日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:はじめに
第 2 章:仮想アドレス空間の概要
第 3 章:システム・サービスの 64 ビット・アドレッシングのサポート
第 4 章:メモリ管理 VLM 機能
第 5 章:64 ビット・アドレッシングを対象とする RMS インタフェースの強化
第 6 章:ファイル・システムの 64 ビット・アドレッシングのサポート
第 7 章:OpenVMS Alpha デバイスの 64 ビット・アドレッシングのサポート
第 8 章:OpenVMS Alpha 64 ビット API ガイドライン
第 9 章:64 ビット・アドレッシングをサポートする OpenVMS Alpha ツールおよびユーティリティ
第 10 章:言語およびポインタの 64 ビット・アドレッシング・サポート
第 11 章:DEC C RTL の 64 ビット・アドレッシング・サポート
付録 A :64 ビット・アドレッシングのための C マクロ
付録 B :64 ビット・アドレッシングのための MACRO-32 マクロ
付録 C :64 ビット・プログラム例
付録 D :VLM プログラム例
索引
PDF
OpenVMS ホーム
Open VMS Alpha オペレーティング・システム | HPE 日本

Open VMS Alpha オペレーティング・システム
64 ビット・アドレッシングおよび VLM 機能説明書


目次 索引

第 6 章
ファイル・システムの 64 ビット・アドレッシングのサポート

Files-11 On-Disk Structure Level 2 (ODS-2) を実現する Extended QIO Processor (XQP) ファイル・システム,および Magnetic Tape Ancillary Control Process (MTAAACP) は共に,仮想読み込み関数と仮想書き込み関数における, 64 ビット・バッファ・アドレスの使用をサポートします。

XQP および ACP は,ファイルへの仮想 I/O 要求を,デバイスへの 1 つ以上の論理 I/O 要求に変換します。 XQP または ACP 要求で指定されるバッファはデバイス・ドライバに渡されるため, P2 または S2 空間内のバッファのサポートも, XQP および ACP で使用されるデバイス・ドライバに依存します。

OpenVMS が提供するディスク・ドライバおよびテープ・ドライバはすべて,仮想,論理,および物理的な読み込み関数と書き込み関数において,ディスク・デバイスとテープ・デバイスを対象とするデータ転送で 64 ビット・アドレスをサポートします。したがって,XQP および Magnetic Tape ACP は,仮想読み込み関数と仮想書き込み関数において, P2 または S2 空間内のバッファをサポートします。

XQP および ACP は,制御関数 (IO$_ACCESS,IO$_DELETE,IO$_MODIFY など) において, P2 または S2 空間内のバッファをサポートすることはしません。

64 ビット・バッファ・アドレスをサポートするデバイス・ドライバについての詳細は, 第 7 章 を参照してください。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項