日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:OpenVMS オペレーティング・システムの概要
第 2 章:DCL を使用したシステムとの会話
第 3 章:ファイル情報の格納
第 4 章:ディレクトリ・ファイルの編成
第 5 章:拡張ファイル指定
第 6 章:ディスクとテープ・ドライブの使用方法
第 7 章:Mail を使用して他のユーザと通信する
第 8 章:EVE エディタによるテキスト・ファイルの編集
第 9 章:ファイルのソートとマージ
第 10 章:資源へのアクセスの制御
第 11 章:デバイスとファイルの論理名定義
第 12 章:シンボル,コマンド,式の定義
第 13 章:コマンド・プロシージャの概要
第 14 章:DCL での拡張プログラミング
第 15 章:レキシカル関数を使用しての情報の取得と処理
第 16 章:プロセスとバッチ・ジョブ
付録 A :文字セット
付録 B :コマンド・プロシージャの例
用語集
索引
PDF
OpenVMS ホーム
OpenVMS | HPE 日本

OpenVMS
ユーザーズ・マニュアル


目次 索引

ターミナル (terminal): キーボードとビデオ画面あるいはプリンタを持つ周辺機器の一般名。プログラムの制御により,ユーザはターミナルのキーボードからコマンドおよびデータを入力でき,メッセージをビデオ画面あるいはプリンタに受信できる。端末とも呼ぶ。

ソフトウェア (software): 特定のコンピュータ・システムの操作に関連したイメージ,プロシージャ,規則,ドキュメンテーションの集合。たとえば,オペレーティング・システムはソフトウェアである。

タイムアウト (timeout): デバイスが入出力転送を完了するまでの制限時間が満了すること。

大容量記憶デバイス (mass storage device): データおよびその他のタイプのファイルを使用しない場合に格納するための入出力デバイス。典型的な大容量記憶デバイスは,ディスク,磁気テープ,フロッピー・ディスクを含む。

代理ログイン (proxy login): ユーザがローカル・ノードにアカウントを保持している場合と同様に,リモート・ノードからローカル・ノードに実際にログインできるログイン。ただし,ユーザはアクセス制御文字列でパスワードを指定しない。リモート・ユーザは,アカウントを自分で保持することも,他のユーザとアカウントを共用することもできる。

単純文字 (simple character): バージョン以外のすべてのファイル指定の構成要素に使用できる基本文字セット。

中央処理装置 (central processing unit (CPU)): プログラムの実行を含むすべての計算と入力および出力のルーチンを扱うハードウェア。すなわち,CPU はコンピュータ内で実際に計算を行う部分である。

ディスク (disk): 高速ランダム・アクセス・デバイス。数種類のディスクがある。フロッピー・ディスクは小型のフレキシブル・ディスクである。ハード・ディスクには固定式または可動式がある。可動式ディスクには,保護ケースに入った 1 つのハード・ディスクおよび保護ケースに入った複数の積み重ねられたディスクがある。

ディレクトリ (directory): ディスクまたはテープに格納されたファイルの集合を簡単に一覧できるファイル。ディレクトリはファイルの名称,タイプ,バージョン番号を含む。また,ファイルの実際の位置の識別およびその属性の指定のための一意的な数値を含む。 サブディレクトリを参照。

データ (data): 通信,分析,処理に適した形式を持ち,事実,概念,命令の任意の表現を示す一般的な用語。

デバイス (device): データの受信,格納,送信が可能な,プロセッサに接続した任意の周辺装置の一般名称。カード・リーダ,ライン・プリンタ,ターミナルはデータ記録のためのデバイスの例である。磁気テープ・デバイス,ディスク・デバイスは大容量記憶デバイスの例である。ターミナル・ライン・インタフェース,プロセッサ間リンクは通信デバイスの例である。デバイスはハードウェアである必要はない。

