC コマンド
メッセージ, VOLPROC メッセージ
VOLPRO 特権
MOUNT コマンド, シャドウイング用の MOUNT コマンド修飾子

異種デバイス・シャドウイング (DDS), サポートされるデバイス
インストレーション, Volume Shadowing for OpenVMS のライセンス登録
(参照 ライセンス登録)
Volume Shadowing for OpenVMS, インストレーション

書き込みビットマップ
DCL コマンドで管理, DCL コマンドによる書き込みビットマップの管理
ID の表示, 書き込みビットマップ ID の表示
作成, 書き込みビットマップの作成
DISMOUNT コマンド, DISMOUNT での書き込みビットマップの作成
MOUNT コマンド, MOUNT での書き込みビットマップの作成
表現, ミニコピーとは何か
表示, 書き込みビットマップの削除
マスタ, ミニコピーによるデータのバックアップ (Alpha), マスタおよびローカルの書き込みビットマップ
メッセージ
管理, 書き込みビットマップのメッセージとシャドウ・セットの制限を管理するシステム・パラメータ
ローカル, マスタおよびローカルの書き込みビットマップ
書き込み保護
ハードウェア, サポートされるデバイス
書き込み要求
性能, 概要
仮想ユニット
クラスタ単位の, MSCP がサービスするシステム・ディスク・シャドウ・セットからサテライト・ノードをブートする, シャドウ・セットの作成
システム・ディスク・シャドウ・セットとして, システム・ディスク・シャドウ・セットからのブート
定義, 概要
分散された, インストレーション
命名規則, シャドウ・セットの構成
可用性
書き込み入出力要求に伴う, 概要
シャドウ・セット構成で実現, システムに高度なデータ可用性を構成する
障害から復旧, 障害からの修復と復旧
性能への影響, ボリューム・シャドウイングの性能
データの, 概要
レベル, ボリューム・シャドウイングを使用したデータの高可用性のレベル

クォーラム・ディスク, システム・ディスクのシャドウイング
クラスの割り当て
命名形式, シャドウ・セットの作成
クラッシュ・ダンプ
システム・ディスク・シャドウ・セットへ書き込む, シャドウ化されたディスクへのクラッシュ・ダンプ
シャドウ化されたシステム・ディスクとミニコピー, ミニコピーが使われた場合の,シャドウ化されたシステム・ディスクのダンプ・ファイルの取得

項目コード
SYS$GETDVI システム・サービスで, $GETDVI シャドウ・セット項目コード
SYS$MOUNT システム・サービスで, $MOUNT シャドウ・セット項目コード
シャドウ・セットにメンバを追加するための, シャドウ・セットにメンバを追加する項目リスト
シャドウ・セットの作成とマウントのための, シャドウ・セットを作成してマウントするための項目リスト
ボリューム・セットの作成とマウントのための, ボリューム・セットを作成してマウントするための項目リスト
互換性
シャドウ・セット・メンバ, サポートされるデバイス
コピー・スレッド
SHADOW_MAX_COPY パラメータで制御, シャドウ・セットの性能を管理するためのガイドライン
ステータス・メッセージで参照, シャドウ・サーバのメッセージ
動的に制御, コピー操作とマージ操作の際の性能
コピー操作
BACKUP リビジョン番号, ストレージ制御ブロック (SCB) 内の情報
SHADOW_MAX_COPY パラメータで制御, ボリューム・シャドウイング・パラメータを使う上でのガイドライン
管理, コピー操作とマージ操作の管理 (Alpha のみ)
コピーしない, コピー操作とマージの操作の例
システム障害からの復旧, システムで障害が発生したときのシャドウ・セットの状態
システム障害後の, システムで障害が発生したときのシャドウ・セットの状態
シャドウ・セットのメンバ構成の遷移, システムで障害が発生したときのシャドウ・セットの状態
制限, ミニコピーの制限
正しいディスマウント, ストレージ制御ブロック (SCB) 内の情報
複数同時に, ボリューム・シャドウイング・パラメータを使う上でのガイドライン
補助
概要, マージ操作とコピー操作の性能の改善
補助付き, 補助付きコピー操作
HSC コントローラで無効にする, 補助付きコピー操作, HSC の補助付きコピーとミニマージ操作の制御
サポートするコントローラ, マージ操作とコピー操作の性能の改善
性能, 性能上の効果
優先パスの設定, 補助付きコピー操作
補助なし, 補助なしコピー操作
ボリューム・シャドウイング世代番号, ストレージ制御ブロック (SCB) 内の情報
ボリューム・ラベル, ストレージ制御ブロック (SCB) 内の情報
マージ操作で, コピー操作とマージの操作の例
ミニコピーと DCD コピーの性能比較, ミニコピーを使う理由
ミニコピーとの比較, コピーとミニコピーの異なる使い方
メンバの追加, コピー操作とマージの操作の例
目的, コピー操作
例, 新しいシャドウ・セットを作成する際のコピー操作
コントローラ
DCD コマンドの実行, 補助付きコピー操作
書き込みログ・エントリ, 補助付きマージ操作
性能補助のサポート, マージ操作とコピー操作の性能の改善
性能補助を使う, マージ操作とコピー操作の性能の改善
優先パスの設定, 補助付きコピー操作
コントローラのエラー
復旧, 障害の種類

