日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品とサービス >  ソフトウェアとOS >  OpenVMS >  マニュアル

OpenVMS マニュアル


 

OpenVMS ドキュメント
ライブラリ

タイトルページ
目次
まえがき
第 1 章:OpenVMS オペレーティング・システムの概要
第 2 章:DCL を使用したシステムとの会話
第 3 章:ファイル情報の格納
第 4 章:ディレクトリ・ファイルの編成
第 5 章:拡張ファイル指定
第 6 章:ディスクとテープ・ドライブの使用方法
第 7 章:Mail を使用して他のユーザと通信する
第 8 章:EVE エディタによるテキスト・ファイルの編集
第 9 章:ファイルのソートとマージ
第 10 章:資源へのアクセスの制御
第 11 章:デバイスとファイルの論理名定義
第 12 章:シンボル,コマンド,式の定義
第 13 章:コマンド・プロシージャの概要
第 14 章:DCL での拡張プログラミング
第 15 章:レキシカル関数を使用しての情報の取得と処理
第 16 章:プロセスとバッチ・ジョブ
付録 A :文字セット
付録 B :コマンド・プロシージャの例
用語集
索引
PDF
OpenVMS ホーム
OpenVMS | HPE 日本

OpenVMS
ユーザーズ・マニュアル


目次 索引



一部の DCL コマンドでは,次のように新しい修飾子を使用して拡張ファイル名の表示を制御することができます。

/STYLE= [CONDENSED | EXPANDED] 

この修飾子を使用すると,更新された DCL コマンドが拡張ファイル名およびそれらに関連するプロンプトを表示する方法を制御することができます。

キーワード CONDENSED を使用すると,多くのユーティリティで 255 バイトと定められている文字列の上限以内に収まるように生成されたファイル指定が表示されます。必要に応じて,このファイル指定には, DID 短縮形または FID 短縮形が含まれている場合があります。キーワード EXPANDED を使用すると,ディスク上に格納されているファイル指定が完全な形で表示され, DID 短縮形や FID 短縮形は含まれません。

この後の項では,DIRECTORY,TYPE,PURGE,および DELETE コマンドに /STYLE 修飾子を使用した例が示されています。

5.5.1 DIRECTORY コマンド

DIRECTORY コマンドを使用すると,ディレクトリの内容を表示するときに,ファイル名を表示する形式を選択することができます。

DIRECTORY/STYLE=(keyword[,keyword]) 

DIRECTORY コマンドを使用すると,省略時の設定では,次の例のように,必要に応じて DID を使用し, DID が不要な場合には完全なディレクトリ指定に切り替わって,ファイル名が表示されます。

$ DIRECTORY 
 
Directory TEST$ODS5:[23,1,0] 
 
abcdefghijklmnopqrstuvwxyABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYabcdefghijklmnopqrs 
tuvwxyABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYabcdefghijklmnopqrstuvwxyABCDEFGHIJKLM 
NOPQRSTUVWXY.abcdefghijklmnopqrstuvwxyABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYabcdef 
ghijklmnopqrst;2 
 
Total of 1 file. 
 
Directory TEST$ODS5:[TEST.RANDOMTESTING.RANDOM] 
 
AddressFiles.DIR;1  LOGIN.COM;3         test.1;1       test^.1.clue;1 
Travel.LIS;1        whee.;5       work.dat;8 
 
Total of 8 files. 
 
Grand total of 2 directories, 9 files. 

DIRECTORY コマンドで /STYLE 修飾子を使用し,両方のキーワードを指定すると, 2 列から成るディレクトリ・リストが表示されます。それぞれの列には,すべてのファイル名が含まれています。CONDENSED の列には,必要に応じて DID および FID が含まれ,EXPANDED の列には,完全なディレクトリ名および完全なファイル名が含まれています。ファイル・エラーがあると,CONDENSED 列に表示されます。次の例は,DIRECTORY コマンドで /STYLE 修飾子を使用し,両方のキーワードを指定した結果を示しています。

$ DIRECTORY/STYLE=(CONDENSED,EXPANDED) 
 
