日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:OpenVMS オペレーティング・システムの概要
第 2 章:DCL を使用したシステムとの会話
第 3 章:ファイル情報の格納
第 4 章:ディレクトリ・ファイルの編成
第 5 章:拡張ファイル指定
第 6 章:ディスクとテープ・ドライブの使用方法
第 7 章:Mail を使用して他のユーザと通信する
第 8 章:EVE エディタによるテキスト・ファイルの編集
第 9 章:ファイルのソートとマージ
第 10 章:資源へのアクセスの制御
第 11 章:デバイスとファイルの論理名定義
第 12 章:シンボル,コマンド,式の定義
第 13 章:コマンド・プロシージャの概要
第 14 章:DCL での拡張プログラミング
第 15 章:レキシカル関数を使用しての情報の取得と処理
第 16 章:プロセスとバッチ・ジョブ
付録 A :文字セット
付録 B :コマンド・プロシージャの例
用語集
索引
PDF
OpenVMS ホーム
OpenVMS | HPE 日本

OpenVMS
ユーザーズ・マニュアル


最初へ
索引

目次 (まとめ)
まえがき まえがき
第 1 章 OpenVMS オペレーティング・システムの概要
第 2 章 DCL を使用したシステムとの会話
第 3 章 ファイル情報の格納
第 4 章 ディレクトリ・ファイルの編成
第 5 章 拡張ファイル指定
第 6 章 ディスクとテープ・ドライブの使用方法
第 7 章 Mail を使用して他のユーザと通信する
第 8 章 EVE エディタによるテキスト・ファイルの編集
第 9 章 ファイルのソートとマージ
第 10 章 資源へのアクセスの制御
第 11 章 デバイスとファイルの論理名定義
第 12 章 シンボル,コマンド,式の定義
第 13 章 コマンド・プロシージャの概要
第 14 章 DCL での拡張プログラミング
第 15 章 レキシカル関数を使用しての情報の取得と処理
第 16 章 プロセスとバッチ・ジョブ
付録 A 文字セット
付録 B コマンド・プロシージャの例
  用語集
  索引
 
 
 


目次


まえがき
まえがき まえがき
第 1 章
1 OpenVMS オペレーティング・システムの概要
  1.1   ログイン
    1.1.1      ログインの成功
    1.1.2      ログイン・エラー
  1.2   PC からのログイン
  1.3   アカウントのパスワードの選択
    1.3.1      初期パスワードの取得
    1.3.2      初期パスワードの変更
    1.3.3      パスワードの制限事項
    1.3.4      使用するパスワードのタイプ
    1.3.5      システム・パスワードの入力
    1.3.6      2 次パスワードの入力
    1.3.7      各種アカウントのパスワードの要件
  1.4   情報メッセージの読み込み
    1.4.1      メッセージの無表示
    1.4.2      成功ログイン・メッセージ
  1.5   ログインのタイプとログイン・クラス
    1.5.1      会話型ログイン
    1.5.2      非会話型ログイン
  1.6   ログインの失敗
    1.6.1      システム・パスワードを必要とするターミナル
    1.6.2      ログイン・クラスの制限
    1.6.3      勤務時間に関する制限
    1.6.4      勤務時間制限中でのバッチ・ジョブ
    1.6.5      ダイアルアップ・ログインでの失敗
    1.6.6      システム侵入回避プロシージャ
  1.7   パスワードの変更
    1.7.1      ユーザ自身によるパスワードの選択
    1.7.2      生成されたパスワードの使用方法
    1.7.3      生成されたパスワード: 欠点
    1.7.4      2次パスワードの変更
    1.7.5      ログイン時のパスワードの変更
  1.8   パスワードとアカウントの満了
    1.8.1      満了したパスワード
    1.8.2      2次パスワードを使用している場合
    1.8.3      パスワードを変更しなかった場合
    1.8.4      満了したアカウント
  1.9   パスワードの保護に関するガイドライン
  1.10   システム応答の認識方法
    1.10.1      省略時のアクション
    1.10.2      情報システム・メッセージ
    1.10.3      システム・エラー・メッセージ
    1.10.4      現在のプロセスのチェック
  1.11   システムのヘルプについて
    1.11.1      オンライン・ヘルプの使用方法
    1.11.2      指定コマンドのヘルプを見る
    1.11.3      システム・メッセージについてのヘルプ
  1.12   システムからのログアウト
    1.12.1      アカウント情報の取得
    1.12.2      リモート・セッションの終了
    1.12.3      ネットワーク接続の消失
  1.13   システム・セキュリティを損なわずにログアウトする
  1.14   ネットワーク
    1.14.1      ネットワーク・ノード
    1.14.2      ネットワークを介してのプログラムの実行
第 2 章
2 DCL を使用したシステムとの会話
  2.1   コマンドの入力
    2.1.1      使用モード
    2.1.2      DCL コマンドの種類
  2.2   DCL コマンド行
    2.2.1      構文
    2.2.2      コマンドの取消し
    2.2.3      省略時の値の使用
    2.2.4      複数行のコマンドの入力
  2.3   DCL コマンドの入力規則
  2.4   パラメータの入力
  2.5   修飾子の入力
    2.5.1      コマンド修飾子
    2.5.2      定位置修飾子
    2.5.3      パラメータ修飾子
    2.5.4      矛盾する修飾子
    2.5.5      修飾子が取る値
  2.6   値としての日付と時刻の入力
    2.6.1      絶対時刻形式
    2.6.2      デルタ時間の形式
    2.6.3      複合時刻の形式
  2.7   コマンドの再呼び出し
    2.7.1      Ctrl/B の使用
    2.7.2      矢印キーの使用
    2.7.3      RECALL コマンドの使用
  2.8   DCL コマンド行の編集
    2.8.1      SET TERMINAL コマンド
    2.8.2      コマンド行の要素の削除
  2.9   ターミナル・キーの定義
    2.9.1      キー・シーケンス


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項