システム管理
システム・ディスク・シャドウ・セットからのブート, システム・ディスク・シャドウ・セットからのブート
シャドウイング環境の設定, ボリューム・シャドウイングを使うための準備
ボリューム・シャドウイングを使っているシステムで, シャドウ化されたシステムでのシステム管理作業
システム構成, サポートしている構成, システムに高度なデータ可用性を構成する
性能への影響, ボリューム・シャドウイングの性能
設定, ボリューム・シャドウイングを使うための準備
システム・サービス
シャドウ・セット操作の実行, システム・サービスによるシャドウ・セットの作成と管理
システム・ディスク
OpenVMS Cluster にまたがるシャドウイング, システム・ディスクのシャドウイング
アップグレード, システム・ディスク・シャドウ・セット上のオペレーティング・システムのアップグレード
ダンプ・ファイルの制限, ミニコピーが使われた場合の,シャドウ化されたシステム・ディスクのダンプ・ファイルの取得
へクラッシュ・ダンプ, シャドウ化されたディスクへのクラッシュ・ダンプ
システム・ディスク・シャドウ・セット
SHADOW_SYS_DISK パラメータ, ボリューム・シャドウイング・パラメータを使う上でのガイドライン, シャドウ化されたディスクへのクラッシュ・ダンプ
SHADOW_SYS_TMO パラメータ, ボリューム・シャドウイング・パラメータを使う上でのガイドライン
SHADOW_SYS_UNIT パラメータ, ボリューム・シャドウイング・パラメータを使う上でのガイドライン
SHADOW_SYS_WAIT パラメータ, ボリューム・シャドウイング・パラメータを使う上でのガイドライン
クラッシュ・ダンプ, ミニコピーが使われた場合の,シャドウ化されたシステム・ディスクのダンプ・ファイルの取得
サテライト・ノードのブート, MSCP がサービスするシステム・ディスク・シャドウ・セットからサテライト・ノードをブートする
ブート, システム・ディスク・シャドウ・セットからのブート
へクラッシュ・ダンプ, シャドウ化されたディスクへのクラッシュ・ダンプ
システム・パラメータ
ALLOCLASS, ボリューム・シャドウイング・パラメータを使う上でのガイドライン
DUMPSTYLE, シャドウ化されたディスクへのクラッシュ・ダンプ
MODPARAMS.DAT ファイル内に設定, システム・パラメータの設定
MVTIMEOUT パラメータ, 障害の種類
SHADOW_MAX_COPY, バージョンが混在した OpenVMS Cluster システムでのミニコピーの使用, ボリューム・シャドウイング・パラメータを使う上でのガイドライン, シャドウ・セットの性能を管理するためのガイドライン
SHADOW_MAX_UNIT, ボリューム・シャドウイング・パラメータを使う上でのガイドライン
SHADOW_MBR_TMO, 障害の種類, ボリューム・シャドウイング・パラメータを使う上でのガイドライン
SHADOW_SITE_ID, ボリューム・シャドウイングのパラメータ, マルチサイト・シャドウ・セットのメンバのための SET DEVICE コマンド修飾子, マルチサイト・シャドウ・セットのメンバのための SET SHADOW コマンド修飾子
SHADOW_SYS_DISK, ボリューム・シャドウイング・パラメータを使う上でのガイドライン, シャドウ化されたシステム・ディスクを準備する, シャドウ化されたディスクへのクラッシュ・ダンプ
SHADOW_SYS_TMO, ボリューム・シャドウイング・パラメータを使う上でのガイドライン
SHADOW_SYS_UNIT, ボリューム・シャドウイング・パラメータを使う上でのガイドライン
SHADOW_SYS_WAIT, ボリューム・シャドウイング・パラメータを使う上でのガイドライン
SHADOWING, ボリューム・シャドウイング・パラメータを使う上でのガイドライン
書き込みビットマップ, 書き込みビットマップのシステム・パラメータ
現在の SYSGEN の値を表示する, システム・パラメータの表示
シャットダウン・プロシージャ
サイト固有の作成, サイト固有のシャットダウン・プロシージャ内でのシャドウ・セットのディスマウント
リブート時の不必要なマージ操作の防止, サイト固有のシャットダウン・プロシージャ内でのシャドウ・セットのディスマウント
シャドウ・サーバ
メッセージ, シャドウ・サーバのメッセージ
シャドウ・セット
安定状態の性能, 安定状態での性能
解除, シャドウ・セットの解除