Directory TEST$ODS5:[23,1,0]        TEST$ODS5:[TEST.RANDOMTESTING.RANDO 
                                    M] 
 
abcdefghijklmnopqrstuvwxyABCDEFGHIJ abcdefghijklmnopqrstuvwxyABCDEFGHIJ 
KLMNOPQRSTUVWXYabcdefghijklmnopqrst KLMNOPQRSTUVWXYabcdefghijklmnopqrst 
uvwxyABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYabcde uvwxyABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYabcde 
fghijklmnopqrstuvwxyABCDEFGHIJKLMNO fghijklmnopqrstuvwxyABCDEFGHIJKLMNO 
PQRSTUVWXY.abcdefghijklmnopqrstuvwx PQRSTUVWXY.abcdefghijklmnopqrstuvwx 
yABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYabcdefghi yABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYabcdefghi 
jklmnopqrst;2                       jklmnopqrst;2 
AddressFiles.DIR;1                  AddressFiles.DIR;1 
LOGIN.COM;3                         LOGIN.COM;3 
test.1;1                            test.1;1 
test^.1.clue;1                      test^.1.clue;1 
Travel.LIS;1                        Travel.LIS;1 
whee.;5                             whee.;5 
work.dat;8                          work.dat;8 
 
Total of 8 files. 

DIRECTORY コマンドでは, /STYLE 修飾子に一方または両方のキーワードを使用することができます。

5.5.2 TYPE コマンド

TYPE コマンドは,/STYLE 修飾子を受け付けます。この修飾子を使用すると,ファイルやプロンプトを入力するときにシステム・メッセージに表示されるファイル名形式を選択することができます。

$ TYPE/STYLE=(keyword) 

次の例では, TYPE コマンドに修飾子 TYPE=EXPANDED および CONFIRM を使用しています。

$ TYPE/CONFIRM/STYLE=EXPANDED abc*.*rst;2 
TYPE TEST$ODS5:[TEST.RANDOMTESTING.RANDOM]abcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEF 
GHIJKLMNOPQRSTUVWXYZabcdefghijklmnopqrstuvwxyzABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYabc 
defghijklmnopqrstuvwxyzGHIJKLMNOPQRSTUVWXYabcdefghijklmnopqrst;2 ? [N]: Y 
 
[System outputs contents of file] 



5.5.3 DELETE コマンド

DELETE コマンドは /STYLE 修飾子を受け付けます。この修飾子を使用すると,コマンドを実行するときに表示されるファイル名形式を選択することができます。

$DELETE/STYLE=(keyword) 

次の例の反復記号 (...) は,ファイル名の中に多くの文字が含まれていることを示します。これらの例では, CONFIRM 修飾子を使用して,システム・メッセージを生成しています。

省略時の値 (CONDENSED) を使用した DELETE:

$ DELETE/CONFIRM abc*.*.* 
DELETE TEST$ODS5:[TEST.RANDOMTESTING.RANDOM]abcAlphabet.stuff;1 ? [N]: Y 
DELETE TEST$ODS5:[23,1,0] abcdefg. . .QRSTUVWXY.abcdefg. . .tuvw 
xy;1 ? [N]: Y 
 

完全なファイル指定が必要な場合には, DELETE コマンドで /STYLE 修飾子と EXPANDED キーワードを使用します。

$ DELETE/CONFIRM/STYLE=EXPANDED abc*.*.* 
DELETE TEST$ODS5:[TEST.RANDOMTESTING.RANDOM]abcAlphabet.stuff;1 ? [N]: Y 
DELETE TEST$ODS5:[TEST.RANDOMTESTING.RANDOM]abcdefg. . .QRSTUVWX 
Y.abcdefg. . .tuvwxy;1 ? [N]: Y 
 



5.5.4 PURGE コマンド

PURGE コマンドは /STYLE 修飾子を受け付けます。この修飾子を使用すると,コマンドを実行するときに表示されるファイル名形式を選択することができます。

$ PURGE/STYLE=(keyword) 

次の例の反復記号 (...) は,ファイル名の中に多くの文字が含まれていることを示します。これらの例では, CONFIRM 修飾子を使用して,システム・メッセージを生成しています。

省略時の値 (CONDENSED) を使用した PURGE:

$ PURGE/CONFIRM 
DELETE TEST$ODS5:[23,1,0]abcdefg. . .QRSTUVWXY.abcdefg. . .tuvwxy;1 
? [N]: Y 

