日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:OpenVMS オペレーティング・システムの概要
第 2 章:DCL を使用したシステムとの会話
第 3 章:ファイル情報の格納
第 4 章:ディレクトリ・ファイルの編成
第 5 章:拡張ファイル指定
第 6 章:ディスクとテープ・ドライブの使用方法
第 7 章:Mail を使用して他のユーザと通信する
第 8 章:EVE エディタによるテキスト・ファイルの編集
第 9 章:ファイルのソートとマージ
第 10 章:資源へのアクセスの制御
第 11 章:デバイスとファイルの論理名定義
第 12 章:シンボル,コマンド,式の定義
第 13 章:コマンド・プロシージャの概要
第 14 章:DCL での拡張プログラミング
第 15 章:レキシカル関数を使用しての情報の取得と処理
第 16 章:プロセスとバッチ・ジョブ
付録 A :文字セット
付録 B :コマンド・プロシージャの例
用語集
索引
PDF
OpenVMS ホーム
OpenVMS | HPE 日本

OpenVMS
ユーザーズ・マニュアル


目次 索引

第 13 章
13 コマンド・プロシージャの概要
  13.1   コマンド・プロシージャを作成するための基礎的な説明
    13.1.1      省略時のファイル・タイプ
    13.1.2      コマンドの作成
    13.1.3      コマンド行の作成
  13.2   コマンド行でのラベルの使用
    13.2.1      ローカル・シンボル・テーブル内のラベル
    13.2.2      重複するラベル
  13.3   コマンド・プロシージャでのコメントの使用
  13.4   コマンド・プロシージャの作成方法
  13.5   コマンド・プロシージャの作成手順
    13.5.1      手順 1: コマンド・プロシージャを設計する
    13.5.2      手順 2: 変数を割り当て,条件をテストする
      13.5.2.1         INQUIRE コマンドの使用
      13.5.2.2         リテラル文字の保存
      13.5.2.3         IFとTHENを使用した条件のテスト
      13.5.2.4         プログラム・スタブの作成
    13.5.3      手順 3: ループを追加する
    13.5.4      手順 4: コマンド・プロシージャを終了する
      13.5.4.1         EXIT コマンドの使用
      13.5.4.2         STOP コマンドの使用
    13.5.5      手順 5: プログラム・ロジックをテストおよびデバッグする
      13.5.5.1         コマンド・プロシージャのデバッグ
      13.5.5.2         実行中にチェック機能をオンにする
    13.5.6      手順 6: クリーンアップ・タスクを追加する
      13.5.6.1         ファイルを閉じる
      13.5.6.2         一時ファイルまたは余分なファイルの削除
      13.5.6.3         一般に変更されるプロセス属性
      13.5.6.4         クリーンアップ操作を確実に実行するには
    13.5.7      手順 7: コマンド・プロシージャを完成する
  13.6   コマンド・プロシージャの実行
    13.6.1      他のコマンド・プロシージャの内部からのコマンド・プロシージャの実行
    13.6.2      リモート・ノードでのコマンド・プロシージャの実行
      13.6.2.1         セキュリティに関する注意
    13.6.3      DCL 修飾子またはパラメータを指定したコマンド・プロシージャの実行
      13.6.3.1         制限事項
    13.6.4      会話形式でのコマンド・プロシージャの実行
    13.6.5      バッチ・ジョブとしてのコマンド・プロシージャの実行
      13.6.5.1         リモート・バッチ・ジョブ
      13.6.5.2         バッチ・ジョブの再起動
    13.6.6      ディスクおよびテープ・ボリュームでのコマンド・プロシージャの実行
      13.6.6.1         個人用ディスクでの実行
      13.6.6.2         テープ・ボリューム上での実行
  13.7   コマンド・プロシージャの終了と割り込み
    13.7.1      終了方法
    13.7.2      終了処理ルーチン
  13.8   エラー処理
    13.8.1      省略時のエラー処理
  13.9   エラー処理のその他の方法
    13.9.1      ON コマンド
  13.10   SET NOON コマンドの使用方法
  13.11   Ctrl/Y による割り込み処理
    13.11.1      コマンド・プロシージャの中断
    13.11.2      特権イメージの中断
  13.12   Ctrl/Y アクション・ルーチンの設定
    13.12.1      ON コマンドの使用
    13.12.2      Ctrl/Yの入力結果
  13.13   Ctrl/Y による割り込みの無効化/有効化
    13.13.1      SET NOCONTROL=Y の使用
    13.13.2      SET CONTROL=Y コマンドの使用
  13.14   条件コードを使用しているコマンド・プロシージャでのエラーの検出
    13.14.1      条件コードの表示 ($STATUS)