SYS$DISMOU システム・サービスで, シャドウ・セットをローカルにディスマウントして解除する
概要, 概要
クォーラム・ディスク, システム・ディスクのシャドウイング
クラスタ単位の, MOUNT コマンドのその他の修飾子(シャドウイングに特有ではない)
検査, シャドウ・セットの情報の表示
DCL コマンドの SHOW DEVICE で, SHOW DEVICE でのシャドウ・セット情報の表示例
F$GETDVI レキシカル関数で, F$GETDVI によるシャドウ・セット情報の取得
SDA で, SDA によるシャドウ・セット情報の表示
構成要素, 概要
構成例, シャドウ・セットの構成
個々のメンバの変更, 個々のシャドウ・セット・メンバのデータの変更
コピー操作, コピー操作
最大数, シャドウ・セットの最大数
作成, シャドウ・セットの作成, コピーとミニコピーの異なる使い方
SYS$MOUNT システム・サービスで, $MOUNT を使ってシャドウ・セットを作成しマウントする, $MOUNT を使ってボリューム・セットをマウントする
サテライト・ノード, MSCP がサービスするシステム・ディスク・シャドウ・セットからサテライト・ノードをブートする
システム・ディスク
アップグレード, システム・ディスク・シャドウ・セット上のオペレーティング・システムのアップグレード
システム・ディスクへのクラッシュ・ダンプ, ミニコピーが使われた場合の,シャドウ化されたシステム・ディスクのダンプ・ファイルの取得, シャドウ化されたディスクへのクラッシュ・ダンプ
状態の変化, シャドウ・セットの整合性の保証
情報の表示, シャドウ・セットの情報の表示
スタンドアロン BACKUP, BACKUP プロシージャの制限
追加メンバ, シャドウ・セットにメンバを追加する項目リスト
定義, 概要
ディスマウント
SYS$DISMOU システム・サービスで, シャドウ・セットをローカルにディスマウントして解除する
バックアップ, シャドウ・セットのバックアップ操作の実行
分散化, サポートしている構成
変更をメンバに転送, 個々のシャドウ・セット・メンバのデータの変更
マージの絞り込み, コピー操作とマージ操作の際の性能
マウント, シャドウ・セットを作成してマウントするための項目リスト
SYS$MOUNT システム・サービスで, $MOUNT を使ってシャドウ・セットを作成しマウントする, $MOUNT を使ってボリューム・セットをマウントする
ボリューム・セット, $MOUNT を使ってボリューム・セットをマウントする
メンバ, 概要
メンバの削除, メンバの削除とシャドウ・セットの解除
SYS$DISMOU システム・サービスで, シャドウ・セットからのメンバの削除
メンバの初期化, 構成作業
メンバの追加, シャドウ・セット・メンバの追加, 2 メンバのシャドウ・セットを作成し,3 番目のメンバを追加する
要件, シャドウ・セットの作成
シャドウ・セット情報の表示, シャドウ・セットの情報の表示
シャドウ・セットの解除
SYS$DISMOU システム・サービスで, シャドウ・セットをローカルにディスマウントして解除する
シャドウ・セットの構成
1 つのアダプタを備えた 1 台のシステム, シャドウ・セットの構成
2 つのホスト・ベース・アダプタを備えた 1 台のシステム, シャドウ・セットの構成
可用性の効果, システムに高度なデータ可用性を構成する
高度な可用性を備えたローカル・エリア・クラスタ, シャドウ・セットの構成
最大シャドウ・セット, シャドウ・セットの最大数
デュアル・アダプタを備えた OpenVMS Cluster, シャドウ・セットの構成
例, シャドウ・セットの構成
シャドウ・セットのディスマウント
SYS$DISMOU システム・サービスで, シャドウ・セットからのメンバの削除
概要, シャドウ・セットの解除
シャドウ・セットの分散化, OpenVMS Cluster システムにまたがるシャドウイング・ディスク
シャドウ・セットのメンバ
命名, シャドウ・セットの作成
シャドウ・セットのメンバの分散化, サポートしている構成
シャドウ・セット・メンバ
個々の変更, 個々のシャドウ・セット・メンバのデータの変更
障害によりアクセス不可能, 障害からの修復と復旧
変更の転送, 個々のシャドウ・セット・メンバのデータの変更
シャドウ・セット・メンバのディスマウント, メンバの削除とシャドウ・セットの解除
障害 (参照 復旧)
初期化
ディスク・ボリューム, 構成作業