デバイス名 (device name): ファイルを格納するデバイス・ユニットを識別するファイル指定のフィールド。デバイス名はまた,データ転送要求の入出力周辺装置を識別するニーモニックを含む。デバイス名は,ニーモニック,次にコントローラ識別文字 ( 適用できる場合 ),ユニット番号 ( 適用できる場合 ),最後のコロンで構成される。

等価文字列 (equivalence string): 論理名テーブルにおいて論理名に結び付けられている文字列。等価文字列は,たとえばデバイス名であったり,他の論理名であったり,あるいは論理名とファイル指定の一部とが連結されたものであったりする。

独立プロセス (detached process): 所有者のないプロセス。サブプロセスの木構造での親プロセス・ユーザがシステムにログインした場合,ジョブ・コントローラは独立プロセスを作成する。また,バッチ・ジョブを起動した場合,あるいは論理リンク接続要求に対してサービスを行う場合も独立プロセスを作成する。ジョブ・コントローラが作成したプロセスを所有しないため,このプロセスを独立プロセスと呼ぶ。 DCL コマンド RUN/UIC およびプロセス作成システム・サービス (UIC を指定する) は,適当な特権プロセスの独立プロセスの作成を可能にする。

入力ストリーム (input stream): コマンドとデータのソース。ユーザのターミナル,バッチ・ストリーム,コマンド・プロシージャなどがある。

入力ファイル (input file): コンピュータに転送するためのデータを含むファイル。

しばしば,入力ファイルと出力ファイルは混同される。 DCL は通常これらのファイルに対してプロンプトを表示する。しかし,ほとんどのシステム・ユーティリティはコマンド行での位置で入力ファイルと出力ファイルを識別する。使用するコマンドの構文に注意する必要がある。

ネットワーク (network): 相互接続された個々のコンピュータ・システムの集合。

ノード (node): 次のいずれかです。

  1. ネットワーク内の他のコンピュータ・システムと通信可能な個々のコンピュータ・システム。

  2. OpenVMS VAX システムの場合,中央処理装置 (CPU),制御装置,メモリ・サブシステムなどの VAXBI インタフェース。それぞれ,VAXBI バス上の 16 個の論理記憶位置のうちの 1 つを占有する。

  3. OpenVMS VAX システムの場合,システム通信サービス (SCS) ソフトウェアが認識する VAX プロセッサまたは HSC。


ノード指定 (node specification): ファイル指定の最初のフィールド。このフィールドは,ネットワーク上のコンピュータの位置を識別する。

バージョン番号 (version number): ファイル指定でファイル・タイプの次の次の数値フィールド。ファイルを編集した場合,バージョン番号が 1 つ上がる。

パーソナル・ログイン・コマンド・プロシージャ (personal login command procedure): ユーザがシステム環境をカスタマイズするためのコマンド・プロシージャ。これに含まれているコマンドは,ユーザがログインするたびに実行される。

ハードウェア・デバイス (hardware device): ライン・プリンタ,ターミナル,大容量記憶などの機械的なデバイスを含む物理的なコンピュータ装置。

ハードコピー・ターミナル (hardcopy terminal): 用紙に出力するターミナル。ターミナルを参照。

パスワード (password): ユーザが自身の識別とそのアカウントへのアクセスの許可の証明のために提示する文字列。システム・パスワードおよびユーザ・パスワードの 2 種類がある。ユーザ・パスワードは,1 次および 2 次パスワードを含む。

バッチ・ジョブ (batch job): バッチ処理サブシステムの制御下でスケジューリングされ実行されるプログラム。バッチ・ジョブに対する入力制御は,ディスクに格納されたコマンド・プロシージャから指定され,出力先としてディスク・ファイルが指定される。