    13.14.2      EXIT コマンドを含む条件コード
    13.14.3      重大度レベルの決定
    13.14.4      正常終了のテスト
  13.15   $STATUS を設定しないコマンドの使用
  13.16   ログイン・コマンド・プロシージャ
    13.16.1      システム全体のログイン・コマンド・プロシージャ
    13.16.2      パーソナル・ログイン・コマンド・プロシージャ
    13.16.3      専用アカウントのログイン・コマンド・プロシージャ
  13.17   拡張ファイル指定と (Extended File Specifications) 解析スタイル
  13.18   DCL コマンド・パラメータでの拡張ファイル名の使用
    13.18.1      コマンド・プロシージャのファイル指定
    13.18.2      大文字と小文字の区別の保存と $FILE
    13.18.3      アンパサンドと一重引用符の置換
第 14 章
14 DCL での拡張プログラミング
  14.1   コマンド・プロシージャ入力の実行
    14.1.1      コマンド・プロシージャにデータを登録する場合の制限事項
    14.1.2      その他のデータ入力方式
  14.2   データを渡すためのパラメータの使用
    14.2.1      整数としてのパラメータの指定
    14.2.2      文字列としてのパラメータの指定
    14.2.3      シンボルとしてのパラメータの指定
    14.2.4      ヌル値としてのパラメータの指定
  14.3   バッチ・ジョブにデータを渡すためのパラメータの使用
  14.4   ネスティングしたコマンド・プロシージャにデータを渡すためのパラメータの使用
  14.5   データを要求するプロンプトの表示
  14.6   データを入手するための SYS$INPUT 論理名の使用
    14.6.1      ターミナルとしての SYS$INPUT の再定義
    14.6.2      SYS$INPUT を個別ファイルとして定義する場合
  14.7   コマンド・プロシージャ出力の実行
    14.7.1      データの表示
    14.7.2      コマンドとイメージからの出力先の切り換え
    14.7.3      コマンド・プロシージャからのデータを戻す
    14.7.4      エラー・メッセージの出力先の切り換え
      14.7.4.1         SYS$ERROR の再定義
      14.7.4.2         システム・エラー・メッセージの禁止
  14.8   ファイルの読み込みと書き込み (ファイル入出力)
  14.9   OPEN コマンドの使用
  14.10   ファイルへの書き込み
    14.10.1      固有の名前を持つファイルの作成
  14.11   WRITE コマンドの使用
    14.11.1      データの指定
    14.11.2      /SYMBOL 修飾子の使用
    14.11.3      /UPDATE 修飾子の使用
  14.12   READ コマンドの使用
    14.12.1      /END_OF_FILE 修飾子の使用
    14.12.2      /INDEX と /KEY 修飾子の使用
    14.12.3      /DELETE 修飾子の使用
  14.13   CLOSE コマンドの使用
  14.14   ファイルの変更
    14.14.1      レコードの更新
    14.14.2      新しい出力ファイルの作成
    14.14.3      ファイルへのレコードの追加
  14.15   ファイル入出力エラーの処理方法
    14.15.1      省略時のエラー・アクション
  14.16   実行フローの制御方法
    14.16.1      IF コマンドの使用
    14.16.2      THEN コマンドの使用
    14.16.3      ELSE コマンドの使用
    14.16.4      コマンド・ブロックの使用
    14.16.5      GOTO コマンドの使用
      14.16.5.1         再実行の回避
    14.16.6      GOSUB と RETURN コマンドの使用
  14.17   新しいコマンド・レベルの作成
    14.17.1      CALL コマンドの使用
      14.17.1.1         CALL コマンドの省力時の設定
      14.17.1.2         サブルーチンの始まりと終わり
  14.18   場合分け文の使用
    14.18.1      ラベルのリスト
    14.18.2      場合分け文の作成
  14.19   ループの作成
  14.20   PIPE コマンドの使用
    14.20.1      条件コマンド実行のための PIPE コマンドの使用
    14.20.2      パイプライン実行のための PIPE コマンドの使用
    14.20.3      サブシェル実行のための PIPE コマンドの使用
    14.20.4      バックグラウンド実行のための PIPE コマンドの使用
    14.20.5      入出力リダイレクトのための PIPE コマンドの使用
    14.20.6      PIPE コマンドへの割り込み
    14.20.7      サブプロセスの性能向上


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項