日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:OpenVMS オペレーティング・システムの概要
第 2 章:DCL を使用したシステムとの会話
第 3 章:ファイル情報の格納
第 4 章:ディレクトリ・ファイルの編成
第 5 章:拡張ファイル指定
第 6 章:ディスクとテープ・ドライブの使用方法
第 7 章:Mail を使用して他のユーザと通信する
第 8 章:EVE エディタによるテキスト・ファイルの編集
第 9 章:ファイルのソートとマージ
第 10 章:資源へのアクセスの制御
第 11 章:デバイスとファイルの論理名定義
第 12 章:シンボル,コマンド,式の定義
第 13 章:コマンド・プロシージャの概要
第 14 章:DCL での拡張プログラミング
第 15 章:レキシカル関数を使用しての情報の取得と処理
第 16 章:プロセスとバッチ・ジョブ
付録 A :文字セット
付録 B :コマンド・プロシージャの例
用語集
索引
PDF
OpenVMS ホーム
OpenVMS | HPE 日本

OpenVMS
ユーザーズ・マニュアル


目次 索引

T
Tabキー
TCP/IP (Transmission Control Protocol/Internet Protocol)
    名前およびアドレスの指定
    ファイルの印刷
    ファイルのコピー
    ファイルへのアクセス
    リモート・システムへの接続の消失
THENコマンド
    コマンド・プロシージャ内での使用方法
TYPEコマンド
    ファイルの表示
    リモート・ノード上にあるファイルの表示
    ワイルドカード文字と
U
UAF(利用者登録ファイル)
    LOCKPWD フラグ
    アカウントの満了
    最終ログインのレコード
    ログイン・クラスの制限
UIC識別子
    
UICディレクトリ指定
    名前形式に変換
UIC(利用者識別コード)
    省略時の保護
UNMARK コマンド
V
VOLPRO(Volume Protection Override)
W
WAITコマンド
    コマンド・プロシージャの同期化
    複数のプロシージャの同期化 #1
    複数のプロシージャの同期化 #2
WASTEBASKET フォルダ
    Mailの〜を空にする
World-Wide PostScript Printing Subsystem (WWPPS)
WRITE FILEコマンド
    EVEの
WRITE コマンド
    コマンド・プロシージャ内の
        論理名の使用
    データの書き込み
    文字列のレコードへの書き込み
WWPPS ユーティリティ
    コマンド
アカウント
    アクセスの監査
    オープン
    最初のログイン
    種類
    初期パスワード
    制限
    2次パスワード
    満了
    満了後の更新
アカウント情報
    ログアウト中の取得
アクセス制御
    オブジェクト・セキュリティ・プロファイル
    論理名テーブル
        共用可能
アクセス制御文字列 #1
アクセス制御文字列 #2
    上書き
    形式
    コマンド・プロシージャ内の
    情報の保護
    入力規則
    ノード間でのファイルのコピー
    ノード名での形式
アクセス制御リスト
    論理名テーブル
アクセス・タイプ
    セキュリティ監査と
アクセス・モード
    定義
    論理名
        表示
    論理名テーブル
アクセス・リスト
アスタリスク(*)
    シンボル定義として
    ワイルドカード文字としての
        UIC形式によるディレクトリ指定での
        使用規則
        ディレクトリ指定
    定義
アットマーク(@)
    Mailの中での配布リストとの使用 #1
    Mailの中での配布リストとの使用 #2
    コマンド・プロシージャ実行コマンド
アラーム
    イベントの起動
    セキュリティのため使用可能にする
アンパサンド(&)
    シンボル定義での
一重引用符(')
    シンボル定義での #1
    シンボル定義での #2
イメージ
    出力先の切り換え
    シンボルを使用しないで起動
    自動フォーリン・コマンドで起動
印刷
    横置き
印刷ジョブ
    キュー情報
    実行
    遅延
    で使用するDCLコマンドのリスト
    複数部コピーする
    優先順位
インターネット
    トランスポートの指定
上向き矢印キー
    コマンドの再呼び出し #1
    コマンドの再呼び出し #2
上書きモード
エスケープ文字
エラー
    コマンド・プロシージャでの処理
    コマンド・プロシージャ内での削除
    ラベル
    ログイン中の
エラー処理
    SET NOONコマンド
    ONコマンド
エラー・チェックの使用不能化
演算子
    評価の順序
大文字と小文字の区別
    DCLコマンド行の中の
    EVEのREPLACEコマンドでの
    SET FIND CASE EXACTコマンドの使用
オブジェクト
    セキュリティ・プロファイル
    セキュリティ・プロファイルの変更
    セキュリティ・プロファイル表示
オブジェクト所有権
    変更
オペランド
    整数
    文字列式内の #1
    文字列式内の #2
会話型モード
    ログイン
各国語文字セット
    DEC各国語文字セットを参照
仮想ターミナル
    禁止
    制限事項
    切断されたプロセス
    切断されたプロセスの管理
    切断されたプロセスへの再接続
    プロセスの切断
空の値
    ファイル・タイプの
    ファイル名の
空文字
    DCLコマンド内の
環境識別子
    