バッファ (buffer): 入力または出力操作中にデータ・レコードの一時的な記憶領域として使用される内部メモリの領域。

パラメータ (parameter): 次のいずれかです。

  1. P1 〜 P8 のシンボルの範囲に対応して,コマンド・プロシージャに渡される値。コマンド・パラメータを参照。

  2. ネットワーク管理コンポーネントのための運用時または永久データベースのエントリ。


反転ビデオ (reverse video): 省略時のビデオ・コントラストを反転させるビデオ・ターミナルの機能。省略時の表示が白地の背景に黒い文字の場合,反転ビデオは黒地の背景に白い文字となる。

反復変換 (iterative translation): 論理名の定義に別の論理名が含まれている場合に行われる,論理名の繰返し変換。

汎用デバイス名 (generic device name): 特別なユニットではなくデバイスのタイプを識別するデバイス名。特定のコントローラあるいはユニット番号が省略されたデバイス名。

ビデオ・ターミナル (video terminal): オペレーティング・システムとの会話を表示するためのキーボードとビデオ画面 (またはモニタ)。ターミナルを参照。

ファイル (file): ユーザにとって意味のある構造に配置されたデータ要素の集合。ファイルには任意の名前を付けることができる。また,プログラムあるいはデータを格納でき,システムがアクセスできる。アクセスには 2 つのタイプがある。ファイルの変更はできない読み込み専用と,ファイルの内容の変更も可能な読み込み/書き込みである。 ボリューム を参照。

ファイル・パス (file path): ファイル指定の中のディスクとディレクトリの部分。

ファイル指定 (file specification): 大容量記憶メディア上のファイルの一意的な名前。ノード,デバイス,ディレクトリ名,ファイル名,ファイル・タイプ,バージョン番号を識別する。

ファイル・タイプ (file type): ピリオドに続く 0 〜 39 文字の識別子から構成されるファイル指定のフィールド。通常このフィールドは,コンパイラあるいはアセンブラのリスト・ファイル,バイナリ・オブジェクト・ファイルなどの同一の使用法または属性を持つファイルの一般的なクラスを識別する。

ファイル名 (file name): ファイル指定で,ファイル・タイプに先行する 1 〜 39 文字のファイルの名称を含むフィールド。

ファンクション・キー (function key): 特別なシグナルをオペレーティング・システムに送信するキーボード・キー。ファンクション・キーは Fx と記述され,x はキーに結合した番号である。たとえば,Mail で F9 キーと押した場合,メッセージの転送をシステムに通知する。

フィールド (field): 論理レコードの連続したバイトの集合。

フォーリン・コマンド (foreign command): コマンド・インタプリタで DCL コマンドとして認識されない名称を持つイメージを実行するシンボル。

フォーリン・ファイル指定 (foreign file specification): ファイル指定が OpenVMS 構文または形式に従っていないファイル。

フォルダ (folder): メール・メッセージを格納できるファイルの区分。

複合文字 (compound character): 単純文字と拡張文字セットの文字の組み合わせ。

物理デバイス名 (physical device name): システムに対して物理デバイス ( 記憶ディスクあるいはターミナルなど ) を一意的に識別する文字列。

プライベート・ボリューム (private volume): プロセスが排他的に使用するために割り当てた大容量記憶媒体。

プリント・フォーム: 印刷のためにページ設定とストックを定義する属性の集合。

プログラム (program): 特別の結果を目的にした一連の命令。プログラミング言語はプロシージャを作成するためのものであり,コンピュータで実行できる。イメージを参照。

プログラム・スタブ (program stub): コマンド・プロシージャの作成中に,試験のために使用するコードの一時的な部分。プログラム・スタブは,通常,メッセージを出力して置換するプロシージャを知らせる。

プロセス (process): システム・ソフトウェアでスケジューリングされる基本的実体。プロセスはイメージを実行するコンテキストを提供する。プロセスはアドレス空間,およびハードウェア・コンテキストとソフトウェア・コンテキストから構成される。

プロセス・デフォルト・ディレクトリ (process default directory): システムは,自動的にユーザの最上位ディレクトリをログイン時のプロセス・デフォルト・ディレクトリにする。