スタンドアロン BACKUP, BACKUP プロシージャの制限
ステータス・メッセージ
OPCOM, OPCOM メッセージ
VOLPROC, VOLPROC メッセージ
シャドウ・サーバ, シャドウ・サーバのメッセージ
マウント確認, マウント確認メッセージ
ストライピング
性能と, ストライピング (RAID) の実装
ストライプ・セット
シャドウ化された, シャドウ・セット,バウンド・ボリューム・セット,およびストライプ・セット
ストレージ制御ブロック, システム・ディスク・シャドウ・セットからのブート
(参照 SCB)

整合性
シャドウ・セット・メンバを追加するとき, /CONFIRM でシャドウ・セット・メンバ候補のステータスを確認する
障害の際の保証, 障害の種類
データ, シャドウ・セットの整合性の保証
性能, ボリューム・シャドウイングの性能
SHADOW_MAX_COPY によるコピー操作の制御, ボリューム・シャドウイング・パラメータを使う上でのガイドライン
安定状態, 安定状態での性能
書き込みログ・エントリ, 補助付きマージ操作
自動的なマージの絞り込み, コピー操作とマージ操作の際の性能
シャドウ・セット, ボリューム・シャドウイングの性能
補助付きコピー, 補助付きコピー操作, マージ操作とコピー操作の性能の改善, 性能上の効果
補助付きマージ操作, 補助付きマージ操作
マージ補助, マージ操作とコピー操作の性能の改善
ミニマージ, 性能上の効果
読み込み入出力要求の, 概要
性能補助
コピー操作, マージ操作とコピー操作の性能の改善
マージ操作, マージ操作とコピー操作の性能の改善
世代番号
コピー操作, ストレージ制御ブロック (SCB) 内の情報
遷移
コピー操作の際の, システムで障害が発生したときのシャドウ・セットの状態
シャドウ・セットのメンバ構成, システムで障害が発生したときのシャドウ・セットの状態
マージ操作の際の, システムで障害が発生したときのシャドウ・セットの状態
ミニマージ操作の際の, システムで障害が発生したときのシャドウ・セットの状態
遷移状態
定義, シャドウ・セットの整合性

