日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:OpenVMS オペレーティング・システムの概要
第 2 章:DCL を使用したシステムとの会話
第 3 章:ファイル情報の格納
第 4 章:ディレクトリ・ファイルの編成
第 5 章:拡張ファイル指定
第 6 章:ディスクとテープ・ドライブの使用方法
第 7 章:Mail を使用して他のユーザと通信する
第 8 章:EVE エディタによるテキスト・ファイルの編集
第 9 章:ファイルのソートとマージ
第 10 章:資源へのアクセスの制御
第 11 章:デバイスとファイルの論理名定義
第 12 章:シンボル,コマンド,式の定義
第 13 章:コマンド・プロシージャの概要
第 14 章:DCL での拡張プログラミング
第 15 章:レキシカル関数を使用しての情報の取得と処理
第 16 章:プロセスとバッチ・ジョブ
付録 A :文字セット
付録 B :コマンド・プロシージャの例
用語集
索引
PDF
OpenVMS ホーム
OpenVMS | HPE 日本

OpenVMS
ユーザーズ・マニュアル


目次 索引

O
ONコマンド
    Ctrl/Yアクション・ルーチンの設定
OPEN SELECTEDコマンド
OpenVMS Clusterシステム
    デバイス名
        クラス・フィールドの割り当て
        形式
        デュアル・パス
OpenVMS画面管理ソフトウェア
    コマンドの再呼び出し
OPEN コマンド
    コマンド・プロシージャ内の
        論理名の作成
    プロセスパーマネント・ファイル
    プロセスパーマネント論理名
P
Page and swap files
PID番号
    F$PIDレキシカル関数による取得
    とプロセス・コンテキスト
PIPE コマンド #1
PIPE コマンド #2
PIPE コマンド #3
    割り込み
PQL$_JTQUOTA 制限リスト値
PQL_DJTQUOTA システム・パラメータ
PQL_MJTQUOTA システム・パラメータ
PRINT コマンド #1
PRINT コマンド #2
    Mailの
    修飾子
PURGEコマンド
    Mailの #1
    Mailの #2
Q
QUITコマンド
    EVEの
R
READコマンド
    INQUIREコマンドとの比較
    Mailの #1
    Mailの #2
    Mailの/NEW 修飾子 #1
    Mailの/NEW 修飾子 #2
    コマンド・プロシージャ内の
        論理名の使用
    コマンド・プロシージャへのデータの読み込み
RECALLコマンド
    /ERASE修飾子 #1
    /ERASE修飾子 #2
    矢印キーの使用
REMINDER.COMコマンド・プロシージャ
    実行例
RENAMEコマンド
REPLY コマンド
    Mailの
$RESTARTシンボル
    コマンド・プロシージャ内での使用
RMS
    Mailでのファイル・タグ
RSXシステム
    UIC形式によるディレクトリ名の指定
RUN コマンド
    /JOB_table_QUOTA 修飾子
    検索リストによる
    プロセスによる
S
SEARCH コマンド
    Mailの
SELECTコマンド
    Mailの #1
    Mailの #2
SEND コマンド
    Mailの #1
    Mailの #2
        /EDIT修飾子
SET [NO]AUTO_PURGE コマンド
    Mailの
SET [NO]CC_PROMPT コマンド
SET [NO]FORM コマンド
    Mailの
SET [NO]MAIL_DIRECTORYコマンド
    Mailの
SET [NO]PERSONAL_NAMEコマンド
    Mailの
SET [NO]QUEUE コマンド
    Mailの
SET CONTROL=Tコマンド
SET CONTROL=Yコマンド
SET COPY_SELF コマンド
SET DEFAULTコマンド
    省略時のディレクトリの設定
    省略時のデバイスの設定
SET EDITORコマンド
    Mailの #1
    Mailの #2
SET ENTRYコマンド #1
SET ENTRYコマンド #2
    修飾子
SET FILE コマンド
    Mailの
SET FOLDER コマンド
    Mailの
SET FORWARD コマンド