監査機能イベント
完全な名前
感嘆符(!)
    配布リスト内の
キー
    矢印
        コマンドの再呼び出し
キー(キーボード)
    DCLに割り込む
    DCLコマンドの入力
    DCLコマンドを再呼び出しする
    Mailでの定義
    カーソル位置を制御する
    画面表示を制御する
    定義
    矢印
        コマンドの再呼び出し
キー・シーケンス
キー定義
    Mailでの
    割り当て
キーパッド
    Mailでの〜の定義
    Mailでの省略時の設定
キー・フィールド
キー名
    Mailでの
キーワード
    DCL コマンド行
勤務時間に関する制限
行編集
クラスタ単位のシステム・テーブル
    論理名テーブルを参照
クリーンアップ操作
クリーンアップ・タスク
    コマンド・プロシージャ内での
繰り返し
    定義
検索リスト
    RUN コマンドによる
    複数の
        検索順序
    変換
    論理名
        ワイルドカード
構文
    DCLコマンドの
    UIC形式によるディレクトリ名の指定
    サブディレクトリ
    テープ・ボリューム上でのファイル指定
    ノード指定
コマンド
    Mailの中での入力
    自動フォーリン
    短縮
    取り消し
コマンド・インタプリタ
    実行されるコマンド
コマンド行
    Mailの中の
    コマンド・プロシージャへの取り込み
    再呼び出し
    自動改行
    編集
コマンド行の
    文字の削除
コマンド行の編集
    上書きモード
    行編集を使用可能にする
    挿入モード
    文字の削除
コマンド・シーケンス
    PIPEコマンドで作成 #1
    PIPEコマンドで作成 #2
    PIPEコマンドで作成 #3
    PIPEコマンドで作成 #4
    PIPEコマンドで作成 #5
    PIPEコマンドで作成 #6
コマンド修飾子
コマンド処理
    フェーズ
コマンド値
    時刻形式
    日付形式
コマンドの再呼び出し
    RECALLコマンドの使用
コマンド・プロシージャ
    BATCH.COM
    CALC.COM
    CLEANUP.COM
    COMPILE_FILE.COM
    CONVERT.COM
    Ctrl/Yによるキャンセル
    Ctrl/Yによる割り込み
    DCLコマンドの順序
    DCL コマンドの取り込み
    DIR.COM
    EDITALL.COM
    EXITコマンド #1
    EXITコマンド #2
    FORTUSER.COM
    GETPARMS.COM
    IFコマンド
    LISTER.COM
    LOGIN.COM #1
    LOGIN.COM #2
    LOGIN.COM #3
    MAILEDIT.COM
    REMINDER.COM
    STOPコマンド
    SYLOGIN.COM
    SYS.COM
    SYS$INPUTの定義
    THENコマンド
    アクセス制御文字列の使用
    エラー処理
        SET NOONコマンド
    エラーの削除
    完成
    クリーンアップ・タスク #1
    クリーンアップ・タスク #2
    コマンド行の取り込み
    コメント
    作成方法 #1
    作成方法 #2
    作成手順
    終了 #1
    終了 #2
    出力
    種類
    省略時のエラー処理
    省略時の設定の復元
    省略時の設定の保存
    省略時のタイプ
    実行
        会話形式
        会話形式の出力のリダイレクト
        個人用ディスクでの
        シンボルを使用しない場合
        自動フォーリン・コマンドでの
        テープ・ボリューム上での
        バッチ・ジョブ
        バッチ・ジョブの再起動
        他のコマンド・プロシージャ内部からの
        リモート・ノード上での
        リモート・バッチ・ジョブ
    実行中にチェック機能オン
    条件の決定
    条件のテスト
    設計
    チェック設定値の変更
    チェック設定値レキシカル関数を無効にする
    重複ラベル
    定義
    テスト
    デバッグ
        SET PREFIXコマンド
        SET VERIFYコマンド
        SHOW SYMBOLコマンド
    ドル記号($)
    入力
    ネスティング
        パラメータによってデータを渡す
    バッチ・ジョブ内での指定 #1
    バッチ・ジョブ内での指定 #2
    パーソナル・ログイン
        専用アカウント内
    パラメータを使用してデータを渡す
    ファイルの削除
    ファイルを閉じる
    プログラム・スタブ
    プログラム・スタブの置換
    変数の決定
    変数の使用
    変数の割り当て
    ユーザ入力のためのプロンプト表示
    ラベル
    ラベル・エラー処理
    リテラル文字の取り込み
    ログイン
コマンド・プロシージャの実行
    会話形式
    会話形式の出力のリダイレクト
    個人用ディスクでの
    シンボルを使用しない場合
    自動フォーリン・コマンドでの
    テープ・ボリューム上での
    バッチ・ジョブ
    バッチ・ジョブの再起動
    他のコマンド・プロシージャ内部からの
    リモート・ノード上での
    リモート・バッチ・ジョブ
コマンド・レベル
    SET [NO]ONコマンドによる
    定義
コメント
    感嘆符(!)の使用
    コマンド・プロシージャ内での
    配布リスト内の
コントローラ指示子フィールド
    省略時の値
コントローラ・デスティネーション・フィールド
    定義


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項