プロンプト (prompt): ユーザに入力を促すためにターミナル上に表示される文字列。

ベスト・エフォート・デリバリ (best-effort delivery): 回線障害などのエラーが発生した場合に,エラーの回復をせずにデータの受け渡しを試みるネットワーク・プロトコル。

ヘルプ (help): HELP コマンドの使用に適合した形式のテキスト・ファイル。オンライン・ヘルプは最大 9 レベルの検索を提供できる。

保護コード (protection code): システム・ユーザがファイルまたは他の保護オブジェクトに対してどのアクセス・カテゴリを持てるか,またアクセスした場合アクセス・カテゴリが何を実行できるかを指定する文字列。

保護されたオブジェクト: システムがアクセスを制御する共用可能情報を格納したオブジェクト。 オブジェクト も参照。

ホスト (host): ネットワークに接続されたシステム。ノードも参照。

ボリューム (volume): ディスク・パックあるいは磁気テープなどの大容量記憶メディア。ボリュームはファイル構造の最大の論理ユニット。

ボリューム・セット (volume set): 1 つまたは複数の大容量記憶媒体にある,ファイル構造をしたデータの集まり。

マスター・ファイル・ディレクトリ (master file directory (MFD)): ディスクのメイン・ディレクトリが格納されているファイル。

メモリ (memory): データまたは命令がバイナリ・ワード形式で置かれる一連の物理的な位置。メモリの各位置はアドレス可能であり,その内容は変更できる。メモリを大容量記憶デバイスと混同してはならない。

文字列 (character string): 印字可能な文字の連続した集まり。

文字列 (string): 連続して結合された文字。エディタがテキスト・ファイルで語または句を検索する場合,文字列を検索する。コマンドを形成する文字列はコマンド列と呼ばれる。

ユーザ登録ファイル (user authorization file (UAF)): UAFを参照。

ユーザ・パスワード (user password): ユーザに対応したパスワード。ユーザはログイン時にこのパスワードを正しく指定しなければ,システムへのアクセスを許可されない。ユーザ・パスワードには 1 次パスワードと 2 次パスワードの 2 種類がある。必要な場合は,1 次パスワードの後に 2 次パスワードを入力する。

優先順位 (priority): プロセスの実行中にシステム資源を取得する優先権を決定する,プロセスに割り当てられたランク。

ユーティリティ (utility): プログラム開発ユーティリティ ( エディタ,リンカ ),ファイル管理ユーティリティ ( ファイル・コピー,ファイル・フォーマット変換ユーティリティ ),オペレーション管理ユーティリティ ( ディスク・クォータ,自己診断プログラム ) などの関連した汎用機能の集合を提供するプログラム。

読み込み (read): イメージがデータを受け入れることまたはその機能。たとえば,TYPE コマンドを実行する場合,システムはディスクから指定のファイルを読み込み,それをターミナルへ書き込む。書き込みも参照のこと。

ライン・エディタ (line editor): 行単位でファイルへの追加,削除を行うプログラム。

ライン・プリンタ (line printer): ファイルの 1 行分を同時にプリントする出力デバイス。低速のデバイスでは処理が終了しないような大量の出力をプリントするために使用する。ほとんどすべてのシステムは,ライン・プリンタ用のデバイスを持つ。ある場合,ライン・プリンタは実際に高速のターミナルである。

ランダム・アクセス (random access): 直前に検索あるいは書き込みを行ったデータの位置に依存しないデータの検索あるいは書き込みの手法。ランダム・アクセスは,すべての情報が等しくアクセス可能であるメモリあるいは大容量記憶デバイスを参照する。

リモート・ノード (remote node): ネットワークの中の,現在ログインしているノード以外の任意のノード。

レキシカル関数 (lexical function): DCL (DIGITAL コマンド言語 ) コマンド・インタプリタがコマンドを解釈する前に評価と置換を行うコマンド言語の構成。レキシカル関数は現在のプロセスに関する情報 ( たとえば,ユーザ識別コード (UIC) または省略時のディレクトリ ),あるいは別の文字列に関する情報 ( たとえば,文字列の長さまたは位置 ) を戻す。

