日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:OpenVMS オペレーティング・システムの概要
第 2 章:DCL を使用したシステムとの会話
第 3 章:ファイル情報の格納
第 4 章:ディレクトリ・ファイルの編成
第 5 章:拡張ファイル指定
第 6 章:ディスクとテープ・ドライブの使用方法
第 7 章:Mail を使用して他のユーザと通信する
第 8 章:EVE エディタによるテキスト・ファイルの編集
第 9 章:ファイルのソートとマージ
第 10 章:資源へのアクセスの制御
第 11 章:デバイスとファイルの論理名定義
第 12 章:シンボル,コマンド,式の定義
第 13 章:コマンド・プロシージャの概要
第 14 章:DCL での拡張プログラミング
第 15 章:レキシカル関数を使用しての情報の取得と処理
第 16 章:プロセスとバッチ・ジョブ
付録 A :文字セット
付録 B :コマンド・プロシージャの例
用語集
索引
PDF
OpenVMS ホーム
OpenVMS | HPE 日本(日本ヒューレット・パッカード株式会社)

OpenVMS
ユーザーズ・マニュアル

索引


目次


主索引
A B C D E F G H I J K L M O P Q R S T U
V W                                    

 

@
    コマンド・プロシージャ実行コマンド
A
ACE(アクセス制御エントリ)
ACL(アクセス制御リスト)
    省略時の保護
    ファイルの保護
ALLOCATEコマンド
    形式
ASCII(American Standard Code for Information Interchange)
ASCII character set
ASCII 文字セット
ASSIGNコマンド
    アクセス・モード
ATTACH コマンド
B
Backspaceキー #1
Backspaceキー #2
Backspaceキー #3
BATCH.COMコマンド・プロシージャ
    実行例
BATCH$RESTARTシンボル
    コマンド・プロシージャ内での使用
BUFFER コマンド
C
CALC.COMコマンド・プロシージャ
    実行例
CDU (コマンド定義ユーティリティ)
Character sets
    ISO Latin-1 Multinational
Circumflex character
CLEANUP.COMコマンド・プロシージャ
CLOSE コマンド
    コマンド・プロシージャ内の
        論理名の削除
Code compilers
COMPILE_FILE.COMコマンド・プロシージャ
    実行例
CONNECTコマンド
    /CONTINUE修飾子
CONTINUEコマンド
CONTROL_Yコマンド上
    Ctrl/Yの有効化
CONVERT.COMコマンド・プロシージャ
    実行例
COPYコマンド
    Mailの
    /SINCE 修飾子
CREATE/DIRECTORYコマンド #1
CREATE/DIRECTORYコマンド #2
CREATE/NAME_TABLE コマンド
    /PROTECTION 修飾子
CREATE/PROTECTION コマンド
CREATEコマンドの使用
$CREPRC システム・サービス
Ctrl/Aキー・シーケンス
Ctrl/Bキー・シーケンス
    コマンドの再呼び出し #1
    コマンドの再呼び出し #2
Ctrl/Bキー・シーケンス
Ctrl/Cキー・シーケンス
    メール・メッセージの取り消し #1
    メール・メッセージの取り消し #2
Ctrl/Eキー・シーケンス
Ctrl/Tキー・シーケンス
    DCLコマンドへの割り込み
    プロセスの状態をチェックする
Ctrl/Uキー・シーケンス
Ctrl/Wキー・シーケンス
    画面再表示
Ctrl/Yキー・シーケンス
    DCLコマンドの取り消し
    DCLコマンドの割り込み
    PIPEコマンドへの割り込み
    アクション・ルーチンの設定
    イメージの割り込み
    コマンド・プロシージャのキャンセル
    コマンド・プロシージャへの割り込み
    終了
    使用不能にする
    入力結果
    有効化
    リモート・セションの強制終了
Ctrl/Zキー・シーケンス
    Mailでのファイルの送信
    ファイル終了文字の終端としての
    メール・メッセージの送信
Ctrlキー
    一般的な
D
DBG$INPUT 論理名
DBG$OUTPUT 論理名
DCL$PATH 論理名 #1
DCL$PATH 論理名 #2
DCL(DIGITALコマンド言語)
    定義
DCLコマンド
    PIPE コマンド
    大文字
    大文字と小文字の区別
    空文字の使用
    句読点の必要性
    構成
    構文 #1
    構文 #2
    コマンド・インタプリタ内で実行されるコマンド
    コマンド行の編集
    コマンド修飾子
    コマンド・プロシージャ内での順序
    コマンド・プロシージャへの取り込み
    小文字
    再呼び出し
        下向き矢印キーによる
    修飾子の短縮
    出力先の切り換え
    省略時の値
    省略時の修飾子
    自動フォーリン・コマンド
        制限
    短縮
        コマンド・プロシージャでの
    定位置修飾子
    取り消し
    動詞
    入力
    入力規則
    パラメータ
    パラメータ修飾子
    パラメータの指定
    複数行のコマンド
    複数の
    ブランクの挿入
    プロンプト
    矛盾する修飾子
    要素の最大数
    割り込み
.DDIFファイル
    Mail内での
DEALLOCATEコマンド
DEASSIGN コマンド #1
DEASSIGN コマンド #2
DEASSIGN コマンド #3
DEASSIGN コマンド #4
Debugger
    省略時出力ストリーム
    省略時入力ストリーム
DEC Text Processing Utility(DECTPU)
DECnet
    完全なノード名の明記
    トランスポートの指定
    複数のファイル
    リモート・システムへの接続の消失
DEC各国語文字セット
DEFINE/KEY コマンド
DEFINE コマンド #1
DEFINE コマンド #2
    Mailでの/KEY修飾子 #1
    Mailでの/KEY修飾子 #2
        初期化ファイルでの
    /USER_MODE 修飾子
    アクセス・モード
    論理名
DELETE/SYMBOLコマンド
    /GLOBAL 修飾子
DELETE BUFFERコマンド
DELETEコマンド
    /ENTRY修飾子 #1
    /ENTRY修飾子 #2
    F$SEARCHレキシカル関数とともに使用
    Mailの
DIR.COMコマンド・プロシージャ
    実行例
DIRECTORYコマンド
    Mailの #1
    Mailの #2
Disk defragmenters
DISMOUNTコマンド
    /NOUNLOAD修飾子
.DISファイル・タイプ
    を持つ配布リスト


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項