日本-日本語

製品  >  ソフトウェア  >  OpenVMS  >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:OpenVMS オペレーティング・システムの概要
第 2 章:DCL を使用したシステムとの会話
第 3 章:ファイル情報の格納
第 4 章:ディレクトリ・ファイルの編成
第 5 章:拡張ファイル指定
第 6 章:ディスクとテープ・ドライブの使用方法
第 7 章:Mail を使用して他のユーザと通信する
第 8 章:EVE エディタによるテキスト・ファイルの編集
第 9 章:ファイルのソートとマージ
第 10 章:資源へのアクセスの制御
第 11 章:デバイスとファイルの論理名定義
第 12 章:シンボル,コマンド,式の定義
第 13 章:コマンド・プロシージャの概要
第 14 章:DCL での拡張プログラミング
第 15 章:レキシカル関数を使用しての情報の取得と処理
第 16 章:プロセスとバッチ・ジョブ
付録 A :文字セット
付録 B :コマンド・プロシージャの例
用語集
索引
PDF
OpenVMS ホーム
OpenVMS | HPE 日本

OpenVMS
ユーザーズ・マニュアル


目次 索引



検索文字列が見つかると,その文字列が強調表示され,その最初の文字にカーソルが移動します。強調表示された検索文字列に対して実行できる編集コマンドの一覧については,『 Extensible Versatile Editor Reference Manual 』を参照してください。

強調表示を消すには,カーソルを検索文字列の外に移動するか, RESET コマンドを使用します。

その検索文字列が現れる次の位置を検索するには,Find キーを 2 回押すか, FIND NEXT コマンドを入力します。

8.13.2 大文字と小文字を区別する検索の設定

小文字の文字列の検索時に,検索文字列の大文字と小文字を正確に区別したい場合は, SET FIND CASE EXACT コマンドを入力します。以後,すべて小文字で検索文字列を入力すると,小文字だけの文字列が検索され,大文字を含む文字列は無視されます。

この設定は,FIND,REPLACE,および WILDCARD FIND の各コマンドにも適用されます。この設定は,自分のセクション・ファイルまたはコマンド・ファイルに保存しておけば,後の編集セッションで使用できます。省略時の設定は,SET FIND CASE NOEXACT です。

EVE は発音区別 (アクセント) 符号の有無を区別するので,発音区別符号がまったく同じに付けられている文字列だけを検索します。たとえば,ë を検索するとき, ë以外の文字(eなど) はどれも無視されます。

たとえば,次のコマンドは大文字と小文字を区別する検索を設定していますから,小文字だけの digital が見つかり, DigitalDIGITAL は無視されます。

Command: SET FIND CASE EXACT
Command: FIND digital

操作手順: テキストの検索

既存のファイル RHYMES.DAT に対して FIND コマンドを使用するには,次の手順に従ってください。

  1. RHYMES.DAT を編集するために EVE を起動する。カーソルがバッファ内の最初の行の先頭文字に位置づけられ,現在の方向が順方向に設定される。

  2. Find キーを押して, ree という文字列を入力してから Enter キーを押す。カーソルが,tree という単語の文字 r に移動し,文字列 ree が強調表示される。

  3. Find キーを 2 回押して,次に現れる文字列 reeを検索する。カーソルが,three という単語の文字 r に移動し,文字列 ree が強調表示される。
    検索文字列が見つかると,その文字列が強調表示され,選択範囲または検出範囲に対して実行できる任意のコマンド (SPELLを除く) が使用できるようになる。また,検出範囲に対しては保留削除を実行することもできない。

  4. UPPERCASE WORD コマンドを入力する。
    UPPERCASE WORD コマンドは,次の例に示すように,強調表示された文字列を小文字から大文字に変更する。

    She rhymes with tree, 
    also with bee, 
    and this one makes thREE. 
    [End of file] 
    

操作手順: FIND SELECTED コマンドの使用方法

特に複雑な文字列やスペリングや入力を間違えやすい文字列を検索するために FIND SELECTED を使用するには,次の手順に従ってください。

  1. テキストをコピーして,バッファ内に同じテキストを 2 つ表示する。

  2. 最初の行の文字列 rhymes with tree, の先頭にカーソルを移動する。

  3. SELECT コマンドを入力する。

  4. カーソルを移動し文字列を強調表示させることによって,テキストを選択する。選択範囲は 2 行以上にまたがることができないことに注意する。

  5. FIND SELECTED コマンドを入力する。
    カーソルは次に現れる文字列 rhymes with tree, に移動する。選択範囲は取り消され,検出文字列がボールド体属性で表示される。



8.13.3 ワイルドカードの使用方法

テキストの検索にはワイルドカードを使用することができます。 SHOW WILDCARDS コマンドを使用すれば,現在のワイルドカード設定のパターンを表示できます。

操作手順: ワイルドカードの使用

ワイルドカードを使用するには,次の手順に従ってください。

  1. バッファの先頭にカーソルを位置づける。

  2. コマンド WILDCARD FIND *ee を入力して, eeで終わる文字列を検索する。

    She rhymes with tree, 
    also with bee, 
    and this one makes thREE.
    [End of file] 
    


