日本-日本語
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:OpenVMS オペレーティング・システムの概要
第 2 章:DCL を使用したシステムとの会話
第 3 章:ファイル情報の格納
第 4 章:ディレクトリ・ファイルの編成
第 5 章:拡張ファイル指定
第 6 章:ディスクとテープ・ドライブの使用方法
第 7 章:Mail を使用して他のユーザと通信する
第 8 章:EVE エディタによるテキスト・ファイルの編集
第 9 章:ファイルのソートとマージ
第 10 章:資源へのアクセスの制御
第 11 章:デバイスとファイルの論理名定義
第 12 章:シンボル,コマンド,式の定義
第 13 章:コマンド・プロシージャの概要
第 14 章:DCL での拡張プログラミング
第 15 章:レキシカル関数を使用しての情報の取得と処理
第 16 章:プロセスとバッチ・ジョブ
付録 A :文字セット
付録 B :コマンド・プロシージャの例
用語集
索引
PDF
OpenVMS ホーム
OpenVMS | HPE 日本

OpenVMS
ユーザーズ・マニュアル


目次 索引

第 6 章
6 ディスクとテープ・ドライブの使用方法
  6.1   物理デバイス名
  6.2   デバイス情報の表示
  6.3   論理デバイス名
  6.4   汎用デバイス名
  6.5   OpenVMS Cluster デバイス名
  6.6   ボリュームとボリューム・セット
  6.7   デバイスの管理
    6.7.1      デバイスの割り当て
    6.7.2      ボリュームの初期化
    6.7.3      ボリュームのマウント
    6.7.4      オペレータの手助けが必要な場合
  6.8   プライベート・デバイス上のファイルのアクセス
    6.8.1      ボリュームのディスマウント
第 7 章
7 Mail を使用して他のユーザと通信する
  7.1   Mail の起動と終了
    7.1.1      Mail の起動
    7.1.2      Mail の終了
  7.2   メッセージの開封
    7.2.1      新しいメールを読む
    7.2.2      古いメッセージの開封
    7.2.3      メッセージの検索
  7.3   メッセージの送信
  7.4   ネットワークを介したメールの送信
    7.4.1      ネットワーク・プロトコルの指定
    7.4.2      ノード名の指定
    7.4.3      インターネット・メール・アドレスの使用
    7.4.4      論理ノード名の使用方法
  7.5   複数のユーザへのメッセージの送信
    7.5.1      個人名の使用方法
    7.5.2      配布リストの作成
    7.5.3      配布リストによるメッセージの送信
  7.6   Mail 内でのファイルの操作
    7.6.1      DDIF ファイルの送信
    7.6.2      DCL からのファイルの送信
    7.6.3      メッセージからのファイルの作成
    7.6.4      メッセージへのファイルの追加
  7.7   その他のメッセージの送信方法
    7.7.1      メッセージの返信
      7.7.1.1         入れ子になった引用符を含むアドレスへの返信
    7.7.2      メッセージの転送
      7.7.2.1         SET FORWARD コマンド
  7.8   メッセージの整理
    7.8.1      フォルダの作成
    7.8.2      メール・サブディレクトリの作成
    7.8.3      フォルダへのメッセージの移動
    7.8.4      フォルダ間でのメッセージのコピー
    7.8.5      フォルダの選択
    7.8.6      フォルダの削除
    7.8.7      メール・ファイルの作成とアクセス
    7.8.8      メール・メッセージ・カウントの訂正
  7.9   メッセージの削除
    7.9.1      削除したメッセージの回復
  7.10   メール・メッセージの印刷
  7.11   メール・ファイルの保護
    7.11.1      省略時の保護の設定
    7.11.2      セキュリティの測度
  7.12   Mail でのテキスト・エディタの使用方法
    7.12.1      EVE の使用方法
    7.12.2      /EDIT 修飾子キーワードの使用方法
    7.12.3      エディタの選択
    7.12.4      コマンド・ファイルを使用したメールの編集
    7.12.5      選択したエディタの一時的な無効化
  7.13   メール・キーパッドの使用方法
    7.13.1      キーパッド・キーの再定義
    7.13.2      追加キー定義のアサイン
    7.13.3      永久キーの定義
  7.14   Mail コマンドの要約
    7.14.1      メッセージを読む
    7.14.2      メッセージの交換
    7.14.3      メッセージの削除
    7.14.4      メッセージの印刷
    7.14.5      メッセージの整理
    7.14.6      メッセージのマーク付け
    7.14.7      メール環境のカスタマイズ
    7.14.8      終了または制御の移行
    7.14.9      メール・ファイルの圧縮
    7.14.10      システム管理コマンド
  7.15   MIME ユーティリティ
    7.15.1      MIME ユーティリティの起動
    7.15.2      MIMEユーティリティの初期化
    7.15.3      オプションのMIMEユーティリティ・ファイルの作成
      7.15.3.1         MIME$MAILCAP.DATファイル処理
      7.15.3.2         MlME$FILETYPES.DATファイルの処理
    7.15.4      MIME ユーティリティを使用した MIME エンコード・ファイルの抽出
    7.15.5      MIME ユーティリティを使用したファイルのエンコード
    7.15.6      MIME ユーティリティ・コマンド
    7.15.7      エラー処理


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