日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:OpenVMS オペレーティング・システムの概要
第 2 章:DCL を使用したシステムとの会話
第 3 章:ファイル情報の格納
第 4 章:ディレクトリ・ファイルの編成
第 5 章:拡張ファイル指定
第 6 章:ディスクとテープ・ドライブの使用方法
第 7 章:Mail を使用して他のユーザと通信する
第 8 章:EVE エディタによるテキスト・ファイルの編集
第 9 章:ファイルのソートとマージ
第 10 章:資源へのアクセスの制御
第 11 章:デバイスとファイルの論理名定義
第 12 章:シンボル,コマンド,式の定義
第 13 章:コマンド・プロシージャの概要
第 14 章:DCL での拡張プログラミング
第 15 章:レキシカル関数を使用しての情報の取得と処理
第 16 章:プロセスとバッチ・ジョブ
付録 A :文字セット
付録 B :コマンド・プロシージャの例
用語集
索引
PDF
OpenVMS ホーム
OpenVMS | HPE 日本

OpenVMS
ユーザーズ・マニュアル


目次 索引

第 3 章
3 ファイル情報の格納
  3.1   ファイル名とファイル指定
    3.1.1      完全なファイル指定
    3.1.2      ファイル指定の規則
    3.1.3      DCL コマンドの省略時のファイル・タイプ
    3.1.4      言語ソース・プログラムの省略時のファイル・タイプ
    3.1.5      ファイルのバージョン番号
    3.1.6      ネットワーク・ノード名
    3.1.7      DECnet-Plus の完全なノード名の指定
    3.1.8      TCP/IP 名およびアドレスの指定
    3.1.9      DECnet 使用によるリモート・ノード上のファイルへのアクセス
    3.1.10      TCP/IP 使用によるリモート・ノード上のファイルへのアクセス
    3.1.11      ネットワーク・ファイル指定の使用方法
      3.1.11.1         従来のファイル指定
      3.1.11.2         フォーリン・ファイル指定
      3.1.11.3         タスク指定文字列
    3.1.12      アクセス制御文字列の指定方法
  3.2   ファイル名でのワイルドカードの使用方法
    3.2.1      アスタリスク (*)・ワイルドカード文字
    3.2.2      パーセント記号 (%) ワイルドカード文字
  3.3   その他のファイル名
    3.3.1      空のファイル名とファイル・タイプ
      3.3.1.1         空のファイル・タイプによるファイル参照
    3.3.2      磁気テープの代替ファイル名の使用方法
  3.4   ファイルの作成と変更
    3.4.1      ファイルの作成
    3.4.2      ファイルのコピー
    3.4.3      ファイルの連結
    3.4.4      DECnet を使用してリモート・ノードからファイルをコピーする
    3.4.5      DECnet を使用して使用中のノードにあるファイルをリモート・ノードにコピーする
    3.4.6      TCP/IP を使用してリモート・システム上へファイルをコピーする
    3.4.7      ファイルをコピーするためのアクセス制御文字列の使用
    3.4.8      ファイル名の変更
  3.5   ファイルの内容の表示
    3.5.1      TYPE コマンドの使用
    3.5.2      表示内容を制御する
    3.5.3      リモート・ノードのファイルを表示する
    3.5.4      ワイルドカードによるファイルの表示
    3.5.5      複数のファイルの表示
  3.6   ファイルの削除
    3.6.1      PURGE コマンドの使用方法
  3.7   他のユーザからのファイルの保護
    3.7.1      アクセス制御リスト(ACL)
    3.7.2      ファイル保護の種類
  3.8   ファイルの印刷
    3.8.1      印刷ジョブの優先順位
    3.8.2      キュー情報の表示
    3.8.3      プリント・フォーム
    3.8.4      印刷ジョブの停止
    3.8.5      別のノードにあるファイルの印刷
    3.8.6      印刷コマンドの修飾子
    3.8.7      WWPPS ユーティリティ (Alpha のみ)
      3.8.7.1         WWPPS の呼び出し
      3.8.7.2         WWPPSユーティリティ・コマンド
第 4 章
4 ディレクトリ・ファイルの編成
  4.1   ディレクトリ構造
  4.2   ディレクトリとは
    4.2.1      ディレクトリの作成
    4.2.2      ディレクトリの表示
    4.2.3      ディレクトリの削除
  4.3   省略時のディレクトリの設定
    4.3.1      省略時の値を存在しないディレクトリに設定する
    4.3.2      SHOW DEFAULT コマンド
    4.3.3      一時的な省略時の値の使用
  4.4   他のユーザからのディレクトリの保護
  4.5   ワイルドカードを使用したディレクトリ構造の検索
    4.5.1      反復記号 (...) ワイルドカード文字
    4.5.2      ハイフン (--) ・サブディレクトリ文字
  4.6   UIC 形式でのディレクトリの操作
    4.6.1      UIC ディレクトリでのワイルドカードの使用
    4.6.2      UIC 形式から名前形式への変換
第 5 章
5 拡張ファイル指定
  5.1   ODS-5 ボリューム構造
    5.1.1      長いファイル名
    5.1.2      ファイル名の中で使用できる文字の種類の拡大
    5.1.3      大文字と小文字の区別の保存
    5.1.4      ワイルドカードの使用
      5.1.4.1         ワイルドカード文字
      5.1.4.2         ワイルドカードの構文
  5.2   深いディレクトリ構造
    5.2.1      ディレクトリの命名構文
    5.2.2      ディレクトリ ID およびファイル ID の短縮形
  5.3   DCL での拡張ファイル指定解析機能の使用
  5.4   拡張ファイル指定を使用できる状況
  5.5   拡張ファイル名の表示
    5.5.1      DIRECTORY コマンド
    5.5.2      TYPE コマンド
    5.5.3      DELETE コマンド
    5.5.4      PURGE コマンド
  5.6   拡張ファイル名の端末表示
  5.7   複合環境での作業


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項