日本-日本語
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


≫ 

OpenVMS V8.3
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:はじめに
第 2 章:仮想アドレス空間の概要
第 3 章:システム・サービスの 64 ビット・アドレッシングのサポート
第 4 章:メモリ管理 VLM 機能
第 5 章:64 ビット・アドレッシングを対象とする RMS インタフェースの強化
第 6 章:ファイル・システムの 64 ビット・アドレッシングのサポート
第 7 章:OpenVMS Alpha デバイスの 64 ビット・アドレッシングのサポート
第 8 章:OpenVMS Alpha 64 ビット API ガイドライン
第 9 章:64 ビット・アドレッシングをサポートする OpenVMS Alpha ツールおよびユーティリティ
第 10 章:言語およびポインタの 64 ビット・アドレッシング・サポート
第 11 章:DEC C RTL の 64 ビット・アドレッシング・サポート
付録 A :64 ビット・アドレッシングのための C マクロ
付録 B :64 ビット・アドレッシングのための MACRO-32 マクロ
付録 C :64 ビット・プログラム例
付録 D :VLM プログラム例
索引
PDF
OpenVMS ホーム
Open VMS Alpha オペレーティング・システム | HPE 日本

Open VMS Alpha オペレーティング・システム
64 ビット・アドレッシングおよび VLM 機能説明書


目次 索引



ユーザ定義仮想リージョンは,新しい OpenVMS SYS$CREATE_REGION_64 システム・サービスを呼び出すことによって作成される仮想リージョンです。ユーザ定義仮想リージョンが作成される位置は,一般的には予測できません。 64 ビット・プログラム・リージョンのための拡張領域を最大化するために, OpenVMS メモリ管理は,既存のユーザ定義リージョンより下位の, P2 空間内の最高位仮想アドレスを先頭に,仮想リージョンを割り当てます。

プロセス・プライベート・アドレス空間を最大限に制御するために,アプリケーション・プログラマは,仮想リージョンを作成するときに,先頭の仮想アドレスを指定することができます。これは,ユーザが正確な仮想メモリ・レイアウトを指定することが求められるような状況で効果的です。

仮想リージョンは,仮想アドレスが増加する方向に向かって,または減少する方向に向かって割り当てが行われるように作成することができます。これによって,スタック形式の構造を伴うアプリケーションは,仮想アドレス空間を作成し,自然に拡張することができます。

仮想リージョンを作成することによって, OpenVMS サブシステムおよびアプリケーション・プログラマは,拡張用の仮想アドレス空間を確保することができます。たとえば,アプリケーションは,大きな仮想リージョンを作成し,その仮想リージョンの中でいくつかの仮想アドレスを作成することができます。この後,アプリケーションがさらに仮想アドレス空間を必要とする場合,仮想リージョン内での拡張が可能です。その仮想リージョン内ですでに割り当てられているアドレスに実質的に連続した状態で,さらにアドレス空間を作成することができます。

SYS$CREATE_REGION_64 サービスへのフラグ引数に VA$M_P0_SPACE または VA$M_P1_SPACE を指定すると, P0 空間および P1 空間に仮想リージョンを作成することができます。

SYS$DELETE_REGION_64 システム・サービスで仮想リージョンを明示的に削除しないと,イメージが終了したときに,ユーザ定義仮想リージョンと共に,作成されたすべてのアドレス空間が削除されます。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