日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:OpenVMS オペレーティング・システムの概要
第 2 章:DCL を使用したシステムとの会話
第 3 章:ファイル情報の格納
第 4 章:ディレクトリ・ファイルの編成
第 5 章:拡張ファイル指定
第 6 章:ディスクとテープ・ドライブの使用方法
第 7 章:Mail を使用して他のユーザと通信する
第 8 章:EVE エディタによるテキスト・ファイルの編集
第 9 章:ファイルのソートとマージ
第 10 章:資源へのアクセスの制御
第 11 章:デバイスとファイルの論理名定義
第 12 章:シンボル,コマンド,式の定義
第 13 章:コマンド・プロシージャの概要
第 14 章:DCL での拡張プログラミング
第 15 章:レキシカル関数を使用しての情報の取得と処理
第 16 章:プロセスとバッチ・ジョブ
付録 A :文字セット
付録 B :コマンド・プロシージャの例
用語集
索引
PDF
OpenVMS ホーム
OpenVMS | HPE 日本(日本ヒューレット・パッカード株式会社)

OpenVMS
ユーザーズ・マニュアル


目次 索引


サーカンフレックス #1
サーカンフレックス #2
サーカンフレックス #3
再初期化ボリューム
最上位ディレクトリ
再呼び出しバッファ
    削除
削除
    コマンド行の文字の
サブシェル
    PIPE コマンド
サブディレクトリ
    一覧
    構文
    作成方法
    省略時の〜を設定する
サブプロセス
    親プロセスから受け継ぐ環境 #1
    親プロセスから受け継ぐ環境 #2
    親プロセスからの環境の除外
    コンテキスト #1
    コンテキスト #2
    作成方法
    終了 #1
    終了 #2
    ジョブ階層構造
    制御の引き継ぎ
    生成 #1
    生成 #2
        複数の
    定義
サブルーチン,制御を渡す
    DCL評価
    値データ・タイプの変換 #1
    値データ・タイプの変換 #2
    演算子の優先順位
    とシンボル #1
    とシンボル #2
    論理 #1
    論理 #2
    論理 #3
識別子
    UIC
    環境
    汎用
    プロセスの表示
システム
    制御使用
システム・セキュリティ
    監査ログ・ファイル
システム特権
    ファイル保護
システム・メッセージ
    メッセージも参照
システム例
    論理名
下向き矢印キー
    によるコマンドの再呼び出し #1
    によるコマンドの再呼び出し #2
修飾子
    値の指定
    コマンド
    時刻形式
    定位置
    定義
    パラメータ
    日付形式
    矛盾する
終了
    コマンド・プロシージャからの
出力
    コマンドとイメージからの切り換え
    コマンド・プロシージャでの指定
出力先の切り換え
出力ストリーム
    リダイレクト
出力文字列
    F$FAOレキシカル関数による書式化
省略時の
    システムが提供する値
    定義
    ファイル保護
省略時の値
    DCLコマンドの
省略時の設定
    コマンド・プロシージャ内からの復元
    コマンド・プロシージャ内への保存
初期化
    ディスク・ボリュームの
    ボリューム
        ディスク・ボリュームの
初期化ファイル
署名ファイル
    メール・メッセージの追加
シンタクス
    OpenVMS Clusterデバイス指定
侵入の試み
    回避
    監査
シンボル
    DCLコマンドとして
    F$TYPEレキシカル関数による確認
    アスタリスク(*)
    値の表示 #1
    値の表示 #2
    アンパサンド(&)
    一重引用符(')
    グローバル #1
    グローバル #2
    削除
    算術演算と #1
    算術演算と #2
    式と #1
    式と #2
    数値オーバレイ #1
    数値オーバレイ #2
    数値オーバレイ #3
    数値式と #1
    数値式と #2
    数値の比較 #1
    数値の比較 #2
    数値の表示 #1
    数値の表示 #2
    数値の表示 #3
    数値を示す #1
    数値を示す #2
    短縮 #1
    短縮 #2
    置換 #1
    置換 #2
    置換 #3
        アンパサンド(&)の使用 #1
        アンパサンド(&)の使用 #2
        一重引用符(')の使用 #1
        一重引用符(')の使用 #2
        演算子
        強制された
        繰り返し
        コマンド入力検索
        コマンドの解析
        式の評価
        自動 #1
        自動 #2
        順序 #1
        順序 #2
        データ行での #1
        データ行での #2
        反復
        フェーズ
    定義 #1
    定義 #2
        シンボルとして #1
        シンボルとして #2
        文字列
        レキシカル関数として #1
        レキシカル関数として #2
        レキシカル関数として #3
        レキシカル関数として #4
        レキシカル関数として #5
    評価 #1
    評価 #2
    フォーリン・コマンドとして #1
    フォーリン・コマンドとして #2
    変数としての使用
    未定義 #1
    未定義 #2
    文字のタイプ
    文字列
        式 #1
        式 #2
        式 #3
        操作 #1
        操作 #2
    文字列と #1
    文字列と #2
    文字列の定義
    文字列割り当て内の #1
    文字列割り当て内の #2
    連結 #1
    連結 #2
    ローカル #1
    ローカル #2
    論理データ #1
    論理データ #2
    論理名との違い
    割り当て文を使用して作成
シンボル置換
    文字列内での強制的な
シンボル・テーブル
    グローバル #1
    グローバル #2
        $RESTARTシンボル
        $SEVERITYシンボル
        $STATUSシンボル
    検索順序
    ローカル #1
    ローカル #2
        パラメータ
シンボル有効範囲
    グローバル
    定義
    ローカル
時間
    絶対日付と時刻の指定
    デルタ日付と時刻の指定
時刻印字
    SET PREFIXコマンドの使用
    チェック機能の設定
実行
    複数のコマンド文字列の
自動フォーリン・コマンド
条件
    コマンド・プロシージャ内での決定
    コマンド・プロシージャ内でのテスト
    定義
条件コード
    EXITコマンドを含む
    重大度レベル
    定義
    表示
ジョブ
ジョブ階層構造
    定義
ジョブ強制終了
    勤務時間制限が適用される
ジョブ・コントローラ
    勤務時間制限が適用される
数値
    DCLによる整数値の認識 #1
    DCLによる整数値の認識 #2
    DCLによる整数値の認識 #3
    内部記憶
    比較 #1
    比較 #2
    評価 #1
    評価 #2
    文字列値への変換
    レキシカル関数を使用した変換
数値オーバレイ #1
数値オーバレイ #2
数値オーバレイ #3
数値式
    整数オペランドと


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項