日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:はじめに
第 2 章:仮想アドレス空間の概要
第 3 章:システム・サービスの 64 ビット・アドレッシングのサポート
第 4 章:メモリ管理 VLM 機能
第 5 章:64 ビット・アドレッシングを対象とする RMS インタフェースの強化
第 6 章:ファイル・システムの 64 ビット・アドレッシングのサポート
第 7 章:OpenVMS Alpha デバイスの 64 ビット・アドレッシングのサポート
第 8 章:OpenVMS Alpha 64 ビット API ガイドライン
第 9 章:64 ビット・アドレッシングをサポートする OpenVMS Alpha ツールおよびユーティリティ
第 10 章:言語およびポインタの 64 ビット・アドレッシング・サポート
第 11 章:DEC C RTL の 64 ビット・アドレッシング・サポート
付録 A :64 ビット・アドレッシングのための C マクロ
付録 B :64 ビット・アドレッシングのための MACRO-32 マクロ
付録 C :64 ビット・プログラム例
付録 D :VLM プログラム例
索引
PDF
OpenVMS ホーム
Open VMS Alpha オペレーティング・システム | HPE 日本

Open VMS Alpha オペレーティング・システム
64 ビット・アドレッシングおよび VLM 機能説明書


目次 索引

第 9 章
64 ビット・アドレッシングをサポートする OpenVMS Alpha ツールおよびユーティリティ

本章では,64 ビット仮想アドレッシングをサポートするように強化された次の OpenVMS Alpha ツールについて,簡単に説明します。

  • OpenVMS デバッガ

  • システム・コード・デバッガ

  • XDELTA

  • ウォッチポイント・ユーティリティ

  • SDA

  • OpenVMS ランタイム・ライブラリの LIB$ および CVT$ 機能



9.1 OpenVMS デバッガ

OpenVMS Alpha システムのデバッガは, 64 ビット・アドレッシングのサポートによって実現される拡張メモリにアクセスすることができます。完全な 64 ビット・アドレス空間の中で,データを検査したり操作することができます。

新しい [Quad] オプションを使用することによって,変数をクォドワードとして扱うことができます。このオプションは, [Monitor] プルダウン・メニューおよび [Examine] ダイアログ・ボックスの, [Typecast] メニューにあります。

デバッガの省略時の設定の型はロングワードです。これは,32 ビット・アプリケーションをデバッグするのに適しています。 64 ビット・アドレス空間を使用するアプリケーションをデバッグするには,省略時の設定の型をクォドワードに変更することをおすすめします。この操作を行うには,SET TYPE QUADWORD コマンドを使用します。

16 進アドレスは,Alpha 上では 16 桁の数値であることに注意してください。この例を次に示します。


DBG> EVALUATE/ADDRESS/HEX %hex 000004A0
00000000000004A0
DBG>

デバッガは 32 ビット・ポインタおよび 64 ビット・ポインタをサポートします。

OpenVMS デバッガの使用についての詳細は,『OpenVMS デバッガ説明書』を参照してください。

9.2 OpenVMS Alpha システム・コード・デバッガ

OpenVMS Alpha システム・コード・デバッガは 64 ビット・アドレスを受け取り, 64 ビット・アドレス全体を使用して情報を検索します。

9.3 Delta/XDelta

XDELTA は,OpenVMS Alpha 上で常に 64 ビット・アドレッシングをサポートしています。クォドワード表示モードは,情報をすべてクォドワードで表示します。また,64 ビット・アドレス表示モードは,すべてのアドレスを 64 ビットの長さとして受け取り,表示します。

XDELTA は,PFN データベースの内容を表示するコマンド文字列をあらかじめ定義しています。OpenVMS Alpha Version 7.0 における PFN データベース・レイアウトの変更に伴い,表示用のコマンド文字列およびその形式が合わせて変更されました。

Delta/Xdelta についての詳細は,『OpenVMS Delta/XDelta Debugger Manual』を参照してください。

9.4 OpenVMS ランタイム・ライブラリの LIB$ および CVT$ 機能

OpenVMS RTL ライブラリの LIB$ 機能および CVT$ 機能の, 64 ビット・アドレッシング・サポートについての詳細は,『OpenVMS RTL Library (LIB$) Manual』を参照してください。

9.5 ウォッチポイント・ユーティリティ

ウォッチポイント・ユーティリティは, 64 ビット・アドレスにウォッチポイントを設定することにより,共用システム空間内の特定の位置に加えられた修正の履歴を保持するデバッグ・ツールです。これは S0,S1,または S2 空間の,任意のシステム・アドレスをウォッチします。

ウォッチポイント・ユーティリティに対する $QIO インタフェースは, 64 ビット・アドレスをサポートします。 WATCHPOINT コマンド・インタプリタ (WP) は, DCL 構文の標準規則に従うコマンドから, WATCHPOINT ドライバ (WPDRIVER) に対して,$QIO 要求を発行します。

コマンドは WATCHPOINT> プロンプトに対して入力し,ウォッチポイントからの情報の設定,削除,および取得を行います。 WATCHPOINT コマンド・インタプリタ (WP) を起動する前に,または WATCHPOINT ドライバをロードする前に,まず, SYSGEN MAXBUF ダイナミック・パラメータを 64000 に設定しなければなりません。この操作は次の手順で行います。


$ RUN SYS$SYSTEM:SYSGEN 
SYSGEN> SET MAXBUF 64000 
SYSGEN> WRITE ACTIVE 
SYSGEN> EXIT 

WP を起動する前に,SYSMAN で WPDRIVER をインストールしなければなりません。次の手順で行います。


$ RUN SYS$SYSTEM:SYSMAN 
SYSMAN> IO CONNECT WPA0/DRIVER=SYS$WPDRIVER/NOADAPTER 
SYSMAN> EXIT 

次のコマンドで WP を起動します。


$ RUN SYS$SYSTEM:WP 

WATCHPOINT> プロンプトに対してコマンドを入力し,ウォッチポイントからの情報の設定,削除,および取得を行います。

ターミナルの表示幅を 132 桁に設定すると,ウォッチポイント・ユーティリティへの出力および WP ヘルプ画面を最適に表示することができます。この設定は次の手順で行います。


$ SET TERM/WIDTH=132 



9.6 SDA

OpenVMS Alpha Version 7.0 の場合,SDA は,ユーザが式の中で 64 ビット・アドレスおよび 64 ビット値を指定することを認めています。また,適切な場所で完全な 64 ビット値も表示します。

SDA の 64 ビット・アドレッシング・サポートの使用についての詳細は,『OpenVMS Alpha System Dump Analyzer Utility Manual』を参照してください。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項