タイムアウト
ディスク復旧, ボリューム・シャドウイング・パラメータを使う上でのガイドライン
単一システム
シャドウイングの性能の改善, マージ操作とコピー操作の性能の改善

ディザスタ・トレラント OpenVMS Cluster システム (参照 OpenVMS Cluster システム)
ディスク
Files-11 構造の, サポートされるデバイス
SCSI サポート, サポートされるデバイス
シャドウ・セットを構成する互換性, サポートされるデバイス
初期化, 構成作業
ディスク・ボリューム
初期化, 構成作業
ディスク・ミラーリング, Volume Shadowing for OpenVMS の紹介
データ
個々のメンバの変更, 個々のシャドウ・セット・メンバのデータの変更
データ・エラー
復旧, 障害の種類
データのアドレス指定
エラーから復旧, 障害からの修復と復旧
データの可用性 (参照 可用性)
データの整合性, シャドウ・セットの整合性の保証
シャドウ・セット・メンバを追加するとき, /CONFIRM でシャドウ・セット・メンバ候補のステータスを確認する
デバイス
DECram でサービスされるデバイス, ディザスタ・トレラント管理属性の指定 (Alpha のみ)
SCSI サポート, ハードウェア環境
エラーの復旧, 障害からの修復と復旧
コントローラのエラーの復旧, 障害の種類
サポートされない, サポートされるデバイス
サポートされる, ハードウェア環境
障害の復旧, 障害からの修復と復旧
データ・エラーの復旧, 障害の種類
ユニットまたはデバイスのエラーの復旧, 障害の種類
割り当て, デバイスの割り当て
デバイスのエラー
復旧, 障害の種類

ハードウェア環境, ハードウェア環境
バックアップ操作, シャドウ・セットのバックアップ操作の実行
OpenVMS Cluster 操作, OpenVMS Cluster 操作
OpenVMS ファイル・システム, ベース・ファイル・システム
RMS への配慮, RMS への配慮
XFC, $QIO ファイル・アクセスと VIOC
仮想キャッシュ, $QIO ファイル・アクセスと VIOC
シャドウ・コピー, コピー操作を使ってバックアップを作成する
シャドウ・セット・メンバを使う際のガイドライン, バックアップ用にシャドウ・セット・メンバを使う際のガイドライン
データ整合性の要件, データ整合性の要件
データ整合性を確保する手順の再評価, データ整合性を確保する手順の再評価
データの復元, データの復元
データベース・システム, データベース・システム
テスト, テスト
バックアップ・ユーティリティを使う, OpenVMS のバックアップ・ユーティリティを使う
ホスト・ベースの RAID, ホスト・ベースの RAID
マップされたファイル, マップされたファイル
マルチ・シャドウ・セット, マルチ・シャドウ・セット
バックアップ・ユーティリティ (BACKUP)
/IMAGE 修飾子, シャドウ・セットで BACKUP/IMAGE を使う
スタンドアロン
制限, BACKUP プロシージャの制限
リビジョン番号, ストレージ制御ブロック (SCB) 内の情報
パラメータ (参照 システム・パラメータ)

