日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:はじめに
第 2 章:仮想アドレス空間の概要
第 3 章:システム・サービスの 64 ビット・アドレッシングのサポート
第 4 章:メモリ管理 VLM 機能
第 5 章:64 ビット・アドレッシングを対象とする RMS インタフェースの強化
第 6 章:ファイル・システムの 64 ビット・アドレッシングのサポート
第 7 章:OpenVMS Alpha デバイスの 64 ビット・アドレッシングのサポート
第 8 章:OpenVMS Alpha 64 ビット API ガイドライン
第 9 章:64 ビット・アドレッシングをサポートする OpenVMS Alpha ツールおよびユーティリティ
第 10 章:言語およびポインタの 64 ビット・アドレッシング・サポート
第 11 章:DEC C RTL の 64 ビット・アドレッシング・サポート
付録 A :64 ビット・アドレッシングのための C マクロ
付録 B :64 ビット・アドレッシングのための MACRO-32 マクロ
付録 C :64 ビット・プログラム例
付録 D :VLM プログラム例
索引
PDF
OpenVMS ホーム
Open VMS Alpha オペレーティング・システム | HPE 日本

Open VMS Alpha オペレーティング・システム
64 ビット・アドレッシングおよび VLM 機能説明書


目次 索引



次の SYSMAN コマンドを実行することによって,予約メモリ・エントリを削除できます。


SYSMAN RESERVED_MEMORY REMOVE gs_name /GROUP = n 

gs_nameには,予約メモリ・レジストリから削除するエントリに関連付けられているメモリ常駐セクションの名前を指定します。名前は必ず指定しなければなりません。

/GROUP 修飾子に指定する値 n は,削除するメモリ常駐セクションに関連付けられているUIC グループ番号(8 進数)です。メモリ常駐グローバル・セクションがグループ・グローバル・セクションの場合は, /GROUP 修飾子を指定しなければなりません。メモリ常駐グローバル・セクションがシステム・グローバル・セクションの場合は, /GROUP 修飾子を指定しないでください。

ページ・テーブルが名前付きメモリ常駐グローバル・セクション用に予約されている場合,そのための追加予約メモリも削除されます。

REMOVE コマンドは予約メモリ・レジストリ・データ・ファイルからエントリを削除するだけで,実行中のシステム内のメモリには影響しません。

システムを初期化する時に, VMS$RESERVED_MEMORY.DATA データ・ファイルが読み込まれます。

データ・ファイル内の各エントリについて, RESERVED_MEMORY ADD コマンドの /SIZE 修飾子で指定したメガバイト数が,このメモリ常駐グローバル・セクションに対するシステムの流動ページ・カウントから差し引かれます。 /PAGE_TABLES が指定されている場合,メモリ常駐グローバル・セクションをマッピングする共用ページ・テーブルが必要とするメモリ量も,システムの流動ページ・カウントから差し引かれます。

RESERVED_MEMORY ADD コマンドに /ALLOCATE が指定された場合,物理ページの連続的なまとまりが割り当てられ,メモリ常駐グローバル・セクション用に確保されます。 /PAGE_TABLES が指定された場合,物理ページの連続的なまとまりがさらに割り当てられ,共用ページ・テーブル用に確保されます。ページは,与えられたサイズのまとまりに対して,最大の粒度ヒント係数を使用するのに適した物理アライメントを持ちます。 /ZERO が指定された場合,システムの初期化の際に,またはシステムがアイドル状態のとき,ページがゼロ化されます。 /ZERO が指定されていない場合,または /NOZERO が指定された場合は,メモリ常駐グローバル・セクションが作成されるときにページがゼロ化されます。

システム・パラメータ STARTUP_P1 が MIN に設定されると,予約メモリ・レジストリ・エントリ内のエントリは無視され,メモリは予約されません。

システムの初期化の際に行われる予約メモリ・レジストリ・データ・ファイルの処理で,システム流動ページの予約や,連続的にアラインされた物理ページの割り当てに関してエラーが発生すると,コンソールにエラー・メッセージが出力され,システムは起動を続けます。

実行中のシステムの中で次の SYSMAN コマンドを実行することによって,予約メモリを解放できます。


SYSMAN RESERVED_MEMORY FREE gs_name /GROUP = n 

gs_nameには,予約メモリ・レジストリから解放するエントリに関連付けられているメモリ常駐セクションの名前を指定します。名前は必ず指定しなければなりません。

/GROUP 修飾子に指定する値 n は,解放するメモリ常駐セクションに関連付けられているUIC グループ番号(8 進数)です。メモリ常駐グローバル・セクションがグループ・グローバル・セクションの場合は, /GROUP 修飾子を指定しなければなりません。メモリ常駐グローバル・セクションがシステム・グローバル・セクションの場合は, /GROUP 修飾子を指定しないでください。

システムの初期化の際に,このグローバル・セクションに対して連続的にアラインされた物理ページがあらかじめ割り当てられなかった場合,システムの流動ページ・カウントに予約メモリが単純に追加されます。そうでなければ,システムの未使用またはゼロ化ページ・リスト上で,物理ページの割り当てが解除されます。システムの流動ページ・カウントは,割り当てを解除されたページを含むように調整されます。

名前付きのメモリ常駐グローバル・セクションに対してページ・テーブルも予約されている場合,共用ページ・テーブル用の予約メモリも解放されます。

名前付きのメモリ常駐グローバル・セクションによって予約メモリが使用されている場合,現在使用されていない予約メモリが解放されます。

RESERVED_MEMORY FREE コマンドは,予約メモリ・レジストリ・データ・ファイルの内容には影響しません。実行中のシステム内のメモリにだけ影響します。