    先頭行の tree という文字列の r にカーソルが位置づけられる。



8.13.4 空白を含めて検索する方法

SET FIND WHITESPACE コマンドおよび SET FIND NOWHITESPACE コマンドを使用すると,WILDCARD FIND コマンドと FIND コマンドが,スペース,タブ,改行記号などの単語の間の空白を処理する方法を指定できます。

SET FIND NOWHITESPACE コマンドを使用すると,1 行以内に収まる複数の単語からなる文字列を,文字列中のスペースやタブが現れるとおりに照合しながら検索できます。SET FIND NOWHITESPACE は,省略時の検索方法です。

SET FIND WHITESPACE コマンドを使用すると,WILDCARD FIND コマンドと FIND コマンドは,2 つ以上の単語からなる文字列を分割の仕方に関係なく検索できます。これによって,FIND の各コマンドは,単語の間に 1 つ以上のスペースまたはタブを含む,2 行にまたがる文字列を検索できます。

8.13.5 テキストにマークを付ける方法

MARK コマンドおよび GO TO コマンドは,大きなファイルの編集時に,特定の位置にマークを付けておいて,後で編集セッション中にその位置に戻るときに役立ちます。次の表は,MARK コマンドおよび GO TO コマンドについて説明します。

コマンド 機能
MARK マークを現在のカーソル位置に置く。このマークは表示されない。このマークは,編集セッションの間,またはマークを変更するまで変わらない。マークは終了時に保存されない。
GO TO カーソルを MARK コマンドによってマークされた場所に移動する。マークが別のバッファにある場合には,カーソルをそのバッファに移動して,そのバッファを現在のウィンドウに表示する。

マークを付けるには,MARK コマンドの後にラベル名を入力します。ラベル名には,英数字,区切り文字,スペース,およびタブ文字を含む 1 つ以上の印刷可能な文字が使用できます。マークの付いた位置に戻るには,GO TO コマンドの後にラベル名を入力します。

8.13.6 テキストの置換

REPLACE コマンドを使用すれば,現在のバッファ内の文字列を別の文字列に置換することができます。このコマンドは,長いファイル全体で特定の単語のスペルを間違って入力したとき,それを全部訂正するような場合に便利です。

REPLACE コマンドは大文字と小文字を区別します。検索文字列に大文字が含まれている場合,大文字,小文字が正確に一致する文字列が検索されます。検索文字列がすべて小文字の場合は,大文字と小文字に関係なく一致するすべての文字列が検索されます。置換文字列に大文字が含まれている場合は,その新しい文字列にそのまま正確に置換されます。置換文字列もすべて小文字の場合は,次の規則に従って文字列の置換が行われます。

  • 検索文字列の先頭文字だけが大文字で残りは小文字である文字列が見つかると,置換文字列も先頭文字だけが大文字になって置き換えられる。

  • 検索文字列のすべてが大文字である文字列が見つかると,置換文字列もすべてが大文字になって置き換えられる。大文字と小文字が混在している文字列が見つかると,新しい文字列はすべて小文字で置き換えられる。

次の表に,EVE が大文字と小文字を処理する方法を示します。

検索文字列 置換文字列 強調表示される文字列 実際に置き換えられる文字列
butter margarine butter margarine
    Butter Margarine
    BUTTER MARGARINE
    BUtteR margarine
       
Butter margarine Butter margarine
       
butter Margarine butter Margarine
    Butter Margarine
    BUTTER Margarine
    BUtteR Margarine
       
Butter Margarine Butter Margarine

小文字の文字列だけを検索または置換する場合は,SET FIND CASE EXACT コマンドを入力します。このコマンドを入力してから,すべて小文字の検索文字列を入力すると,小文字だけの文字列が検索され,大文字を含む文字列は無視されます。この設定は,FIND,REPLACE,および WILDCASE FIND のコマンドに適用されます。

次の表は,SET FIND CASE EXACT コマンドを入力したときに,小文字だけの文字列が検索および置換される場合を示しています。

検索文字列 置換文字列 強調表示される文字列 実際に置き換えられる文字列
butter margarine butter margarine

省略時の設定は,SET FIND CASE NOEXACT です。

次の表に,REPLACE コマンドに対する応答とその機能を要約します。

応答 機能
Yes この文字列を置換して次の文字列を検索する。省略時の設定である。Enter キーを押すだけでよい。
No この文字列は置換しないで次の文字列を検索する。
All 該当するすべての文字列を置換する。ここ以降,反対方向で文字列が見つかった場合を除き,確認を求めるプロンプトは出されない。
Last この文字列を置換して検索を中止する。
Quit この文字列を置換しないで検索を中止する。



8.14 コマンド行修飾子の使用方法

EVE の起動時には,コマンド行修飾子を使用して EVE の高度な編集機能を指定することができます。文字セル更新画面を使用している場合は,ターミナルの設定によって省略時に挿入モードになるか,または上書モードになるかが決まります。