    Mailの
SET HOST コマンド
SET NOCONTROL=Yコマンド
SET NOONコマンド
    コマンド・プロシージャ内での
    コマンド・レベルによる
SET ONコマンド
    コマンド・レベルによる
SET OUTPUT_RATEコマンド
SET PASSWORDコマンド
    /GENERATE修飾子
    /SECONDARY修飾子
    パスワード自動生成
SET PREFIXコマンド
SET PROCESSコマンド
    /NAME修飾子
SET PROTECTIONコマンド
    /DEFAULT修飾子
SET QUEUE コマンド
    /ENTRY修飾子 #1
    /ENTRY修飾子 #2
    Mailの
    修飾子
SET SECURITY コマンド
    /ACL修飾子
    /PROTECTION 修飾子 #1
    /PROTECTION 修飾子 #2
    /PROTECTION 修飾子 #3
    /PROTECTI修飾子
    オブジェクトのセキュリティ・プロファイルの変更
    新保護コードの確認
SET SIGNATURE_FILE コマンド
    メール内での
SET SYMBOLコマンド
    動詞文字列の変換
SET TERMINALコマンド #1
SET TERMINALコマンド #2
    /BROADCAST 修飾子
    /INSERT 修飾子 #1
    /INSERT 修飾子 #2
    /LINE_EDIT修飾子
    /OVERSTRIKE修飾子
    /WRAP修飾子
SET TERMINALコマンド
    /OVERSTRIKE 修飾子
SET VERIFYコマンド
SHOW ALLコマンド
    Mailの
SHOW AUTO_PURGE コマンド
    Mailの
SHOW BUFFERS コマンド
SHOW COPY_SELFコマンド
SHOW DEFAULT コマンド
SHOW DEVICESコマンド
SHOW EDITORコマンド
    Mailの
SHOW ENTRYコマンド #1
SHOW ENTRYコマンド #2
SHOW ENTRYコマンド #3
SHOW ENTRYコマンド #4
SHOW FILE コマンド
    Mailの
SHOW KEY コマンド
SHOW LOGICAL コマンド #1
SHOW LOGICAL コマンド #2
    LNM$DCL_LOGICAL 論理名
    アクセス・モード
        表示
    ディレクトリ・テーブルの構造
        表示
    プロセスパーマネント・ファイル名
        表示
    論理名テーブル
        表示
SHOW PROCESSコマンド
    /ALL修飾子
SHOW QUEUEコマンド #1
SHOW QUEUEコマンド #2
SHOW QUEUEコマンド #3
    /FULL修飾子
SHOW SECURITYコマンド
    オブジェクトのセキュリティ・プロファイルの表示
SHOW SYMBOLコマンド #1
SHOW SYMBOLコマンド #2
SHOW SYMBOLコマンド #3
SHOW TERMINALコマンド
SHOW TRANSLATION コマンド
SMTP (Simple Mail Transfer Protocol)
    トランスポートの指定
Sort/Mergeユーティリティ(SORT/MERGE)
    /KEY修飾子 #1
    /KEY修飾子 #2
    /NODUPLICATES修飾子
    Sort/Mergeユーティリティ(高性能)も参照
    SORT コマンド #1
    SORT コマンド #2
    /STABLE修飾子
    指定ファイル
        形式
        コマンドの無効化
        コメントの挿入
        修飾子の順序
    修飾子
        SORTおよびMERGEコマンドでの使用
        指定ファイル
        出力ファイル指定
        入力ファイルの指定
    出力ファイル
    照合順序
        ASCII
        /COLLATING_SEQUENCE 修飾子
        EBCDIC
        NCS
        各国語対応
        省略時の設定
        ユーザ定義
    省略時のキーの使用
    性能の向上
        /STATISTICS修飾子
        作業ファイルの管理
        ソート中の #1