レコード管理サービス (RMS): RMS (Record Management Services) を参照。

レコード指向デバイス (record-oriented device): ターミナル,ライン・プリンタ,カード・リーダなどのデバイス。レコード指向デバイスの物理レコードは,プログラムが 1 回の入出力操作でアクセスできる最大のデータ単位である。

レコードのソート (record sorting): レコードの並べ替えプロセス。レコード自体は変えずに,順序を変えてレコード全体の出力ファイルを生成する。

レコード・ファイル・アドレス (record file address (RFA)): ファイル内のレコードの一意なアドレス。RFA を使用すると,すでにアクセスしたレコードに,後でランダムにアクセスできる。このアクセスは,ファイルの編成に関係なく実行できる。

ローカル・シンボル (local symbol): 次のいずれかです。

  1. 定義されたモジュール内でのみ意味を持つシンボル。言語処理プログラムにグローバル・シンボルとして認識されないシンボルはローカル・シンボルと見なされる。言語処理プログラムはローカル・シンボルの参照と定義の一致を確認して結合する。これらはリンカに認識されず,別のオブジェクト・モジュールでは使用できない。しかし,リンカからデバッガには渡すことができる。 グローバル・シンボルを参照。

  2. 現在のコマンド・レベルおよびその後に起動されるレベルでのみアクセス可能なコマンド言語シンボル。定義しているコマンド・レベルが終了すると削除される。


ローカル・ノード (local node): ユーザが物理的に配置されているネットワーク・ノード。

ロギング・アウト (logging out): DCL (DIGITAL コマンド言語 ) コマンド LOGOUT を入力する文字列。オペレーティング・システムにユーザが特定のターミナルを使用して終了することを通知する。

ロギング・イン (logging in): システムに対するユーザの確認。ユーザがログ・インする場合,システムのプロンプトに対してユーザ名,パスワードを入力する。ユーザ名およびパスワードがシステムのアカウントに一致した場合,そのユーザはシステムへのアクセスを許可される。

ログイン・クラス (login class): ユーザがシステムにログインする方法。システム管理者は,ログイン・クラス ( ローカル,ダイヤルアップ,リモート,バッチ,ネットワーク ) に基づいてシステム・アクセスを制御できる。

ログイン・コマンド・プロシージャ (login command procedure): ログイン時およびバッチ・ジョブの開始時に自動的に実行されるコマンド・プロシージャ。

ログイン・ディレクトリ (login directory): ユーザのログイン時に LOGINOUT が設定する省略時のディレクトリ。

論理式 (logical expression): 値が真または偽のどちらかである式。

論理デバイス名 (logical device name): 隠されたデバイス名を短い意味のある名称と等価にする文字列。

論理名 (logical name): システム・オブジェクトを示すため別の文字列の代わりとするためにユーザが指定した名前。システム・オブジェクトは,例えばファイル,ディレクトリ,デバイス,キュー等。論理名は論理名テーブルで管理される。

論理名テーブル (logical name table): 論理名および対応する等価名を含むテーブル。論理名はプライベートにも共用にもすることができる。省略時の共用テープルは,ジョブ,グループ,システム,クラスタワイド・システム,クラスタワイド・パレント・テーブル。

ワイルドカード文字 (wildcard character): アスタリスク (*) やパーセント (%) 記号などの非英数字文字で,ファイル指定のファイル名,ファイル・タイプ,バージョン番号などの一部またはすべてと置き換えて使用され,そのフィールドのすべてを指定する。

割り当てステートメント (assignment statement): DCL (DIGITAL コマンド言語) で,シンボル名を文字列または数値と結合して使用すること。シンボルはシステム・コマンドの同義語を定義でき,コマンド・プロシージャの変数としても使用できる。


索引 目次

印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項