次の表に,EVE の起動時に EDIT コマンドとともに指定できる修飾子の一覧を示します。

表 8-10 EVE の起動時に指定できる EDIT コマンド行修飾子
修飾子 省略時の設定
コマンド・ファイル /COMMAND=TPU$COMMAND.TPU
ファイル作成 /CREATE
パッケージのデバッグ /NODEBUG
表示モードの指定 /DISPLAY=CHARACTER_CELL
ファイルの初期化 /INITIALIZATION=EVE$INIT.EVE
ジャーナリング /JOURNAL
Main バッファの変更 /MODIFY
出力ファイルの指定 /OUTPUT=output-file
読み込み専用アクセス /NOREAD_ONLY
回復 /NORECOVER
セクション・ファイル /SECTION=TPU$SECTION
開始位置 /START_POSITION=(1,1)
作業ファイル /WORK=SYS$SCRATCH:TPU$WORK.TPU$WORK



8.14.1 別の開始位置の指定

開始位置修飾子は,コマンド行に指定したバッファを開いたときに,最初にカーソルが表示される行および桁の位置を決定します。

省略時の開始位置は,1,1 --すなわち 1 行 1 桁で,バッファの左上隅に設定されています。開始位置修飾子を指定しても,編集セッション中に作成した別のバッファの初期カーソル位置は変わりません。また,バッファ・サイズが制限されることもありません。

開始位置修飾子の書式は次のとおりです。

/START_POSITION=(row[,column]) 

各フィールドの意味は次のとおりです。

/START_POSITION EDIT コマンドには, /START_POSITION= 修飾子を使用しなければならない。
row EVE の起動時の初期カーソル位置の行。
column EVE 起動時の初期カーソル位置の桁。

開始位置修飾子は,特定の行または特定の桁から編集を開始する場合に使用します。たとえば,バッチ・ログ・ファイルやエラー・メッセージによって,プログラム内の特定の行にエラーが存在することが分かっている場合や,ファイル内の標準見出しをスキップする場合は,その行を無視するように新しい開始行位置を指定すれば,プログラム・ソース・ファイルの編集開始時にカーソルが直接指定の開始行に移動します。次のコマンドは,test.com というファイルの編集開始時に,カーソルを 10 行 5 桁に表示します。

$ EDIT TEST.COM /START_POSITION=(10,5)

ファイル内の特定の行の 1 桁目から編集を開始する場合は, 2 番目のパラメータ (桁) は省略できます。

8.14.2 作業ファイルの使用

作業ファイル修飾子は,非常に大きなファイルを編集するときのメモリ領域のスワップ用に使用される作業ファイルを決定します。作業ファイルとは,編集セッションごとに 1 つ存在し,終了時に自動的に削除される一時ファイルのことです。

省略時の作業ファイルの名前は,TPU$WORK.TPU$WORK です。作業ファイルは,ユーザがその位置を指定しなければ SYS$SCRATCH 内に作成されます。

省略時の設定と異なる作業ファイルを指定するには,次の 2 つの方法があります。

  • 論理名 TPU$WORK を定義する。この方法は,SYS$SCRATCH 以外の場所,たとえば大容量のディスク上に作業ファイルを作成する場合に便利である。論理名定義は,LOGIN.COM ファイル内に格納できる。

  • /WORK= 修飾子を使用して作業ファイルを指定する。 /WORK= 修飾子を指定すると,TPU$WORK 論理名の定義は無効になる。たとえば,次のコマンドは,EVE を起動して
    SYS$SCRATCH:MYWORK.TPU$WORK という作業ファイルを作成する。

    $ EDIT /WORK=MYWORK
    

SYS$SCRATCH 以外の場所に作業ファイルを作成したい場合は,デバイス名 ( ディスク名 ) とディレクトリを含む完全なファイル指定を使用します。作業ファイルの指定にワイルドカードは使用できません。

8.14.3 Main バッファの変更

変更修飾子は,コマンド行に指定したバッファを変更できるかどうかを決定します。ただし,編集セッション中に作成した他のバッファには影響を与えません。

省略時の設定では,バッファ内のテキストを編集することによってバッファの内容を変更できます。編集を終了すると,バッファ内容が変更されている場合は,バッファがファイルに書き込まれます。

ファイルを変更せずに内容を調べるだけの場合には,/NOMODIFY を使用します。 /NOMODIFY を指定すると,カーソル移動コマンドは使用できますが,テキストは変更できません。

/MODIFY と /NOMODIFY のどちらも指定しない場合と,バッファを変更できるかどうかはアプリケーションが決定します。省略時の動作では,バッファを変更します。

/MODIFY を指定すると,/READ_ONLY や /NOWRITE の指定が無効になります。編集操作の練習をするだけで,終了時にファイルに書き込まない場合は, /READ_ONLY または /NOWRITE とともに /MODIFY を指定します。たとえば,次のコマンドは EVE を起動し,コマンド行に指定したバッファを読み込み専用 (書き込み不可) にして,変更可能にします。

$ EDIT /READ_ONLY /MODIFY

SET BUFFER コマンドを使用すれば,バッファの変更属性を設定または変更できます。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項