日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:はじめに
第 2 章:仮想アドレス空間の概要
第 3 章:システム・サービスの 64 ビット・アドレッシングのサポート
第 4 章:メモリ管理 VLM 機能
第 5 章:64 ビット・アドレッシングを対象とする RMS インタフェースの強化
第 6 章:ファイル・システムの 64 ビット・アドレッシングのサポート
第 7 章:OpenVMS Alpha デバイスの 64 ビット・アドレッシングのサポート
第 8 章:OpenVMS Alpha 64 ビット API ガイドライン
第 9 章:64 ビット・アドレッシングをサポートする OpenVMS Alpha ツールおよびユーティリティ
第 10 章:言語およびポインタの 64 ビット・アドレッシング・サポート
第 11 章:DEC C RTL の 64 ビット・アドレッシング・サポート
付録 A :64 ビット・アドレッシングのための C マクロ
付録 B :64 ビット・アドレッシングのための MACRO-32 マクロ
付録 C :64 ビット・プログラム例
付録 D :VLM プログラム例
索引
PDF
OpenVMS ホーム
Open VMS Alpha オペレーティング・システム | HPE 日本(日本ヒューレット・パッカード株式会社)

Open VMS Alpha オペレーティング・システム
64 ビット・アドレッシングおよび VLM 機能説明書


目次 索引

第 10 章
言語およびポインタの 64 ビット・アドレッシング・サポート

DEC C および DEC C ランタイム・ライブラリ (RTL) は 64 ビット・アドレッシングを完全にサポートしているため, OpenVMS Alpha の 64 ビット・アプリケーション,ライブラリ,およびシステム・コードをプログラミングするには,C 言語が適しています。 64 ビット・ポインタは既存の C コードにシームレスに組み込むことができます。また,自然な C コーディング・スタイルで, OpenVMS Alpha が提供する 64 ビット・アドレス空間を利用して,新規の 64 ビット・アプリケーションを開発することができます。

すべてが 32 ビット・ポインタ・サイズ(省略時の設定),すべてが 64 ビット・ポインタ・サイズ,および 32 ビットと 64 ビットのポインタ・サイズが混在する環境をそれぞれサポートすることによって, DEC C で 64 ビットの OpenVMS アプリケーションをプログラミングする上で,柔軟性に加えて互換性が提供されます。

32 ビットと 64 ビットのポインタが混在する環境をサポートする ANSI 準拠の #pragma 手法は,Digital UNIX にも共通しています。 64 ビットの C サポート機能には,メモリ割り当てルーチン名のマッピング (_malloc64 および _malloc32 の透過的サポート),および 32 ビットと 64 ビットのポインタ型についての C の型チェックが含まれます。

『OpenVMS Calling Standard』には,ルーチンの起動およびルーチン間でのデータの引き渡しについて,すべての OpenVMS 言語が使用する手法が説明されています。また,エラーおよび例外処理ルーチンにおける一貫性を保持するメカニズムも定義しています。

『OpenVMS Calling Standard』は,常に 64 ビット単位のパラメータを指定しています。 V7.0 より前のリリースの OpenVMS Alpha では,呼び出されたルーチンは,引数の上位 32 ビットを常に無視していました。 OpenVMS Alpha V7.0 以降,『OpenVMS Calling Standard』は,次の 64 ビット・アドレス・サポートを提供します。

  • 呼び出されたルーチンは,完全な 64 ビット・アドレスを使用できる。

  • 呼び出し者は,32 ビット・ポインタと 64 ビット・ポインタのどちらも渡すことができる。

  • 参照渡しで渡されるポインタは,元のルーチンの 64 ビット版を新しく必要とすることがしばしばある。

  • ディスクリプタや項目リストなどを例として定義する 自己識別型構造体によって,既存の API が互換性を伴って強化される。

混在するポインタのための OpenVMS Alpha の 64 ビット・アドレッシング・サポートには,次の機能も含まれます。

  • OpenVMS Alpha 64 ビット仮想アドレス空間レイアウトが,すべてのプロセスに適用される (64 ビット・プロセスや 32 ビット・プロセスの区別は特にない)。

  • 64 ビット・ポインタのアドレッシング・サポートは, 64 ビットの OpenVMS Alpha アドレス空間レイアウト全体を対象とし, P0,P1,P2 アドレス空間と, S0/S1,S2,ページ・テーブル・アドレス空間を含む。

  • 32 ビット・ポインタは,P0,P1,S0/S1 アドレス空間のアドレッシングについて互換性を持つ。

  • P0,P1,P2 空間アドレスをサポートする新規の 64 ビット・システム・サービスが多数追加された。

  • 既存の多くのシステム・サービスが,64 ビット・アドレッシングをサポートするように強化された。

  • 32 ビット・ポインタだけのシステム・サービスに渡されるすべての引数について,32 ビット符号拡張チェックが行われる。

  • 64 ビット・アドレスを処理する C および MACRO-32 マクロが用意されている。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項