完全なファイル指定が必要な場合には, PURGE コマンドで /STYLE 修飾子と EXPANDED キーワードを使用します。

$ PURGE/CONFIRM/STYLE=EXPANDED 
DELETE TEST$ODS5:[TEST.RANDOMTESTING.RANDOM]abcdefg. . .QRSTUVWXY.ab 
cdefg. . .tuvwxy;1 ? [N]: Y 



5.6 拡張ファイル名の端末表示

端末に拡張ファイル名を表示するには,端末で表示する文字セットとして ISO Latin-1 を指定しなければなりません。このように設定しないと,画面に表示される文字は, PC で表示される文字と一致しなくなります。端末に表示される文字セットを確認または変更するには,端末セットアップ・ダイアログ・ボックスを使用します。表示する文字セットを選択するためのオプションは,通常 General タブにあります。

付録 A には, DEC MCS と ISO Latin-1 文字セットの間で異なる文字のリストが示されています。

5.7 複合環境での作業

OpenVMS Alpha バージョン 7.2 またはそれ以降のバージョンを実行しているシステムでは, ODS-5 ボリューム上で拡張ファイル指定機能のすべてを利用することができます。また,バージョン 7.2 より前のファイルおよびディレクトリも,引き続き扱うことができます。たとえば,次のようなことができます。

  • ODS-2 ボリューム上に深いディレクトリ構造を作成し,アクセスする。

  • 以前のバージョンの OpenVMS で作成された BACKUP セーブセットを読み込む。

  • ODS-5 形式の名前を持つファイルを,以前のバージョンの OpenVMS を実行しているシステム上の ODS-2 形式の名前のファイルにコピーする。

複数のバージョンまたは複数のアーキテクチャが混在する OpenVMS Cluster で作業する場合は,いくつかの制限事項があります。以前のバージョンの OpenVMS を実行しているシステムは, ODS-5 ボリュームをマウントできず,拡張ファイル名を正しく扱えず,拡張ファイル名を表示することもできません。バージョン 7.2 より前のバージョンの OpenVMS 上のユーザは, ODS-5 ボリューム上のファイルにアクセスできません。ボリュームが CI または SCSI バスに物理的に接続されている場合でも, MSCP または QIO サーバによって接続されている場合でも同様です。また,これらのユーザは ODS-5 イメージ・セーブセットを作成したり復元することもできません。ただし,ODS-5 セーブセットから ODS-2 準拠のファイル名を復元することはできます。

OpenVMS バージョン 7.2 VAX システムで使用可能な拡張ファイル指定機能は,次のものに限られます。

  • ODS-5 ボリュームをマウントする。

  • ODS-5 ボリューム上に ODS-2 準拠ファイルを書き込み,管理する。

  • ODS-5 ファイル指定にアクセスしたときには,擬似名 ( \pISO_LATIN\.??? または \pUNICODE\.???が表示される

OpenVMS Alpha システムと OpenVMS VAX システムの両方が含まれている環境で作業を行う場合には,ユーザが次のことを認識していることが重要です。

  • システム・タイプとオペレーティング・システムのバージョン

  • 省略時のディレクトリは ODS-2 と ODS-5 のどちらか

  • 新しいファイルを作成するのは ODS-2 と ODS-5 のどちらのボリュームか

OpenVMS バージョン 7.2 を使用すると, VAX システムから ODS-5 ボリュームをマウントすることができます。ただし,OpenVMS VAX システム上のユーザがアクセスできるのは, ODS-2 準拠のファイル名を持つファイルだけです。

OpenVMS Alpha システム上のボリュームを ODS-5 に変換するかどうかを選択することができます。 ODS-2 ボリュームと ODS-5 ボリュームの複合環境で作業を行う場合には, ODS-5 ボリューム上でファイルを作成するときの ODS-2 ファイル名の制限事項に注意してください。ファイル名に特殊文字が含まれている ODS-5 ボリューム上のファイルを ODS-2 ボリューム上にコピーするには, ODS-2 準拠の名前を付ける必要があります。


目次 索引

印刷用画面へ
プライバシー 本サイト利用時の合意事項 ウェブマスターに連絡