        ソート中の #2
        ワーキング・セット拡張領域の変更
    ソート
        キー・フィールドによる
        同一キー・フィールドを使用
        非文字データ・ファイル
        複数のキー・フィールドの使用
        レコード
    ターミナルからのレコードの入力
    バッチ・ジョブとして実行
        コマンド・プロシージャ
        入力レコードの包合
    ファイルのソート
    ファイルのマージ
        キー・フィールドによってソートされた場合
    レコードのマージ
        同一キー・フィールドによる
Sort/Mergeユーティリティ(高性能)
    ルーチン
SORT コマンド
    Sort/Merge ユーティリティ参照
SPAWN コマンド #1
SPAWN コマンド #2
    /NOLOGICAL_NAMES修飾子
    /NOSYMBOL修飾子
    /NOWAIT修飾子
SPLIT WINDOWコマンド
STOPコマンド
    コマンド・プロシージャ内での
SUBMIT/AFTERコマンド
SUBMITコマンド #1
SUBMITコマンド #2
    /LOG修飾子
    /RESTART修飾子 #1
    /RESTART修飾子 #2
    コマンド・プロシージャを使用
    コマンド・プロシージャへパラメータを渡す
    修飾子
    複数のコマンド・プロシージャの指定 #1
    複数のコマンド・プロシージャの指定 #2
SYLOGIN.COMコマンド・プロシージャ
SYNCHRONIZEコマンド #1
SYNCHRONIZEコマンド #2
SYNCHRONIZEコマンド #3
SYNCHRONIZEコマンド #4
SYS$COMMAND 論理名
    コマンド・プロシージャで使用
    再定義
    プロセスパーマネント
SYS$COMMON 論理名 #1
SYS$COMMON 論理名 #2
SYS.COMコマンド・プロシージャ
    実行例
SYS$DISK 論理名 #1
SYS$DISK 論理名 #2
SYS$ERRORLOG 論理名 #1
SYS$ERRORLOG 論理名 #2
SYS$ERROR 論理名
    再定義
    プロセスパーマネント
    ログ・ファイル内の〜への出力
SYS$EXAMPLES 論理名 #1
SYS$EXAMPLES 論理名 #2
SYS$HELP 論理名
SYS$INPUT 論理名 #1
SYS$INPUT 論理名 #2
SYS$INPUT 論理名 #3
    個別ファイルとして定義
    再定義 #1
    再定義 #2
    定義
    プロセス永久ファイル
        バッチ・ジョブ・コマンド・プロシージャの中の #1
        バッチ・ジョブ・コマンド・プロシージャの中の #2
    プロセスパーマネント
SYS$INSTRUCTION 論理名 #1
SYS$INSTRUCTION 論理名 #2
SYS$LDR 論理名
SYS$LIBRARY 論理名 #1
SYS$LIBRARY 論理名 #2
SYS$LOADABLE_IMAGES 論理名
SYS$LOGIN 論理名 #1
SYS$LOGIN 論理名 #2
SYS$LOGIN_DEVICE 論理名
SYS$MAINTENANCE 論理名
SYS$MANAGER 論理名
SYS$MESSAGE 論理名
SYS$NET 論理名
SYS$NODE 論理名
SYS$OUTPUT 論理名
    再定義
    プロセスパーマネント
    ログ・ファイル内の〜への出力
SYS$PRINT論理名
SYS$PROCDMP 論理名
SYS$REM_ID 論理名
SYS$REM_NODE 論理名
SYS$SCRATCH 論理名 #1
SYS$SCRATCH 論理名 #2
SYS$SHARE 論理名
SYS$SPECIFIC 論理名
SYS$STARTUP 論理名
SYS$SYSDEVICE 論理名 #1
SYS$SYSDEVICE 論理名 #2
SYS$SYSROOT 論理名 #1
SYS$SYSROOT 論理名 #2
SYS$SYSTEM 論理名 #1
SYS$SYSTEM 論理名 #2
SYS$TEST 論理名
SYS$UPDATE 論理名
System Generation Utility (SYSGEN)
SYSUAF.DAT ファイル
    JTQUOTA 値


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項