予約メモリ情報は,予約メモリ・レジストリ・データ・ファイルと,データ・ファイル内のエントリに基づいてシステムの初期化の際に作成される,実行中のシステム内の予約メモリ・レジストリの 2 ヶ所に保存されています。

予約メモリについての情報がどこから発生するかによって,表示メカニズムがそれぞれ異なります。

実行中のシステムの中で予約メモリ・レジストリを表示するには, SYSMAN,DCL SHOW MEMORY コマンド,および SDA という 3 種類のメカニズムがあります。

  • SYSMAN
    次の SYSMAN コマンドを実行することによって,実行中のシステムの中で予約メモリ・レジストリを表示できる。


    SYSMAN RESERVED_MEMORY SHOW gs_name /GROUP = n 
    


    gs_nameには,実行中のシステムの中で表示するエントリに関連付けられているメモリ常駐グローバル・セクションの名前を指定する。 gs_name の指定を省略すると,登録されているすべてのグローバル・セクションに対する予約メモリが表示される。
    /GROUP 修飾子に指定する値n は,表示するメモリ常駐セクションに関連付けられているUIC グループ番号(8進数)である。メモリ常駐グローバル・セクションがグループ・グローバル・セクションの場合は, /GROUP 修飾子を指定しなければならない。メモリ常駐グローバル・セクションがシステム・グローバル・セクションの場合は, /GROUP 修飾子を指定してはならない。 /GROUP 修飾子は,gs_name が指定されているときだけ指定できる。

  • DCL SHOW MEMORY コマンド
    DCL SHOW MEMORY コマンドを実行することによって,実行中のシステム内の予約メモリ・レジストリを表示できる。このコマンドは,予約メモリ・レジストリをはじめ,実行中のシステムについてのメモリ関連情報をすべて表示する。
    SHOW MEMORY /RESERVED コマンドは,実行中のシステム内の予約メモリ・レジストについての情報だけを表示する。
    SHOW MEMORY コマンドによって表示される情報には,名前付きグローバル・セクションによって現在使用されているメモリ量も含まれる。また,ページ・テーブル用に予約されているメモリ量と,使用されているメモリ量 (使用されている場合) も表示される。

  • SDA
    SDA もさまざまな拡張機能を備えており,実行中のシステム内の予約メモリ・レジストリに加えて,クラッシュ・ダンプ・ファイルを表示する。



システム・サービス SYS$CREATE_GDZRO および SYS$CRMPSC_GDZRO_64 は,内部カーネル・モードの OpenVMS Alpha ルーチンを呼び出し,予約メモリ・レジストリに登録されている予約メモリを使用します。

グローバル・セクションは,予約メモリ・レジストリに登録されている必要はありません。グローバル・セクション名が予約メモリ・レジストリに登録されている場合,グローバル・セクションのサイズが,予約メモリのサイズに正確に一致している必要はありません。グローバル・セクションが登録されていない場合,またはグローバル・セクションが予約メモリ・レジストリに登録されるときに /NOALLOCATE が指定された場合,メモリ常駐グローバル DZRO セクションに対して fault オプションが使用されます。サイズが予約メモリのサイズよりも大きい場合,メモリ常駐グローバル DZRO セクションを作成するシステム・サービス呼び出しは,システム内に十分な追加流動ページがない限り失敗します。

グローバル・セクションが予約メモリ・レジストリに登録されるときに /ALLOCATE が指定された場合,メモリ常駐グローバル DZRO セクションに対してallocateオプションが使用されます。グローバル・セクションのサイズは,予約されている割り当て済みのメモリのサイズ以下でなければなりません。そうでないと,システム・サービス呼び出しからエラー SS$_MRES_PFNSMALL が返されます。

メモリ常駐グローバル・セクションが削除された時,このグローバル・セクションに対して,連続的でアラインされた物理ページがあらかじめ割り当てられていなかった場合,このグローバル・セクションに使用されていた物理ページの割り当てが解除され,空きページ・リストに返されます。システムの流動ページ・カウントは,このグローバル・セクションについて,予約メモリ・レジストリに予約されていないページ分だけ調整されます。

メモリ常駐グローバル・セクションが削除された時,このグローバル・セクションに対して,連続的でアラインされた物理ページがあらかじめ割り当てられていた場合,このグローバル・セクション用に使用されていた物理ページが予約メモリ・レジストリに返されます。物理ページの割り当てが解除されて空きページ・リストに返されることはなく,引き続き予約されます。システムの流動ページ・カウントも調整されません。

予約メモリは, SYSMAN ユーティリティの RESERVED_MEMORY FREE コマンドでのみ実行中のシステムに解放されます。

注意

パーマネント・グローバル・セクションは, SYS$DGBLSC の呼び出しと,グローバル・セクションへの最終リファレンスで削除されます。非パーマネント・グローバル・セクションは,グローバル・セクションへの最終リファレンスで単純に削除されます。



メモリ常駐グローバル・セクションを使用する OpenVMS Alpha アプリケーションを構成するには,次の手順を実行します。

  1. SYSMAN RESERVED_MEMORY ADD コマンドを実行し,必要な予約メモリを指定します。

  2. フィードバックを伴う AUTOGEN を実行し,システムの流動ページ・カウントを適切に設定し,システムのページファイル,プロセス数,およびワーキング・セット最大サイズを適切に算出します。

  3. システムを再起動することによって,予約メモリをシステムの流動ページ・カウントから除外し,連続的でアラインされたページを割り当て,必要に応じてゼロ化します。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項