ブート
サテライト・ノード, MSCP がサービスするシステム・ディスク・シャドウ・セットからサテライト・ノードをブートする
サテライト・ブート・デバイス, MSCP がサービスするシステム・ディスク・シャドウ・セットからサテライト・ノードをブートする
システム・ディスク・シャドウ・セット, システム・ディスク・シャドウ・セットからのブート
復旧
コントローラのエラーの, 障害の種類
システム障害からの, システムで障害が発生したときのシャドウ・セットの状態
修復作業, 障害からの修復と復旧
データ・エラーの, 障害の種類
データの修復, 概要
デバイスの障害から, 障害からの修復と復旧
ユニットまたはデバイスのエラーの, 障害の種類

マージ操作
SHADOW_MAX_COPY パラメータで制御, ボリューム・シャドウイング・パラメータを使う上でのガイドライン
管理, コピー操作とマージ操作の管理 (Alpha のみ)
システム障害後の, システムで障害が発生したときのシャドウ・セットの状態
自動的な絞り込み, コピー操作とマージ操作の際の性能
絞り込み, 補助なしマージ操作の性能の改善
シャドウ・セットのメンバ構成の遷移, システムで障害が発生したときのシャドウ・セットの状態
性能の改善, 補助なしマージ操作の性能の改善
複数同時に, ボリューム・シャドウイング・パラメータを使う上でのガイドライン
不必要なものの防止, サイト固有のシャットダウン・プロシージャ内でのシャドウ・セットのディスマウント
補助付き
性能, 補助付きマージ操作
補助なし, 補助なしマージ操作
例, コピー操作とマージの操作の例
マウント
仮想ユニット, シャドウ・セットの作成
シャドウ・セット, MOUNT コマンドのその他の修飾子(シャドウイングに特有ではない)
デバイス, デバイスの割り当て
ボリューム・セット, $MOUNT を使ってボリューム・セットをマウントする
マウント確認
メッセージ, マウント確認メッセージ
マス・ストレージ制御プロトコル, OpenVMS Cluster システムにまたがるシャドウイング・ディスク
(参照 MSCP)

命名規則
仮想ユニット, シャドウ・セットの作成
シャドウ・セット, シャドウ・セットの作成
デバイス, シャドウ・セットの作成
メッセージ, メッセージ
OPCOM, OPCOM メッセージ
VOLPROC, VOLPROC メッセージ
システム・サービス, $DISMOU と $MOUNT で返される状態値を評価する
シャドウ・サーバ, シャドウ・サーバのメッセージ
マウント確認, マウント確認メッセージ
未登録のノードに対して表示, Volume Shadowing for OpenVMS のライセンス登録
メンバ
初期化, 構成作業
追加, シャドウ・セット・メンバの追加
メンバ構成
新しいディスクの追加, シャドウ・セット・メンバの追加
安定状態のときの, システムで障害が発生したときのシャドウ・セットの状態
コピー操作の際の遷移, システムで障害が発生したときのシャドウ・セットの状態
データの整合性, シャドウ・セットの整合性の保証
マージ操作の際の遷移, システムで障害が発生したときのシャドウ・セットの状態
ミニマージ操作の際の遷移, システムで障害が発生したときのシャドウ・セットの状態
メンバ・ユニット
0 以外の割り当てクラスの必要性, シャドウ・セットの作成
システム・ディスクへクラッシュ・ダンプ, シャドウ化されたディスクへのクラッシュ・ダンプ
バックアップ, シャドウ・セットのバックアップ操作の実行, BACKUP プロシージャの制限
マウント, シャドウ・セットの作成

ユーザ識別コード (参照 UIC)
優先パス
コントローラに設定, 補助付きコピー操作
ユニットのエラー
復旧, 障害の種類

読み込み要求
性能, 概要

割り当てクラス
0 以外, シャドウ・セットの作成
印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項
© 2009 Hewlett-Packard Development Company, L.P.